リバプール移籍後初の代表活動となるMF南野拓実、背番号10にも気負いなし「いつも通りプレーできれば」

2020.10.07 18:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表は7日、オランダのユトレヒトで3日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前に、MF南野拓実(リバプール)がメディアの取材に臨んだ。

昨年12月以来の代表活動となる日本代表。今回はオランダでカメルーン代表、コートジボワール代表との国際親善試合を戦う。

昨年11月以来の代表合流となった南野。リバプール移籍後初となる日本代表の招集となる。

久々の日本代表の活動については「新型コロナウイルスの影響で、なかなか自分のチームでもいつもと違う環境の中で、練習や試合と関わりましたが、色々な協力があって代表活動ができることを嬉しく思います」とコメント。「感謝の気持ちというものを持ちながら、2試合結果にこだわってプレーしたいと思います」と意気込みを語った。

リバプールに加入して半年、今シーズンは試合出場も増え、結果も残しているが、1年前との変化については「移籍してから高いレベルの選手たちと日々トレーニングからプレーしていて、試合で結果を出してこその成長を実感できるので、今のところでレベルアップしているかはそんなにわかりません」とコメント。「少しでも証明するために、今回の2試合で試合に出られれば、結果というところで目に見えるところで成長を見せられればと思います」と語り、結果にこだわってプレーすると語った。

今回はこれまで10番をつけていたMF中島翔哉(ポルト)が招集外となったために10番をつけることになった南野だが「特に背番号にこだわりはなくて、その番号が凄い今まで日本代表を背負ってきた選手たちがつけていた番号だと理解していますが、今回は親善試合ですし、聞かされた時は断る理由がなかったです」とコメント。「だからと言ってその番号をプレッシャーに感じることもなく、いつも通りプレーできればと思います」と注目を集めることを理解しながらも、普段通りのパフォーマンスを見せたいと語った。

リバプールでは熾烈なポジション争いがある中、今シーズンのここまでの出来については「今の自分の立場や結果には全く満足していないので、なんとも言えないです。昨シーズンと比べて、積み重ねてきたものが少しずつ周りの信頼を得られているのかなと思います」とまだまだ物足りないとコメント。しかし、アーセナル相手にコミュニティシールドでゴールを決めるなど一定の結果を残していることについては「今シーズンの一番最初の公式戦(コミュニティシールド)でゴールを決められたことは自信になりましたし、今後もチャンスを掴んでゴールやアシストで結果を残して、今よりも出場時間や大事な試合で使ってもらえる選手になりたいです」とさらなる成長に意気込んだ。

現時点で足りていないことについては「自分に足りないのは結果で、ゴールかアシストという所の数字が足りないです。チームではゴールへのパターンを1つ見つけないといけないかなと思います」と南野らしい得点パターンが必要だと語り、「自分の良さはゴール前でターンからシュートとか、裏へ抜ける動きとか、そういった部分のレベルを上げていくこと」と自身の特徴を出す必要があると語った。

代表戦でのプレーについても「僕はいつもがむしゃらに代表でも結果を残さないとチャンスは確約されているものではないので、チームでいつも考えながら試行錯誤しているように、代表でもプレーしたいと思います」とし、この2試合も全力を尽くすと意気込んだ。

関連ニュース
thumb

「アイコンタクト」と絶妙アシストの川辺駿、自身の課題にも言及「フィジカルを上げていかないと」

日本代表のMF川辺駿(サンフレッチェ広島)が、キルギス代表戦を振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 タジキスタン代表戦に続いての先発出場となった川辺。ボランチでの出場となったが、この試合では持ち前の攻撃面でも高いパフォーマンスを発揮。1-0で迎えた31分には右サイドを突破すると、ボックス右からグラウンダーのクロス。これがオナイウ阿道の2点目につながった。 アシストで貢献すると、後半も強度を落とさずプレー。90分のフル出場を果たし、チームの5-1での勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じた川辺はアシストを振り返り、「横パスを自分が前につけて、そのままチャンスがあったので上がっていきました」とコメント。「DFが来ましたけど、上手く抜け出せて、GKとDFの間にうまくボールを入れられました」と語った。 オナイウとはアイコンタクトがあったと言い「アドが入ることはわかっていたので、アイコンタクトを取った瞬間に裏を取っていたので、あそこに出しました」とコメント。狙い通りのアシストだったようだ。 キルギス戦に向けてのイメージについては「グループの中で一番強いチームだということで、前半はチャンスを作りながらも、ボールを奪うことができず、常に思った通りに行った試合ではなかったですけど、そういった時間帯があるということはチームでも話していました」と苦戦する可能性は感じていたとし「上手く先制点とれたことが大きかったと思いますし、その後も点を何点か決められたのは良かったと思います」と、チームとして効果的に得点を重ねられたことが良かったと語った。 今回の活動での手応えについては「タジキスタン、セルビア、キルギスと出ましたが、今回のアシストという結果は重要だったと思いますし、まだまだな部分も多いですけど、自分が生き残るためには少しでも結果が必要だったので、まずはそこの結果が出て良かったです」と数字を残せたことが良かったとコメントした。 また、この試合では飛び出しも見せたが「この何試合かある中であまり飛び出しがなかったので、少しでもチャンスがあれば飛び出そうと思っていましたし、上手く抜け出したおかげで決定機が作れましたので良かったです。回数と質は上げていかないといけないです」と語り、一定の手応えをつかんだ川辺。「ボールを上手く捌くというか、空いているところに出すという良さは出していると思いますし、今日のような飛び出しは出せていたと思います」と攻撃面での良さを出せていると感じているようだ。 一方で「課題は球際の部分や守備の部分で、もうちょっと自分が奪い切る力や、奪い切った後に打開する力が必要になってくると思いますし、そういう球際で勝つ気持ちだったり、フィジカルだったりを上げていかないといけないと思います」と語り、「ボランチで代表に入っている選手は、その部分が強い選手が多いので、まずはそういった部分を常に入っている選手に見劣りしないように成長させなければいけないと思います」と、ライバルとの差を埋めるために努力したいと語った。 特に球際の部分とフィジカルコンタクトの部分ではまだまだ課題がある川辺。一方でチャンスメイクなど攻撃面では非凡なものを見せるが「そういう部分は自分の良さだと思いますし、人とは違うプレーをするという良さは周りにないとも思うので、その部分は高めつつ、スタンダードというか、持ち味を出す前に試合でプレーするために足りない部分をみんなと同じ、それ以上のレベルに持っていかないといけないと思います」と語り、やはり課題だと感じているようだ。 この先のポジション争いについてはやはりフィジカル面が重要だとし「代表に来てボランチの選手を見るとそういった部分が強い選手が多いので、それだけでも刺激になりますし、まずはそこに追いつかないといけないという気持ちでチームに帰ってやらないといけないと思います」と語り、「違ったレベルのチームになると、よりそこが重要になると思うので、そういった部分に目を向けて、少しでも成長した部分を見せられればと思います」と、9月までの間に伸ばしていきたいと語った。 2021.06.16 00:12 Wed
twitterfacebook
thumb

2次予選全勝の森保ジャパン、指揮官も「より強いに日本代表になった」と自信! 最終予選は「気を引き締めなおして」

日本代表の森保一監督が、5-1の勝利を収めたキルギス代表戦を振り返った。 15日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選最終節のキルギス戦。序盤は攻めあぐねた日本だったが、27分にFWオナイウ阿道のPKで先制すると、それから6分間でオナイウはハットトリックを達成。前半終了間際にPKで1点返されたものの、後半にはDF佐々木翔の代表初ゴールやFW浅野拓磨のゴールが決まり、5-1で日本が勝利した。 これで5月末のミャンマー代表戦からの怒涛の5連戦が終了。森保監督は3月からこれまでの活動を総括し、チームのコンセプトをかなり浸透させることができたと満足感を示した。 「2次予選は2019年から始まって、かなり間も空いたので総括するのは難しいですけど、この3月から6月までのシリーズで、レベルアップしなければならないというチームのコンセプトを選手たちが理解してくれて、高い志と目標を持って戦ってくれたおかげで、そのコンセプトはかなり浸透したのかなと思います」 「いろんな選手を使ってきましたが、より多くの選手にコンセプトを把握してもらいながら、誰が出てもチーム力を落とさずに戦っていけるということは、多くの選手に感じてもらえたのかなと」 また、秋からは最終予選が始まるが、指揮官は2次予選の全勝という結果にとらわれず、改めて気合を入れ直すと強調。それでも、この一連の活動でチームが強力になったと自信を持っているようだ。 「最終予選は2次予選とは全く別次元の厳しい戦いになるということを覚悟して望まなければならないですし、これまでやってきて結果に満足していては足下をすくわれるということを考えておかなければなりません。個人としてもチームとしても気を引き締めて最終予選に準備しなければならないと思います」 「しかしながら、最終予選までに多くの選手に関わってもらいながら、その先の目標に向けてチームが成長してこれたことは本当にポジティブなことだと思いますし、選考に関しては選ぶ側の私たちは大変なことになると思いますし、厳しくなりますけど、より強い日本代表になったと私も自信を持っております」 また、最終予選ではチームを一箇所に集めたセントラル方式が採用される可能性もあるが、森保監督は「できればホーム&アウェイで(笑)」と回答。それでも、「どんな環境でも我々の力を100%発揮できるよう準備していきたいと思います。そういう意味では、今回のようなコロナ対策をしながらでもハイパフォーマンスを見せてくれた選手には頼もしく感じています」と、期待を抱かせた。 2021.06.15 23:42 Tue
twitterfacebook
thumb

1アシストも「良いところと悪いところが両方出た」と語る小川諒也「東京に帰ってしっかり突き詰めたい」

日本代表のDF小川諒也(FC東京)が、キルギス代表戦を振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 今回のシリーズでは途中出場が続いていた小川は、初先発。3月のモンゴル代表戦いライの先発となった。 立ち上がりはミスもあった小川だが、積極的に同サイドの浅野拓磨と連携し攻撃を仕掛けると、2-0で迎えた33分にはアーリークロスからオナイウ阿道のゴールをアシストした。 後半途中からはシステム変更に伴いウイングバックに入ると、前からのプレスやインサイドに入って組み立てに参加するなど90分のフル出場。チームの5-1での勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じた小川はアシストを振り返り、「クロスは1、2本上げた時に芝の影響で浮いてしまったので、そこは修正しました」と微調整を行っていたとコメント。「中も3枚、4枚入ってくれたり、合わせやすいシーンが多かったです」と狙いがうまくはまったと語った。 一方で「他の場面はまだまだなところが多くて、良いところと悪いところが両方出たかなと思います」と、反省点も多く感じたようだ。 左サイドでの浅野との関係については「拓磨くんはハッキリ動いてくれるので、その分自分も生かしやすかったですし、かなりのスピードなのでパス出す方も楽というか、裏を簡単に取れる場面が多かったです」と語り、狙いやすいシーンが多かったようだ。 この先、最終予選に向けてはサバイバルとなる。「まずはゴールやアシストの結果が欲しかったので1アシストは良かったです」とコメント。しかし「まだまだ自分には足りないものが多く出たので、東京に帰ってしっかり突き詰めたいと思います」と、クラブでさらに磨きたいと語った。 その課題については「上がったり、相手が来た時にちょっとパスミスが多かったりしたので、その辺は減らさないといけないです」と語り、「次から最終予選ですが、相手のプレスも早くなるので、もっとその辺りを発揮しないといけないと思います」と強度の高い相手に対してのプレーで精度を上げていきたいと語った。 また、「アシストをもっと増やさないといけないと思いますし、もっと早い展開の試合が増えてくると思うので、そこでミスしないように合わせたり、状況判断をもっと早くしないといけないと思います」と、今後の自身の成長ポイントを語った。 2021.06.15 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

先発デビューで1アシストの坂元達裕、「まだまだ足りない」と貪欲にC大阪でもアピール誓う

日本代表のMF坂元達裕(セレッソ大阪)が、キルギス代表戦を振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 この試合で先発デビューを果たした坂元は、2列目の右でプレー。90分間のフル出場を果たした。 序盤から積極的に仕掛けを見せた坂元は、縦への突破やカットインからのクロスなど、多彩な攻撃を披露。また、セットプレーでのキッカーも務め、72分には右CKから佐々木翔のゴールをアシスト。チームの5-1での勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じた坂元は、自身のプレーについて「押し込む時間が長い中で、自分入った位置で仕掛けられるタイミングがあれば仕掛けようと思ったので、そこはチャレンジできたなと思います」とコメント。「1アシストですが、まだまだゴールを取れたと思いますし、満足はしていないです」と語り、結果には満足できないと語った。 ゴールに向かった積極的なプレーはドリブル突破やクロスだけでなく、セットプレーでも見られ、あわやゴールというシーンも。「とにかく点に関わりたいと思っていたので、ゴールに直結するボールを蹴りました」と語り、ゴールとアシストを目指していたと語った。 今回の合宿が初の日本代表活動となった坂元。手応えについては「練習の中でも色々勉強になる部分はあります」とコメント。また「試合で90分戦えたのは自分にとって自信になりました」と、トレーニングで刺激を受けつつ、最後の試合でフル出場を果たしたことが自信になったようだ。 自身の特徴を最後のアピールの場で出せた坂元。9月の最終予選へはサバイバルが待っているが「まだまだアピールが足りないと思いますし、チームに戻ってアピールしないといけないと思います」と語り、この先はC大阪でもアピールを続けたいとコメント。また、伸ばしたいところについては「目に見えるゴールが取れなかったので、そこが一番大事かなと思っています」とし、ゴールという結果を求めていきたいと語った。 左利きとしての特徴を生かしたいと語っていた部分については「カットインしてクロスだったりはゴールにつながらなかったですが、チャンスは作りました」と一定の手応えを感じている様子。ただ「もっともっとカットインしてゴールを目指せれば良かったですが、まだまだです」と足りていないと感じているようだ。 また、海外組との強度の差があると合宿当初に語っていた坂元。「練習の中で意識して、徐々に慣れるというか、チームに合わせられるようになってきていると思うので、そこはチームに戻っても、もっともっと自分で工夫できればと思います」と語り、日本代表で感じた強度を、C大阪でも出したいとした。 さらにフィジカル面にも課題を感じたようで「レベルが高くなるにつれてフィジカルの強さも上がってくると思いますし、そこで倒れずにプレーするのはまだまだ自分に足りないところです。もっとトレーニングして強くなっていかなければと思います」と当たり負けしない部分を鍛えたいと語った。 2021.06.15 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「日本代表との差を感じた」とキルギス指揮官「我々はベストではなかった」

キルギス代表のアレクサンデル・クレスティニン監督が、日本代表戦を振り返った。 15日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選最終節の日本代表vsキルギス代表。序盤は攻めあぐねた日本だったが、27分にFWオナイウ阿道のPKで先制すると、それから6分間でオナイウはハットトリックを達成。前半終了間際にPKで1点返されたものの、後半にはDF佐々木翔の代表初ゴールやFW浅野拓磨のゴールが決まり、5-1で日本が勝利した。 2019年11月に行われた前回対戦では、破れながらもホームで0-2と健闘していたキルギスだったが、今回は全く異なる状況だったとクレスティニン監督は主張し、様々な意味で差があったと試合を振り返った。また、世代交代中のチームにおいて良い経験になったとも語っている。 「我々がホームで戦った時の状況は今とは全く違いました。選手たちの状況も違いましたし、その中で我々はベストを尽くしました。前回の試合の際は、我々は最高の準備ができていて、選手のフィジカルコンディションもベストでした」 「それでも、日本の選手は全体的に質の高いプレーをし、経験も我々の選手よりもあります。ヨーロッパでプレーしている選手が多いので、そういう意味で差があったと思います」 「我々のチームは世代交代の最中ですので、この2次予選や1次予選の経験が次の世代を担う選手たちを育てるという意味で役立つと思っています」 2021.06.15 22:44 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly