インテル退団のボルハ・バレロがヴィオラに3年ぶりの復帰! 背番号は「6」に!

2020.09.16 20:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは16日、元スペイン代表MFボルハ・バレロ(35)の復帰を発表した。背番号は「6」に決定。契約期間に関する言及はないが、1年契約となる見込みだ。レアル・マドリーのカンテラ出身のボルハ・バレロは、これまでマジョルカ、WBA、ビジャレアルでプレー。

その後、2017年夏にフィオレンティーナからインテルに移籍したボルハ・バレロは、3シーズンで公式戦100試合に出場。アントニオ・コンテ監督が就任した昨シーズンは出場機会を減らし、セリエAでは19試合にとどまった。そして、3年契約の満了に伴い、クラブを退団しフリーの状況となっていた。

なお、2012年から2017年まで過ごしたフィオレンティーナでは背番号「20」を背負い、公式戦212試合に出場し、17ゴール45アシストを記録。中盤の絶対的な主力として活躍していた。
コメント
関連ニュース
thumb

K・P・ボアテングがセリエB昇格のモンツァ移籍へ! オーナーは元ミランのベルルスコーニ

元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(33)が、セリエBに昇格したモンツァに移籍する見込みだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ヘルタ・ベルリンでプロキャリアをスタートしたボアテングは、これまでトッテナムやドルトムント、シャルケ、フランクフルト、バルセロナなど、ヨーロッパ各国のクラブを渡り歩いてきた。 昨年夏にはフィオレンティーナへ加入も、今年1月に出場機会を求めてベシクタシュにレンタル移籍。現在はフィオレンティーナへレンタルバックしているものの、先日にスポーツ・ディレクターを務めるダニエレ・プラデ氏は、「ケヴィン・プリンスは昨シーズンのプレーヤーの中で唯一、我々のプランに100%フィットしないプレーヤーだ」と、構想外を言い渡していた。 今夏に新天地を求めることが確実となっていた中、元ガーナ代表MFはミラン在籍時に会長を務めていたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が所有するモンツァを移籍先に選択。すでにクラブ間、個人間でも合意に至っており、今週末までに移籍が完了する見込みだという。 今回の移籍に関してはベルルスコーニ氏との関係に加え、ボアテング本人のミラノに在住する家族との時間を増やしたいという意向が強く反映されているという。なお、モンツァとミラノはおよそ20kmの距離にあり、家族との同居も可能だ。 ボアテングはジェノア、ミラン、サッスオーロ、フィオレンティーナに続く、自身5つ目のイタリアのクラブをセリエA昇格に導けるか。 2020.09.24 19:22 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組ベネヴェントがブルキナファソ代表MFダボをフィオレンティーナから2年契約で獲得

セリエAに昇格したベネヴェントは15日、フィオレンティーナからブルキナファソ代表MFブライアン・ダボ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2022年6月30日までの2年間となり、3年目の自動更新が付帯しているとのことだ。 ダボはモンペリエの下部組織出身で、ブラックバーンやサンテチェンヌでプレー。2018年1月にフィオレンティーナへ完全移籍で加入すると、2020年1月からはSPALへレンタル移籍していた。 フィオレンティーナでは公式戦36試合に出場し2ゴール2アシストを記録。セリエAでは通算49試合に出場し3ゴール5アシストを記録していた。 2020.09.15 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、フィオレンティーナからベナッシをレンタル

ヴェローナは12日、フィオレンティーナからイタリア人MFマルコ・ベナッシ(26)をレンタルで獲得したことを発表した。契約には買い取りオプションが付くようだ。 インテルの下部組織出身でもあるベナッシは、2014年のトリノ移籍後、2017年にフィオレンティーナに加入。当時2人のセントラルMFを放出していたチームにおいて、すぐにレギュラーを確保すると、在籍3シーズンで公式戦95試合に出場。昨シーズンはふくらはぎのケガもあり、22試合の出場にとどまった。 昨季シーズンは近年では最高位となる9位で終えたヴェローナ。今夏の移籍市場では、ニースからカメルーン人MFアドリアン・タメゼ、ジェノアからドイツ人DFコライ・ギュンターを獲得するなど、レンタルも合わせて積極的な強化を図っている。 2020.09.13 14:09 Sun
twitterfacebook
thumb

カリアリがU-21イタリア代表MFソティルをフィオレンティーナから買取OP付レンタルで獲得

カリアリは10日、フィオレンティーナのU-21イタリア代表MFリッカルド・ソティル(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、このレンタル移籍には買い取りオプションに加え、フィオレンティーナの買い戻しオプションも付いているとのことだ。 ソティルはジェノア、トリノ、フィオレンティーナの下部組織で育ち、2018年7月にファーストチームへ昇格。2019年1月からペスカーらへレンタル移籍を経験。2019-20シーズンはフィオレンティーナでプレーした。 スピードとドリブルのスキルに長け、左右のウィングでプレーできるソティルは、2019-20シーズンのセリエAで18試合に出場。コッパ・イタリアで3試合に出場し1アシストを記録していた。 また、世代別のイタリア代表でもプレーし、U-21イタリア代表として7試合に出場し2ゴールを記録している。 2020.09.11 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがイタリア代表MFボナヴェントゥーラの獲得を正式発表!

フィオレンティーナは10日、昨季限りでミランを退団したイタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラ(31)をフリートランスファーで獲得した。 なお、契約期間などは明かされていないが、『フットボール・イタリア』は2022年6月30日までの2年間にサインしたと伝えている。 アタランタユース出身のボナヴェントゥーラは、2008年にトップデビュー。2010年からは主軸として活躍すると、2014年の夏にミランへ完全移籍。ミランでも豊富な運動量と中盤の複数ポジションをこなすユーティリティー性を武器に中盤を支え、在籍6年間で公式戦184試合に出場し35ゴール30アシストをマーク。 契約最終年となった昨シーズンも公式戦32試合で4ゴールの活躍を見せていたが、近年は度重なる負傷に悩まされていることもあり、ミランは契約延長交渉を行わず、昨季限りで退団していた。 2020.09.11 00:15 Fri
twitterfacebook