ヘルタ・ベルリン、ケルンFWコルドバを完全移籍で獲得

2020.09.16 07:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは15日、ケルンのコロンビア人FWジョン・コルドバ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は長期とだけ発表されているが、ドイツ『キッカー』によれば2024年6月までの4年間で、移籍金は1500万ユーロ(約18億7000万円)とのことだ。2017年夏にマインツからケルンに加入したストライカーのコルドバは、ケルンで公式戦86試合に出場して37ゴール8アシストを記録。昨季はブンデスリーガ29試合の出場で13ゴールを挙げる活躍を見せていた。

ヘルタ・ベルリンでは昨年から投資家のラース・ヴィントホルスト氏による巨額の投資が行われ、積極補強が目立っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ブラジル代表、ジェズスの代役にヘルタFWマテウス・クーニャを初招集

ブラジルサッカー連盟(CBF)は25日、負傷したマンチェスター・シティのFWガブリエウ・ジェズスに代わってヘルタ・ベルリンのFWマテウス・クーニャを代替招集したことを発表した。 約1カ月の戦線離脱が見込まれるジェズスに代わって初招集されることになったマテウス・クーニャは、昨季後半にライプツィヒからヘルタに加入。ヘルタではブンデスリーガで5ゴールを挙げ、新シーズンの開幕戦となったブレーメン戦でもゴールを挙げていた。 チッチ監督が指揮を執るブラジルは10月のインターナショナルマッチウィークでカタール・ワールドカップ南米予選の2試合を予定。9日にホームでボリビア代表と対戦後、続く13日にペルー代表とのアウェイゲームに挑む。 2020.09.26 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鎌田2アシストのフランクフルトがヘルタに快勝で初勝利!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは25日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はフル出場している。 開幕戦となった堂安所属の昇格組ビーレフェルト戦を何とか引き分けたフランクフルトは、引き続き鎌田と長谷部がスタメンとなった。 大迫所属のブレーメンに4-1と快勝したヘルタに対し、引き続き[3-5-2]を採用したフランクフルトは鎌田がトップ下で、長谷部が3バックの中央でスタートした。 そのフランクフルトが良い入りを見せたが、相手との接触で右ヒザを負傷したコスティッチが15分に交代となり、ツバーが投入された。 引き続き攻め込むフランクフルトはA・トゥーレの右クロスからドスト、アンドレ・シウバがヘディングシュートでゴールに迫ると、28分にPKを獲得する。ボックス右に侵入したアンドレ・シウバがボヤタに倒された。このPKをアンドレ・シウバが自ら決めてフランクフルトが先制点を奪い切った。 失点を受けて前がかってきたヘルタに32分、ルケバキオのシュートでゴールを脅かされたフランクフルトだったが、GKトラップがファインセーブで阻止。すると37分、鎌田のアシストから加点する。右サイドから鎌田が上げたFKをドストがヘッドで叩き込んだ。 2点ビハインドのヘルタが後半からピョンテクやペカリークら3選手に代えてコルドバらを投入してきたのに対し、フランクフルトは58分にピンチ。FKからルケバキオに決定的なヘディングシュートを許したが、わずかに枠を外れて助かった。 その後も劣勢を強いられたフランクフルトだったが、71分にダメ押しの3点目を挙げた。鎌田のパスを受けたローデがボックス右から左足を振り、コントロールされたシュートが左ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 77分にヒンテレッガーのオウンゴールで1失点を喫したフランクフルトだったが、鎌田の2アシストの活躍もあって3-1で快勝。新シーズンのリーグ戦初勝利を飾っている。 2020.09.26 05:27 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫先発もブレーメンがホームでの開幕戦で4失点を喫し完敗…《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは19日、ブンデスリーガ第1節でヘルタ・ベルリンと対戦し、1-4で敗戦した。大迫は前半のみ出場した。 昨季16位に終わるもハイデンハイムとのプレーオフを制してブンデスリーガ残留を決めたブレーメンが、昨季10位のヘルタをホームに迎えた開幕戦。 そのブレーメンは、[4-4-2]の布陣を採用。2トップに大迫とゼルケを起用し、左MFにサージェント、右MFにマンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入したチョンを配置した。 試合はブレーメンが立ち上がりから積極的な入りを見せたが、決定機を先に作ったのはアウェイチームだった。19分、右サイドでスローインの返しを受けたペカリークがダイレクトでクロスを供給。これをボックス中央のピョンテクが頭で合わせたが、シュートはクロスバーを叩いた。 対するブレーメンは31分、チョンのパスをボックス左で受けたサージェントが左足でニアサイド狙ったが、このシュートはGKシュウォローの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、ブレーメンは前半終盤にピンチを迎える。42分、左サイドをオーバーラップしたミッテルシュタットの高速クロスをファーサイドで反応したペカリークが流し込み、ヘルタが先制した。 さらにヘルタは45分、ドリブルで仕掛けたペカリークがボックス右深くでフリードルに倒されると、主審はPKを宣告。しかし、VARによる検証の結果、倒れた場所はボックスの外と判定され、PKは取り消された。 VARでピンチを脱したブレーメンだったが、前半終了間際にも失点する。中盤でボールを奪われるとダリダのスルーパスに反応したルケバキオがボックス左に抜け出しダイレクトシュートをゴールネットに突き刺した。 迎えた後半、2点を追うブレーメンは大迫を下げてビッテンコートを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアウェイのヘルタだった。 62分、GKからのロングフィードを前線で受けたコルドバの落としをダリダが拾うと、ペナルティアーク手前まで持ち上がりラストパス。ボックス左で待ち構えたマテウス・クーニャのダイレクトシュートはGKパブレンカの手を弾き、そのままゴールネットに吸い込まれた。 リードを広げられたブレーメンは69分、オーバーラップしたアウグスティンションの左クロスをファーサイドのゼルケがヘディングシュートをニアサイドに叩き込み、1点を返す。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。すると90分、トゥザールのスルーパスで左サイドを抜け出したレッキーが右足アウトサイドでクロスを入れると、中央を駆け上がったコルドバが流し込み、ヘルタが試合を決定づける4点目を奪取。 結局、試合はそのまま1-4で終了。ホーム開幕戦で4失点を喫したブレーメンは、開幕黒星スタートとなった。 2020.09.20 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ケルン、ヘルタからスロバキア代表MFドゥダを完全移籍で獲得!

ケルンは16日、ヘルタ・ベルリンに所属するスロバキア代表MFオンドレイ・ドゥダ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 レギア・ワルシャワで台頭したドゥダは、2014年にヘルタに完全移籍で加入。優れたパスセンス、突破力に加えて、得点も奪える攻撃的MFとして、在籍3年半で公式戦71試合に出場し13ゴール9アシストを記録した。 昨シーズンはシーズン前半戦をリーグ戦7試合でノーゴールで終えるなど不振に陥ると、今冬にノリッジへレンタル移籍。ノリッジではプレミアリーグ10試合に出場したが、低迷するチームを救うことはできず。ノリッジは最下位でチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した。 ケルンへの移籍が決まったドゥダは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ケルンに加入出来てとても嬉しい。ケルンはブンデスファンの誰もが知っているクラブだ。これは僕にとってワクワクする挑戦だ。このクラブのために全力を尽くすつもりだよ」 2020.09.16 23:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ヘルタの超逸材MFサマルジッチ獲得を公式発表! 「ドイツ最大のタレントの一人」

RBライプツィヒは8日、ヘルタ・ベルリンからU-20ドイツ代表MFラザール・サマルジッチ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 バルセロナやユベントス、ベンフィカ、バイエルンと国内外のビッグクラブの関心を集めた中、ライプツィヒをステップアップの場所に選んだ18歳の大器は、多くの若手が活躍するクラブの環境、攻撃的なスタイルが移籍の決め手になったと語っている。 「RBライプツィヒは若くてハングリーなプレーヤーにとって素晴らしいクラブだよ。このチームはここ数年にわたって魅力的で攻撃的なフットボールを展開してきたし、自分もそこにうまく馴染めると思っているよ」 「新たな仲間との出会いを楽しみにしているし、できるだけ早く溶け込めるように全力を尽くすつもりさ。そして、今後クラブと共に多くの成功を手に入れられることを願っているよ」 一方、スポーツ・ディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏は、「ドイツ最大のタレントの一人」と、サマルジッチへの大きな期待を口にしている。 「ラザール・サマルジッチはドイツ最大のタレントの一人だ。ヨーロッパの多くのクラブが彼に興味を示していたが、我々はRBライプツィヒへの移籍を説得することができた。ラザールはここで我々と共に次のステップを踏むことができると信じているよ」 7歳の頃からヘルタのアカデミーでプレーするサマルジッチは、トップ下やセカンドトップ、左のウイングを主戦場とする185cmのレフティー。優れた足元の技術に視野の広さ、パスセンス、創造性を兼ね備え、その恵まれた体躯を含め攻撃的MFに必要な多くの要素を併せ持つ大器として、ドイツの世代別代表で常に主力を張ってきた逸材だ。 ヘルタの慎重な育成方針もあり、トップチームデビューは今年2月末のデュッセルドルフ戦となり、昨シーズンの出場はリーグ戦3試合に留まっていた。 なお、ドイツ『ビルト』が伝えるところによれば、移籍金に関してはヘルタと2022年までの契約を残しているものの、契約内容がユースプレーヤーに近いものとなっており、破格の100万ユーロ(約1億2000万円)程度となったようだ。 2020.09.08 18:18 Tue
twitterfacebook