バルサがラストアタック? シティのDFエリック・ガルシア獲りに動く

2020.09.29 21:06 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナが、マンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシア(19)獲得に向けて最後の挑戦をするようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。

今夏の移籍市場でセンターバックの補強を目指しているバルセロナ。カンテラ出身のガルシアがシティとの契約延長を固辞したこともあり、獲得に動いていた。

一方で、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、契約延長を行わない意思を示したものの、ガルシアを契約満了を迎える2021年6月までチームに残すスタンスを表明。今シーズンもプレミアリーグ、カラバオカップ(EFLカップ)で1試合ずつ起用している。

そのシティもセンターバックの補強を目指していた中、ベンフィカのポルトガル代表DFルベン・ジアス(23)の獲得に成功。シティの公式発表はまだだが、ベンフィカがすでに発表している。

バルセロナは、そのことも相まって移籍期限が近づく中でラストアタックを仕掛けるとのこと。バルセロナは、1500万ユーロ(約18億5500万円)と評価されているガルシアに対して、1200万ユーロ(約14億8400万円)のオファーを出すようだ。

ガルシアは2008年から2017年までラ・マシアで育ち、2017年にシティへ完全移籍。2019-20シーズンはプレミアリーグで13試合プレーするなど、公式戦20試合に出場していた。

コメント
関連ニュース
thumb

【CLグループG展望】レジェンドを新指揮官に迎えたバルサとユーベが本命

◆編集部予想 ◎本命:バルセロナ ○対抗:ユベントス △連下:ディナモ・キエフ ☆大穴:フェレンツヴァーロシュ 昨季のCLを不本意な形で敗退し、クラブのレジェンドを新指揮官に迎えたバルセロナとユベントスがグループGの突破候補だ。バルセロナはクーマン監督を、ユベントスはピルロ監督を迎え、心機一転のシーズンに臨んでいる。その2強に割って入る可能性があるのは、4シーズンぶりのCL本戦出場となるディナモ・キエフか。ハンガリー王者で本戦初出場のフェレンツヴァーロシュは厳しい戦いが予想される。 ◆荒療治が奏功か~バルセロナ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> バルセロナは昨季、優勝したバイエルンとベスト8で対戦した中、8失点を許す歴史的大敗を喫したことを受け、セティエン前監督を解任。クーマン新監督を迎えたチームはFWスアレス、MFラキティッチ、MFビダル、DFセメドら主力を戦力外とし、大胆な血の入れ替えを行った。直近のヘタフェ戦では惜敗したが、チームはソリッドさを増し、監督交代は吉と出ていると見て良さそうだ。移籍を志願したFWメッシもモチベーションを落とすことなくプレーしており、グループステージで苦戦するチーム状態ではないだろう。荒療治に出た賭けが今のところは成功しており、首位通過の本命とした。 ◆監督未経験もGS突破はノルマ~ユベントス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ベスト4と躍進したリヨンの前に昨季はベスト16で敗退となったユベントスは、スクデットを獲得したものの、サッリ前監督を1年で電撃解任とした。新指揮官に迎えたのは監督未経験のピルロと思い切った選考を行ったユベントスは、衰えを隠しきれなかったFWイグアインを戦力外とした中、FWキエーザやFWクルゼフスキといった粋の良い若手アタッカーに加え、4年ぶりの復帰となるFWモラタ獲得。FWロナウドとFWディバラ頼みだった昨季の攻撃に更なるバリエーションが加われば、グループステージ突破は自ずと見えてくるはずだ。 ◆ウクライナの雄は2強を脅かせるか~ディナモ・キエフ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 予選3回戦から勝ち上がり、プレーオフではヘントを倒して4季ぶりに本戦出場を果たしたディナモ・キエフ。ウクライナ王者であるシャフタールの前に影が薄くなっているウクライナの雄だが、主力はほぼウクライナ代表。さらに指揮官はシャフタールを強豪へと成長させた名将ルチェスク氏。実力に疑いの余地はないが、2強に割って入ることはできるか。 ◆本戦初出場のハンガリー王者~フェレンツヴァーロシュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 予選1回戦から勝ち上がり、2回戦でセルティックを、3回線でディナモ・ザグレブと、CLでもお馴染みのクラブを撃破したフェレンツヴァーロシュ。プレーオフではノルウェー王者のモルデを下して本戦初出場に辿り着いたハンガリー王者を率いるのはウクライナ代表FWとして活躍したレブロフ氏。戦力的に厳しいのは百も承知だが、ホームの試合では地の利を生かし、バルセロナとユベントスを大いに苦しめることを期待したい。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

CL初戦を迎えるバルセロナ、クーマン「勝つには常にプレッシャーがつきまとう」

バルセロナを率いるロナルド・クーマン監督がフェレンツヴァーロシュ戦にコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 20日、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)初戦を迎えるバルセロナ。ホームで行われるグループG第1節の相手はハンガリーのフェレンツヴァーロシュだ。 前日会見に臨んだクーマン監督は「毎試合が大切だ。ホームでの難しいゲームに備えて準備してきた」と話すとともに、対戦相手を分析した。 「試合に勝つには常にプレッシャーがつきまとうもの。だが、我々はフェレンツヴァーロシュとの対戦に楽観的だ。彼らはとてもフィジカルが強く、ボール保持を好むチームだ。ベストを尽くす。強いチームだと思う。我々に問題を与える選手がいる。集中していなければならない」 17日に行われたラ・リーガ第6節でヘタフェに0-1で敗れて、今回のCL初戦を迎えるバルセロナ。クーマン監督は決して悪い雰囲気ではないとチームの状況を明かした。 「非常に高いインテンシティで練習ができている。チームは明るく満足している。当然、ヘタフェ戦での敗北には不満を持っている。だが、各選手が最大限に努力しているからチームに失望していない。プレーヤーが新しいシステムに早く適応できるようにトレーニングを積んでいる。若い選手もいるからね」 また、指摘される得点力不足に関しても触れ、「得点の少なさは心配していない。我々にはゴールをもたらすのに十分なクオリティがある。アタッカー陣には競争があって6〜7人から選ぶことができる」と気にかけていない姿勢を示した。 2020.10.20 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマンへの変わらぬ信頼を強調するネト「多くのものを僕たちにもたらしてくれるだろう」

バルセロナのブラジル代表GKネトは、批判が強まっているチームメイトのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに変わらぬ信頼を寄せているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 2019年夏に、バルセロナが契約解除金1億2000万ユーロ(現レートで約149億円)をアトレティコ・マドリーに支払い獲得したグリーズマン。しかし、今季は開幕からノーゴールが続いており、初黒星を喫した第6節ヘタフェ(この試合のみチーム名を「フェ」に変更)戦でも決定機を逃すなど、調子は上がっていない。 こうした状況にスペインメディアからは強い批判が浴びせられている中、グリーズマンの方もクラブでの起用法に不満を抱えているのか、フランス代表としてゴールを決めたUEFAネーションズリーグ第4節クロアチア戦後には、「デシャン監督は僕の活かし方を知っている」と発言していた。 クラブと選手の間には不穏な空気が流れているものの、チャンピオンズリーグ(CL)の前日会見に参加したネトは、グリーズマンへの信頼を口にした。 「グリーズマンはいつも通り良い感じだよ。僕たちはフットボーラーというこの仕事がどのようなものか知っている。状況が良くなることもあれば、悪くなることもあるんだ」 「彼は楽しそうにトレーニングに取り組んでいるよ。きっと多くのものを、僕たちにもたらしてくれるだろう」 また、ネトは会見の中で、自身もスタメンで出場したヘタフェ戦の敗北について、既に気持ちを切り替えていると語った。 「負けを好む人はいないし、ヘタフェ戦のことは忘れなければならない。明日のチャンピオンズリーグの試合に集中する必要がある。重要なのは、仕事を続けていくことだよ」 バルセロナは、20日にCL開幕節でフェレンツヴァーロシュと対戦。チームメイトから変わらぬ信頼を寄せられているグリーズマンが批判を払拭するような活躍ができるか、注目だ。 2020.10.20 12:59 Tue
twitterfacebook
thumb

Hey! Say! JUMP薮宏太がクラシコで初実況に挑戦「魅力的なクラシコになること間違いなし」

WOWOWは、Hey! Say! JUMPの薮宏太が10月24日(土)に行われるバルセロナvsレアル・マドリーのクラシコにおいて、副音声で実況を担当することを発表した。 WOWOWでは、25日の22時からバルセロナとレアル・マドリーが対戦する“伝統の一戦クラシコ”を生中継。スタジオMCとして、今シーズンから『リーガダイジェスト!』のMCを務める薮宏太が登場。試合の実況を山田泰三氏、解説を安永聡太郎氏が務めることを発表した。 藪は『リーガダイジェスト!』でもコンビを組む都並敏史氏を解説に迎え副音声で初実況に挑戦。今回の挑戦については「この度僭越ながらクラシコの副音声を担当させていただくことになりました。百戦錬磨である都並さんの力をお借りして、試合を見ていて感じたこと気づいたことを楽しく、そして深くお話していけたらと思います。世界最高峰の戦いを是非一緒に楽しんでいただけたら幸いです」と副音声に意気込みを語った。 「これまでのクラシコは欠かさず見てきた」と語る薮は、今回の試合の見どころについて「昨シーズンのチャンピオンであるレアル・マドリーに対し、クーマン監督率いる新生バルセロナがどういうサッカーで仕掛けてくるのかとても楽しみです」とコメント。「両チームにとって今シーズンの行方を占う試金石になる重要な試合だと 思います。攻撃的なバルセロナ。ジダン監督の下、堅実な戦いで勝利を収めてきているレアル・マドリー。お互いのチームの個性が違うからこそとても魅力的なクラシコになること間違いなしです」と見どころを語った。 2020.10.19 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

クーマンが来冬のデパイ獲得再挑戦意向を明らかに 「トライするつもり」

バルセロナのロナルド・クーマン監督がリヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)の獲得に再挑戦の意向を明らかにした。 今季からバルセロナの監督に就任したクーマン監督は今夏にウルグアイ代表FWルイス・スアレスを構想から外して、新たなアタッカーとしてオランダ代表監督時代に指導したデパイの獲得をクラブに要求。移籍市場終盤に個人合意も取り沙汰されたが、最終的に実現しなかった。 しかし、クーマン監督は諦めていないようだ。オランダ『AD』のインタビューで、来年1月のデパイ獲りに再挑戦する可能性を訊かれると、「その可能性は確かにある。デパイをここに連れてきたいから、獲得にトライするつもりだ」と述べ、こう続けた。 「しかし、クラブの財政事情が1月にどうなのかわからない。したがって、クラブ次第だ。私からすれば、待つことが唯一の問題。我々は(今夏に)メンフィスを欲した。彼が素晴らしい選手であり、クオリティがあるからだ」 「それに、私の意見として、彼は今の我々に欠けている素質を持っている。もちろん、私は事前に彼にも自分のアイデアを伝えてもいた。獲得の準備もしてあったが、ラ・リーガのルール的にもまず選手を売らなければならなかったんだ」 「で、最終的に実現しなかった。残念だが、メンフィスもその状況を知っていた」 なお、デパイとリヨンの契約は今季限り。そうした契約状況を受け、来年1月の移籍を視野に入れたコメントも残しているデパイだが、バルセロナのユニフォームに袖を通すことになるのだろうか。 2020.10.19 12:50 Mon
twitterfacebook