ドルトムントの逸材U-19オランダ代表MFフェライが中山雄太が所属するズヴォレにレンタル

2020.09.18 10:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中山雄太が所属するズヴォレは18日、ドルトムントのU-19オランダ代表MFイマヌエル・フェライ(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。フェライはアムステルダム出身。AFCアムステルダム、AZ、ドルトムントの下部組織を渡り歩き、2020年7月にファーストチームへと昇格していた。

ドルトムントでのファーストチームデビューはまだ果たしていないものの、2019-20シーズンの終盤4試合ではベンチ入りを果たしていた。

世代別のオランダ代表としてU-15からU-19までプレー。将来が期待されているトップ下を主戦場とするミッドフィルダーだ。

フェライはズヴォレへのレンタル移籍について「ズヴォレがくれたチャンスにとても満足している。ここへレンタルすることで、さらに成長することができる」と成長に繋がるとコメント。「トップレベルでプレーすることは、19歳の僕にとって最優先事項だ。監督やテクニカル・マネージャーとの熱心な会話から、具体的な計画があると感じた。クラブが最適な選手を連れてきたと示すのは、僕次第だ」と語り、新天地での活躍を誓った。
コメント
関連ニュース
thumb

コパ・アメリカでの苦い思い出から1年、日本代表定着へMF中山雄太「成長を求めてやっていくことが未来に繋がる」

日本代表は11日、オランダのユトレヒトで7日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前にMF中山雄太(ズヴォレ)がメディアの取材に臨んだ。 9日に行われたカメルーン代表戦で先発フル出場を果たした中山。足首を痛めたとされた中「昨日の段階では痛みがあって、無理をしないということで練習は別メニューになりました。日を重ねてよくなっています」とし、別メニューとなるも回復していると状態を語った。 改めてカメルーン戦については「収穫面は守備面でチーム(ズヴォレ)でやってきたことがここでもすごく出せた部分が多いかなと思うので、そこはすごく収穫だったと思います」と自身のプレーで収穫があったとコメント。一方で「課題の面では攻撃の時間帯というのは、僕らを経由する時間が短かったので、そこが多くなるとより日本の攻撃につなげられたと思う。そこは課題です」と語り、攻撃面での改善が必要だと語った。 コパ・アメリカのチリ代表戦で悔しい思いをしたことがフォーカスされる中山。その点については「コパでは苦い経験になりましたが、今回の代表でその苦い経験から日々自分の成長を求めてやっていくことが未来に繋がるんだと再認識できました」と1年間でしっかり成長したとコメント。柴崎岳(レガネス)とのコンビについては「攻撃の面ではいつ落ちたらいいのか、試合の中でも試合を振り返っても、僕があげた課題をより改善しようというのが見られました。僕が見た感覚と、岳さんがどう考えて動こうとしていたのかは、より擦り合わせることで、課題はより良くなるのかなと思います」とコメント。しっかりと擦り合わせて改善していくと語った。 東京五輪代表のキャプテンでもある中山だが、A代表に定着することも当然のことながら求められる。代表定着に必要なことは「前回の試合では守備に手応えを感じたと言いつつも、まだまだやれると思いますし、チームにも求められていると思います。そこも含めて、1つずつクリアすることが代表定着に近づく。目の前にある課題やもともと向上したい点をクリアにしたいです」とし、着実に成長を続けていくことが定着に繋がると考えているようだ。 また代表の先輩陣から学ぶことについては「こうした方が良いという意見もいただくんですが、そもそも言動などを見ても、立ち振る舞いとかも学べる部分が多いです」とプレー以外の部分で学んでいることが多いとコメント。「僕自身も五輪代表に還元したいと思っているので、学べることはより多く盗むというか、自分のパーソナリティやサッカー選手としても成長させていきたい」としっかりと還元していくと語った。 2020.10.11 19:15 Sun
twitterfacebook
thumb

先発抜擢のMF中山雄太、日本代表2試合目で確かな手応え「アグレッシブな部分は通用する手応えがあった」

9日、国際親善試合の日本代表vsカメルーン代表がオランダ・ユトレヒトで行われ、0-0の引き分けに終わった。 約1年ぶりの実戦となった日本代表。2019年に行われたコパ・アメリカのチリ代表戦以来の先発出場となったMF中山雄太(ズヴォレ)が試合後に取材に応じた。 この試合、MF柴崎岳(レガネス)とともにボランチの一角としてフル出場を果たした中山。前半からアグレッシブな守備の姿勢を見せると、前線にまで顔を出して守備をするなど、自身の特徴を全面に出してプレーしていた。 ズヴォレでもボランチでプレーしている中山は守り方について「僕のチームでも意識していることですが、まずは相手の中盤に前を向かせないということを意識しています」と語り、良い状態でボールを持たせないことを優先。前半に相手の決定機に繋がる前のシーンについては「かわされたというなら潰しきれなかったですし、タイミングが間に合わなければ行かないという判断も必要」と、ピッチ上での判断が重要だと語った。 また、「ゴールという部分ではつながるシーンをボランチとして意識している」と語り、前半に南野拓実(リバプール)のファーストシュートに繋がったラストパスのシーンでは「最初はシュートを狙いましたが、パスを通ったのは良かったかなと。その意識があの部分はでました」とし、日頃からゴールをイメージしてプレーしている良い点が出たプレーだと語った。 日頃対戦がなかなかないアフリカ勢のカメルーンと対戦。選手もヨーロッパでプレーしているメンバーであり、高いレベルの試合を経験できた中山。「守備の部分では意識していたアグレッシブな部分は通用する手応えがあって、チームでやっている部分ありました」と、一定の手応えを感じたとのこと。しかし、「攻撃でマイボールの時間を増やすようなプレーをもっと増やせるようにしたい」と攻撃面のさらなる成長を誓った。 チームとしては「トランジションの部分でマイボールにするということを意識した中で、今日も意識していました」と語り、「手応えを感じましたが、もっともっとやらないといけないとも思いました」と、A代表定着に向けて磨き続けると意気込んだ。 2020.10.10 01:11 Sat
twitterfacebook
thumb

ズヴォレ中山雄太が今季初先発で初ゴール! 4発快勝のチームも初白星《エールディビジ》

ズヴォレの中山雄太が今季初ゴールをマークした。 中山とファン・ウェルメスケルケン際が所属するズヴォレは26日に行われたエールディビジ第3節でスパルタ・ロッテルダムと対戦。ファン・ウェルメスケルケン際は右サイドバックとして3試合連続のフル出場となり、中山は中盤の底で今季初のスタメン入りを果たした。 開幕から1分け1敗と勝利がないズヴォレだが、前半終了間際に獲得したPKのチャンスからグーチャンネジャードのゴールで先制。1点リードで折り返した後半も47分にグーチャンネジャードが追加点を挙げ、突き放すと、54分にレーマンスがダメ押しゴールを記録した。 ズヴォレが後半の早々に試合を決定づけたなか、今節まで1試合の途中出場にとどまった中山も結果を出してアピール。チームが右CKを獲得した71分、ファーサイドからヘディングシュートを放つと、ボールがゴール右に吸い込まれ、嬉しい今季初ゴールをマークした。 結局、中山を74分にベンチに下げたズヴォレは4-0でスパルタ・ロッテルダム撃破。今季初白星を掴み取った。 ズヴォレ 4-0 スパルタ・ロッテルダム 【ズヴォレ】 グーチャンネジャード(前45+5[PK]) グーチャンネジャード(後2) レーマンス(後9) 中山雄太(後26) 2020.09.27 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ズヴォレ中山雄太が決勝弾 ここ3試合2ゴール《エールディビジ》

ズヴォレに所属するU-22日本代表DF中山雄太が好調だ。 16位のズヴォレは1日にホームで行われたエールディビジ第21節で8位のフローニンヘンと対戦。フローニンヘンでプレーするU-22日本代表DF板倉滉のベンチスタートに対して、中山はDFファン・ウェルメスケルケン際とともに先発した。 試合は43分に動く。左CKのチャンスを獲得したズヴォレはキッカーを務めたハマーのクロスからニアサイドの中山が相手と競り合いながらヘッド。これが前が立った相手GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれ、ズヴォレが先制する。 中山は第19節のユトレヒト戦以来となる2試合ぶりのゴールとなり、今シーズン2得点目。その一発で均衡を破ったズヴォレが後半も無失点で凌ぎ切り、3試合ぶりの白星を収めている。 なお、中山とファン・ウェルメスケルケン際はともにフル出場。板倉は最後まで出番が回ってこなかった。 ズヴォレ 1-0 フローニンヘン 【ズヴォレ】 中山雄太(前43) 2020.02.02 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ズヴォレ中山雄太が終盤に同点弾 移籍後初ゴールに《エールディビジ》

ズヴォレに所属するU-22日本代表DF中山雄太がゴールをマークした。 エールディビジ15位のズヴォレは17日に本拠地で行われた第19節で7位ユトレヒトと対戦。東京五輪世代代表の主将を務める中山はリーグ6試合ぶりのスタメン入りとなり、フル出場を果たした。 24分に許したPKから先制を許したズヴォレは、27分と53分のゴールで勝ち越しに成功するが、71分に追いつかれると、86分にも被弾。終盤に入り、追う展開を強いられてしまう。 だが、中山がこの窮地からチームを救う。右サイドから味方が折り返した89分、ボックス左のスペースに詰めた中山が中央を横切ったボールを右足ダイレクト。これがゴール右下に決まった。 この得点は中山にとって、2019年1月のズヴォレ加入から主戦場のエールディビジで待望の移籍後ゴール。ズウォレは3-3のドローに持ち込み、前節のPSV戦に続く黒星(1-4)を阻止している。 ズヴォレ 3-3 ユトレヒト 【ズヴォレ】 ファン・ダイネン(前27) パール(後8) 中山雄太(後44) 【ユトレヒト】 グスタファソン(前24) ケルク(後26) アバス(後41) 2020.01.18 09:50 Sat
twitterfacebook