「勝利が何よりも重要だった」DFLスーパーカップ制覇のフリック監督が歓喜!

2020.10.01 15:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのハンジ・フリック監督がDFLスーパーカップ制覇を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。9月30日に行われたDFLスーパーカップでドルトムントと対戦したバイエルンはMFコランタン・トリソとMFトーマス・ミュラーのゴールで2点リード。MFユリアン・ブラント、FWアーリング・ハーランドのゴールで同点に追いつかれたが、82分にDFヨシュア・キミッヒが勝ち越しゴールを決めて、3-2の勝利を収めた。

2年ぶり8度目の優勝を果たしたフリック監督は、勝利が何よりも重要だったとタイトル獲得を喜んだ。

「今日は勝利だけが重要だった。それが我々の目標だった。それを達成できた。だから、チームを褒め称えたい。彼らがプレーしなければいけない試合はたくさんある。だから、自分たちで勝ちを決めることも重要だ」

「その一方でチームはメンタリティや、特定のレベルを示せた。特に後半は簡単ではなかった。2-0でリードしていたし、それに値していたと思う。それから我々は何個かのミッションや役割で困難になった。もっと上手くやらなければいけなかった」

「キミッヒは非常に特別なメンタリティ、とても優れたクオリティを持っている。だからこそ、彼はこのクラブの象徴の1人なるために本当に良い道を進んでいる。賛辞を送りたい」
コメント
関連ニュース
thumb

史上初のCL全勝優勝 他を寄せ付けなかったバイエルンの足取り

20日に開幕を迎える2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により2019-20シーズンの閉幕が遅くなった分、例年よりも遅い開幕となるが、その2019-20シーズンで優勝を果たしたのはドイツのバイエルンだった。 ドイツの絶対王者として、ブンデスリーガ7連覇の実績を引っ提げて2019-20シーズンに臨んだバイエルンは、2018-19シーズン準優勝のトッテナム、セルビア王者ツルヴェナ・ズヴェズダ、ギリシャ王者のオリンピアコスという2強2弱のグループBに入った。 <div id="cws_ad">◆昨季王者バイエルン、2019-20シーズンのスーパーゴール5<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJodUdDV0RqYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆グループステージからバイエルンの攻撃力が爆発 シーズン序盤、当時のニコ・コバチ監督と主力選手らの確執もあり、ブンデスリーガでは勝ち点を取りこぼす試合が多かったバイエルンだが、ヨーロッパの舞台ではツルヴェナ・ズヴェズダとの初戦を快勝で飾ると、第2節のトッテナム戦では元アーセナルのFWセルジュ・ニャブリが慣れ親しんだロンドンの地で大暴れ。キャリア初の1試合4ゴールを挙げるなど、圧巻のパフォーマンスを見せて7-2の歴史的な大勝をもたらした。その後、オリンピアコスにも競り勝って3連勝でグループステージを折り返したが、リーグ戦の不振を受けて昨年11月初旬にコバチ監督を解任。ハンジ・フリック監督にバトンが手渡された。 そして、フリック体制の初陣となったホームでのオリンピアコス戦を2-0の勝利で飾ったチームは、早々にグループステージ突破を決めると、第5節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦ではニャブリに続き、主砲ロベルト・レヴァンドフスキが1試合4ゴールの大暴れを見せ、首位通過も確定させる。消化試合となった最終節ではジョゼ・モウリーニョに指揮官を交代したトッテナムを3-1で破り、圧倒的な強さでグループステージ唯一の全勝突破を果たした。 ウィンターブレイクを経て完全にフリック仕様の新たなチームに生まれ変わったバイエルンは、決勝トーナメントに入ってもその勢いを継続する。 まずは、ラウンド16でトッテナムに続くロンドン勢のチェルシーと対戦。2011-12シーズンの決勝で敗れた因縁の相手に対して真価が試された中、2月末に行われた敵地での対戦ではMFアルフォンソ・デイビスという超新星が世界を震撼させる。 センターバックの相次ぐ負傷者に伴い、左サイドバックにコンバートされた19歳のカナダ代表ウインガーは爆発的なスピードとテクニックを武器に、チェルシーの右サイドを文字通り、完全に切り裂いて見せた。そして、ドッペルパック(1試合2得点)のニャブリ、レヴァンドフスキというスコアラー2人を完全に食う衝撃的な活躍を披露し、3-0の先勝に大きく貢献した。 そして、ブンデスリーガ8連覇を達成して臨んだホームでの2ndレグでは、出場停止にケガと満身創痍のアウェイチームに対して、レヴァンドフスキのドッペルパックなど一切の隙を与えない盤石の戦いぶり。1stレグを上回る4ゴールを重ね、2戦合計7-1の圧勝で因縁の相手にリベンジを果たした。 <div id="cws_ad">◆因縁の相手に4ゴール!チェルシー戦ハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPd1NBQ2dsdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆コロナ禍でのレギュレーション変更もバイエルンの進撃は止まらず コロナ禍によって準々決勝以降のレギュレーションが中立地リスボンでのシングルマッチ方式の短期トーナメントに変更される中、世界最高のクラックであるFWリオネル・メッシを擁するバルセロナとの対戦は準々決勝屈指の注目カードとなったが、バイエルンはこの一戦でシーズンハイライトと言える圧巻のパフォーマンスを披露した。 立ち上がりから強度、連動性と申し分ないハイプレスでバルセロナのビルドアップを機能不全に陥れたバイエルンは、不運なオウンゴールで1点を与えたものの、FWトーマス・ミュラーのドッペルパックなど前半に4ゴールを奪い、勝負を決定づける。 後半立ち上がりには2点差に詰め寄られたが、ここから再び攻撃のギアを上げると、超新星デイビスの驚愕の5人抜きアシストからMFジョシュア・キミッヒ、途中出場のMFフィリペ・コウチーニョの古巣相手の無慈悲なドッペルパックなどで突き放した。そして、グループステージのトッテナム戦を上回る、8-2のスコアで優勝候補を完膚なきまでに粉砕した。 <div id="cws_ad">◆デイビスの5人抜きアシストも!バルセロナ戦ハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEZG1XSGtoWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 戦前にはかつての指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティとの頂上対決が予想されたが、準決勝の対戦相手はユベントス、シティと2戦連続で大物食いを果たした伏兵リヨンとの対戦となった。 試合序盤にはハイラインの背後を執拗に狙う相手に対して、3度のビッグチャンスを作られる思わぬ入りに。それでも、守護神マヌエル・ノイアーを中心にこのピンチを無失点で凌ぐと、主砲レヴァンドフスキ同様に勝負強さが際立ったニャブリが個の力で流れを変えた。18分に右サイドから鋭いカットインを見せると、強烈な左足のミドルシュートを叩き込み先制点を奪取。続く33分にはゴール前のこぼれ球を冷静に流し込み、流れを一気に引き寄せた。 後半はシステム、メンバーを細かく入れ替えて反撃を試みる相手に手を焼いたが、試合終了間際の88分にはCL全試合ゴール中だったレヴァンドフスキがキミッヒのFKを冷静に頭で合わせ、CL15点目を記録。ほぼ完璧な内容でリヨンの快進撃をストップし、7年ぶりの決勝進出を決めた。 決勝ではCL初優勝を目指すフランスのパリ・サンジェルマン(PSG)との対戦となる。強豪同士の対戦らしく、立ち上がりから拮抗した展開が続く中、59分にフランス代表MFキングスレー・コマンが頭で決めると、守備陣がPSGの豪華攻撃陣をシャットアウトし、7季ぶり6度目のビッグイヤーを手にした。 ブンデスリーガ、DFBポカールに続くタイトル獲得で2012-13シーズン以来の三冠を成し遂げたフリック監督。コバチ体制から引き継ぐ形となったが、グループリーグから11戦全勝、43得点8失点と圧倒的な成績を収めての優勝だった。 <div id="cws_ad">◆CL優勝を決めた直後のバイエルンイレブンが輪になって大喜び<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJZHpYaEgzOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 連覇を目指すバイエルンは、今シーズンのCLでグループAに入り、昨季ベスト8のアトレティコ・マドリー、予選を勝ち上がったMF奥川雅也が所属するザルツブルク、そしてロコモティフ・モスクワと対戦。21日にアトレティコ・マドリーとのグループステージ初戦をホームで迎える。 2020.10.20 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがCLアーセナル戦で決めた華麗なノールックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが決めたノールックヒールアシスト!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkeDhKNE9QdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏にドルトムントに加入したレヴァンドフスキは、リーグ屈指のストライカーとして大ブレイク。2014年にはバイエルンに加入し、世界最高峰のストライカーへと評価をさらに高めた。 絶対王者バイエルンのエースとしてゴールを量産しているレヴァンドフスキだが、2017年2月15日のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アーセナル戦の1stレグでは、華麗なアシストを決めている。 2-1とバイエルンリードの56分、ボックスの手前にポジションを取っていたレヴァンドフスキにMFシャビ・アロンソからの鋭いパスが入ると、レヴァンドフスキはゴールに背を向けた状態でノールックのヒールパスをボックス内に送る。裏に動き出していたMFチアゴ・アルカンタラが完全にフリーでこのパスを受けると、GKとの1vs1を冷静に決め、美しいアシストから相手を突き放す追加点を奪った。 その後も攻撃の手を緩めなかったバイエルンは5-1とアーセナルを粉砕。2ndレグでも5-1で勝利し、合計スコア10-2という歴史的大勝を記録した。 2020.10.20 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンに完敗も堂安が一矢報いるブンデス初ゴール!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第4節、ビーレフェルトvsバイエルンが17日に行われ、1-4でバイエルンが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は90分まで出場し、ブンデス初ゴールをマークしている。 前節ブレーメン戦ではケルン戦に続いてインパクトを残しきれなかった堂安。チームも初黒星を喫した中、日本代表ではカメルーン代表戦で先発したものの、そこでも見せ場を作れず。その堂安がフラットな[4-4-2]の右MFで開幕4試合連続スタメンとなった。 一方、バイエルンは前節ヘルタ・ベルリン戦では粘る相手に苦戦しながらもレヴァンドフスキの4発で勝ちきり、2勝1敗とした。ホッフェンハイム戦の敗戦を払拭する勝利を手にした中、2日前に行われたDFBポカール1回戦のデューレン戦では新加入組を多数起用し、チュポ=モティングの2発など3-0で快勝した。そのバイエルンはチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦を控える中、主力を投入した。 [4-4-2]の3ラインを自陣に形成するビーレフェルトに対し、3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べたバイエルンが立ち上がりから押し込むと、8分にあっさり先制する。 レヴァンドフスキのダイレクトパスに抜け出したミュラーがボックス右に侵入し、一度は味方へのクロスを送るも、ルーズボールを押し込んだ。 先制したバイエルンは、26分に追加点。ゴレツカのパスを受けたペナルティアーク中央のレヴァンドフスキがゴール左へコントロールシュートを決めきった。 31分にロングボールから決定機を迎えたビーレフェルトは、ハーフタイムにかけて堂安がカットインからのシュートで2度GKノイアーを強襲するも、追加タイム1分に3失点目を喫した。 ミュラーのパスをボックス中央で受けたレヴァンドフスキにゴールへ蹴り込まれた。 バイエルンが3点をリードして迎えた後半、51分にバイエルンに4点目。レヴァンドフスキの右クロスをミュラーが合わせた。 それでも58分、堂安がブンデス初ゴールを記録する。ロングカウンターに転じた流れから、クロスのパスを受けたボックス右の堂安がDFを外して右足でゴール左に蹴り込んだ。 70分にも堂安に決定機が訪れたビーレフェルトは、76分にトリソが一発退場となって数的優位となったが、反撃はできず。4-1でバイエルンが快勝している。 2020.10.18 03:34 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第4節プレビュー】堂安が王者バイエルンに挑戦!

前節は優勝を争うことが予想されるバイエルンとドルトムントが勝利を取り戻した。そしてMF鎌田が今季初ゴールを挙げ、チームの逆転勝利に貢献している。また、MF遠藤渓太がブンデスデビューを飾った。迎える第4節、ビーレフェルトのMF堂安が王者バイエルンと対戦する。 開幕3試合連続スタメンとなった堂安は前節ブレーメン戦ではケルン戦に続いてインパクトを残しきれず、チームも初黒星を喫してしまった。日本代表ではカメルーン戦で先発したものの、そこでも見せ場を作れずフラストレーションが溜まっているはずだが、堂安は王者相手に存在感を示せるか。 一方、バイエルンは前節ヘルタ・ベルリン戦では粘る相手に苦戦しながらもFWレヴァンドフスキの4発で勝ちきり、2勝1敗とした。ホッフェンハイム戦の敗戦を払拭する勝利を手にした中、昇格組のビーレフェルトに負けるわけにはいかない。来週水曜にはチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、移籍期限最終日に獲得したDFサールや復帰を果たしたFWドグラス・コスタらに出番があるかにも注目だ。 ドルトムントは前節フライブルク戦をFWハーランドの2発など計4ゴールの快勝劇を飾った。危なげない試合運びで強さを見せつけた中、バイエルンを撃破したホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨む。大物食いなだけにドルトムントとしては注意したいところだが、来週火曜にCLのラツィオ戦を控える中、連勝となるか。 ここ2試合、ゴールに絡む働きを果たし、良いシーズンインとなっている鎌田。そのフランクフルトは、ケルンとのアウェイ戦に臨む。日本代表戦ではコートジボワール戦でフル出場し、フランクフルトでの好調さを感じさせるプレーを随所に披露。3連敗スタートと不調の相手に対し、2戦連続ゴールを奪えるか。ディフェンスラインを支える長谷部としては引き続き縁の下の力持ちとしてチームの勝利に貢献したい。 強豪レバークーゼン相手に引き分けに持ち込んだ前節のシュツットガルト。フル出場したMF遠藤航もチームの勝ち点1獲得に貢献した中、日本代表戦ではコートジボワール戦でフル出場し、持ち味のデュエルで存在感を示した。その遠藤所属シュツットガルトは前節バイエルンに追いすがったヘルタとのアウェイ戦を戦う。 ブンデスデビューを飾ったMF遠藤渓太のウニオン・ベルリンは開幕3連敗の泥沼シャルケとの対戦を控えるが、縦への突破で不調のチームを切り裂きたい。最後に日本代表でも決定機を逸し、元気のない様子だったブレーメンのFW大迫はフライブルクとのアウェイ戦に臨むが、出場機会を得られるか。 ◆ブンデスリーガ第4節 ▽10/17(土) 《22:30》 マインツ vs レバークーゼン フライブルク vs ブレーメン ヘルタ・ベルリン vs シュツットガルト アウグスブルク vs ライプツィヒ ホッフェンハイム vs ドルトムント 《25:30》 ビーレフェルト vs バイエルン 《27:30》 ボルシアMG vs ヴォルフスブルク ▽10/18(日) 《22:30》 ケルン vs フランクフルト 《25:00》 シャルケ vs ウニオン・ベルリン 2020.10.17 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

チュポ=モティングのドッペルパックなどで完勝バイエルンが2回戦進出!《DFBポカール》

バイエルンは15日、DFBポカール1回戦で5部に所属するデューレンとアウェイで対戦し、3-0で勝利した。 バイエルンが8月にチャンピオンズリーグを戦っていた影響で延期となぅていたDFBポカール1回戦。17日にブンデスリーガ第4節のビーレフェルト戦を控えるバイエルンは、ミュラーやボアテング、アルフォンソ・デイビス、ハビ・マルティネスらがスタメン入り。また、新加入のチュポ=モティング、ドグラス・コスタ、ブナ・サール、ロカらもスタメンに名を連ねた。 最前線にチュポ=モティング、2列目にドグラス・コスタ、ミュラー、ミュージアラを並べた[4-2-3-1]の布陣を採用したバイエルンは、18分に決定機。左サイドをドリブルで持ち上がったアルフォンソ・デイビスのラストパスをゴール前で受けたチュポ=モティングが反転から右足を振り抜いたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 主導権を握るバイエルンは、新戦力3人で先制点を生み出す。24分、ドグラス・コスタのスルーパスで右サイドを抜け出したブナ・サールがゴール前に折り返しを供給すると、絶妙なタイミングで抜け出したチュポ=モティングがすべり込みながら右足でゴールに流し込んだ。 さらに36分には、ミュラーからのパスをボックス左で受けたチュポ=モティングがゾビーヒに倒されPKを獲得。これをミュラーが確実に決め、バイエルンが追加点を奪った。 迎えた後半、バイエルンはジューレを下げて19歳のスティラーを投入。さらに61分には、ミュラーとドグラス・コスタを下げるなど次の試合に向けて温存策を図る。 後半も主導権握るバイエルンは75分、ブナ・サールのパスをバイタルエリア中央で受けたチュポ=モティングが反転すると、そのままドリブルでペナルティアーク内まで侵入。ゴール左へシュートを突き刺した。 試合を決定づける3点目を奪ったバイエルンは、85分にもロカの右CKからファーサイドのハビ・マルティネスが決定機を迎えたが、ヘディングシュートは左ポストを直撃。 結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。チュポ=モティングのドッペルパックなどで3ゴールを奪ったバイエルンが完勝で2回戦進出を決めた。 2020.10.16 05:35 Fri
twitterfacebook