ネイマール、大荒れのマルセイユ戦で酒井宏樹に「クソ中国人」発言か…

2020.09.22 16:24 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールにある疑惑が浮上している。ネイマールといえば、13日に行われたリーグ・アン第3節のマルセイユ戦で相手DFアルバロ・ゴンサレスから人種差別発言をされたとして、頭部を殴り退場になったことが物議を醸している。

◆ネイマールに「クソ」と言わせた酒井宏樹のPSG戦での好プレー集!

当試合は両選手を含めて合計5名が退場する乱闘騒ぎに発展しており、フランス・プロリーグ機構は試合後に該当選手への処分を下している。暴力行為に及んだネイマールには2試合の出場停止処分が科されたが、現在さらなる疑惑が浮上している。

スペイン『COPE』によると、同選手は試合中にマルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対して「中国人のクソ野郎」と言い放っていた模様。酒井はアルバロ・ゴンサレスとネイマールの衝突を止めに入った選手の一人で、その際に何らかの暴言を受けていたのかもしれない。

また、同メディアはその証拠となる画像が複数あるとして、根拠のある主張であることを伝えている。

これが事実であれば、ネイマールに追加処分が下されることは必至だが…。
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英はELで起用か? エメリ監督が久保の起用を示唆、ムバッペのレアル移籍騒動も語る

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、日本代表MF久保建英や今季の目標、フランス代表FWキリアン・ムバッペについて語った。スペイン『マルカ』が伝えた。 今シーズンはラ・リーガの開幕から6試合を終え、3勝2分け1敗の勝ち点11で首位のレアル・ソシエダと勝ち点で並んでいるビジャレアル。レアル・マドリーやバルセロナなどと試合数が異なる状況でもあるが、まずまずのスタートを切った。 22日にはヨーロッパリーグ(EL)が控えているビジャレアル。エメリ監督はここまでの戦いを、ラジオ番組『El Partidazo de COPE』と『ラジオ・マルカ』で語った。 エメリ監督は、今シーズンについて問われると「トップ4に入る事は非常に難しいが、我々はそんな幻想を抱いている。ヨーロッパリーグでプレーする事は、良い道を歩んでいるような錯覚を与えてくれる」とコメント。順調な滑り出しとともに、ヨーロッパの舞台で戦えることが成功しているように感じられるとコメントした。 レアル・マドリーからレンタル移籍中の久保の起用法について多くのことが言われている中、エメリ監督は久保について言及。「彼はまだ適応の過程にある。(木曜日の)ヨーロッパリーグではチャンスがあるかもしれない。19歳の彼は、我慢しなければならない」と語り、今週のスィヴァススポル(トルコ)戦での起用を示唆した。 そのエメリ監督は、バレンシアやセビージャでの成功の後、パリ・サンジェルマン(PSG)、アーセナルと海外で指揮。その経験については「海外での経験は常に私にとてもポジティブなことを与えてくれた。ただ、ホームにいることで、よりコントロールはできる。スペインでは言語の壁がないからだ」とコメントし、大きな経験となったものの、スペインでの活動がしやすいと語った。 そのPSGでは、若きエース・ムバッペを指導していたエメリ監督。当時レアル・マドリーへの移籍が大きく囁かれたことについても語り、「パリにいた時、ムバッペはレアル・マドリーに行くことをとても真剣に考えていた。彼はマドリーが大好きで、プレーすることを楽しみにしていたよ」とムバッペがマドリー行きを考えていたことを明かした。 しかし、PSGの指揮官として残留を勧めたとのこと。「ただ、私は彼が去る事を望まなかった。そして、私は彼と彼の父親と話をして、彼が残留しなければならないことを説得した。パリを去る事は簡単ではない」と語り、説得した結果、PSGに残留していると明かした。 2020.10.20 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループH展望】今大会屈指の激戦区! 昨季準優勝PSGにユナイテッド&ライプツィヒ

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループHは昨季ファイナリストのパリ・サンジェルマン(PSG)、プレミアリーグ3位のマンチェスター・ユナイテッド、昨季セミファイナリストのRBライプツィヒの三つ巴の争いに、初参戦のイスタンブール・バシャクシェヒルがアウトサイダーとして絡む展開が予想される。 ◆編集部予想 ◎本命:パリ・サンジェルマン ○対抗:マンチェスター・ユナイテッド △連下:RBライプツィヒ ☆大穴:イスタンブール・バシャクシェヒル ◆戦力と熟成度で文句なしの本命~パリ・サンジェルマン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今グループステージ屈指の激戦区となったが、首位通過の本命は昨季ファイナリストだ。昨季決勝ではバイエルンに競り負けてクラブ悲願のビッグイヤー制覇を逃したパリの巨人だが、コロナ禍における特殊な形式だったとはいえ、近年壁となり続けていたベスト16、ベスト8の壁を乗り越えた成功体験はクラブにとって大きな財産となるはずだ。 今シーズンはFWムバッペやFWネイマールら主力の残留に成功したうえ、守備的MFダニーロ、右サイドバックに加えて複数のポジションをカバーできるMFフロレンツィ、新たな攻撃オプションとしてFWケアン、MFラフィーニャを確保。豊富な経験、確かな人間性でピッチ内外での貢献も大きかったDFチアゴ・シウバ、FWチュポ=モティングの退団はメンタル面において不安材料だが、そのチーム力は今大会出場チームで屈指。ここまでのリーグ戦においてはまさかの開幕連敗スタートも、直近2試合で10ゴールを挙げるなど、目下5連勝と調子を取り戻している。 三つ巴の争いとなる中、ホームゲームでの勝ち点3奪取は至上命令となるだけにユナイテッドとの初戦をきっちり白星で飾りたい。 ◆ポテンシャル十分も守備改善が必須~マンチェスター・ユナイテッド~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クラブとしての実績、選手の質を考慮してPSGの対抗としたが、RBライプツィヒとの実力は伯仲している。昨季のプレミアリーグを逆転で3位フィニッシュし、2シーズンぶりのCL参戦となる赤い悪魔。今夏の移籍市場では大型補強が見込まれたが、大本命のMFサンチョ獲得に失敗するなど大苦戦。MFファン・デ・ベークに加え、移籍市場閉幕ギリギリに元PSGのエースFWカバーニ、左サイドバックのDFテレス、若手逸材FWペリストリの獲得に漕ぎ付けたが、補強ポイントに挙がっていたセンターバックを補強できなかったことが、早くもリーグ戦の戦いに響いている印象だ。 ここまでリーグ4試合で一度もクリーンシートがなくトッテナム戦での6失点を含め、4戦12失点と守備崩壊が序盤戦の苦戦に繋がっている。CLグループステージ突破に向けては守備陣のパフォーマンス向上に加え、献身性、切り替えの意識が鈍くなっている前線の選手への守備参加を徹底させたい。 ◆安定感は抜群、突破の鍵は新攻撃陣~RBライプツィヒ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今グループの3番手の評価だが、前述の2チームとの間に大きな差はない。若き智将ナーゲルスマン監督の下、昨季のCLでクラブ史上初のベスト4進出を果たしたドイツの新興クラブは、今回のグループステージで準決勝で敗れたPSGと再び相まみえることになった。 今夏の移籍市場ではDFウパメカノを中心に主力の残留に成功しており、就任2年目を迎えるドイツ人指揮官の下で更なる戦術面の浸透が進んでおり、ブンデスリーガ開幕4試合を3勝1分けの無敗で終え、ここまでバイエルンを抑えて首位に立っている。ただ、今後に向けてはFWヴェルナー、FWシックと昨季の得点源を失い、FWファン・ヒチャン、FWセルロート、FWクライファートを新たに加えた攻撃陣の整備が重要となる。チーム力で上回る格下相手には現有戦力で十分勝ち切れるが、PSG、ユナイテッドという格上相手には前述の新たな攻撃陣の活躍が勝利を得るために重要な要素となるはずだ。 ◆初参戦で目標はまず1勝~イスタンブール・バシャクシェヒル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのスュペル・リグを初制覇し、CL初参戦となるイスタンブールBBだが、ひとまずの目標はグループステージ突破ではなく初勝利だ。チームのベースはMFメフメト・トパルやGKヴォルカン・ババジャンらトルコ代表にも名を連ねる国内組と、エースFWヴィスチャ、プレミアリーグで活躍したDFシュクルテル、FWデンバ・バら国外のベテラン助っ人。さらに、今夏の移籍市場では元ユナイテッドDFラファエウ、MFシャドリ、MFジュリアーノと実力者を迎え入れている。 ただ、今季ここまでのリーグ戦では1勝3敗1分けの20位と深刻な不振に陥っており、初の大舞台に向けて大きな不安を残す。 2020.10.20 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループ開幕節プレビュー①】PSGvsユナイテッド、チェルシーvsセビージャのビッグマッチ開催!

新型コロナウイルスの影響でシーズン開幕がずれ込み、10月開幕となった今季のチャンピオンズリーグ(CL)。そのグループステージ開幕節が20日と21日に開催される。ここでは20日に行われるE~Hの開幕節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループE:突破候補のチェルシーとセビージャが初戦で激突 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201019_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《28:00》 チェルシー vs セビージャ レンヌ vs FCクラスノダール 一昨季前のヨーロッパリーグ(EL)王者であるチェルシーと、昨季のEL王者であるセビージャが突破の本命であるグループEでは、両者が初戦で激突する。ここを制したチームがグループの主導権を握り易い展開となるだけに両チーム負けられない戦いとなるはずだ。 チェルシーは直近のサウサンプトン戦では2-0とリードしながら3-3の引き分けに持ち込まれるまずい試合運びを見せてしまった。新守護神のメンディの負傷欠場、代表帰りのDFチアゴ・シウバの欠場などFIFAウイルスが響いた形だが、セビージャ戦ではチアゴ・シウバが先発に戻るはずで守備の立て直しに一役買いたいところだ。 対するセビージャは直近のグラナダ戦を0-1と敗れ、ラ・リーガ初黒星を喫している。こちらは前半にMFジョルダンが退場したことが響いた格好だ。後半は10人での戦いを強いられた上、代表帰りのFWデ・ヨングとFWオカンポスを起用せざるを得ない状況に追い込まれた上に敗戦と厳しい試合となったが、チェルシーとのビッグマッチでバウンスバックとなるか。 CL初出場対決となるレンヌとクラスノダールは2強への挑戦権を懸けた一戦となるだけに両者モノにしたいところ。レンヌは直近のディジョン戦で新戦力のDFルガーニとDFダウベルトがデビュー。昨季2位フィニッシュに貢献したFWニアンとMFカマヴィンガの両タレントのパフォーマンスにも注目だ。 対する昨季ロシアリーグ3位のクラスノダールは、プレーオフでPAOKに勝利し本戦初出場の座を掴んだ。スウェーデン代表FWベリを擁するチームは、初出場対決を制すことができるか。 ◆グループF:久々CL出場のラツィオがドルトムントに挑戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201019_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《25:55》 ゼニト vs クラブ・ブルージュ 《28:00》 ラツィオ vs ドルトムント ドルトムントが首位通過の本命であるグループF。そのドルトムントに12季ぶりCL出場となるラツィオが開幕節で相対する。そしてラツィオと突破を争うと見られるロシア王者ゼニトはベルギー王者クラブ・ブルージュをホームに迎える。 ラツィオは直近のサンプドリア戦ではまさかの0-3完敗を喫した。エースFWインモービレを出場停止で欠いたとはいえ、頂けない結果となった。CL前に厳しい敗戦を突き付けられた中、気持ちを切り替えてドルトムント戦に臨めるか。 一方のドルトムントは代表帰りのFWハーランドを途中出場させた中、そのハーランドのお膳立てからMFロイスが決勝点を挙げ、ホッフェンハイムに辛勝した。主力をフル稼働させずに難敵を下した中、ラツィオ戦に向けて良い状態で臨めそうだ。 リバプールからDFロブレンを迎えたゼニトと、コロナ陽性で欠場が確定した元リバプールGKミニョレが守護神を務めるクラブ・ブルージュの一戦は、2位の座を巡る観点から注目だ。 ◆グループG: 2強は好スタートを切れるか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201019_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《25:55》 ディナモ・キエフ vs ユベントス 《28:00》 バルセロナ vs フェレンツヴァーロシュ グループGの突破本命であるバルセロナとユベントスは開幕節で格下と見られるフェレンツヴァーロシュ、ディナモ・キエフとそれぞれ対戦する。 クーマン新監督を迎えたバルセロナはFWスアレスやMFラキティッチら昨季の主力を一部構想外とし、新陳代謝を図った。ソリッドさが増したチームはラ・リーガ開幕2連勝スタートとしたものの、ここ2試合は1分け1敗と躓いている。とりわけ、直近のヘタフェ戦では相手の組織的な守備の前に沈黙し、0-1のシャットアウト負けで今季初黒星を喫した。ヘタフェ戦でベンチスタートだった好調のMFコウチーニョとFWアンス・ファティにフェレンツヴァーロシュ戦での爆発を期待したい。 対するピルロ監督を迎えたユベントスは直近のクロトーネ戦では開幕3連敗スタートの相手に対し、終始攻めあぐねて1-1の引き分けに終わった。デビューを飾ったMFキエーザの退場も痛かったが、FWロナウドをコロナで欠く中、単調な攻撃を繰り返した点は気がかり。ナポリ戦の不戦勝を含めて2勝2分けと決して良いスタートを切ったとは言えない中、アウェイでのディナモ・キエフ戦を制すことはできるか。 ◆グループH: カバーニがいきなり古巣対決 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201019_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《28:00》 パリ・サンジェルマン vs マンチェスター・ユナイテッド ライプツィヒ vs イスタンブールBBSK グループH開幕節では昨季ファイナリストのパリ・サンジェルマン(PSG)と2季ぶり出場のユナイテッドによるビッグマッチが開催される。昨季までエースFWとして活躍したカバーニはコロナ隔離により合流が遅れ、トレーニング不足のため招集が見送られたが、いずれにせよ注目の一戦だ。 PSGはカバーニやDFチアゴ・シウバが契約満了で退団となった中、新戦力にFWケアンやMFラフィーニャを獲得。やや戦力ダウン感は否めないが、知将トゥヘル監督の下、FWネイマールとFWムバッペは躍動しており、欧州屈指のチーム力を擁していることは言うまでもない。そのPSGはリーグ・アンで2連敗スタートの後、現在4連勝とさすがの破壊力を見せている。ユナイテッドを初戦で叩き、ライプツィヒを含めた三つ巴の可能性が高いグループを優位に進めたい。 対するユナイテッドは直近のニューカッスル戦では終盤の3ゴールで4-1と勝利したものの、トッテナムに1-6の惨敗を喫した他、低調な試合が続いていることからスールシャール監督への風当たりが強くなっている。攻撃面でMFブルーノ・フェルナンデスに頼りきりの状況だが、PSG相手にどのような試合を見せるかに注目だ。 そして昨季初の決勝トーナメント進出を果たし、ベスト4まで躍進したライプツィヒは、初のトルコ王者に輝いたイスタンブールBBSKをホームに迎える。新興クラブながら着々と実績を積み上げているライプツィヒは、FWヴェルナーが流出した以外は主力を留めることに成功。FWファン・ヒチャン、FWクライファートと若手アタッカーを迎えた中、FWデンバ・バらを擁する初出場のイスタンブールBBSKとの格の違いを見せ付けたい。 2020.10.20 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとリベンジマッチのPSG、トゥヘル「ポグバの抑止がひとつのキー」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がマンチェスター・ユナイテッド撃破に燃えている。クラブ公式サイトが伝えた。 PSGは20日に開幕する今季のチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節でユナイテッドと対戦する。両者が最後に対戦したのは2018-19シーズンの決勝トーナメント1回戦。PSGが敵地で2-0と勝利を収めたものの、リターンレグを1-3で落としてアウェイゴール差で逆転突破を許していた。 全体大会でファイナルに導いたトゥヘル監督は試合に先駆けた会見で当時の結果を教訓にリベンジへの気持ちを高ぶらせ、ユナイテッド撃破を意気込んだ。 「オールド・トラフォードで素晴らしい結果を残したからといって、マンチェスターが良い思い出になるとは限らない。しかし、あの頃とは随分と状況が変わった。昨シーズンは素晴らしい功績を収めて、大きな自信を得た」 「我々の課題は2年前の記憶をあまり考えないようにすること。自分たちのクオリティを発揮して、この非常に難しいグループを突破する必要がある」 「トップレベルのチームは勝ち続けて、常に自分たちを証明しなければならない。我々はリズムと自信を取り戻して、CLでも戦えるチームとなった」 また、ユナイテッドの要注意人物を挙げるとともに、警戒ポイントを語った。 「自信と経験のあるプレーヤーが新たに加わって大きく変化している。ポール・ポグバは世界屈指のMFだ。彼を止めることがキーポイントのひとつになる」 「それと、ラストパスを送れるブルーノ・フェルナンデスもいるし、メイソン・グリーンウッド、アンアントニー・マルシャル、マーカス・ラッシュフォードの3人はとても速いストライカーだ」 「そのため、ユナイテッドはヨーロッパでもトップクラスのカウンターアタックができるチームとなっている。早い段階で、それを止めることが重要になる」 「自分たちのスタイルを披露したいし、圧倒したい。カウンターへの予防線を実行して、未然に阻止するためにも、良い攻撃を仕掛けていく必要がある。それに、ユナイテッドはセットプレーも強いから注意しないとね」 2020.10.20 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

古巣戦を控えるPSGのMFエレーラがユナイテッド退団時を回想「クラブを離れる意思はなかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラが、マンチェスター・ユナイテッド退団の理由を告白した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2014年夏からプレーしていたユナイテッドで公式戦通算189試合20ゴール27アシストを記録していたエレーラ。だが、2019年夏にユナイテッドとの契約が満了となり、フリーでPSGへと活躍の場を移している。 チャンピオンズリーグ(CL)でPSGがユナイテッドとグループHで同居したことから20日に初の古巣対戦を控えるエレーラ。ユナイテッドとの対戦に先駆けて、イギリス『テレグラフ』のインタビューで、クラブを離れる意思はなかったが、上層部との意見が食い違ったことから退団したと述べている。 「僕にユナイテッドを離れる意図はなく、そこで幸せだった。今ここにいるのと同じくらいね」 「秘密にすることではないね。1年以上も交渉していたんだ。ユナイテッドでの3シーズン目以降、上層部にもっと期待していた。彼らはその夏に僕のところにこなかったし、電話すらしてこなかったよ。それが僕にとって全てだと感じたから非常に苦痛だった」 「僕はエド・ウッドワードCEOに大きな敬意を払っている。役員たちも、とてもリスペクトしている。彼らはいつも僕を素晴らしく扱ってくれた」 「彼らがマンチェスター・ユナイテッドにとって、最高のものを望んでいると理解しているが、フットボールや人生、世界中の企業で同じように考えることがある。僕はそれを尊重するだろう。エドを見たらハグをするだろうね。マンチェスター・ユナイテッドについて、僕はクラブが何をするのかについて異なる意見を持っていた」 「個人的なものは何もないことをみんなには理解して欲しい。それが人生。でもこれが真実。僕は加入3年目以降、ファンからのリスペクトと愛情を受けていた。だが、クラブからその愛を感じなかった」 2020.10.20 12:20 Tue
twitterfacebook