レンヌ、メンディ後釜にディジョンの守護神ゴミスを獲得!

2020.09.30 18:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・レンヌは29日、ディジョンからセネガル代表GKアルフレッド・ゴミス(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は1600万ユーロ
(約19億8000万円)となったという。


トリノのプリマヴェーラ出身のゴミスは、SPALを経て昨年夏にディジョンに加入。先日にアーセナルに移籍したアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)と正GK争いを繰り広げた中、ここまで公式戦26試合に出場していた。

また、2017年11月にデビューしたセネガル代表ではこれまで11試合に出場。7月に行われたアフリカ・ネーションズカップ2019では5試合に出場し、セネガルの準優勝に貢献していた。

レンヌでは先日にセネガル代表GKエドゥアール・メンディ(28)がチェルシーに移籍しており、ゴミスは同胞の抜けた穴を埋めることになる。
関連ニュース
thumb

レンヌ、元リヨン指揮官のジェネジオ氏を新監督に任命!

レンヌは4日、フランス人指揮官のブルーノ・ジェネジオ氏(54)が新監督に就任したことを発表した。 同クラブでは1日、クラブを初のチャンピオンズリーグ出場に導いたジュリアン・ステファン監督が成績不振で解任された。その時点では9位に位置していたものの、ここ6試合勝利がなく3連敗中で、昨季は3位だったチームを鑑みれば低迷と言わざるを得ない状況だった。 そして、リーグ戦が残り11試合となった中で舵取りを任されたのは、かつてリヨンを3年半率いたジェネジオ氏。2015年12月のシーズン途中にリヨンの監督に就任し、そのシーズンを2位で終えると、その後の3シーズンは4位、3位、3位と好成績を収めてきた。2016-17シーズンにはヨーロッパリーグでベスト4まで導いた実績も持つ。 リヨン退団後は北京国安の監督となり、1年半で24勝9分け7敗という成績を収めた。 2023年夏までの契約を結んだジェネジオ新監督はレンヌの印象について「質の高い選手が揃っている。今期は難しいかもしれないが、来季以降は楽観している。非常によく組織されたチームだ」と語っている。 2021.03.05 18:26 Fri
twitterfacebook
thumb

今季CL初参戦のレンヌ、ステファン監督が辞任

レンヌは1日、ジュリアン・ステファン監督(40)の辞任を発表した。 今季、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)に出場していたレンヌは、リーグ・アンでは26試合を消化した段階で10勝8分け8敗の9位に位置。しかし、ここ6試合勝利がなく3連敗中だった。 2015年にレンヌのBチーム指揮官に就任したステファン監督は、2018年12月にトップチームの監督に就任。昨季はリーグ・アンで3位となり、クラブを初のCL出場に導いていた。 2021.03.01 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レンヌのセネガル代表FWニアンがサウジのアル・アハリに移籍!

サウジアラビアのアル・アハリ・ジッダは7日、スタッド・レンヌからセネガル代表FWエムバイェ・ニアン(26)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付随している。 これまでミランやジェノア、ワトフォードでプレーしてきたニアンは、 2018年夏にトリノからレンヌへレンタル移籍で加入。加入初年度にレンヌの48年ぶりのクープ・ドゥ・フランス制覇に貢献すると、完全移籍に移行した昨シーズンは、リーグ戦26試合で10ゴール2アシストを記録。2年連続でチーム得点王に輝く活躍をみせ、3位でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献した。 しかし、今シーズンの開幕前の段階でレンヌ退団の意思を示していたニアンは昨夏の移籍市場最終盤にサンテチェンヌへのレンタル移籍がクラブ間、個人間双方で合意。だが、複数の代理人の介入などの影響で、移籍期限までに必要な手続きを完了できず、移籍が破談となっていた。 その後、残留したレンヌではここまで公式戦12試合1ゴールを記録していた。 2021.02.08 23:25 Mon
twitterfacebook
thumb

無観客から1年…フランス、レンヌのスタジアムの客席にまさかの光景が「時間が経ち過ぎた…」

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界最初の症例から1年以上が経過したが、今なおその脅威はなくなっておらず、日常生活に多大な影響を与えている。 それはサッカー界においても同様で、無観客での試合開催もその1つだ。 フランスのリーグ・アンでは、第一波が襲った3月にリーグ戦が中断され、翌月にそのまま2019-20シーズンに幕を閉じた。今シーズンも無観客での試合開催を余儀なくされている。 そんな中、スタッド・レンヌの公式ツイッターが1枚の画像を投稿。そこには月日が流れる速さを感じさせるものが写っていた。 「私たちが最後にあなたたち(サポーター)に会ってから、時間が経ち過ぎた…」というキャプションとともにつけられたのは、誰にも座られない観客席で、すくすくと成長した植物の画像だった。 オフシーズンを除き、毎週のように試合が開催されるサッカーのスタジアムでは考えられなった光景に、サポーターからは「続ければいつか実を結ぶはず」「私のいつもの席はどうなっているんだろう」「本当に長い…」と現地で応援していた頃を懐かしむ声が多く寄せられている。 <div id="cws_ad">◆無観客試合の影響はこんなところまで…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Ça fait vraiment trop longtemps qu’on ne vous a pas vus...<a href="https://t.co/9ide31ohy2">pic.twitter.com/9ide31ohy2</a></p>&mdash; Stade Rennais F.C. (@staderennais) <a href="https://twitter.com/staderennais/status/1356999782594711553?ref_src=twsrc%5Etfw">February 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.05 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レアルら関心のカマヴィンガ、ベイルら顧客の大手代理店に“移籍”

スタッド・レンヌのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガが大手代理店と契約を交わした模様だ。 カマヴィンガは2019年4月にレンヌ史上最年少の16歳でリーグ・アンデビューを遂げたセントラルMF。今年9月に17歳でフランスのフル代表デビューも果たした現在のヨーロッパで将来を有望視される逸材の1人として人気を博している。 本格デビューの昨季に公式戦36試合の出場で1得点2アシストの数字を収め、レアル・マドリーら有力クラブの関心が継続的に取り沙汰されるなか、選手側で将来のステップアップも視野に入れてか、代理人変更の動きがあったという。 イギリス『デイリー・メール』によると、カマヴィンガはトッテナムのウェールズ代表FWガレス・ベイルらを顧客に持つジョナサン・バーネット氏が設立したマネジメント会社『ICMステラー・スポーツ』と新たに契約したようだ。 ロンドンに拠点を置く『ICMステラー・スポーツ』は現在、アストン・ビラのMFジャック・グリーリッシュや、チェルシーのMFメイソン・マウントのほか、アトレティコ・マドリーのMFサウール・ニゲスら800人以上の顧客を擁している。 カマヴィンガの新たな代理人として、ジョルジュ・メンデス氏やミノ・ライオラ氏といった敏腕エージェントらとの綱引きに発展したといわれるが、バーネット氏がフランスの新たな才能の将来を管理する権利を手にしたという。 2020.12.05 09:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly