遠藤保仁、磐田へのレンタルが正式決定 G大阪在籍20年でクラブが獲得した全主要タイトルに寄与

2020.10.05 08:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジュビロ磐田は5日、ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁(40)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2021年1月31日まで。背番号は「50」に決定した。本日、会見が行われる。日本代表としても歴代最多152キャップを誇る遠藤は鹿児島実業高校卒業の1998年に横浜フリューゲルスでプロキャリアをスタートさせ、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)を経て、2001年からG大阪でプレー。G大阪在籍20年でクラブが獲得した全9個の主要タイトル獲得に貢献している。

プロ23年目の今季、元日本代表GKの楢崎正剛氏が持つ631試合のJ1最多出場記録を更新して、ここまで通算641試合に出場。しかし、その裏で若手の台頭や戦術面で出番も減らした今季は11試合に出場したJ1リーグで3回の先発機会しかなく、ベンチ外も増加傾向だった。

J2リーグの磐田は1年でのJ1復帰を目指す今季だが、23試合消化の現時点で昇格圏の2位ギラヴァンツ北九州と勝ち点15差の12位と低迷。遠藤はその磐田でG大阪時代に同僚だった元日本代表MF今野泰幸やMF大森晃太郎と再会を果たすとともに、チームの浮上に向けて共闘することとなる。

なお、Jリーグは本来、冬と夏に移籍ウインドーが設けられているが、今季は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり、特別に第3ウインドーが設置。10月2日〜30日まで移籍ができ、遠藤はそれを利用しての新天地行きとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

磐田がFW小川航基とDF舩木翔を規律違反で処分

ジュビロ磐田は18日、FW小川航基とDF舩木翔に規律違反に対する処分を下したことを発表した。 両選手は今月5日にクラブから新型コロナウイルスに感染したことが報告された。先月25日に本拠地で行われた明治安田生命J2リーグ第31節のザスパクサツ群馬戦後に会った知人が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、PCR検査を受検したところ判明したとのことだった。 クラブはその後、2人に事情聴取を行い、クラブが定めていた行動規律に違反したことが認められたため、処分を決断。クラブ規律違反による謹慎処分(1週間)および罰金を課した。徴収した罰金は後日慈善団体へ寄付を行う予定だと伝えている。 なお、クラブでは両選手の感染が判明した後、6日にトップチームスタッフ1名、7日にDF石田崚真の感染が報告されていた。 2020.11.18 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田痛恨…チーム得点王FWルキアンが頚椎椎間板ヘルニアで復帰未定、DF山本義道も3週間離脱

ジュビロ磐田は13日、FWルキアン、DF山本義道の負傷を発表した。 クラブの発表によると、ルキアンは10月頃から頚部痛を自覚し、5日に浜松市内の医療機関で検査。頚椎椎間板ヘルニアと診断され、10日に手術を行い、復帰は未定とのことだ。 山本は1日の明治安田生命J2リーグ第30節のアビスパ福岡戦で負傷。検査の結果、右足関節前距腓じん帯損傷と診断され、復帰まで約3週間とのことだ。 ルキアンは、今シーズンの明治安田J2で31試合に出場しチーム最多の10得点を記録。山本はシーズン途中に横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入し、14試合に出場していた。 2020.11.13 11:50 Fri
twitterfacebook
thumb

磐田MFムサエフがトレーニングで負傷、左外側ハムストリング肉離れで復帰まで3週間

ジュビロ磐田は10日、MFムサエフの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ムサエフは10月29日のトレーニング中に負傷。浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、左外側ハムストリング肉離れと診断。復帰まで約3週間程度とのことだ。 ムサエフは、今シーズンの明治安田生命J2リーグで5試合の出場に留まっている。 2020.11.10 14:12 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田DF石田崚真の濃厚接触者は1名、その他疑いの選手7名は隔離とPCR検査を実施

ジュビロ磐田は9日、チーム内での濃厚接触者を特定したことを発表した。 磐田では、5日にFW小川航基とDF舩木翔が新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定を受けていたほか、6日にトップチームスタッフ1名、7日にDF石田崚真が陽性判定となっていた。 磐田によると石田の濃厚接触者について、保健所より1名が特定されたとのこと。すでに7日の時点で濃厚接触疑いとして隔離措置をとっていたとのことだ。なお、継続して2週間は隔離されるとのことだ。 また、濃厚接触疑いとされていた残りの7選手のうち、3名は濃厚接触者とされなかったものの、クラブ独自の判断で要注意とし、当面の間は隔離措置をとるとのこと。残り4名は濃厚接触者ではないと認定されたものの、再度PCR検査を実施し、陰性が確認された場合に順次チームに合流するとのことだ。 なお、磐田としては今後も自主的なPCR検査を実施するとのこと。保健所や専門家の指導をもらい、改めて万全の対策を講じた上で活動していくとしている。 2020.11.09 10:42 Mon
twitterfacebook
thumb

選手3名が陽性判定の磐田、濃厚接触者の選手8名を除いて愛媛戦開催決定

ジュビロ磐田は、8日に予定されていた明治安田生命J2リーグ第34節の愛媛FC戦について開催することを発表した。 磐田では、5日にFW小川航基とDF舩木翔が新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定を受けていたほか、6日にトップチームスタッフ1名が陽性反応を示していた。 また、7日に実施したPCR検査でDF石田崚真が陽性反応を示したことで、愛媛戦の開催が危ぶまれていた。 しかし、磐田によればJリーグと協議のうえ、陽性判定の選手3名・トップチームスタッフ1名、およびJリーグ独自の濃厚接触疑いの基準に照らし合わせ濃厚接触者と特定された選手8名とトップチームスタッフ3名を除き、試合を開催することになったという。 合計で選手11名が起用できないこととなる苦しい状況だが、試合は14時から実施される。 2020.11.08 07:40 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly