マルセイユデビューの長友が酒井と両SBで共闘! 躍動の守護神に救われ、ホームでドロー《リーグ・アン》

2020.09.21 06:17 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・アン第4節、マルセイユvsリールが20日にスタッド・ベロドロームで行われ、1-1のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は先発し、60分までプレーした。マルセイユは、開幕連勝スタートもミッドウィークに行われたサンテチェンヌとの第1節延期分を0-2で落とし、今季初黒星。連戦となるホームゲームでバウンスバックを図る中、強豪リールとの一戦では今夏にガラタサライからフリー加入となった長友が、右サイドバックの酒井と共に左サイドバックのポジションで先発起用され、待望のリーグ・アンデビューを飾った。

試合は開始4分にバンバからのスルーパスに抜け出したブラク・ユルマズにいきなりゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定に救われる。その後はマルセイユが押し返していく展開の中、右サイドの酒井は内に絞るトヴァンとの関係性から高い位置まで侵攻してクロスを上げるなど、積極的な攻撃参加を見せる。

一方、左サイドの長友は一列前の司令塔パイエとのバランスを意識したポジションを取りながらも、要所でボックス付近まで顔を出す。21分には深いスライディングタックルで、早速イエローカードを貰う。

前半半ばから終盤にかけては攻め切れないマルセイユに対して、効果的なカウンターを狙うリールがペースを握る。その中で長友が高い位置を取った背後をアラウージョ、チェリクが積極的に狙い、43分にはチェリクが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここはGKマンダンダの好守で凌いだ。

しかし、マルセイユは後半の立ち上がりの47分、ゴールキックを中盤で撥ね返されてバンバに中央突破を許すと、右サイドに走り込むアラウージョに繋がれる。ここで戻りながらの対応となった長友は寄せ切れず、アラウージョに左足のシュートを流し込まれた。

この失点で動揺したか、直後にもユルマズに左ポスト直撃のシュートを許すなど苦しい展開が続くマルセイユは60分に長友を下げてブナ・サールを投入。この交代で酒井が左サイドバックにポジションを移す。

ここからリスクを冒して前に出るマルセイユは70分にロニエがポスト直撃の決定的なシュートを放った一方、相変わらず相手のカウンターに手を焼き、再三のピンチを守護神マンダンダの好守で凌ぎ何とか望みを繋ぐ。

すると、何とか守護神の活躍に応えたい攻撃陣は85分、右CKの場面でキッカーのサンソンが入れた右足アウトスウィングのボールを途中出場のジェルマンが豪快なヘディングで合わせ、同点に追いつく。試合終盤にかけてはどちらが勝ち越し点を奪ってもおかしくないオープンな攻防となったが、試合はこのまま1-1でタイムアップ。

内容面では劣勢も守護神の活躍に大いに助けられたマルセイユは、辛くもホーム連敗を免れる最低限の結果を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユがCL8年半ぶりの勝利!名手パイエは自身20戦目で待望の初ゴールを記録

1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節でオリンピアコスと対戦したマルセイユ。日本代表DF酒井宏樹も先発出場した試合は33分に先制されるものの、後半にFWディミトリ・パイエの2度のPKで逆転勝利を収めた。 すでにグループステージ敗退は決まってはいるものの、この勝利はマルセイユにとって今大会初勝利というだけでなく、2012年2月22日のインテル戦から続く大会ワースト記録の13連敗に終止符を打つ8年ぶりの勝利となった。 <div id="cws_ad">◆魔術師パイエ 2年前のELで決めた左ポストの内側を掠める圧巻FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPSXNDdXNoTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> また、この試合で2ゴールを決めたパイエは、自身20試合目のCLで念願の初ゴール。リールに在籍していた2011-12シーズンから数えて、今大会は7シーズンぶり4度目の出場だったが、ようやくの初ゴールとなった。 マルセイユは第5節を終えて勝ち点3のグループ最下位に沈むが、9日に行われる第6節の結果次第ではヨーロッパリーグに回る3位浮上の可能性もあり、望みを持った状態でマンチェスター・シティとの一戦に臨む。 <div id="cws_ad">◆パイエがオリンピアコス戦で魅せた”ラボーナ”クロス<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CIRPfrZJ8Vb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CIRPfrZJ8Vb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CIRPfrZJ8Vb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.02 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、CL記録の13連敗に終止符…ビラス=ボアスも安堵

マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の連敗記録ストップに安堵している。フランス『レキップ』が試合後のコメントを伝えた。 1日に行われたCLグループステージ第5節でオリンピアコスと対戦したマルセイユ。日本代表DF酒井宏樹も先発出場した試合は33分に先制されるものの、後半にFWディミトリ・パイエの2度のPKで逆転勝利を収めた。 この勝利はマルセイユにとって今大会初勝利というだけでなく、2012年2月22日のインテル戦から続く大会ワースト記録の13連敗に終止符を打つ大きな意味を持つ。約9年続いた長いトンネルから抜け出したビラス=ボアス監督も安堵の表情を浮かべ、試合を振り返った。 「前半からバランスの取れたプレーを見せていただけに、相手の先制ゴールは大きな打撃だった。だが、後半は個性を発揮し、チームが良い状態であることを示すことができた。誰にとっても安心できるものとなったよ」 「我々は2つのゴールを決めたが、残念ながらオリンピアコスを追い抜くことができる3つ目のゴールは奪えなかった。最終節のマンチェスター・シティ戦がより重要となったね」 「過去についてはどうしようもないが、食い止める必要があった。この大会はいいレッスンになったよ。最初の4試合は最悪で運にも見放されていた」 マルセイユが所属するグループCではシティとポルトの決勝トーナメント進出が決定済み。マルセイユに残された道は3位に入りヨーロッパリーグに回ることだが、指揮官の言うようにオリンピアコスとの直接対決では得失点差で1点足りずに3位に上がることはできなかった。 結果は9日に行われるに委ねられることとなったが、ポルトガル人指揮官は14試合ぶりの白星は「自信に繋がった」として、運命のシティ戦に望みを持った。 2020.12.02 14:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴァルブエナがCLドルトムント戦で決めた劇的豪快ミドルにデシャン監督も歓喜!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はオリンピアコスに所属する元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴァルブエナがドルトムント戦で決めた劇的ミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEV0xBdE1vMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2006年夏にマルセイユに加入したヴァルブエナは、リーグ屈指のMFとして長年に渡りフランスの名門クラブで活躍。代表でも主力の1人としてプレーした。 高いテクニックを活かしたドリブルとパスを武器に、前線で違いを生み出すヴァルブエナだが、2011年12月6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのドルトムント戦では、劇的なゴールを決めている。 前半に先制を許し、1-2とビハインドで折り返したマルセイユ。後半に入り反撃に出ると、2-2と同点に追いついて迎えた87分、左サイドでヴァルブエナがボールを持つ。すると、細かいタッチで相手をかわしながらボックス内左に侵入し、右足を豪快に振りぬく。パワフルなシュートは、GKにセーブする隙を与えずにゴールに突き刺さり、劇的な逆転ゴールを決めた。 試合はヴァルブエナの終了間際のゴールで逆転したマルセイユが3-2で勝利している。 2020.11.26 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

日本人3人が競演!10人同士の対戦となった日本人対決はポルトに軍配でマルセイユはワースト記録の13連敗で敗退《CL》

チャンピオンズリーグ(CL) グループC第4節、マルセイユvsポルトが25日に行われ、0-2でポルトが勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は78分から出場し、ポルトのMF中島翔哉は79分から出場している。 前節ポルトに0-3と完敗して3連敗となった最下位マルセイユは、CLワーストタイ記録の12連敗中。そのマルセイユは酒井が引き続きスタメンとなって長友はベンチスタートとなった。 一方、マルセイユに快勝して2勝1分けとした2位ポルト(勝ち点6)は、勝利すればグループステージ突破をほぼ確実な状況にできる中、前節に続き中島がベンチスタートとなった。 酒井が[4-3-3]の右サイドバックで先発となったマルセイユは15分に最初の決定機。FKからジェルマンのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKマルチェシンのビッグセーブに阻まれた。 その後もマルセイユが押し込む中、フラットな[4-4-2]のブロックを敷くポルト相手に仕掛ける展開で推移したが、崩せない状況が続く。 すると39分、右CKの流れから混戦となったところをサヌシが押し込み、ポルトが先制して前半を終えた。 迎えた後半、攻めあぐねるマルセイユは60分に3枚替えを敢行。パイエやベネデット、キュイザンスを投入した。 すると68分、グルイッチがパイエへのタックルで2枚目のイエローカードを受けて退場となり、マルセイユは数的優位となった。 ところが70分、ボックス内への侵入を許したマレガを倒したバレルディにも2枚目のイエローカードが提示され、マルセイユは10人になるとともにPKを献上した。 このPKをセルジオ・オリベイラに決められてリードを広げられたマルセイユは、バレルディの退場を受けてセンターバックに酒井が回り、78分には長友が投入された。 逃げ切りを図るポルトは79分に中島を左サイドに投入。終盤にかけては危なげなく時間を進めて2-0で勝利。日本人3人が競演した一戦はポルトが勝ち点を9に伸ばし、決勝トーナメント進出に王手をかけている。 一方、敗れたマルセイユは敗退が決まっている。 2020.11.26 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井&長友のマルセイユ、代表ウィーク明けのニース戦が延期に

フランス・プロリーグ機構(LFP)は17日、21日に行われる予定だったリーグ・アン第11節マルセイユvsニースを延期することを発表した。 ニースでは10選手以上に新型コロナウイルスの陽性反応があり、クラスターが発生していた。なお、代替日については明らかにされていない。 現在、日本代表に合流しているDF酒井宏樹とDF長友佑都が所属するマルセイユは、8位ニースを1ポイント上回り、リーグ・アンで4位に付けている。 2020.11.18 00:00 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly