フランクフルトと契約延長のMF鎌田大地、他クラブからのオファーを明かすも「小さいステップアップは必要じゃない」

2020.09.17 09:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトとの契約延長を果たした日本代表MF鎌田大地が記者会見に出席。契約延長に至った理由などを語った。鎌田は16日、フランクフルトと2年間契約を延長し、2023年6月まで所属することが決まった。

2017年7月にサガン鳥栖から完全移籍でフランクウルトへと加入した鎌田だったが、加入1年目はほとんど試合に絡めず。2018-19シーズンにはシント=トロイデンへ武者修行に出ると、公式戦36試合で16ゴール9アシストとブレイク。2019-20シーズンはフランクフルトに復帰した。

フランクフルト復帰後は開幕から出場機会を得ると、攻撃陣の一角として機能。特に中断期間明けは出色の出来をみせ、ブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール6アシスト、ヨーロッパリーグでも10試合で6ゴール2アシストを記録した。

契約延長交渉は早期にスタートしたものの難航。ドイツ国内でも移籍するのか契約を延長するのかが大きな話題となっていた中、16日に契約を延長した。

様々な憶測が流れた今回の契約延長について鎌田は、最初から残留するつもりでいたと自身のスタンスを明かし、そこまで考えていなかったと明かした。

「色々な僕自身も記事とかを見ましたが、僕自身の中ではこのチームに残ることはだいぶ前から決まっていましたし、あとはチームとの契約の細部の話だけだったので、このチームにの残ることは僕の中で決まっていて、発表を待つだけでした。僕自身はそこまでこの夏に関しては、移籍に関してはあまり考えずにいました」

交渉成立まで時間が掛かった理由については「まずは全世界でコロナウイルスが大変な時期で、チームとお金の話をしないとダメでしたし、これから将来のことについても新しい契約だったのでチームと色々話さないといけないことがたくさんあったと思います」とコメント。条件面を詰めることに時間を要したとコメント。「昨シーズンは最後の方に良いシーズンを過ごせて、このチームでの手応えも感じましたし、今年はヨーロッパリーグもないので、リーグに集中できて、素晴らしい結果を残せると思ったのが一番です。このチームのことが好きで、ファンも熱くて、このチームで僕がまだまだやるべきことがあると思っていたので、早めに他からの話があっても残ると代理人に伝えました」と残留する理由も明かしている。

他クラブからのオファーについては「オファーというか、僕の代理人の元には世間的に見ればステップアップと思われるチームからの話もありました。正直、フランクフルトが去年は9位でしたけど、絶対にフランクフルト以上のチームというのを探そうと思っても、ドイツでも少ないと思います」と語り、「個人的には小さいステップアップは必要じゃないと思っていたので、オフが終わった後に代理人と一度電話をして、聞いた話に即答でノーと言いました」と、大きなステップアップができるクラブからのオファーはなかったと語った。

また、1年契約を延長したMF長谷部誠、また同様に契約を延長したアディ・ヒュッター監督も残留に影響したという。

「ハセさん(長谷部誠)の延長は去年決まっていましたし、僕にとってはそんなに重要な問題ではなかったです。監督の契約延長は僕たちチームにとっても、僕自身にとっても重要でした」

「監督が契約延長する前に話もしましたが、僕にとって昨シーズンの後半戦がすごく良かったですし、チームとしての関係性も良かったので、あの様なサッカーを今シーズンも見せられたらと思っています。監督の契約延長もキーポイントだったと思います」

ヒュッター監督からの評価も高い鎌田。自身のプレーで改善するポイントについては「監督からよく言われるのは守備の部分で、攻撃のことよりも守備のことは昨シーズンの中断明けから言われています。そこから僕自身も少しずつ改善できていると思います」と、監督からは守備面を言われているとコメント。しかし、自身では数字を残すことが大事と考えているようだ。

「自分で思う成長しなくてはいけない部分は、得点だったりアシストだったり、目に見える結果を残していくことだと思います。プレー内容はそんなに悪くなかったと思います。結果が付いてこなかったですけど、試合に出られているというのは、監督が評価してくれていたのもそうですし、チームの中継点になったり、違う部分での役割もできていたからだと思います。その部分は良かったと思うので、目に見える結果が付いてくればすごく良いと思います」

その鎌田が掲げる今シーズン目標は「去年はリーグが自分が思った様な結果を残せなかったですし、心にモヤモヤするものが残っていたので、今年目標に掲げているのはリーグで15ゴールに絡むこと。これができれば、すごく良いシーズンだと思います」と、具体的な数字を語った。
コメント
関連ニュース
thumb

シャルケとフランクフルトがセカンドGKをトレード! 共に1年間のレンタル

シャルケとフランクフルトの間でGKのトレードが行われた。 シャルケは30日、フランクフルトからデンマーク代表GKフレデリク・レノウ(28)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のACホーセンスでプロキャリアをスタートしたレノウはエスビャウへのレンタル、ブレンビーを経て2018年夏にフランクフルトへ完全移籍。当初はフィンランド代表GKルーカス・フラデツキーの後釜候補だったが、同時期に加入したドイツ代表GKケビン・トラップとのポジション争いに敗れ、セカンドGKに甘んじていた。 一方、レノウを放出したフランクフルトは同日、シャルケからU-21ドイツ代表GKマルクス・シューベルト(22)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 昨年夏にディナモ・ドレステンから加入したシューベルトは、U-21ドイツ代表GKアレクサンデル・ニューベル(22)のバイエルン移籍が決定したことを受け、一時正GKに昇格もリーグ戦9試合の出場で18失点を喫するなど、不振のチームと共に精彩を欠き、結局セカンドGKに降格。 ニューベルがバイエルンへ旅立った今シーズンもドイツ人GKラルフ・フェールマンとのポジション争いに敗れ、2番手に甘んじていた。 2020.10.01 00:36 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表MFフルスティッチがフランクフルトに完全移籍で加入

フランクフルトは28日、フローニンヘンのオーストラリア代表MFアルディン・フルスティッチ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2023年6月までの3年間、背番号は「7」に決まった。 フルスティッチは、シャルケやフローニンヘンの下部組織出身で、2017年7月にフローニンヘンでファーストチームに昇格。右サイドを主戦場としている。 フローニンヘンでは公式戦75試合に出場し6ゴール5アシストを記録。2019-20シーズンのエールディビジでは25試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 また、オーストラリア代表としても3試合に出場。2022年のカタール・ワールドカップ アジア予選では2試合に出場していた。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏は「変化をつけられる中盤の選手のアルディン・フルスティッチを歓迎する。これによりサイドと中央の可能性が広がる。アルディンは、オランダリーグで3年間継続したパフォーマンスを見せ、説得力がある。24歳だから、成長の終わりはまだまだ先だ。国際舞台で戦える才能、柔軟性、テクニックを備えている。アイントラハト・フランクフルトととてもマッチし、次のステップを一緒に踏み出せることを願っている」と期待を寄せている。 2020.09.29 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトの10番、セルビア代表MFコスティッチが内側じん帯損傷で数週間離脱

フランクフルトは27日、セルビア代表MFフィリップ・コスティッチの負傷離脱を発表した。 クラブの発表によると、コスティッチは右ヒザ内側側副じん帯を損傷したとのこと。数週間の離脱となると発表した。 コスティッチは、25日に行われたブンデスリーガの第2節のヘルタ・ベルリン戦に先発出場したものの、試合開始早々に右ヒザを打ち負傷。15分にシュテファン・ツバーと交代していた。 フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるブルーノ・ヒュブナー氏がコスティッチの負傷についてコメント。早期復帰を望むと語った。 「まず第一に、フィリップが可能な限り最高の回復を遂げ、彼がすぐに戻ってくることを願っている」 「幸運なことに、彼は十字じん帯の断裂ではなかった。我々のドクターから最高の治療を受ける」 2020.09.27 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田2アシストのフランクフルトがヘルタに快勝で初勝利!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは25日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はフル出場している。 開幕戦となった堂安所属の昇格組ビーレフェルト戦を何とか引き分けたフランクフルトは、引き続き鎌田と長谷部がスタメンとなった。 大迫所属のブレーメンに4-1と快勝したヘルタに対し、引き続き[3-5-2]を採用したフランクフルトは鎌田がトップ下で、長谷部が3バックの中央でスタートした。 そのフランクフルトが良い入りを見せたが、相手との接触で右ヒザを負傷したコスティッチが15分に交代となり、ツバーが投入された。 引き続き攻め込むフランクフルトはA・トゥーレの右クロスからドスト、アンドレ・シウバがヘディングシュートでゴールに迫ると、28分にPKを獲得する。ボックス右に侵入したアンドレ・シウバがボヤタに倒された。このPKをアンドレ・シウバが自ら決めてフランクフルトが先制点を奪い切った。 失点を受けて前がかってきたヘルタに32分、ルケバキオのシュートでゴールを脅かされたフランクフルトだったが、GKトラップがファインセーブで阻止。すると37分、鎌田のアシストから加点する。右サイドから鎌田が上げたFKをドストがヘッドで叩き込んだ。 2点ビハインドのヘルタが後半からピョンテクやペカリークら3選手に代えてコルドバらを投入してきたのに対し、フランクフルトは58分にピンチ。FKからルケバキオに決定的なヘディングシュートを許したが、わずかに枠を外れて助かった。 その後も劣勢を強いられたフランクフルトだったが、71分にダメ押しの3点目を挙げた。鎌田のパスを受けたローデがボックス右から左足を振り、コントロールされたシュートが左ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 77分にヒンテレッガーのオウンゴールで1失点を喫したフランクフルトだったが、鎌田の2アシストの活躍もあって3-1で快勝。新シーズンのリーグ戦初勝利を飾っている。 2020.09.26 05:27 Sat
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部先発フランクフルトと堂安先発ビーレフェルトの日本人対決はドロー決着《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ開幕節、フランクフルトvsビーレフェルトが19日に行われ、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地は88分までプレーし、MF長谷部誠はフル出場。ビーレフェルトのMF堂安律は72分までプレーしている。 新シーズンの公式戦初戦となった先週のDFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦を2-1で勝利したフランクフルト。この試合で先発した鎌田が引き続きスタメンとなり、ベンチ入りも出場機会のなかった長谷部が先発となった。 一方、昨季2部優勝で12シーズンぶりに1部復帰となったビーレフェルトは、DFBポカールでは4部相手にまさかの敗戦。堂安はこの試合で先発デビューを飾ったものの、見せ場を作れずチームも敗れてしまった中、堂安は引き続きスタメンとなった。 [3-5-2]で臨んだフランクフルトは、鎌田がトップ下、長谷部が3バックの中央に入った。一方、ビーレフェルトは[4-1-4-1]で臨み、堂安は右インサイドMFに入った。 ビーレフェルトが良い入りを見せた中、徐々に圧力を強めていったフランクフルトは、21分にローデがミドルシュートでオンターゲットを記録。すると1分後に決定機。コスティッチの左クロスをダ・コスタがボレーで合わせたが、わずかに枠の左に外れた。 さらに32分にも決定機。GKのミスパスを鎌田がカットした流れから、アンドレ・シウバがヒールでシュートに持ち込むも、GKにセーブされる。 ゴールレスで迎えた後半、フランクフルトはダ・コスタに代えて新戦力のツバーを投入した中、開始5分に堂安がゴール正面の位置から際どいミドルシュートを浴びせたビーレフェルトが、51分に先制する。 スルーパスに反応したスクがディフェンスライン裏を取り、ボックス右に侵入しシュートを蹴り込んだ。 追う展開となったフランクフルトが前がかる中、62分に追いつく。コスティッチの左クロスをニアサイドのドストがヘッドで逸らすと、最後はアンドレ・シウバがヘッドで押し込んだ。 そして78分には逆転のチャンスが訪れるも、2度にわたる決定的なシュートはゴールライン上の相手DFの好クリアに阻まれた。 終盤にかけてはフランクフルトが押し込む展開が続いたが、ビーレフェルトが粘りの守備を見せ1-1でタイムアップ。日本人対決は勝ち点1を分け合っている。 2020.09.20 00:37 Sun
twitterfacebook