PSG、若手GKブルカと契約延長! スペイン2部カルタヘナへのレンタル移籍も決定

2020.09.29 14:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は28日、チェルシーからU-21ポーランド代表GKマーシン・ブルカ(20)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。また、スペインのセグンダ・ディビシオン(2部)のカルタヘナに今シーズン終了までレンタル移籍することも併せて伝えている。母国のエスコラ・ヴァルソヴィアでプロキャリアをスタートした199cmの長身GKは、2016年7月にチェルシーのアカデミーに加入。トップチームデビューは果たされなかったものの、ユースチームやリザーブチームの主力として活躍していた。

昨夏にはフリートランスファーでPSGに2年契約で加入し、2019年8月末のメス戦でリーグ・アンデビュー。今シーズンはチームにとっての開幕戦となったリーグ・アン第2節のRCランス戦にフル出場も、自身のミスが相手の決勝点に繋がり、0-1の敗戦を喫していた。
コメント
関連ニュース
thumb

負傷交代ネイマールの状態は…? トゥヘル「重傷じゃなければ良いが」

パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督がブラジル代表FWネイマールの負傷状況を口にした。『UEFA.com』が伝えている。 PSGは28日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でイスタンブール・バシャクシェヒルと対戦。2-0の勝利で飾り、初白星を手にしたが、先発したエースのネイマールは26分に左足ハムストリングを痛めてピッチを後にした。 トゥヘル監督は試合後、「重傷じゃなければ良いが。明日の検査結果を待とう。(痛めた箇所は)内転筋だ」と話すにとどまった。 また、グループ首位のマンチェスター・ユナイテッドを勝ち点で並ぶライプツィヒとともに追いかけるトゥヘル監督はクラブ公式サイトによると、イスタンブール・バシャクシェヒル戦をこう振り返り、チーム状況に一定の評価を下した。 「最初の25分ぐらいは組み立てを欠き、相手に容易くボールを与え過ぎて、チャンスを作らせてしまい、危険な状況を招いてしまった。少し難しい試合で、最高のパフォーマンスじゃなかったが、自分たちが試合に入り続けられたというのが大事だ」 「勝つことができていて、リーグ戦でもトップにおり、CLのアウェイ戦も勝利した。完璧じゃないが、悲観的になる必要もない。良いこともあるわけだから、ポジティブでなければ」 2020.10.29 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペのお膳立てからケアンが2ゴール! ネイマール負傷交代もPSGが今季GS初勝利!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節、イスタンブール・バシャクシェヒルvsパリ・サンジェルマン(PSG)が28日に行われ、アウェイのPSGが0-2で勝利した。 昨シーズンのCLファイナリストのPSGだが、今季初戦となったマンチェスター・ユナイテッド戦ではホームで1-2と競り負けて、まさかの黒星スタートとなった。今大会初勝利を目指すグループ第2節ではRBライプツィヒ相手に同じく黒星発進のイスタンブールBBSKとのアウェイゲームに臨んだ。 初戦のユナイテッド戦からは先発2人を変更。ディアロに代わってキャプテンのマルキーニョスが復帰し、グイエに代わって直近のディジョン戦で移籍後初ゴールを含む2ゴールの活躍を見せたケアンが起用された。 直近のディジョン戦で試したダニーロのセンターバック、マルキーニョスのセントラルMF起用を継続し、前線にディ・マリア、ケアン、ムバッペ、ネイマールを並べた攻撃的な[4-4-2]の布陣で臨んだPSGは、立ち上がりから押し込む入りに。8分にはボックス左で仕掛けたムバッペが角度のないところから左足でファーストシュートを放った。 ここから畳みかけたいPSGは、中央をきっちり締める相手に対してクルザワ、フロレンツィの両サイドバックが高い位置を取って攻撃に幅を作り、中央では自慢の4人のアタッカーが要所でコンビプレーを仕掛けていく。だが、決定機まで持ち込むことができない。逆に、相手のサイドを起点としたカウンターからあっさりと引っくり返される場面も多く、ヴィスチャやラファエウに際どいミドルシュートを浴びる。 そういった中、ネイマールが左大腿部を痛めてしまい、一度はテーピングを施してプレーに復帰も、自ら交代を要求して27分にサラビアとの交代でピッチを後にした。その後はホームチームに一進一退の展開に持ち込まれたまま前半をゴールレスで終えることになった。 迎えた後半、互いにゴールへ迫るオープンな入りに。開始直後にはボックス中央に抜け出したサラビアに絶好機も、ここはシュートをふかしてしまう。直後の51分にはヴィスチャが強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKケイロル・ナバスが好守で凌いだ。 後半はやや劣勢の時間が続いたPSGだったが、好調の若武者が決定的な仕事を果たす。64分、左CKの場面でキッカーのムバッペが右足インスウィングで入れたクロスをタイミング良くゴール前に入ったケアンが頭で合わせた。 ケアンの2試合連続ゴールでようやくゴールをこじ開けたアウェイチームは、ここから試合を落ち着けたいところだが、相手の勢いをなかなか止めきれない。71分にはボックス内でボールを繫がれてゴール左のデニズ・トゥリュチに決定的なシュートを許すが、ここはGKケイロル・ナバスが見事な反応ではじき出した。 その後も緊迫感のある攻防が続く中、PSGの若手2トップが試合を決定づける2点目を奪いきる。79分、右サイド深くに抜け出したサラビアの折り返しをムバッペがワンタッチでファーに流すと、これをワントラップしたケアンがスムーズなターンから左足のシュートを流し込んだ。 これで逃げ切り態勢に入ったPSGはケーラーやグイエといった守備的な交代カードを切っていくと、このままホームチームの反撃を無失点で凌ぎ切った。 ネイマールの負傷交代など、格下相手に苦戦を強いられたものの、ケアンの2ゴールの活躍により今季グループステージ初勝利を手にしている。 イスタンブールBBSK 0-2 パリ・サンジェルマン 【パリ・サンジェルマン】 ケアン(後19) ケアン(後34) 2020.10.29 04:56 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGがバルセロナ相手に見せた切れ味抜群のカウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はローマに所属する元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆PSGがバルセロナ相手に決めた鮮やかなカウンター<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWVXVrUTNlTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> パレルモでブレイクを果たしたパストーレは、期待の若手としてビッグクラブからの注目を集める中、2011年夏にPSGに移籍。主力の1人として活躍した。 優れたテクニックを活かしたファンタジスタタイプのMFとして攻撃陣を牽引したパストーレだが、2013年4月10日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦では、鮮やかなカウンターからゴールを決めている。 前半を0-0で折り返して迎えた50分、ディフェンスラインでボールを奪ったPSGは前線のFWズラタン・イブラヒモビッチにロングボールを送る。センターサークル内で受けたイブラヒモビッチがこれをパストーレに預け、自身も前を向く。 パストーレからのリターンパスを受けたイブラヒモビッチは、再び相手の裏へ走るパストーレにパス。このパスを受けたパストーレは、独走状態のままボックス内に侵入すると、左足のシュートをしっかりと決め、見事な先制点を挙げた。 リードを奪ったPSGだったが、その後追いつかれ、1-1のドローで試合終了。アウェイゴールの差でバルセロナに敗退を喫している。 2020.10.28 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ドラクスラーが左ハムストリングのケガで数週間の離脱…復帰は来月代表戦明けに

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーが、左ハムストリングのケガで戦線離脱となった。 ドラクスラーは今シーズン、主力に離脱者が目立つ中、開幕からリーグ・アン6試合に出場し、2ゴールを挙げる活躍を見せてきた。だが、24日に行われたリーグ・アン第8節のディジョン戦では先発出場も、後半序盤に負傷交代を余儀なくされた。 そして、チャンピオンズリーグ(CL)のイスタンブール・バシャクシェヒル戦を翌日に控える27日にPSGが発表した最新のメディカルレポートによると、ドラクスラーは左ハムストリングに損傷を負っており、復帰は11月のインターナショナルマッチウィーク明けになるという。 また、その他の負傷者に関しては元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスが今週中にチーム練習に復帰し、26日にランニングを再開したイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティも来週にチーム練習に復帰する見込みだという。 2020.10.27 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールの高精度FK 至近距離から優しく沈める【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ネイマールが至近距離からのFKも優しく沈める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWVE9EUWN2cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 24日に行われたディジョン戦では、自身のゴールこそなかったもののFWキリアン・ムバッペらとの好連携で相手ディフェンスに脅威を与えたネイマール。 チームは4-0と強さを見せつけたが、2018年1月17日に行われた同カードでもPSGが8-0と大勝を飾り、ネイマールは見事な直接FKを決めていた。 序盤からPSGがゴールを重ね、3-0で迎えた42分に、PSGはペナルティーアークわずか右の好位置でFKのチャンスを獲得する。キッカーのネイマールが緩やかな助走から柔らかく右足を振り抜くと、壁を越えたシュートが鮮やかにゴール右へと突き刺さった。 その後もPSGが攻勢を続け、ネイマールは4ゴール2アシストの大暴れ、チームも8-0の大勝を飾った。 2020.10.26 18:00 Mon
twitterfacebook