セビージャがヘルタ・ベルリンからDFレキクを完全移籍で獲得

2020.10.06 11:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは5日、ヘルタ・ベルリンのオランダ代表DFカリム・レキク(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2025年6月30日までの5年間、背番号は「4」に決定。ドイツ『キッカー』によると、移籍金額は400万ユーロ(約5億円)とのことだ。

レキクはフェイエノールトの下部組織出身で、2011年7月にマンチェスター・シティのU-18に移籍。2012年1月にはファーストチームへ昇格していた。

その後、ポーツマスやブラックバーン、PSVへとレンタル移籍を繰り返すと、2015年7月にマルセイユへ完全移籍。2017年7月からヘルタ・ベルリンでプレーしていた。

シティでは公式戦3試合、マルセイユでは公式戦48試合に出場し1ゴール1アシストを記録。ヘルタ・ベルリンでは公式戦75試合に出場し3ゴール4アシストを記録していた。

2019-20シーズンはブンデスリーガで14試合の出場に留まっており、契約が残り1年となったタイミングでセビージャへの売却が決定した。

コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダがセビージャのFWカルロス・フェルナンデスを完全移籍で獲得、昨季はグラナダで飛躍

レアル・ソシエダは24日、セビージャの元U-21スペイン代表FWカルロス・フェルナンデス(24)の完全移籍加入を発表した。 契約期間は2026年6月30日までの5年半契約となっている。スペイン『アス』によれば、移籍金は1000万ユーロ(約12億6000万円)とみられ、ボーナスがつくという。 カルロス・フェルナンデスはセビージャの下部組織出身で、2018年7月にファーストチームに昇格。2018-19シーズンはデポルティボ・ラ・コルーニャへレンタル移籍。2019-20シーズンはグラナダへレンタル移籍していた。 グラナダでは公式戦40試合に出場し14ゴール4アシスト。ラ・リーガ通算では50試合で13ゴール4アシストを記録していた。 今シーズンはセビージャでプレーし、ここまで公式戦7試合でプレーするに止まっていた。 2021.01.24 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

大連の指揮官辞任のベニテス、早くも現場復帰か…元教え子ジェラードとライバル関係に?

先日に大連人職業足球倶楽部の監督を辞任したラファエル・ベニテス氏(60)の次なる職場が早くも決まろうとしているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ベニテス氏は23日、自身の公式SNSを通じて大連の監督を辞任したことを発表した。契約は2021年末までとなっていたが、コロナ禍における、イギリスで暮らす家族へのサポートが理由であると明かしている。 今後はヨーロッパに戻って監督業を続けると見られていたベニテス氏だが、早くも次の仕事の目処が立ったようだ。 『ミラー』によると、スコットランドで2位に甘んじているセルティックが招へいのための準備を進めているとのこと。同クラブでは、ブレンダン・ロジャーズ前監督がレスター・シティに引き抜かれた2019年2月以降は、クラブOBでもあるニール・レノン氏が復任していた。 一昨シーズンは、就任時に首位を走っていたチームをそのまま優勝に導きリーグ8連覇。さらに昨季も新型コロナウイルスの影響で打ち切りが決定した中で、リーグ最多連続優勝記録タイとなる9連覇を達成していたが、今季は現状で2位に甘んじており、首位のレンジャーズとは3試合消化が少ないものの勝ち点差は23ポイント。10連覇は絶望的な状況だ。 もし報道通り、ベニテス氏がセルティックの監督に就任した場合、レンジャーズとの伝統のオールドファームは、かつてリバプールで厚い師弟関係にあったスティーブン・ジェラード氏との、ファンにとっては感涙のビッグマッチとなる。 しかしこのタイミングでは、眼前で教え子のリーグ優勝を黙って許してしまう微妙な状況だがはたして。 2021.01.24 16:31 Sun
twitterfacebook
thumb

エン=ネシリが今季2度目のハットトリック!プレミアからオファーもセビージャへの忠誠誓う

セビージャのモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリが早くも今季2度目のハットトリックを達成した。 セビージャは23日、ラ・リーガ第20節でカディスと対戦した。序盤から攻勢を続ける中で迎えた35分、味方のシュートがポストに直撃し跳ね返ったところをエン=ネシリが押し込んで先制すると、その4分後には左サイドから上がったクロスを頭で合わせて追加点を挙げる。さらに62分にもヘディングシュートでネットを揺らした同選手はハットトリックを達成し、チームを2連勝に導いた。 第18節のレアル・ソシエダ戦でも3ゴールで勝利に貢献していたエン=ネシリは早くも今季2度目のハットトリック。リーグ戦の得点ランキングでもFWルイス・スアレスやFWリオネル・メッシを抜いてトップに躍り出た。 そんなエン=ネシリには、最近ウェストハムからの関心が取り沙汰されている。しかし、カディス戦後にスペイン『モビスター』のインタビューに応じた際に、セビージャへの忠誠を誓った。 「今のところ、僕はセビージャの選手でどこにも行くつもりはない。セビージャで幸せなんだ。とても素晴らしいクラブだよ」 なお、ウェストハムは2700万ポンド(約38億2000万円)のオファーを拒否されたと報じられており、すでに関心は弱まってきている模様。一方でセビージャは新契約を準備していると言われている。 2021.01.24 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ、アタランタで居場所をなくすアレハンドロ・ゴメス獲得に近づく

セビージャが、アタランタで居場所をなくすアルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメス(32)の獲得に近づいているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 パプ・ゴメスことアレハンドロ・ゴメスは、昨年12月1日に行われたCLグループD第5節のミッティラン戦でジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督と口論となったことをきっかけに確執が報じられるようになり、実際に同月16日のセリエA第12節のユベントス戦を最後に招集外が続いている状況だ。 両者の対立が報じられた当初から、A・ゴメスは移籍を示唆しており、移籍市場に精通する記者のファブリツィオ・ロマーノ氏も1月の退団を希望していると伝えてきた。 セリエAの他クラブからの関心も集まる中、『スカイ・スポーツ』によると、セビージャが最も合意に近づいているとのこと。移籍金は500万(約6億3100万円)から600万ユーロ(約7億5800万円)で、さらに最大200万ユーロ(2億5200万円)のアドオンが含まれるという。 現段階ではセビージャとアタランタの間でアドオンに関する詳細について話し合っているとされており、着実に交渉は進んでいるとのことだ。 いずれにせよ、今冬での退団の可能性が高いA・ゴメスは2014年夏の加入後、公式戦通算252試合で59ゴール71アシストを記録。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場に貢献したほか、初参戦となった昨季のチャンピオンズリーグでは8強入りを果たしていた。 2021.01.23 13:37 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャの主軸DFジエゴ・カルロスがコロナ陽性

セビージャは18日、ブラジル代表DFジエゴ・カルロスが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを発表した。なお、本人に症状はなく、既に自宅隔離に入ったとのことだ。 ジエゴ・カルロスは16日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のレガネス戦に先発し、フル出場していた。 ラ・リーガで6位に付けるセビージャは今後、アラベス戦、カディス戦、エイバル戦と続く。ジエゴ・カルロスは今季、コパ・デル・レイの2試合を除いて全試合にフル出場していた。 2021.01.19 07:00 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly