SPAL、トリノからGKゴミスを買い取り義務のレンタル移籍で獲得2017.07.09 00:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽SPALは8日、トリノからGKアルフレッド・ゴミス(23)を買い取り義務のレンタル移籍で獲得したことを発表した。▽トリノのプリマヴェーラ出身のA・ゴミスは、2013年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会を得られず、国内クラブへのレンタル移籍を繰り返し、昨季はボローニャに半シーズン、セリエBのサレルニターナで半シーズンを過ごした。

▽サレルニターナでは、リーグ戦22試合に出場し、8試合のクリーンシートを達成した。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、新SDにペトラーキ氏就任! トリノから引き抜き

ローマは25日、ジャンルカ・ペトラーキ氏(50)がスポーツ・ディレクター(SD)に就任することを発表した。契約期間は7月1日から2022年6月30日までの3年となる。 ローマでは今年3月にモンチ氏が退任し、その後釜を担っていたフレデリック・マッサーラ氏(51)もミランの新SD就任に伴い、退任していた。 その中で新たなSDに任命されたのは、直近までトリノで同職を務めていたペトラーキ氏となった。 現役時代にヴェネツィアやアンコナ、クレモネーゼなどプロヴィンチャを渡り歩き、ペルージャ時代には元日本代表MF中田英寿とも共演していたペトラーキ氏は、現役引退後にアンコナでチームマネージャー、ピサでSD職を歴任。 その後、2009年にトリノの新SDに就任すると、DFダニーロ・ダンブロージオやMFブルーノ・ペレス、DFマッテオ・ダルミアン、DFカミル・グリク、FWアンドレア・ベロッティらを発掘。さらに、FWチーロ・インモービレの高額な売却オペレーションを主導するなど、セリエA屈指の敏腕SDとの評価を確立していた。 そして、イタリア屈指の敏腕SDは、フランチェスコ・トッティ、ダニエレ・デ・ロッシと2人のレジェンドがクラブを去り、前シャフタールのパウロ・フォンセカ新監督を迎えた混迷極める首都チームの立て直しという難しいタスクに挑戦する。 2019.06.25 23:49 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、イタリア代表CBイッツォ獲得に近づく

アーセナルが、トリノのイタリア代表DFアルマンド・イッツォ(27)の獲得に近づいているという。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨年夏にジェノアからトリノに移籍したイッツォは身長183cmのセンターバック。今季のセリエAで37試合に出場し4ゴールを記録した。 記事によると、今年3月にイタリア代表デビューした27歳に関して、同選手の代理人とロンドンで会談を行い好感触を得た模様。個人間での話し合いは順調に進んでいるが、移籍には3000万ユーロ(約36億4600万円)程度かかる見込みだ。 なお、イッツォは2012年から2014年の間に在籍したアヴェッリーノ時代に行われた八百長に関して、八百長が行われる事実を知りながら報告を怠ったとの容疑で、2017年に6カ月の出場停止処分が科されていた過去を持つ。 2019.06.21 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノ、今季飛躍遂げたDFオラ・アイナの買取オプション行使を発表!

トリノは11日、チェルシーのナイジェリア代表DFオラ・アイナ(22)の買い取りオプションを行使したことを発表した。なお、トリノは今回の移籍に際して1000万ユーロ(約12億2000万円)をチェルシーに支払う。 チェルシーのアカデミー出身のアイナは2016年にトップチームデビュー。だが、トップチームでは思うように出場機会を得ることができず、昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティに武者修行に出てレギュラーとして活躍。 また、左右のサイドバックを主戦場とする右利きのDFは昨夏、チェルシーと2021年までの新契約にサインした末、トリノにレンタル移籍。今シーズンは左ウイングバックを主戦場にリーグ戦30試合に出場し1ゴール3アシストの数字を残していた。 チェルシーは、移籍するアイナに向けて公式サイトで、以下のような声明を伝えている。 「チェルシーの誰もが君に感謝をしている。そして我々は次のステージで君に幸運が訪れることを祈っているよ」 2019.06.12 02:59 Wed
twitterfacebook
thumb

トリノで飛躍遂げたDFオラ・アイナはチェルシーに戻らず…トリノ会長が買取明言

トリノのウルバノ・カイロ会長が、チェルシーからレンタル移籍中のナイジェリア代表DFオラ・アイナ(22)の完全移籍での買い取りを明言した。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 チェルシーのアカデミー出身のアイナは2016年にトップチームデビュー。だが、トップチームでは思うように出場機会を得ることができず、昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティに武者修行に出てレギュラーとして活躍。 また、左右のサイドバックを主戦場とする右利きのDFは昨夏、チェルシーと2021年までの新契約にサインした末、トリノにレンタル移籍。今シーズンは左ウイングバックを主戦場にリーグ戦30試合に出場し1ゴール3アシストの数字を残していた。 そのアイナに関してカイロ会長は、レガ・セリエAの理事会の場で1000万ユーロ(約12億2000万円)の買い取りオプションを行使したことを認めた。 「我々はクリスティアン・アンサルディ、コフィ・ジジと同様に、アイナを1000万ユーロで買い取った」 国際サッカー連盟(FIFA)から2つのウインドーでの補強禁止処分を科されているチェルシーに関しては、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への上訴によって逆転無罪の可能性があるものの、今夏の補強はが大きく制限される可能性が高い。その中で手薄な両サイドバックでプレー可能なアイナの復帰は有効なオプションの1つと思われたが、復帰の可能性が潰えることになった。 2019.06.11 14:29 Tue
twitterfacebook
thumb

トリノ、元コートジボワール代表DFジジの買い取りOPを行使

トリノは7日、ナントの元コートジボワール代表DFコフィ・ジジ(26)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 フランス出身でコートジボワール代表招集歴を持つセンターバックのジジは、ナントでプロデビュー。そのナントで公式戦111試合に出場して実績を積み上げ、2018年夏にトリノに買い取りオプション付きのレンタルで加入。そして今季はシーズン終盤にヒザの負傷で長期離脱があった中、セリエAで17試合に出場し、欧州カップ戦出場争いを演じたトリノの中で存在感を示していた。 2019.06.08 01:15 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース