グラナダがFWルイス・スアレスを獲得! 昨季サラゴサで19ゴール6アシストを記録

2020.10.02 22:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グラナダは2日、ワトフォードのコロンビア人FWルイス・スアレス(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年間となる。

スアレスは、2017年7月にコロンビアのレオネスからワトフォードへ完全移籍。その後は、レアル・バジャドリーB、ヒムなスティック・タラゴナへとレンタル移籍を経験。2019-20シーズンはレアル・サラゴサへレンタル移籍していた。

サラゴサでは、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で38試合に出場し19ゴール6アシストを記録。その活躍が認められ、グラナダが獲得に動いていた。

グラナダは開幕から2連勝。9月27日に行われた第3節のアトレティコ・マドリー戦は6-1で大敗を喫していた。

関連ニュース
thumb

ベティスがグラナダ守護神ルイ・シウバを獲得! 9日にポルトガル代表デビュー

レアル・ベティスは11日、グラナダからポルトガル代表GKルイ・シウバ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 母国のナシオナルでプロデビューを飾ったルイ・シウバは、2017年1月にグラナダに完全移籍。加入3年目となった2018-19シーズンに正GKのポジションを獲得し、1部昇格の原動力となると、直近2シーズンは自身初のプリメーラでも印象的な活躍を見せていた。 この活躍が認められてユーロ2020に向けたポルトガル代表の26名の登録メンバーに選出されると、9日のイスラエル代表との国際親善試合では待望のフル代表デビューを果たしていた。 なお、ラ・リーガ屈指のシュートストッパーは新天地のベティスでは、チリ代表GKクラウディオ・ブラーボ、スペイン人GKジョエル・ロブレスとの守護神争いに挑むことになる。 2021.06.11 23:37 Fri
twitterfacebook
thumb

グラナダ指揮官ディエゴ・マルティネスが辞任…在任3年間でリーガ昇格やクラブ初のEL権獲得に導く

グラナダは27日、ディエゴ・マルティネス監督(40)の退任を発表した。 ディエゴ・マルティネス監督はセビージャやオサスナなどで指導者キャリアを積み、2018年夏からグラナダの監督になると、就任初年度にラ・リーガ2部2位で1部昇格に先導した。 ラ・リーガ昇格初年の昨季は7位フィニッシュでクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得。今季も9位に導き、ELでもラウンド32でナポリを破るなどベスト8と健闘した。 だが、ディエゴ・マルティネス監督は今季限りでの辞任意向をチームに通達。続投を求める上層部は説得にあたったが、最終的に本人の決断を尊重することにしたという。 なお、グラナダの次期監督候補を巡ってはウエスカを率いるパチェタ監督の名が挙がっている。 2021.05.28 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英フル出場のヘタフェは今季最終戦をドローでフィニッシュ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ最終節、グラナダvsヘタフェが23日にロス・カルメネスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF久保建英は先発フル出場した。 16位のヘタフェ(勝ち点37)は前節のレバンテ戦で、久保が途中出場から加入後初ゴールを挙げて目標の残留を決定。10位のグラナダ(勝ち点45)のホームに乗り込んだ最終節では、これがヘタフェでのラストマッチとなる久保がスタメンで起用された。 久保をエネス・ウナルと共に2トップの一角で起用したヘタフェは、[5-4-1]の守備的な布陣を採用したホームチームを押し込む入りを見せる。9分にはボックス手前で久保から足元にパスを受けたウナルが右足を振り抜くが、これは相手DFのブロックに遭う。また、20分にも久保はペナルティアーク付近で左足のシュートを放つが、これもブロックに阻まれた。 以降も珍しくボールを握る展開が続いたヘタフェや久保やアレーニャを起点に相手守備ブロックを揺さぶりにかかるが、なかなか決定機まで持ち込むことができないまま前半を終えることになった。 すると、後半はハーフタイム明けの2枚替えで攻撃に舵を切ったホームのグラナダが一転して押し込む入りを見せる。途中出場のマチスが攻撃に推進力を与えると、55分にはボックス左に抜け出して左足を振り抜くが、これは枠の右に外れた。 今季最終戦を勝って終わりたいヘタフェは64分にダミアン・スアレスを下げてクチョ・エルナンデスを投入。この交代に伴い、久保は右サイドハーフにポジションを移す。 その後も互いに積極的に交代カードを切ってゴールを目指す中、ヘタフェは途中出場のクチョやアレーニャを起点に幾度かチャンスを作りかけたが、集中したホームチームの守備をこじ開けるまでには至らず。 そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、久保は今シーズン最終戦を勝利で飾ることはできなかった。 2021.05.24 03:35 Mon
twitterfacebook
thumb

グラナダ、チーム得点王の36歳FWソルダードと2022年まで契約延長!

グラナダは17日、元スペイン代表FWロベルト・ソルダード(35)との契約延長を発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 レアル・マドリーの下部組織出身で、ヘタフェやバレンシアで活躍したストライカーのソルダードは、トッテナム、ビジャレアル、フェネルバフチェを経て、2019年の夏にフリーでラ・リーガ1部復帰を果たしたグラナダへ加入。 加入初年度となった昨季はラ・リーガ33試合で7ゴール5アシストをマークし、ヨーロッパリーグ(EL)出場権の獲得に貢献。今季もここまでラ・リーガ28試合に出場しチームトップの9ゴールをを記録。クラブ史上初となったELでは8試合に出場。ラウンド16のモルデ戦では1stレグ、2ndレグ共にゴールを記録しチームを準々決勝に導いた。 新契約にサインしたソルダードは、自身のツイッター(@R9Soldado)で「グラナダでもう一年続けることを伝えられて、これほど嬉しいことはないよ。これからも戦い続けるよ」と、喜びを語っている。 2021.05.18 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

グラナダに4発快勝のマドリーが首位アトレティコを追走!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは13日、ラ・リーガ第36節でグラナダとアウェイで対戦し、4-1で勝利した。 直近のセビージャ戦をアザールの劇的弾でドローに持ち込んだ3位マドリー(勝ち点75)は、その試合からスタメンを3人変更。クロースやマルセロ、オドリオソラに代えてロドリゴやマルビン、ミゲル・グティエレスの若手3選手をスタメンで起用した。 10位グラナダ(勝ち点45)に対し、立ち上がりからボールを支配するマドリーは13分に最初の決定機を迎える。カウンターから右サイドにボールを展開したベンゼマがゴール前に駆け上がると、ロドリゴからのクロスをヘディングシュートで合わせたが、これは相手GKのセーブ阻まれた。 その後も攻勢を続けるマドリーは、直後にスコアを動かす。17分、左サイドでボールを受けたグティエレスが意表を突くループパスを供給すると、ボックス左深くまで駆け上がったモドリッチがダイレクトシュート。これが相手GKの股下を抜けゴールネットを揺らした。 先制点で主導権を握ったマドリーは、27分にバルベルデのスルーパスからボックス右まで抜け出したマルビンが決定機を迎えたが、やや力んだシュートは枠の左に逸れた。さらに45分にも、中盤でのボール奪取に成功したヴィニシウスがカウンターからシュートを放ったが、これはGKルイ・シウバの好セーブに防がれた。 このまま前半終了かと思われたが、マドリーは前半アディショナルタイムに追加点を奪う。46分、ミリトンの縦パスを中盤でマルビンがはたくと、右サイドで受けたロドリゴがボックス右までドリブルで運び、ゴール左隅にシュートを突き刺した。 迎えた後半、2点をリードするマドリーはマルビンを下げてオドリオソラを投入。さらに62分には、ヴィニシウス、ロドリゴ、バルベルデを下げてアザール、アセンシオ、イスコをピッチに送り出した。 膠着状態が続く中、マドリーは71分に失点する。ボックス右から侵入したアルベルト・ソロの折り返しからスアレスがシュートを放つと、GKクルトワがはじいたボールをモリーナに押し込まれた。 1点を返されたマドリーだが、すぐに反撃に転じる。すると75分、バイタルエリア右でパスを受けたモドリッチが絶妙な斜めのパスを供給すると、トラップの流れたアザールがボックス左深くから折り返すと、右から中央へ走り込んだオドリオソラがダイレクトシュートをゴールに突き刺した。 さらにマドリーは76分にも、カゼミロのロングフィードを処理しようと飛び出したGKルイ・シウバのクリアミスに反応したベンゼマが無人のゴールへシュートを流し込み、試合を決定づける4点目を奪った。 結局、試合はそのまま4-1でマドリーが快勝。リーグ戦無敗を「16」に伸ばしたマドリーが2位に浮上し、首位アトレティコを追走している。 2021.05.14 06:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly