昇格組エルチェがリヨンのマリ代表DFコネをレンタルで獲得

2020.09.30 11:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エルチェは29日、リヨンのマリ代表DFユスフ・コネ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。コネは、リールの下部組織出身で、2015年1月にファーストチームへ昇格。2017年7月にはスタッド・レンヌへレンタル移籍していた。

2019-20シーズンは、リーグ・アンで11試合に出場。チャンピオンズリーグでも5試合に出場していた。

コネはマリ代表としても16試合で1ゴールを記録。エルチェにとっては8人目の補強となった。
コメント
関連ニュース
thumb

岡崎負傷交代のウエスカ、エルチェとの昇格組対決はゴールレスドローで未勝利続く《ラ・リーガ》

ウエスカは3日、ラ・リーガ第5節でエルチェとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ウエスカのFW岡崎慎司は40分までプレーしている。 3日前に行われたアトレティコ・マドリー戦をゴールレスドローで終え、3分け1敗スタートとなったウエスカは、日本代表に招集された岡崎が4試合連続スタメンとなった。 昨季2部から共に昇格したエルチェに対し、開始2分に岡崎がヘディングシュートを浴びせたウエスカが、立ち上がりから押し込む展開で推移していく。 なかなかシュートに持ち込めずにいた中、31分には岡崎がボックス内でDFに倒されるも、ノーファウルの判定に。 すると40分、左足太ももを痛めた岡崎がプレー続行不可能となってオンティベロスとの交代を強いられてしまう。 迎えた後半もウエスカがシュートチャンスを多く作り出したが、決め手を欠いてネットを揺らすことができない。 78分には決定機を迎えたが、セオアネのラストパスをボックス左で受けたファン・カルロスのシュートは枠を捉え切れず。さらに82分にはフェレイロがボックス右からGK強襲のシュートを放つも、最後までネットを揺らせず。 昇格組対決はゴールレスドローに終わり、ウエスカは未勝利が続いている。 2020.10.04 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤、乾が先発のエイバル、PK失敗が響き昇格組エルチェに痛恨の敗戦…《ラ・リーガ》

エイバルは9月30日、ラ・リーガ第4節でエルチェと対戦し0-1で敗戦した。エイバルのMF乾貴士は74分までプレー、FW武藤嘉紀は63分までプレーした。 1敗2分けと今季勝利のないエイバルは、直近のビルバオ戦からから先発メンバーを4人変更。カジョルやパペ・ディオプらに代えて移籍後初先発となる武藤嘉紀やペドロ・レオン、アルビージャらが先発に名を連ねた。 2トップの一角に武藤、左MFに乾を左配置したエイバルは、積極的な入りを見せた昇格組のエルチェに対し、やや後手に回ったが時間の経過とともにボールの主導権を掌握。 良い流れが続いたエイバルだったが、25分にアクシデント。序盤に相手との接触で腰を痛めたていたレシオがプレー続行不可能となり、セルヒオ・アルバレスと交代した。 不運な形で交代カードを使ったエルチェだが、直後にチャンスを迎える。26分、A・テヘロの右クロスをボックス内の武藤がヘディングシュートで合わせたが、これは相手GKが正面でキャッチ。さらに27分には、バイタルエリアから乾がロングシュートを狙ったが、これは枠を大きく外した。 主導権を握ったかに思われたエイバルだったが、37分に先制を許す。ボックス左から仕掛けたテテ・モレンテのシュートのこぼれ球をボジェがボックス中央右で拾うと、ターンから右足一閃。K・ロドリゲスの股を抜けたシュートはゴール左隅に吸い込まれた。 1点のビハインドで後半を迎えたエイバルは、ビガスを下げてブルゴスを投入。すると49分、右CKをキケ・ガルシアが頭で合わせると、これがペレ・ミラの手に当たる。主審はそのままプレーを流したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でエイバルにPKが与えられる。しかし、パネンカを狙ったエスポジトのPKは枠の上に外れた。 同点のチャンスを逃したエイバルは、63分に武藤を下げてキケを投入。さらに74分には、乾とキケ・ガルシアを下げてカジョルとウナイ・アリエタを投入し、交代カード5枚を使い切った。 しかし、最後までエルチェ守備陣の牙城を崩すことが出来ず。昇格組のエルチェに逃げ切りを許し0-1で敗れた。一方のエルチェは今季初勝利を飾っている。 2020.10.01 06:38 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組エルチェがトリノからFWボジェを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

エルチェは21日、トリノからアルゼンチン人FWルーカス・ボジェ(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、買い取りオプションがついているとのことだ。 ボジェは、リーベル・プレートの出身で、2016年7月にトリノへと完全移籍。その後は、セルタやAEKアテネへとレンタル移籍を経験し、2019-20シーズンはレディングへレンタル移籍していた。 レディングでは、チャンピオンシップ(イングランド2部)で19試合に出場もノーゴール。公式戦では24試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 セルタ時代にはラ・リーガで13試合に出場もゴールは記録していない。 エルチェは今シーズンからラ・リーガに昇格。変則日程の都合上、まだシーズンの開幕を迎えていない。 2020.09.22 11:10 Tue
twitterfacebook
thumb

エルチェ、香川同僚MFラウール・グティをサラゴサから獲得!

エルチェは20日、レアル・サラゴサからスペイン人MFラウール・グティ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 サラゴサのカンテラ出身のグティは、テクニックとパスセンス、攻撃センスを兼ね備えた万能型のセントラルMF。昨シーズンは公式戦41試合に出場し、5ゴール4アシストの数字を残すなど、プリメーラ昇格にあと一歩まで迫ったチームをMF香川真司らと共にけん引していた。 以前からプリメーラの複数クラブの関心を集めていたセグンダ屈指の若手MFは、昇格組エルチェと共にプリメーラに初挑戦する。 <div id="cws_ad">◆セグンダ屈指の若手MFがプリメーラへ<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> Raúl Guti: despliegue físico, técnica e inteligencia para el <a href="https://twitter.com/hashtag/ElcheCF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ElcheCF</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MuchoElche?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MuchoElche</a> </p>&mdash; Elche Club de Fútbol (@elchecf) <a href="https://twitter.com/elchecf/status/1307687096065368068?ref_src=twsrc%5Etfw">September 20, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.21 04:51 Mon
twitterfacebook
thumb

格下エルチェに辛勝もバルセロナはPSM全勝で新シーズンへ!《ジョアン・ガンペール杯》

バルセロナは19日、ジョアン・ガンペール杯2020でエルチェと対戦し、1-0で勝利した。 3日前に行われたジローナ戦から先発メンバーを2人変更したバルセロナは、ジローナ戦と同じ[4-2-3-1]の布陣を採用。GKにネト、最終ラインは右からセルジ・ロベルト、ラングレ、ピケ、ジョルディ・アルバ、ボランチは右にブスケッツ、左にフランキー・デ・ヨングを配置。2列目は右からグリーズマン、コウチーニョ、アンス・ファティと並べ、最前線にはメッシが起用された。 試合が動いたのは開始早々の2分、メッシのパスでボックス左まで駆け上がったジョルディ・アルバの折り返しをグリーズマンがダイレクトで流し込み、電光石火の先制点となった。 これで勢いづいたバルセロナは相手のプレスをうまくいなしながら、内に外と相手ラインの裏のスペースをアタック。17分にはマキアヴァラのミスパスを敵陣中央でカットしたF・デ・ヨングが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKエドガル・バディアの好セーブ阻まれた。 攻勢を続けるバルセロナは前半終了間際にも、ドリブルでボックス左を切り崩したコウチーニョがチャンスを演出するも、ニアに走り込んだグリーズマンには合わず、体に当たったボールは枠の左に外れた。 後半に入っても主導権を握るバルセロナは、49分にアンス・ファティ、50分にメッシと立て続けにエルチェゴールを脅かす。なかなか追加点が奪えない状況に63分、グリーズマン、アンス・ファティ、ブスケッツを下げてデンベレ、トリンコン、そしてバルセロナデビューとなるピャニッチを投入しテコ入れを図る。 すると72分、ボックス手前でパスを受けたコウチーニョの絶妙なラストパスに反応したトリンコンが決定機を迎えたが、シュートは相手GKのスーパーセーブに阻まれた。 結局、バルセロナはグリーズマンの電光石火弾で勝利したものの、24本のシュートを放ちながら追加点を奪えずに終わり、新シーズンに向けて決定力に不安を残す結果となった。 なおバルセロナは、28日に新シーズン初戦となるラ・リーガ第3節で久保建英の所属するビジャレアルと対戦する。 2020.09.20 04:25 Sun
twitterfacebook