メス戦で今季初白星のPSG、トゥヘル監督「クレイジーなゲームだったが当然の勝利だ」

2020.09.17 09:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督が、今季初白星を挙げたメス戦についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。開幕から連敗スタートとなった王者PSGは、16日に延期されていたリーグ・アン第1節でメスと対戦。前節のマルセイユ戦で、終了間際に3名の退場者を出していたPSGは、限られたメンバーで臨んだ。

試合はPSGが数多くの決定機を迎えるも決めきれずにいると、65分にDFアブドゥ・ディアロが2枚目のイエローカードで退場に。さらに、3度の交代タイミングを使い切った後でDFフアン・ベルナトが負傷退場となり9人での戦いを強いられた。

このまま0-0で終了するかと思われた中、後半アディショナルタイム3分にFWアンヘル・ディ・マリアのクロスのこぼれ球をMFユリアン・ドラクスラーが頭で押し込み1-0で勝利した。

満身創痍の中、シーズン初白星を挙げたトゥヘル監督は、非常に大きな勝ち点3だとクラブ公式サイトで語っている。

「私は(骨折のため)じっと座っていなければならなかったので、ユリアンのヘディングシュートまでの最後の数メートルが見えなかった」

「この試合の終わりは9対11で印象的だった。信じられない程のメンタリティを示したね」

「クレイジーなゲームだったが、それは当然の勝利だ。とても誇りに思う。マルセイユ戦と同じクオリティではなかったが、それでも力強いものだったよ」

「チームはまた多くの変更があった。我々には選択の余地がなく、トレーニングが不足しているにもかかわらず、何人かのプレイヤーに出てもらう必要があった。しかし、なんとか(今季)初めての3ポイントを獲得できた。これは重要なことだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ドラクスラーが左ハムストリングのケガで数週間の離脱…復帰は来月代表戦明けに

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーが、左ハムストリングのケガで戦線離脱となった。 ドラクスラーは今シーズン、主力に離脱者が目立つ中、開幕からリーグ・アン6試合に出場し、2ゴールを挙げる活躍を見せてきた。だが、24日に行われたリーグ・アン第8節のディジョン戦では先発出場も、後半序盤に負傷交代を余儀なくされた。 そして、チャンピオンズリーグ(CL)のイスタンブール・バシャクシェヒル戦を翌日に控える27日にPSGが発表した最新のメディカルレポートによると、ドラクスラーは左ハムストリングに損傷を負っており、復帰は11月のインターナショナルマッチウィーク明けになるという。 また、その他の負傷者に関しては元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスが今週中にチーム練習に復帰し、26日にランニングを再開したイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティも来週にチーム練習に復帰する見込みだという。 2020.10.27 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールの高精度FK 至近距離から優しく沈める【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ネイマールが至近距離からのFKも優しく沈める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWVE9EUWN2cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 24日に行われたディジョン戦では、自身のゴールこそなかったもののFWキリアン・ムバッペらとの好連携で相手ディフェンスに脅威を与えたネイマール。 チームは4-0と強さを見せつけたが、2018年1月17日に行われた同カードでもPSGが8-0と大勝を飾り、ネイマールは見事な直接FKを決めていた。 序盤からPSGがゴールを重ね、3-0で迎えた42分に、PSGはペナルティーアークわずか右の好位置でFKのチャンスを獲得する。キッカーのネイマールが緩やかな助走から柔らかく右足を振り抜くと、壁を越えたシュートが鮮やかにゴール右へと突き刺さった。 その後もPSGが攻勢を続け、ネイマールは4ゴール2アシストの大暴れ、チームも8-0の大勝を飾った。 2020.10.26 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGの流れるようなパスワークからマテュイディが決めたチームゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マテュイディが決めたPSGの華麗な連携ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJFcGlxZEhoRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トロワでプロデビューを果たしたマテュイディは、2007年に加入したサンテチェンヌでブレイク。2011年夏にPSGに加入するとリーグ屈指のMFとして活躍した。 ボックス・トゥ・ボックスタイプのMFとして存在感を示したマテュイディだが、2015年5月3日に行われた、リーグ・アン第35節のナント戦では華麗な連携からゴールを決めている。 1-0とPSGリードの31分、PSGが中盤でボールを回し、攻撃のタイミングを伺う。センターサークル内でMFチアゴ・モッタがボールを受けると、プレスに来た相手と上手く入れ替わり、一気にボールを前線に運ぶ。 モッタがアウトサイドパスで前線のFWズラタン・イブラヒモビッチにパスを送ると、イブラヒモビッチはボールをキープし、裏へ走りだすマテュイディに相手DFの股を抜くスルーパスを出す。フリーでボールを受けたマテュイディがGKとの1vs1をしっかりと決め、相手を突き放す2点目を決めた。 見事なゴールで追加点を奪ったPSGがそのまま2-0で勝利している。 2020.10.25 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンの若き司令塔ロ・チェルソがPSGで決めた鮮やかな中央突破【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はトッテナムのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロ・チェルソが決めた鮮やかな中央突破<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoUjBTRGhVNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチンのロサリオ・セントラルでキャリアをスタートさせたロ・チェルソは、若くしてPSGに引き抜かれ、ヨーロッパデビューを果たした。その後レアル・ベティスでの活躍を経て、2019年夏からはトッテナムに移籍している。 若き司令塔として活躍するロ・チェルソだが、PSG時代の2018年4月15日に行われた、リーグ・アン第33節のモナコ戦では、美しいパスワークから華麗なゴールを決めている。 0-0の同点で迎えた14分、相手陣内でボールを持ったロ・チェルソはDFダニエウ・アウベスとパス交換をしながら中央に入っていく。ロ・チェルソが前線のFWエディンソン・カバーニにボールを預けると、カバーニが裏へ走りだすアウベスへ向けてボックス内にスルーパス。このパスを受けたアウベスが、素早いパスをゴール前に入れると、後方から走り込んでいたロ・チェルソが合わせ、見事なパス回しから先制ゴールが生まれた。 先制に成功したPSGは、その後も攻め手を緩めず、7-1と大量6点差を付けてモナコに勝利している。 2020.10.24 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGのエレーラがゴルフに挑戦!果敢にスイングするも飛んでいったのはボールではなく…

パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFアンデル・エレーラのゴルフの腕前がSNSで話題になっている。 サッカー選手に人気の趣味の一つであるゴルフ。トッテナムのウェールズ代表FWガレス・ベイルなど、多くの選手が試合やトレーニングの合間を縫って没頭している。 最近では、バルセロナのU-21スペイン代表MFリキ・プッチが、そのゴルフの才能を披露したことが話題になるなど、普段からボールの扱いに慣れているサッカー選手は、ゴルフの腕前も達者なイメージがあるが、例外もあるようだ。 22日に、ブラジル代表FWネイマールが自身のインスタグラムのストーリーである映像を公開し、話題になっている。 その動画では、ネイマールの同僚であるエレーラが家の庭のゴルフ練習ブースで、アイアンを持った姿が映されている。前方に張られたネットに向かってぎこちないスイングでボールを打とうとしたエレーラだが、クラブはボールからかなり離れた地面をヒット。ボールの代わりに地面から大きな芝の塊がネットに飛んでいくという珍ショットとなってしまった。 これには動画を撮影していたネイマールも思わず大爆笑。その他のチームメイトからも笑いが生まれている。 この動画をツイッターでシェアしたアメリカ『ESPN』のツイートでも「Stick to football, Ander Herrera(エレーラ、サッカーだけやっときなよ笑)」とイジられる始末となっている。 ピッチ上では素晴らしいボール扱いを披露しているエレーラだが、やはりスポーツが変わると、ある程度の練習は必要なようだ。 <div id="cws_ad">◆エレーラの酷すぎるショットにネイマール大爆笑<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Stick to football, Ander Herrera <br><br>(via neymarjr/Instagram) <a href="https://t.co/CNW99A6JJa">pic.twitter.com/CNW99A6JJa</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1319391784456302592?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.23 19:15 Fri
twitterfacebook