これがC・ロナウドの勝負強さ!レアルをCL制覇に導く劇的なFK【ビューティフル・フリーキック】

2020.10.10 20:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、ポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドがレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。

◆C・ロナウドの勝負強さを物語るレアル時代のFK

レアル・マドリー時代に公式戦438試合で450ゴールという圧巻の数字を残したC・ロナウド。そのスタッツもさることながら、ここぞの場面で決める勝負強さも強みの一つであった。

2016年4月12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、ヴォルフスブルクとの2ndレグではまさにその勝負強さの表れともいえる素晴らしいゴールを決めている。

敵地での1stレグを0-2と完敗し、後がない状況で迎えた2ndレグだったが、エースのC・ロナウドが魅せる。16分と17分に立て続けにゴールを奪い、一気に二戦合計スコアをタイに戻すことに成功する。

そのままのスコアで後半を迎えると、77分、マドリーはゴールほぼ正面の位置でFKを獲得する。キッカーのC・ロナウドがややゆったりとした助走から右足を振り抜くと、シュートは相手の壁を間に空いた隙間を抜け、ワンバウンドしながらゴール右隅へと吸い込まれていった。

C・ロナウドのハットトリックの活躍で準決勝へと駒を進めたマドリーは、マンチェスター・シティとアトレティコ・マドリーにも勝利し、CLを制覇。さらにそこからCL3連覇という偉業も達成しており、ヴォルフスブルク戦でのC・ロナウドの活躍が大きな要素だったことは間違いない。
コメント
関連ニュース
thumb

確信歩きが格好いい!“金髪の天使”シュスターの高速FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元西ドイツ代表MFのベルント・シュスター氏がレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆“金髪の天使”の確信歩きは必見<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYWEEwb281cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> シュスター氏は1980年代を代表する選手の一人で、中盤を主戦場に優れた視野と展開を持った。その華麗なスキルとトレードマークの金髪から“金髪の天使”の異名を取った。 1988年にバルセロナからレアル・マドリーに加入したシュスター氏だったが、1990年1月28日に行われたラ・リーガ第21節のカステジョン戦では、完璧なFKを見せている。 1-0で迎えた38分、マドリーがバイタルエリア左でFKを獲得する。キッカーのシュスターが右足を振り抜くと、壁のわずか上を越えたシュートは、急激に変化し、ゴール左ギリギリに決まった。 シュスター氏は蹴り終えた直後から踵を返して確信歩き。ふてぶてしい“金髪の天使”の姿はとてつもなく格好いい。 2020.11.04 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“干された”ベッカムが自らの足でカペッロ監督の信頼を取り戻す【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミの共同オーナーを務める元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が現役時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆気合いの入った表情のベッカムがキックで信頼を掴み取る<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhN3pEMG9WayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年にマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリー入りしたベッカム氏は、在籍4年で公式戦159試合に出場し20ゴール51アシストを記録した。しかし、2007年1月にシーズン終了後のロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍が発表されると、当時のファビオ・カペッロ監督はベッカムを起用しないことを表明した。 それでも、腐らず練習に励むベッカム氏は、チームメイトからの推薦もあり、2007年2月10日に行われたラ・リーガ第22節のレアル・ソシエダ戦に約1カ月ぶりに出場する。 連敗中だったマドリーはソシエダに先制を許すも、迎えた37分、バイタルエリア右でフリーキックのチャンスを獲得する。ベッカムの右足から放たれたクロス性のシュートは絶妙なコースに飛ぶと、ワンバウンドしてゴール左に突き刺さった。 このゴールで追いついたマドリーは後半に勝ち越し、勝ち点3を獲得。このキックでカペッロ監督の信頼を再び掴み取り、ベッカム氏は初のラ・リーガのタイトルを獲得しアメリカへと旅立っていった。 2020.11.03 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトガルの名ストライカー・パウレタ氏がPSG時代に見せたポスト直撃の狡猾FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元ポルトガル代表FWのペドロ・パウレタ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆パウレタの狡猾な直接FK に相手GK動けず<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwa0lXVGFwTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ポルトガル代表ながら、ポルトガル1部リーグで一度もプレーしたことがないというキャリアの持ち主であるパウレタ氏。キャリアのほとんどをフランスとスペインで過ごしたが、フランス1部では得点王に3度輝いている。 決定力やシュート技術に定評があったパウレタ氏だが、2007年4月21日に行われたリーグ・アン第33節のナント戦では狡猾なゴールを決めている。 スコアレスで迎えた17分、PSGはペナルティーアーク左手前でFKのチャンスを獲得する。キッカーのパウレタは相手の壁のほころびを見つけると、ゴール右を目掛けたシュートを放つ。 狙いすましたシュートはゴール右のポストに直撃、そのままゴールネットを揺らし、見事な先制点となった。 このシーズンのパウレタ氏はリーグ戦33試合に出場し15ゴールを記録。3度目のリーグ・アン得点王に輝いている。 2020.10.31 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ファルカオのFKは必見 モナコ時代に右足一本でチームを勝利に導く【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ガラタサライのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがモナコ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ストライカー、ファルカオの高精度FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWcGl2R0t0TCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ボックス内で真価を発揮するファルカオだが、その右足のキックの精度にも定評があり、直接FKからもゴールを奪うことができる。2017年4月15日に行われたリーグ・アン第33節のディジョン戦では、見事なキックを見せている。 0-1と1点ビハインドの61分にファルカオが投入されると、69分に得たFKはバーを叩くも、MFナビル・ディラールが押し込みこれで同点とすると、81分にはゴール正面やや左からのFKを、相手GKの逆を突いてゴール右隅へと突き刺し、その右足でチームを逆転に導いた。 トルコでの2シーズン目を迎えているファルカオだが、今季ここまでリーグ戦6試合に出場し5ゴールを記録。変わらぬ決定力を見せている。 2020.10.27 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールの高精度FK 至近距離から優しく沈める【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ネイマールが至近距離からのFKも優しく沈める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWVE9EUWN2cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 24日に行われたディジョン戦では、自身のゴールこそなかったもののFWキリアン・ムバッペらとの好連携で相手ディフェンスに脅威を与えたネイマール。 チームは4-0と強さを見せつけたが、2018年1月17日に行われた同カードでもPSGが8-0と大勝を飾り、ネイマールは見事な直接FKを決めていた。 序盤からPSGがゴールを重ね、3-0で迎えた42分に、PSGはペナルティーアークわずか右の好位置でFKのチャンスを獲得する。キッカーのネイマールが緩やかな助走から柔らかく右足を振り抜くと、壁を越えたシュートが鮮やかにゴール右へと突き刺さった。 その後もPSGが攻勢を続け、ネイマールは4ゴール2アシストの大暴れ、チームも8-0の大勝を飾った。 2020.10.26 18:00 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly