レアルDFレギロンの新天地はトッテナムか?セビージャ撤退、ユナイテッドはクラブ間交渉が難航

2020.09.16 11:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・レギロン(23)にトッテナム移籍の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』やイギリス『BBC』が伝えている。

昨シーズン、レンタルで加入したセビージャでヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献するなど飛躍したレギロン。レンタル期間が満了し、今夏にマドリーへ復帰したもの、DFマルセロとDFフェルラン・メンディが居るためにジネディーヌ・ジダン監督の中で序列が低い状況にあり、今夏にさらなる移籍が取り沙汰されている。

そのレギロンを巡ってはセビージャへの再レンタルの可能性も取り沙汰されていたが、左サイドバックでプレー獲得可能なMFマルコス・アクーニャをスポルティング・リスボンから獲得したこともあり、消滅した模様だ。

さらには移籍の最有力とみられていたマンチェスター・ユナイテッドが、マドリーの買い戻しオプションを拒んだため、交渉は暗礁に乗り上げているという。

マドリーとユナイテッドの交渉は継続していると『マルカ』は伝えているが、新たな移籍先としてトッテナムが浮上。『BBC』はトッテナムがレギロンとの契約に近づいていると報じている。

なお、レギロンの移籍金は2500万ユーロ〜3000万ユーロ(31億1000万円〜37億4000万円)と見積もられている。今月6日にはスペイン代表デビューも果たしたレギロンだが、新天地は果たしてどこになるのだろうか。


関連ニュース
thumb

コンテ監督、CL出場権獲得で巨額ボーナス獲得へ! 中盤2選手の補強も進む?

アントニオ・コンテ監督はトッテナムがトップ4フィニッシュを達成した場合、巨額のボーナスを受け取ることになるようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 コンテ監督は昨年11月にヌーノ・エスピリト・サント監督の解任を受け、トッテナムの新指揮官に就任。当時、プレミアリーグ9位のチームを引き継ぐと、以降の27試合では紆余曲折がありながらも16勝5分け6敗の戦績を収め、22日に行われるノリッジとの今季リーグ最終節を前に、5位のアーセナルと2ポイント差の4位にチームを上昇させた。 そして、最終節で引き分け以上の結果を残せば自力で、あるいはエバートンと最終節を戦うアーセナルが引き分け以下に終わった場合、3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場を決められる状況だ。 そういった中、『タイムズ』が報じるところによれば、トッテナムとコンテ監督との契約には今シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した際のインセンティブの条項があり、仮にこの目標を達成した場合、250万ポンド(約4億円)という巨額のボーナスを受け取ることになるようだ。 また、トッテナムがトップ4を確定した場合、来シーズン以降も続投することが決定的となるイタリア人指揮官にはアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ、スウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキの買い取り以外に、巨額の補強資金が与えられる模様。 そして、クラブはすでに手薄な中盤の有力な補強候補としてブレントフォードのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン、レスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスへの関心を強めているという。 なお、両選手共にCLでのプレーを熱望しており、CL出場権獲得のあかつきにはひとつ獲得に向けた障害が取り除かれることになる。 2022.05.19 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの去就に揺れるバイエルン、OBは後釜にハリー・ケインを推薦「彼は完全なストライカー」

リヨンの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、古巣のバイエルンにトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の獲得を薦めた。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 バイエルンはブンデスリーガ得点王に7度輝くなど、長年エースとしてチームに君臨してきたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の去就が不透明な状況にある。来夏で満了を迎えるの契約交渉がまとまらず、選手本人は14日に行われたブンデスリーガ最終節のヴォルフスブルク戦後に「バイエルンでの最後の試合になった可能性がある」と発言するなど、退団を意思を明らかにしている。 レヴァンドフスキにはバルセロナが関心を抱いていると報じられているが、一方でバイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるオリバー・カーン氏は2023年までの契約遵守を求めており、今夏の市場でどのような動きがあるか注目されている。 こうした状況を受け、2011年から10年間バイエルンに所属していたボアテングは、仮にレヴァンドフスキが退団となった場合、後釜としてケインを獲得すべきだと提案。昨シーズンはプレミアリーグで得点王とアシスト王を獲得し、今シーズンもリーグ戦36試合で16ゴール8アシストの成績を残すイングランド代表FWなら、レヴァンドフスキ退団の影響を最小限に抑えられると評価しているようだ。 「多くのストライカーが僕に感銘を与えてきたけど、現時点ではレヴィ(レヴァンドフスキ)が最高だと思う。(カリム・)ベンゼマも、今シーズン終了後にはそうなるかもしれないね。ただ個人的な意見としては、バイエルンはハリー・ケインを獲得すべきだと思う」 「僕にとってケインは、トッテナムで毎日のようにゴールを決めている完璧なストライカーだ。そしてトッテナムは良いチームだが、世界屈指のクラブではない。だからバイエルンのようなチームでプレーすればとても良いことであり、最高の後釜になれるだろう。もちろん、それはバイエルン次第だけどね」 また、ボアテングは退団を希望しているレヴァンドフスキにも言及。かつてのチームメイトの心情に理解を示しており、納得のいく解決手段が見つかることを願った。 「彼のような選手にとって、新しいことがやりたいと思うのは当然だと思う。僕たちは皆、そうした考えや段階を経てここまできているのだから。大騒ぎをしなくても、双方が納得する解決策はあると思っているよ。難しいことではあるけど、夏休みに入った今は十分な時間がある」 2022.05.18 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズが今季レンヌで21ゴールの快足FWテリエに関心か? 同胞アンリも絶賛のアタッカー

トッテナムがスタッド・レンヌのフランス人FWマルタン・テリエ(25)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じている。 今週末の最終節を残してトップ4フィニッシュに大きく近づくトッテナム。これにより、アントニオ・コンテ監督の続投と共にチャンピオンズリーグ(CL)との二足の草鞋に向けた積極補強の可能性が取り沙汰される。 そういった中、オランダ代表FWステーフェン・ベルフワインの退団が濃厚となり、さらに手薄な前線の補強候補として、先日のフランス・全国プロサッカー選手連合(UNFP)の年間表彰でリーグ・アンのベストイレブンに輝いた快足FWへの関心を強めているようだ。 リールの下部組織出身のテリエは2016年にトップチームデビュー。レンタル先のストラスブールでブレイクを果たすと、2018年夏にリヨンへ正式加入。左ウイングを主戦場に、公式戦77試合17ゴールの数字を残したが、多士済々のアタッカーが揃う中、メインキャストを担うことはできなかった。そして、2020年夏に総額1500万ユーロ(約20億4000万円)の移籍金でレンヌへ5年契約で完全移籍していた。 そのレンヌでは加入2年目となった今シーズン、ブルーノ・ジェネジオ監督の下でストライカーとしての才能が完全に開花。左ウイングと2トップの一角でプレーした中、シーズン終盤戦で7試合連続ゴールを記録するなど、リーグ戦36試合の出場でキャリアハイの21ゴールを記録。 この活躍を受け、フランス代表のレジェンドであるティエリ・アンリ氏は、カタール・ワールドカップに向けて同選手を招集すべきと主張するなど以下のように絶賛していた。 「我々は彼がやってきたことより少ない数字で、他のプレーヤーがフランス代表や他の代表チームに、招集されるのを見てきた。もし彼が代表に選ばれたとしても、それに値しないと思うことはない」 「私はこのプレーヤーがとても好きだ。いずれにせよ、まだ終わっていないとはいえ、今シーズンの活躍を称えよう」 プレミアリーグへの順応は未知数だが、左右のウイングにセンターフォワードでもプレー可能なユーティリティー性、リーグ・アンでもトップクラスのスピードを生かした突破力。加えて、多彩さを増すフィニッシュワークという特長を考えれば、前線のバックアップや攻撃的なウイングバックを探すトッテナムの補強ポイントに合致したプロフィールの持ち主と言える。 2022.05.18 00:31 Wed
twitterfacebook
thumb

トリッピアーが“会心のアシスト”後に古巣スパーズファンにメッセージ

ニューカッスルのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが“会心のアシスト”後に古巣トッテナムファンにメッセージを届けた。 16日、プレミアリーグ第37節でアーセナルをホームに迎えたニューカッスル。トップ4フィニッシュを目指す相手に難しい試合になることが予想されたが、最終的には攻守両面で相手を圧倒する見事なパフォーマンスでホーム最終戦を2-0の完勝で飾った。 この勝利によってニューカッスルはトップ10フィニッシュの可能性を残したが、それ以上に大きな利益を手にしたのが、アーセナルと熾烈なトップ4争いを繰り広げるトッテナム。 前日の試合でバーンリーを破って暫定4位に浮上したトッテナムは、ニューカッスルのアシストによって2ポイント差を得て次節の最終節を迎えられることになった。 このアーセナル戦でプレー機会はなかったものの、戦前から古巣へのアシストを語っていたトリッピアーは試合後に自身のインスタグラムを更新。味方のパフォーマンスを称賛すると共に、古巣ファンに向けてメッセージを綴っている。 「今夜は仲間たちが素晴らしい活躍を見せてくれた。もう一度、自分たちの能力を証明してくれた」 「今夜の一戦を、スパーズファンが楽しんでもらえたとしたら嬉しいよ」 なお、トッテナムはすでに降格が決定した最下位ノリッジとの最終節で引き分け以上の結果を残せば自力でのトップ4フィニッシュが可能となるが、アーセナルの最終節の相手のエバートンには、トリッピアーと同様にイングランド代表MFデレ・アリが在籍しており、更なるアシストも期待できるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【画像】会心のアシスト”後に古巣スパーズファンにメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdoopJYjTHg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdoopJYjTHg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdoopJYjTHg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kieran Trippier(@ktrippier2)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.05.17 23:13 Tue
twitterfacebook
thumb

3季ぶりCL出場迫るスパーズ、ケインはコンテ監督の続投を望む「僕は彼の大ファン」

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは、アントニオ・コンテ監督の続投を望んでいるようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』がコメントを伝えている。 コンテ監督は昨年11月、ヌーノ・エスピリト・サント監督の後任として就任。リーグ戦8試合を含めた公式戦9戦無敗と快調なスタートダッシュを切ったが、指揮官の古巣戦となったEFLカップのチェルシー戦での初黒星をきっかけに、リーグ戦でも3連敗を喫するなど、今年に入って勢いが完全に衰えた。 だが、終盤戦に向けてチームは復調。リーグ戦ここ10試合で7勝という就任当初の様な快進撃を見せると、プレミアリーグ第37節で4位のアーセナルが敗れたことで、残り1試合にしてついに順位が逆転した。 3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて視界の開けたスパーズ。その中でケインはコンテ監督の手腕を称賛。退任の噂もあるが、エースは続投を望んでいるという。 「ボスが来てから今のように改善されたのは間違いないと思う。この短期間でそれは証明された」 「だけど、夏に何が起こるか全くわからない。それでも偉大な監督と来季も一緒にいられることを楽しみにしている。彼が来てから僕たちは多くのことを学んでいるんだ」 「正直なところ、僕には彼の去就について何も知らない。でも、彼はここで本当によくやってくれているし、素晴らしくかつ情熱的な男なんだ。だから彼がどういう道を選ぼうとも尊重するつもりだ」 「僕は彼の大ファンで、チームは本当に上手く回っている。もちろん、彼が残ってくれることはクラブにとって素晴らしいことだ。でも、それは彼が決めること。クラブと話し合って将来を考えてくれると思う」 「僕らとしては、彼と一緒に仕事をするのをみんな楽しんでいるよ」 2022.05.17 18:03 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly