ウェールズの至宝、アーロン・ラムジー【ピックアップ・プレイヤー】

2020.09.15 11:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。今回はユベントスのウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(29)だ。

◆ラムジー、ユベントスでの好プレー集

母国ウェールズのカーディフ・シティでキャリアをスタートさせたラムジーは、2006-07シーズンに当時クラブ史上最年少となる16歳と124日という若さでトップチームデビューを果たした。

そして、2008年にアーセナルに完全移籍。その理由を「アーセナルなら若手が多くの出場機会を与えてもらえるから」と語っている。デビュー戦は同年8月13日のチャンピオンズリーグ予選のトゥベンテ戦。1カ月後の9月13日にはブラックバーン戦でプレミアリーグデビューも果たした。当時、元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は「彼の才能に疑いの余地はない。将来的にキャプテンに据えたいと考えている」と、その活躍ぶりを絶賛していた。

しかし、2010年2月には右足の腓骨と頸骨の骨折という大怪我に見舞われる。約10カ月のリハビリを経て、徐々に本来のパフォーマンスを取り戻していくと、2013-14シーズン頃から完全復活。より逞しくなった姿を見せた。

ラムジーのプレースタイルはボックス・トゥ・ボックス。足元の技術が高く運動量も豊富だ。自身が「お手本としている」と認める、同胞のレジェンド、ライアン・ギグスとは少し異なるが、ギグス以来の逸材としてウェールズでは常に期待の目が向けられている。

そのギグスとも共演したウェールズ代表では、2008年10月のデンマーク戦がデビュー戦となった。2012年のロンドン・オリンピックの際にはイギリス代表としてもプレーした経験がある。ちなみに、イギリス代表のオーバーエイジ枠にはギグスも選出されていた。

アーセナル在籍11シーズンで公式戦361試合に出場し62ゴール64アシストを記録するなど、3度のFAカップ制覇に加え、3度のコミュニティ・シールド獲得に貢献したラムジーだったが、クラブとの契約延長交渉がまとまらず、2019年の夏にフリーでイタリア王者ユベントスへ加入。層の厚い中盤でポジション争いに励み、度重なる故障に苦労したが、最終的に公式戦35試合4得点1アシストの数字を収め、チームのセリエA9連覇に貢献し、自身初のリーグ優勝を経験している。
コメント
関連ニュース
thumb

7歳からユベントスでプレー、クラウディオ・マルキジオ【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ氏(34)だ。 <div id="cws_ad">◆マルキジオ、ユベントスでのスーパープレー集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHaUFWejZBaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユベントスの下部組織出身のマルキジオ。7歳からユベントスでプレーし、中盤の汗かき役として安定感抜群のパフォーマンスを見せ、時には前線のスペースへの飛び出しからゴールを奪うなど、通算で公式戦389試合に出場して37ゴール43アシストをマークした。 2007-08シーズンのエンポリへのレンタル移籍を除けば、2005年にファーストチームデビューして以来、2018年9月にゼニトへ移籍するまでビアンコネーロ一筋を貫いた。 在籍14年間で、獲得したトロフィーは「15」を数え、11-12シーズンからの7連覇には多大な貢献を果たした。10-11、11-12シーズンにはセリエAチームオブザイヤーに選出。14-15シーズンではチャンピオンズリーグのチームオブザイヤーにも選ばれている。 25年過ごしたユベントスを退団して向かった新天地のゼニトでは、序盤戦で2ゴールを挙げるなど、屈指の司令塔であることを証明していたが、膝蓋骨軟骨症を発症すると、その手術を受けてシーズン終了。そのまま2019年10月に33歳の若さで現役を引退している。 2009年8月には、スイス代表との親善試合でイタリア代表デビュー。2010年のワールドカップでは、グループステージで1勝もできないまま大会から姿を消すという苦い経験をしたが、ユーロ2012年では決勝に進出。当時無類の強さを誇ったスペイン代表に完敗したが、大会では全6試合にフル出場し、イタリア代表の準優勝に大きく貢献した。 マルキジオといえば、プレースタイルだけでなくその顔も人気の1つだ。サッカー界ナンバーワンイケメンとの呼び声も高い同選手は、『Vogue』や『GQ』などの有名ファッション誌の表紙も飾るほどだ。世界中に女性ファンがいるといわれているが、ファンからしたら残念なことに既婚。子供も授かっており、ミルクを与えてあやすというイクメンぶりも発揮している。 そんなマルキジオだが、現役引退後は地元トリノのフットサルクラブ「L84」のサポート役としてのパートナーシップを締結。新たな道を歩み出している。 2020.09.26 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ黄金時代の正守護神、ビクトル・バルデス【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元スペイン代表GKビクトル・バルデス氏(38)だ。 <div id="cws_ad">◆ビクトル・バルデス、バルセロナ時代のスーパーセーブ集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNbzBXd25mZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナ下部組織出身のバルデスは、2002年に当時監督を務めていたルイ・ファン・ハール氏に抜擢されトップチームデビュー。2003-04シーズンから正守護神の座を掴むと、バルセロナの選手らしい足元の技術とセーブ能力を兼ね備えた名手として、以降10シーズンに渡ってカタルーニャの名門のゴールマウスを守り続けた。 この間に6度のラ・リーガ制覇、3度のチャンピオンズリーグ制覇、2度のFIFAクラブ・ワールドカップ制覇など、獲得可能な有力タイトルをほぼすべて獲得してきた。個人としても1シーズンで1試合当たりの平均失点が最も少なかったGKに与えられるサモラ賞を5度獲得している。 2010年にデビューを飾ったスペイン代表では、GKイケル・カシージャスらの存在によりバックアッパーに甘んじ、公式戦21試合の出場にとどまった。それでも2010年の南アフリカ・ワールドカップとユーロ2012で優勝を経験した。 2014年にバルサを去ったバルデスはその後、マンチェスター・ユナイテッド、スタンダール・リエージュでのプレーを経て、ミドルズブラに加入したが、1シーズンだけプレーした後、2017年5月25日にクラブとの契約を解消。同年8月17日にバルデスが現役引退を表明した。 引退後は起業家へ転身し、2人のパートナーと共同でテレビ製作会社『Crazy4fun』を設立したバルデスだったが、2019年夏にバルセロナに復帰しフベニールA(U-19)の指揮官に就任した。しかし、しかし、初陣でいきなり審判に暴言を吐き退場処分を受けたほか、上層部との確執も生まれ、就任からわずか3カ月で解任されていた。2019年10月にはその任を解かれた。今季からはテルセーラ・ディビシオン(スペイン4部)のオルタの監督に就任している。 2020.09.26 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「生命」を宿す読み方が二転三転したドイツ代表MF、エムレ・ジャン【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はドルトムントに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャン(26)だ。 <div id="cws_ad">◆エムレ・ジャン、2018-19シーズンプレー集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzb2RqY3A1cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ジャンは、フランクフルトの下部組織に入団した後、バイエルンの下部組織へと移籍し、2012年にファーストチームへと昇格を果たした。しかし、元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェらが加入したことで出場機会が少なく、2013年にレバークーゼンへと移籍した。 レバークーゼンではレギュラーとしてプレーすると、翌2014年6月にリバプールへ移籍。当時はブレンダン・ロジャース監督のもと、センターバックとして3バックの一角を務めていた。しかし、ユルゲン・クロップ監督が就任すると中盤にポジションを移すと、フィジカルを生かした守備と豊富な運動量を武器に、本来のパフォーマンスを発揮。ドイツ代表としてもプレーするようになり始めた。 ジャンに関しては、リバプール移籍時から、姓の呼び方が物議を醸していた。「Can」という綴りに関し、ドイツでは「カン」、ルーツでもあるトルコでは「ジャン」、リバプールは「チャン」と表現。しかし、本人の発音では「エムレ・ジャン」と聞こえるため、現在は「ジャン」が主流となっている。ちなみに「Can」はトルコ語で「生命」を意味している。 そんなジャンは、2018年夏にフリーでユベントス入りすると、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で公式戦37試合4得点1アシストをマークしたが、マウリツィオ・サッリ監督が到着した2019-20シーズンは状況が様変わり。チャンピオンズリーグ(CL)で登録メンバーに含まれず、リーグ戦でも十分な出場機会が得られず、冷遇に遭った。 すると、2020年1月には買い取り義務付きのレンタルでドルトムントに加入。すぐさまレギュラーに定着すると、2月には早くも完全移籍を果たした。ブンデスリーガ、プレミアリーグ、そしてセリエAでプレーした経験をもとに、若いチームを牽引する。 2020.09.25 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

当代最高のパサー! 冷静沈着なドイツ製最高傑作”メトロノーム”、トニ・クロース【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロース(30)だ。 <div id="cws_ad">◆トニ・クロース、レアル・マドリーでのプレー&ゴール集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEQlNWNEFKdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 機械のように精密なパス、天才的な判断力を有しているクロースは、2007年9月に行われたブンデスリーガのエネルギー・コットブス戦でバイエルンのファーストチームデビューを飾り、眩い輝きを放つ。当時17歳だったクロースは、様子見のため81分からの途中投入で登場すると、2アシストを記録。わずか18分間で自身の才能をアピールした。 そして、クロースは2014年夏に、現在のクラブであるレアル・マドリーに推定移籍金2500万ユーロ(約32億8000万円)で移籍。入れ替わるようにバイエルンへ移籍した元スペイン代表MFシャビ・アロンソと同じ中盤の底のポジションでレギュラーに定着し、より一層能力に磨きがかかると、移籍初年度の2014-15シーズンを通して平均92%のパス成功率をマークした。また、2016年1月のバレンシア戦では驚異のパス成功率100%を達成。精密なパスでリズムを刻むことから“メトロノーム”とも呼ばれ、チームの調律にかかせない選手となっている。 ある意味人間味の感じられないプレースタイルから、ややクールで冷徹なイメージも持たれがちなクロースだが、ジョークを言うときは振り切れている。2014年のブラジル・ワールドカップで優勝を果たしたドイツ代表の中心メンバーでもあるクロースは、準決勝のブラジル代表戦でも2ゴールと活躍。最終的に7-1となったスコアはブラジル人にとっては悲痛な記憶となっているであろうことは想像に難くない。 常人ならば、ブラジル人の前では触れるのもはばかられる話題だが、クロースは全世界に向けて渾身のネタを繰り出していく。2017年1月1日に、新年を祝う画像をツイッター上に投稿。その画像の中で「2017」と表記されるべき部分の、「1」にブラジル国旗を、「7」にドイツ国旗を配置してしまったのだ。その後、チームメイトのブラジル代表DFマルセロから「いつだって敬意を!」と反応されるなど“お叱り”を受け、「ジョークだった」と釈明していた。 そのほか、ウェールズ代表FWガレス・ベイルもユーロ2016出場前に「君たちはどうせ(グループリーグの)3試合しかできないだろう」と、クロースから言われたことを暴露。チームメイトの誰かと関係が悪化しているという類の報道は出ていないため、そういった言動はジョークとして片が付いているのだろうが、相手の弱い部分を突くのが得意なのはピッチ上だけではないようだ。 2020.09.23 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

三世代に渡ってスペイン代表、マルコス・アロンソ【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はチェルシーに所属するスペイン代表DFマルコス・アロンソ(29)だ。 <div id="cws_ad">◆マルコス・アロンソ、19-20シーズントッテナム戦での2ゴール<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqRExYVVExbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーの下部組織出身のマルコス・アロンソは、2010年にトップチームデビューを果たすが、すぐさまボルトンへと移籍し、プレミアリーグに活躍の場を移す。しかし、出場機会をに恵まれず、さらに2011年には飲酒運転で死傷事故を起こした。 その後、ボルトンが2部に降格した2013年にフィオレンティーナへと移籍し、セリエAを経験。そこでもイタリアのサッカーになじめず、左サイドバックとして自身の攻撃力を余り出せない時期が続いた。 それでも、2015-16シーズンに復活しシーズン終了後にチェルシーへと移籍。アントニオ・コンテ監督の下、左ウイングバックとしてレギュラーポジションをつかむと、188cmとサイドの選手としては大柄な体格での守備と、正確な左足のキック、さらには戦術理解度の高さがハマり、2016-17シーズンのプレミアリーグ優勝に大きく貢献した。 マウリツィオ・サッリ前監督のもとでも重宝されたが、2019年夏にフランク・ランパード監督が就任してからは出場機会が減少。さらにチェルシーは今夏にレスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェルを獲得しており、退団の噂がしきりに報じられているが、14日のプレミアリーグ開幕戦のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦では、左サイドバックとしてフル出場を果たしている。 マルコス・アロンソの父親はマルコス・アロンソ・ペーニャ、祖父はマルコス・アロンソ・イマスという名で、なんと2人ともスペイン代表の経験がある。そして、マルコス・アロンソ は2018年3月にスペイン代表デビュー。スペイン史上初となる親子3代での代表経験となった。 2020.09.23 11:00 Wed
twitterfacebook