チェルシーのイングランド代表MFロフタス=チークが“お隣さん”のフルアムへ武者修行

2020.10.06 10:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムは5日、チェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。チェルシーのアカデミー出身のロフタス=チークは、2015年1月にファーストチームへ昇格。2017-18シーズンはクリスタル・パレスへ武者修行に出たが、その後はチェルシーでプレーしていた。

これまでチェルシーでは公式戦82試合に出場し12ゴール11アシストを記録。2019-20シーズンはケガの影響もありシーズン開幕から欠場が続いたが、後半戦で復帰。プレミアリーグで7試合に出場していた。

今シーズンは開幕戦のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に先発出場したが、その後の試合を欠場していた。

同じウェストロンドンに本拠地を構え、近隣のライバルクラブへと移籍したロフタス=チークは「お隣さんに来られて本当に嬉しい」とコメント。昇格したフルアムでプレーできることを喜んだ。

「シーズンの最初にフルアムを見たけど、彼らはとても真っ当なサッカーをしているように見えた。この監督と一緒に僕は自分の最高のパフォーマンスを取り戻せると思う」

「それが僕にとってのメインテーマだ。自分のフォームを取り戻し、このチームが試合に勝つことを助けたい」
コメント
関連ニュース
thumb

キャルバート=ルーウィンがリーグ最速の10点目! フルアムを下したエバートンが5試合ぶり白星《プレミアリーグ》

エバートンは22日、プレミアリーグ第9節でフルアムと対戦し、アウェイで2-3で勝利した。 夏の大型補強が功を奏し、開幕から4連勝を収めていたエバートンだが、ここ3試合は急ブレーキがかかったように一転して黒星を並べている。代表ウィークによる中断前最後の試合ではマンチェスター・ユナイテッド敗北。今節は5試合ぶりの勝利を目指すことになる。 そんなエバートンが絶好の入りを見せる。相手陣内でボールを奪ったリシャルリソンが得意のドリブルでボックス左に侵入。その折り返しをキャルバート=ルーウィンが押し込んで先制した、キックオフからわずか42秒での出来事だった。 しかし、下位脱出を狙うフルアムも15分、ボックス手前のリードがカーニーとのワンツーでゴール前に侵入。ワントラップでDFを振り切り、ゴールに流し込んだ。 その直後、キャルバート=ルーウィンが再びネットを揺らすもオフサイド。しかし29分、再びこの男にチャンスが巡ってくる。ボックス手前でボールを持ったハメス・ロドリゲスが素早く左に展開すると、ボックス左のディーニュのダイレクトの折り返しをキャルバート=ルーウィンが押し込んで追加点。これでリーグ10点目一番乗りとなった。 エバートンはさらに、35分にも同じような展開から3点目を挙げる。敵陣中央のハメス・ロドリゲスから左サイドのディーニュにわたると、今度は狙い澄ましたクロスでドゥクレのヘディングシュートをアシスト。ドゥクレはこれが移籍後初ゴールとなった。 後半はエバートンが攻勢を弱めたこともあり、フルアムがボールを保持する展開に。その中で58分に一時同点ゴールを挙げたリードと、そのアシストを記録したカーニーを下げてロフタス=チークとミトロビッチを投入。するとここから流れが変わりだす。 68分、左から味方とのワンツーでボックスへ侵入したロフタス=チークが、巧みなトラップでゴッドフリーのファウルを誘ってPKを獲得。これで1点差に詰め寄ったかに思われたが、キッカーのレミナがスリップしてしまい、大きく枠を外すことに。 だが、その2分後の70分、右サイドを突破したルックマンのマイナスの折り返しをロフタス=チークがダイレクトでゴールを狙うと、ブロックに入った相手DFに当たってゴールイン。これでようやく点差を縮めた。 だが、ここからは膠着状態に入り、試合は推移。後半は依然として高いポゼッションを誇るフルアムがどうにか攻撃を組み立てるも、エバートンのゴールを脅かすまでには至らず。 5分の後半アディショナルタイムも過ぎ、試合終了。エースの2発などで3点を奪ったエバートンが5試合ぶりの白星を手にした。 2020.11.22 22:57 Sun
twitterfacebook
thumb

今季未勝利のフルアムで苦しむパーカー監督、去就について「自分の力ではどうにもならない」

プレミアリーグで現在最下位となっているフルアムのスコット・パーカー監督は、自身の将来が危うくなっていることを理解しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 パーカー監督は、2019年5月にプレミアリーグからチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したフルアムの指揮官に就任。現役時代の最後を過ごしたクラブで指揮を執ると、2019-20シーズンのチャンピオンシップで4位となり、昇格プレーオフの結果、チームを1年でのプレミアリーグ復帰に導いた。 しかし、指揮官としてプレミアリーグ初挑戦となった今シーズン、パーカー監督は出口の見えないトンネルで苦しんでいる。チームは第6節までを終え1分け5敗と、いまだに勝利を掴めていない。6試合で勝ち点1、失点数14という数字は、クラブとして歴代でも最悪のスタートになってしまった。 現在のところ解任について具体的な話があるわけではないが、1-2のスコアで敗れたプレミアリーグ第6節クリスタル・パレス戦後、『スカイ・スポーツ』のインタビューに答えたパーカー監督は、自身の去就を聞かれた際「自分の力ではどうにもならない」と話している。 「私にできるのは、これまでのキャリアや人生を通して常にやってきたことだけだ。このような苦しい時期は前を向き、私にとってふさわしい報酬を得るため、できる限りの努力を続けないといけない」 「(監督としての去就については)私の手の届かないところにある。だが、私は一生懸命働き続けるよ」 フルアムは11月2日にプレミアリーグ第7節のWBA戦が控えている。昇格組同士の対戦であり、フルアムが今シーズン初勝利を掴む可能性は十分ある。パーカー監督がどのような采配を振るうのか、注目したい。 2020.10.26 16:54 Mon
twitterfacebook
thumb

フルアムが元オランダ代表DFコンゴロを完全移籍で獲得、昨季はレンタルでプレー

昇格組のフルアムは16日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドに所属する元オランダ代表DFテレンス・コンゴロ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2014年夏までの4年間で、1年間の延長オプション付き。移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると400万ポンド(約5億4500万円)にボーナスが加わるとのことだ。 コンゴロはフェイエノールトのアカデミー出身で、2012年7月にファーストチーム昇格。2017年7月にモナコへ完全移籍すると、公式戦6試合の出場に留まり、2018年1月からハダースフィールドへレンタル移籍。同年7月に完全移籍していた。 ハダースフィールドでは公式戦60試合に出場し1ゴール2アシスト。プレミアリーグでは45試合に出場していたが、今年1月からはフルアムへとレンタル移籍すると、ケガの影響もあり2試合の出場に終わっていた。 また、世代別のオランダ代表を経験しており、A代表では4試合に出場。20歳ながら3位に輝いた2014年のブラジル・ワールドカップのメンバーに選ばれ、グループステージ第3節のチリ代表戦の終盤に出場していた。 コンゴロはフルアムへの復帰について「本当に幸せだ。久しぶりに1日中待った。最終的にフルアムでプレーできるようになったんだ。僕はここに居ることを誇りに思うし、クラブのために全てを捧げます」とコメントした。 2020.10.17 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、エイブラハム弟獲得に迫るもフルアムの手続き不備で破談…加入は今冬に?

ドルトムントがフルアムに所属するイングランド人FWティミー・エイブラハム(19)の獲得を逃がしていたことが判明した。『Transfermarkt』が報じている。 チェルシーで活躍するイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)を兄に持つティミーは、185cmの大型ストライカー。2017年にチャールトンからフルアムのU-18チームに加入。U-18プレミアリーグで29試合12ゴールを挙げるなど、ユース年代では印象的な活躍を見せていた。 現在はフルアムのU-23チームの登録となっており、昨シーズンにはレンタル先のブリストル・ローヴァーズ(3部)でプロデビューも飾っていた。 ドルトムントはそのティミーに対して、移籍市場閉幕の2週間ほど前から関心を示しており、220万ユーロ(約2億7000万円)の買い取りオプションを付けたレンタル移籍でのオファーを掲示。クラブ間、個人間でも合意に至っていたものの、フルアム側に書類作成など事務手続きの不備や遅れがあり、10月5日の締め切りまでに交渉を完了させることができなかったようだ。 なお、ティミーをリザーブチームでプレーさせ、将来的にはトップチームに引き上げることも検討しているドルトムントは、今冬のタイミングで再び獲得に動く可能性が高いようだ。 2020.10.10 18:57 Sat
twitterfacebook
thumb

シティのホープと目されたCBアダラバイヨ、フルアム加入が決定 1年延長OP付きの3年契約にサイン

フルアムは5日、マンチェスター・シティに所属するイングランド人DFトシン・アダラバイヨ(23)の獲得を発表した。1年延長オプション付きの3年契約での加入となる。 世代別のイングランド代表歴を持つアダラバイヨはシティ下部組織出身のセンターバック。2016年2月にトップチームデビューを果たしたが、出番が限られ、2018年8月から武者修行が続き、2018-19シーズンにWBA入りすると、昨季もブラックバーンに活躍の場を移していた。 シティを離れ、今季からプレミアリーグを戦うフルアム入りを決断したアダラバイヨはクラブ公式サイトを通じて心境を語った。 「とても興奮している。ついにプレミアリーグでプレーできると思うとね。シティを離れて前に進むにはちょうど良い時期だと感じていたんだ。プレミアリーグの試合に多く出場できるよう願っている」 2020.10.06 13:00 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly