横浜FM、MF植田啓太とGK寺門陸の来季トップチーム昇格内定を発表!

2020.10.02 17:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスは2日、同クラブユースに所属するMF植田啓太(18)とGK寺門陸(17)の来季トップチーム昇格内定および2種登録を発表した。横浜F・マリノスプライマリーから横浜FMの育成機関でプレーする植田は、2018年にU-16日本代表にも召集されたことのある身長174cm、体重66kgのMF。一方、ジュニアユースからクラブの下部組織に在籍する寺門は身長182cm、体重73kgのGKだ。

来季からトップチームでプレーすることが決まった両選手は、クラブ公式サイトで以下のように喜びを語っている。

◆植田啓太
「来季よりトップ昇格することが決まりました植田啓太です。小さい頃からお世話になっている横浜 F・マリノスでプロとしての キャリアをスタートできることを非常に嬉しく思います。これまで支えてくださった家族・指導者のみなさんや出会ったすべての 方々への感謝の気持ちを忘れず、また新たな目標に向かって日々謙虚に努力していきます。 自分の持ち味は少ないタッチと数多くボールに関わりながら両足のキックでゲームメイクをすることです。少しでも早くピッチに立っ て横浜F・マリノスの力になれるように頑張りますので応援よろしくお願い致します」

◆寺門陸
「小さいころからの夢であったプロサッカー選手のキャリアを、お世話になった横浜F・マリノスでスタートできることを大変うれしく思います。ここからが本当のスタートだと思うので、今まで関わった全ての人に対する感謝の気持ちを常に忘れず、真摯に努力し、一日でも早くピッチに立ち、特徴であるアグレッシブなプレーをサポーターの皆様の前でお見せできるように頑張ります。応援をよろしくお願い致します」
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:横浜FMvs名古屋】連覇消えた王者、連勝ストップの名古屋とともに求められるバウンスバック

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2020年10月21日(水) 19:30キックオフ 横浜F・マリノス(7位/38pt) vs 名古屋グランパス(5位/42pt) [日産スタジアム] ◆連覇消滅、モチベーションをどこに【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでセレッソ大阪と対戦し、4-1で大敗。大阪でのアウェイ連戦を勝利なく終え、さらには連覇の可能性が消滅することとなった。 “鬼門”となっていたアウェイのC大阪戦だったが、試合では相手のプレスにハマり、全くポゼッションが機能せず。パフォーマンスレベルも低く、内容もないまま敗れ去ってしまった。 連覇の可能性がなくなったことに加え、ガンバ大阪戦に続き苦しい試合となったことのショックは少なくない。YBCルヴァンカップとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)による過密日程の影響で選手たちは疲労困憊状態。さらにケガ人が相次いだこともあり、ターンオーバーもままならない状況でここまで戦ってきたツケが回った印象だ。 これによりタイトル獲得の可能性は現状ACLのみ。11月に集中開催となるが、そこに向け、そして王者としての意地を見せるためにもしっかりと前を向いて戦いたい。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆川崎Fを止められず連勝ストップ、仕切り直しへ【名古屋グランパス】 前節はアウェイで川崎フロンターレと対戦し、11連勝を阻みたかったが、結果は3-0で完敗に終わった。 優勝の可能性はかなり低くなったが、2位はまだ目指せる状況。ここで気落ちして連敗していては2位の座も遠くなる。 川崎F戦ではブロックを敷き、相手の巧みなボール回しと、選手のポジショニングにもしっかりと対応していたが、セットプレー絡みで3失点と流れとは関係ないところでやられてしまった。 今節に向けてもしっかりとした守備からまずは入ること。横浜FMの強力な攻撃陣を乗らせないことが重要となる。 川崎F戦ではカウンターの精度を欠いたことも苦しむ要因に。しっかりとストロングポイントを出して、まずは連敗回避と行きたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、オ・ジェソク MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.10.21 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:横浜FCvsFC東京】差がつくフィニッシュワーク、ゴール前の精度で勝るのは?

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月18日(日) 14:00キックオフ 横浜FC(13位/21pt) vs FC東京(3位/47pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆課題は変わらずフィニッシュワーク【横浜FC】 前節はアウェイでのベガルタ仙台戦を戦い、0-0のゴールレスドロー。再び攻撃陣が沈黙してしまった。 1週間前の鹿島アントラーズ戦では、攻撃陣が機能し前半で2点リード。しかし、徐々に押し込まれる展開となると、終盤に2ゴールを許して逆転負けを喫してしまった。 シーズン序盤からポゼッションサッカー自体はJ1でも通用するレベルとなっているが、やはりフィニッシュワークの精度という点では力不足が否めない。 実際に今シーズン挙げた6勝のうち、5勝が複数得点。シーズンを通してクリーンシートが2試合と考えると、守っても勝てるチームではないという状態。いかにして得点を奪い切って勝っていくかが重要となる。上位のFC東京相手には簡単なミッションではないが、チャンスを作れないわけではないため、いかに仕留められるかがカギを握る。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:六反勇治 DF:マギーニョ、伊野波雅彦、小林友希、袴田裕太郎 MF:松浦拓弥、安永玲央、手塚康平、齋藤功佑 FW:一美和成、瀬沼優司 監督:下平隆宏 ◆フィニッシュワークで差を見せられるか【FC東京】 前節はホームで清水エスパルスを相手に3-1と快勝。序盤から畳み掛けてしっかりと勝利を収めた。 今シーズンはここまで連敗が一度もなく、それは今回も防げたが、首位の川崎フロンターレとは勝ち点が離れている状況だけに、混戦状態となってきた2位争いでしっかりと勝ちたいところだ。 この先はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)という足枷がさらにつくこととなり、チーム作りをしながらも結果を残さなければいけない状況だ。 横浜FCはポゼッションを高めに来るが、いかに前からハメるプレスを行い、カウンターで一気にゴールを奪い切るか。フィニッシュワークで力の差を見せつけてしっかりと連勝を記録したいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村拓海、森重真人、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、髙萩洋次郎、安部柊斗 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑、田川亨介 監督:長谷川健太 出場停止:レアンドロ 2020.10.18 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

奥埜&豊川が2ゴール! 横浜FMは鬼門ヤンマースタジアムを攻略出来ず大敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節、セレッソ大阪vs横浜F・マリノスが17日にヤンマースタジアム長居で行われ、4-1でC大阪が勝利した。 前節は最下位の湘南ベルマーレに苦戦を強いられるも、後半アディショナルタイムのマテイ・ヨニッチの値千金ゴールで連敗を止めたC大阪(勝ち点45)。この勝利でJ1通算150勝目となり、リーグ後半戦は5試合で1勝4敗と苦しい戦いが続いていただけに、嬉しいトピックとなった。 一方、横浜FM(勝ち点38)は6連勝中だったガンバ大阪相手に1-1のドローで、なんとか勝ち点1を獲得。ここ5試合の成績を2勝2分け1敗としている。互いに前節から中2日となる両者だが、それぞれスタメン変更は1人と3人にとどめている。 立ち上がりの4分に巧みなパスワークからチャンスを作ったC大阪は10分、右サイドの坂元がキックフェイントで相手を躱して左足でクロスを上げると、DFの間に飛び込んだ奥埜が頭で叩き込み、幸先良く先制に成功した。 その後も坂元を中心に攻撃を組み立てるC大阪に対して主導権を握りたい横浜FMだが、組織的なブロックを前になかなかキラーパスが通らない。いざアタッキングサードに侵入しても、強度の高い守備に絡めとられてしまう。 そうなると攻撃はサイドやカウンターに。37分に右サイドの松原から上がったクロスをエリキが待ち構えたが、上手く合わせられずマテイ・ヨニッチのブロックに逢う。39分には素早い攻撃からマルコス・ジュニオールがボックス右からシュートへ。相手に当たってコースが変わったシュートは左ポストを叩いて惜しくもゴールとはならなかった。 続く44分には、ハーフウェイライン付近でボールを奪ったエリキからカウンターを発動。左のジュニオール・サントスに展開し、グラウンダーのクロスを再びエリキが押し込んだが完全にオフサイド。前半最大の決定機を逃してしまう結果に。 後半は横浜FMがポゼッションを高めるものの、C大阪も集中した守りを見せて膠着状態が続く。そんな中、66分に初めてC大阪が交代カードを切ると、ここから大きく試合が動く。 交代直後の67分、右サイドの片山のクロスをボックス左の清武が頭で落とすと、ゴール前に飛び込んだ途中出場の豊川は届かなかったものの、逆サイドの奥埜がこぼれ球を回収。誰もがクロスを意識する中、奥埜は角度のない所からGKのニアを突くシュートを流し込んだ。 さらにその4分後、再び片山起点のロングボールをボックス手前右で収めた豊川が、GK梶川の位置を確認してループシュートを選択。これが見事にゴールに収まり、瞬く間に3点のリードを得た。 だが、これで止まらないホームチームは80分、左サイドに流れた奥埜がふわりとしたボールを前線に供給。これでGKと一対一となった豊川が冷静に仕留めて4点差に広げた。 守備崩壊の横浜FMは、途中出場で古巣対戦の水沼が後半アディショナルタイムに1点を返すが焼け石に水。試合は4-1でC大阪が勝利し、2連勝を収めた。一方の横浜FMはヤンマースタジアム長居でまたも敗戦。2012年以降14戦未勝利で、4分け10敗となっている。 セレッソ大阪 4-1 横浜F・マリノス 【C大阪】 奥埜博亮(前10) 奥埜博亮(後22) 豊川雄太(後26) 豊川雄太(後35) 【横浜FM】 水沼宏太(後46) 2020.10.17 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:C大阪vs横浜FM】J1屈指の盾×矛、ストロングポイントを出して勝利を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月17日(土) 15:00キックオフ セレッソ大阪(3位/45pt) vs 横浜F・マリノス(7位/38pt) [ヤンマースタジアム長居] ◆連敗ストップ、再びエンジンがかかるか【セレッソ大阪】 前節は湘南ベルマーレをホームに迎えた一戦。ポゼッションを高めた試合展開となるも、粘り強く守る湘南の前に苦戦を強いられゴールレスドローになるかと思われたが、後半アディショナルタイムにDFマテイ・ヨニッチがCKからヘディングを叩き込み、1-0で勝利。J1のホーム通算150勝を達成した。 川崎フロンターレ(1-3●)、名古屋グランパス(1-0●)と連敗、後半戦は5試合で1勝4敗と苦しい戦いが続いていただけに、なんとか勝利をもぎ取れたことは大きいだろう。 しかし、つまづいている間に首位の川崎Fは勝ち点3を積み重ねその差「17」あっという間に遠い存在に。しかし、2位のFC東京とは勝ち点差「2」とまだまだ狙える位置にいるだけに、しっかりと勝ち点3を積み上げていきたいところだ。 対戦する横浜FMは前からプレスをハメ、ボールを奪えば一気に攻撃に転じてくるスタイル。堅い守備を構築することはもちろんだが、得意のポゼッションサッカーをしっかりと出し、試合の主導権を握りたいところ。また、高いラインの裏を狙うことで押し込んでいきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:片山瑛一、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、柿谷曜一朗 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆苦戦しながらもドロー、9年ぶり勝利なるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでガンバ大阪と対戦し、1-1のドロー。6連勝と好調を維持しているG大阪を相手に、なんとか勝ち点1を獲得した試合だ。 G大阪の積極的なプレスの前に苦戦を強いられ、信条とする後方からのビルドアップも上手く機能しない試合展開に。苦しい試合となった中、なんとか粘りを見せることができたことはプラスに捉えても良いだろう。 前半戦に比べ、後半戦は安定して勝ち点を獲得できているものの、この先はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が待っており、より苦しい戦いに。また、消化試合も多いため、見た目の順位以上に下に落ちる可能性はある。 2試合連続で大阪での試合、C大阪も調子が良いとは言えないが、横浜FMとしては2011年以来のアウェイ戦勝利を狙いたいところ。4バックをベースに可変システムを採用しているが、C大阪相手にハマ流のか。上位を目指す上では、もう勝ち点は落とせない。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏 MF:水沼宏太、エリキ FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.10.17 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪がペース握るも連勝ストップ 宇佐美弾で追いつき横浜FMとドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第22節のガンバ大阪vs横浜F・マリノスが14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、1-1のドローに終わった。 前節のアウェイFC東京戦を2001年以来の勝利で飾り、今季最長の6連勝を達成した4位G大阪。鬼門攻略にゴールという形で貢献した古巣戦のアデミウソンがベンチからのスタートになったが、小野瀬を3試合ぶりに先発起用して、昨季王者を迎え撃った。対する6位横浜FMは2連勝を目指す今節だが、主将の喜田が出場停止となり、チアゴ・マルチンスも前節に続いて欠場。マルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの強力アタッカーをスタートから送り出した。 互いの攻撃姿勢がぶつかり合った試合はG大阪が鋭いフォアチェックで上回る入りとなるが、横浜FMも次第にボールを動かし始め、盛り返す構図に。横浜FMはマルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの好機を立て続けに作り出す時間帯もあったが、G大阪もGK東口やキム・ヨングォンの好対応で凌ぐ。 やた守りを強いられ、攻め返したいG大阪も24分、前線のパトリックがGK東口のゴールキックを頭で落とすと、回収した宇佐美がワンタッチで相手DFを交わして、ボックス右から右足でフィニッシュに持ち込む形を作り出して反攻。しかし、この場面はGK梶川の好守に遭って、先制ゴールに繋がらない。 すると、その2分後に横浜FMがミスを突いて先取する。敵陣中央で山本からボールを奪ったエリキがゴール右に侵攻したマルコス・ジュニオールにパス。マルコス・ジュニオールのシュートはGG東口のビッグセーブに遭うが、その跳ね返りがマルコス・ジュニオール自らに当たり、再度の跳ね返りがキム・ヨングォンの顔面にディフレクトして、G大阪のゴールマウスに吸い込まれた。 失点後も悪くない戦いを続けるG大阪はなかなか攻めがゴールに繋がらない状況が続いたが、前半アディショナルタイム1分に井手口が相手最終ラインの背後に浮き球パスを出すと、ボックス右に抜け出した宇佐美が相手GKと交錯してPKのチャンス。キッカーの宇佐美がしっかり決めた。 先制こそしたものの、ボール保持率やパス数でもG大阪と遜色のなく、主導権を握り切れない戦いが続き、前半のうちに追いつかれてしまった横浜FM。後半の入りから仕切り直したいところだったが、前半に同じく鋭い攻守の切り替えで効率よくセカンドボールを回収するG大阪のペースが続く。 そのG大阪は横浜FMのお株を奪うような能動的な見解を続けるなか、59分に味方とのパス交換でボックス右深くに侵攻した高尾の折り返しから山本が右足ダイレクト。この場面は相手DFのブロックもあって、ゴールに繋がらなかったが、終始横浜FMに守備を強いるゲーム展開に持っていく。 そうした展開が続くなか、両軍は77分にそれぞれ1枚目のカードを切り、横浜FMが前田を投入。前田の起用でやや盛り返した横浜FMだが、同じタイミングで渡邉のカードを切ったG大阪は続く80分にアデミウソンと矢島を送り込み、勝負に出る。しかし、横浜FMも譲らず、勝ち越しを許さない。 結局、死力を尽くした両者の好ゲームは痛み分けで終了。それぞれ勝点1を分け合う結果に終わっている。 ガンバ大阪 1-1 横浜F・マリノス 【G大阪】 宇佐美貴史(前45+1) 【横浜FM】 OG(前26) 2020.10.14 21:09 Wed
twitterfacebook