セビージャがヘルタ・ベルリンからDFレキクを完全移籍で獲得

2020.10.06 11:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは5日、ヘルタ・ベルリンのオランダ代表DFカリム・レキク(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年間、背番号は「4」に決定。ドイツ『キッカー』によると、移籍金額は400万ユーロ(約5億円)とのことだ。

レキクはフェイエノールトの下部組織出身で、2011年7月にマンチェスター・シティのU-18に移籍。2012年1月にはファーストチームへ昇格していた。

その後、ポーツマスやブラックバーン、PSVへとレンタル移籍を繰り返すと、2015年7月にマルセイユへ完全移籍。2017年7月からヘルタ・ベルリンでプレーしていた。

シティでは公式戦3試合、マルセイユでは公式戦48試合に出場し1ゴール1アシストを記録。ヘルタ・ベルリンでは公式戦75試合に出場し3ゴール4アシストを記録していた。

2019-20シーズンはブンデスリーガで14試合の出場に留まっており、契約が残り1年となったタイミングでセビージャへの売却が決定した。
コメント
関連ニュース
thumb

岡崎途中出場のウエスカ、セビージャ相手に善戦も終盤被弾で今季初勝利遠く…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、ウエスカvsセビージャが28日に行われ、アウェイのセビージャが0-1で勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は72分からプレーした。 岡崎が戦列復帰を果たした前節のオサスナ戦を1-1のドローで終えた19位のウエスカは、7位のセビージャをホームに迎えた一戦で今季初白星を目指した。その中で先発復帰も期待された岡崎はベンチからのスタートとなった。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメント進出を決めて勢いに乗るアウェイのセビージャが主導権を握る状況が続く。 ウエスカを自陣深くに押し込んで内、外を織り交ぜた攻撃で揺さぶりをかける。その中でムニルやオカンポスがフィニッシュまで持ち込むが、きっちり中を固める相手の守備をこじ開けるまでには至らず。結局、前半に相手を大きく上回る7本のシュートを放ったが、唯一の枠内シュートとなったルーク・デ・ヨングのヘディングシュートは難なくGKにキャッチされるなど、決め手を欠く展開となった。 後半も引き続き押し込む入りを見せたセビージャはセットプレーの流れからジエゴ・カルロス、クンデと早速シュートシーンを作り出す。 対するウエスカは60分、右サイドのマフェオからの斜めのパスに対してラファ・ミルが絶妙なスルー。これでうまく浮いたサンドロ・ラミレスがボックス内に抜け出して飛び出したGKを右に持ち出してかわす。だが、その後のタッチが長くなり、絶好のシュートチャンスをフイにした。 後半半ばを迎えて拮抗した状況が続く中、72分には岡崎がオンティベロスと共にピッチに送り出される。しかし、同じくラキティッチやエン=ネシリとフレッシュな選手を投入したセビージャの攻勢に晒されると、73分ち76分にオカンポス、ムニルに続けて決定機を許す。だが、ここはGKアンドレス・フェルナンデスが見事な連続セーブでチームを救った。 これでピンチを脱したかに思われたウエスカだが、一瞬の隙を突かれてゴールをこじ開けられる。83分、ボックス手前でボールを持ったオカンポスにそのままドリブルで運ばれてボックス右ライン際から折り返されると、ニアに飛び込んだエン=ネシリに右足で流し込まれた。 その後、最後の交代カードで守備的なグデリを投入し、逃げ切りを図るアウェイチームに対して攻勢を仕掛けていく。91分にはボックス左に抜け出したガランの折り返しがDFに当たってゴール前にこぼれると、これを岡崎が右足アウトで押し込みにかかるが、相手DFのブロックに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、セビージャに競り負けたウエスカはまたしても今季初白星を逃がすことになった。なお、今季初の3連勝となったセビージャは暫定ながら5位に順位を上げている。 2020.11.29 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ムニルのラストプレー間際弾で競り勝ったセビージャがグループステージ突破!《CL》

セビージャは24日、チャンピオンズリーグ(CL) グループE第4節でFCクラスノダールとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 前節クラスノダール戦を10人となった中、エン=ネシリのドブレーテの活躍で逆転勝利を飾ったセビージャ。勝利すればグループステージ突破となる中、ヘスス・ナバスの出場停止を受けて[3-5-2]を採用した。 1分け2敗の3位クラスノダールに対し、2トップにL・デ・ヨングとムニル、右にオカンポス、左にエスクデロ、中盤アンカーにフェルナンド、3バックの中央にグデリを据えたセビージャが4分に先制する。 右サイドをオカンポスが仕掛けてクロスを上げると、ルーズボールをペナルティアーク右のラキティッチがボレー。強烈なシュートがゴール左に決まった。 その後も主導権を握るセビージャは17分、ムニルがミドルシュートで牽制すれば、29分にはFKからジエゴ・カルロスが際どいヘディングシュートを浴びせた。 前半半ば以降もロコモティフに反撃の隙を与えなかったセビージャが1点をリードしたまま後半へ折り返した。 迎えた後半立ち上がり、クンデの好守でピンチを凌ぎリードを保ったセビージャだったが、56分に追いつかれる。後半から入ったヴァンデルソンにボックス右からシュートを蹴り込まれた。 その後は一進一退の攻防となった中、セビージャは72分にエン=ネシリを投入。そして、終盤にかけてはセビージャが攻勢に出ると、83分にはゴールエリア左まで侵入したイドリシがシュートに持ち込んだが、GKのセーブに阻まれた。 それでもラストプレー間際となった追加タイム5分、ボックス右でエン=ネシリのパスを受けたムニルがシュートをねじ込んで劇的勝利。2位以上が確定し、グループステージ突破を果たしている。 2020.11.25 04:55 Wed
twitterfacebook
thumb

クンデ公言「シティに行きたかった」

今夏の移籍が噂されたセビージャのU-21フランス代表DFジュール・クンデが、「シティに行きたかった」と公言している。 昨夏にボルドーから加入したクンデは、対人の強さとスピードを武器にセビージャのヨーロッパリーグ優勝と、3年ぶりのラ・リーガ4位に貢献。ほぼ無名だった時期から1年でビッグクラブからの関心を集めるようになった。 実際にマンチェスター・シティからオファーがあったとされており、クラブのモンチSD(スポーツ・ディレクター)は名前は伏せたものの、イングランドからオファーがあったことを認めている。 しかし「獲得に投資した2倍以上のオファーがあったが不十分だと判断した」と、熟考の末に断ったことも明らかにしており、クンデのシティ行きは実現しなかった。 そんな中、当事者であるクンデはフランスのテレビ番組『Canal Football Club』のインタビューでシティ移籍を望んでいたことを公表。ジョゼップ・グアルディオラ監督とのやり取りもあったという。 「グアルディオラ監督と話をしたよ、電話でね。スペイン語で会話したんだ。彼は簡単にフランス語も使ってくれたよ」 「僕はこんな機会はそうそうないと思っていた。試合に出る保証もしてくれたんだ」 「でも移籍は成立しなかった。彼らは十分とも言える移籍金を用意してくれた。それは僕に対する信頼の表れだった」 「僕は一生懸命努力し成長できる人間だ。でもそれがおオファー拒否の理由だったんだと思う」 2020.11.23 15:02 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャSDモンチ、今夏の動きを「地に足をつけつつ、積極的な投資ができた」と自賛

セビージャでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏が今夏の補強に満足しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 昨季フレン・ロペテギ監督の下、ラ・リーガで4位となり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したほか、ヨーロッパリーグ(EL)優勝も果たしたセビージャは今夏の移籍市場で積極的な動きを見せた。 MFイバン・ラキティッチを6年ぶりに復帰させたほか、DFマルコス・アクーニャやMFオスカル・ロドリゲス、FWウサマ・イドリシを獲得。一方で、DFセルヒオ・レギロンやMFエベル・バネガは退団したものの、DFジュール・クンデに対するマンチェスター・シティからの巨額オファーは拒否するなど、主力の放出を最小限に抑えている。 今季はラ・リーガで7試合を消化して12位とやや低迷しているが、スペイン『ElDesmarque.com』のインタビューに応じたモンチ氏は今夏にクラブが野心を示したことに満足感を露わにした。 「我々は昨年のスカッドを維持できたと思う。レギロンやバネガは退団したが、上手く穴埋めもできた。イバン・ラキティッチやマルコス・アクーニャは既に完全に近いパフォーマンスを見せているし、重要な役割を担える選手だと証明しているね」 「ヤシン・ブヌの買い取りオプションを行使したほか、オスカル(・ロドリゲス)を獲得した。オスカルは将来性のある若者で、エリートの世界での競争に慣れれば、我々に多くのものを与えてくれるはずだ」 「それからカリム・レキクやイドリシも獲得したね。我々は今の状況を忘れず地に足をつけてはいるが、他のクラブよりも積極的な投資を行ったんだ」 また、クンデの放出を拒否した経緯についても明かしており、同選手が示した姿勢について感謝の言葉を述べている。 「(シティからのオファーは)とてつもないものだったし、非常に良いものだった。ただ、我々が考える選手の価値には見合っておらず、要求を満たしていなかった。もう少しクンデの価値に近いものであれば、考慮する必要があったけどね」 「クンデは我々との契約を受け入れてくれたし、私はそれに感謝しているよ。選手がクラブの立場を理解してくれれば、いつだって物事は楽になるからね。彼はクラブに敬意を持った行動をしてくれるプロフェッショナルだ。そして、それが彼のキャリアを進めていくことになるだろう」 2020.11.13 15:23 Fri
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表DFパレハが現役引退…セビージャでEL3連覇を経験

元アルゼンチン代表DFニコラス・パレハ(36)が現役を引退した。同選手が9日に自身の公式『インスタグラム』で明かした。 2019年夏にメキシコのアトラスを退団して以降、1年以上に渡ってフリーの状況が続いていたパレハだが、今月9日にスパイクを脱ぐ決断をしたことを正式に表明した。 「今日、僕はずっと書きたくなかった幾つかの文章を書かなければならない。ここまで再びフットボールをプレーするためにヒザのケガと戦ってきたけど、残念なことに最近になってまた手術を受ける必要があることを知らされたんだ」 「そういった個人的な事情と、コロナウイルスを経験している現在の世界的な状況を考えると、新たな手術を行い、リハビリを続けていくことは非常に困難なことだと考えたんだ。そして、プロフットボーラーからの引退を決断したよ」 「プロとしての初めての契約にサインしてからのこの18年間、もちろんとても大変な時期もあったけど、子供の頃に思い描いたほとんどの夢を叶えることができたし、とても幸せな日々だったよ」 母国のアルヘンティノス・ジュニアーズでキャリアをスタートしたパレハは、アンデルレヒト、エスパニョール、スパルタク・モスクワを経て2013年夏にセビージャへレンタル加入。その翌年に完全移籍し正式にセビージャの一員となった同選手は、在籍5年間で公式戦120試合に出場。キャプテンを務めるなど、クラブのヨーロッパリーグ3連覇にも貢献していた。 また、2008年の北京オリンピックの優勝メンバーの一人でもあったパレハは、2010年11月に行われたブラジル代表とのフレンドリーマッチで唯一となるA代表キャップを刻んでいた。 2020.11.12 14:10 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly