冨安健洋のミラン移籍が破談、ミランのオファーをボローニャが拒否

2020.10.03 15:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表DF冨安健洋(21)の獲得を目指しているとされていた、移籍金の問題でターゲットを切り替えたようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。

今夏の移籍市場も期限が10月5日までとなっており、残すところ数日となっている状況。各クラブが駆け込みで最後の補強に動いている。

◆冨安健洋のセリエA初ゴールはミラン戦での超豪快ミドル!

ミランは、ケガ人などの問題もありセンターバックの補強が急務に。様々な候補が挙がる中、冨安は2番手に挙がっていると報じられてきた。

ミランのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏も「我々は常にチームを改善したいと思っている。優先順位は補えたが、ケガのためにセンターバックに問題がある」とし、ポジションとして補強が必要であることは明言していた。

サンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)をファーストターゲットとしていたが、レスター・シティへの移籍が決定。そのため、冨安にターゲットが変更されたが、移籍金が問題となったようだ。

『カルチョ・メルカート』によると、ミランはボローニャに冨安獲得のオファーを出したとのこと。しかし、2500万ユーロ(約30億8500万円)を要求され、高すぎるとして断念したようだ。

ボローニャ側は「我々にとって重要な存在であり、ミランが提案してきたよりも高い評価が得られると信じている。だから、我々はオファーを拒否した」と、今回の経緯について説明している。

フォファナ、冨安と候補が消えたミランだが、チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(27)にターゲットを変更したとのことだ。

ミランは、リュディガーをレンタル移籍で獲得しようとしており、チェルシー側とコンタクトを取っているとのことだ。

関連ニュース
thumb

ミランがチェルシーDFトモリの買取OP行使を発表、4年契約

ミランは17日、チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 なお、契約期間は2025年6月30日までの4年間となる。 チェルシーの下部組織出身のトモリは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにファーストチームに定着。しかし、そのシーズンの後半戦から出番を失うと、今シーズンもフランク・ランパード前監督の下で構想外に。冬の移籍市場でミランへ移籍した。 レンタルで加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合、ヨーロッパリーグでも加入からラウンド16までの全4試合にフル出場するなど、半年で多大な貢献を果たした。 シーズン途中から買い取りオプションを行使するという噂が流れていた中、正式に完全移籍が発表された。 2021.06.17 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、遠藤航の同僚オーストリア代表FWに接触か

ミランがシュツットガルトのオーストリア代表FWササ・カライジッチ(23)に視線を送っているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ユーロ2020でもオーストリア代表としてピッチに立つカライジッチは、2019年7月に2023年6月30日までの4年契約でシュツットガルトへ加入。2mの身長を生かしたヘディングはもちろん、懐も深く足元の柔軟性も備えている。 今季序盤は途中出場が多くジョーカー的な役割を担っていたが、故障者が続出したチーム状況により先発出場が増加。第19節以降はスタメンの座を確かなものとし、第19節から第25節にかけて7試合連続ゴールをマークするなど、ブンデスリーガで33試合に出場し15得点の活躍を見せた。 『カルチョメルカート』によれば、ミランの経営陣とカライジッチの代理人の間ではすでに話し合いの場が持たれた模様。なお、ミランはフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(34)の獲得を目指していたが、ジルーは6月4日にチェルシーの契約延長が発表されていた。 2021.06.16 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユがミランFWラファエウ・レオンに関心か

マルセイユが、ミランのU-21ポルトガル代表FWラファエウ・レオン(22)のローン移籍を検討しているようだ。『フットボール・イタリア』がポルトガルメディアの情報をもとに伝えている。 2019年夏に2950万ユーロ(約40億円)の移籍金と、将来的な売却額の20%分与を条件にリールからミランへ加入したラファエウ・レオン。今シーズンは公式戦40試合に出場し、7得点6アシストを記録。セリエA第13節のサッスオーロ戦ではキックオフ後6秒でネットを揺らし、イタリア最速を樹立していた。また、年代別の代表としても、先日のU-21欧州選手権2021で準優勝に輝いている。 移籍市場に精通するペドロ・アルメイダ氏によると、マルセイユのパブロ・ロンゴリア会長がレオンに熱視線を送っているとのことで、近くマルセイユにローンでの獲得を要求すると伝えられている。 『フットボール・イタリア』は、レオンは上述の成績を残しながらもパフォーマンスが安定していないと主張しており、「ローン移籍は自信と得点力を再発見するのに役立つかもしれない」として、移籍の可能性があることを示唆している。 2021.06.11 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン若手MFブレシャニーニがセリエBのモンツァへレンタル移籍!

ミランは10日、イタリア人MFマルコ・ブレシャニーニ(21)がセリエBのモンツァに7月1日から1年間のレンタルで移籍することを発表した。 ミランの下部組織では主将も務めていたブレシャニーニはセントラルMFを本職とするレフティー。188cmと大柄でセンターバックもこなせるブレシャニーニは、2019-20シーズンの最終節カリアリ戦でトップチームデビュー。 今シーズンは、セリエBのヴィルトゥス・エンテッラへ武者修行に出るとリーグ戦29試合で2ゴール2アシストをマーク。しかし、チームは最下位でシーズンを終え、セリエC降格が決まった。 なお、 移籍先のモンツァはミランの元会長であるシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が会長を務めており、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリや元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングなどミランに縁のある選手が在籍している。 2021.06.11 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、トモリをミランへ売却へ 移籍金は38億円か

チェルシーのイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)のミランへの完全移籍が迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 チェルシーの下部組織出身のトモリは、ブライトンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにトップチームに定着。たが、その後半戦から出番を失うと、今季もフランク・ランパード前監督の下では構想外に。冬の移籍市場でミランへ移籍していた。 レンタルで加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合、ヨーロッパカップでも加入からラウンド16までの全4試合にフル出場するなど、半年で多大な貢献を果たした。 その活躍から、シーズン途中から買い取りの噂が流れはじめ、現在に至るまでミランとチェルシー間の交渉が続いている模様。そして、ロマーノ氏が掴んだ情報によると、推定2850万ユーロ(約38億円)の移籍金で決着が近づいているとのこと。 ミランはまた、チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの獲得についても交渉中。本来は今夏に契約満了を迎えるため、フリーでの獲得を見込んでいたが、先日に契約を1年延長したことで雲行きが怪しくなっている。それでも、ミラン側に350万ユーロ(約4億6000万円)程の移籍金を支払う準備があるようだ。 2021.06.10 13:32 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly