退場ネイマール、マルセイユDFの人種差別を主張 「アイツの顔を殴らなかったことが唯一の後悔」

2020.09.14 13:42 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、自身の退場の引き金となったマルセイユのスぺイン人DFアルバロ・ゴンサレスの人種差別発言を主張している。フランス『レキップ』など複数国内メディアが伝えている。PSGは13日に行われたリーグ・アン第3節、マルセイユとの“ル・クラスィク”に臨み、0-1で敗戦した。

同試合では王者PSGのリーグ連敗という結果以上に、試合終盤に起こった両軍合わせて5人の退場者を出した小競り合いが話題の中心に上がることになった。

その中でアルバロの後頭部を殴打したとして退場となったネイマールだが、同選手がその行為に至った背景にはスペイン人DFによる人種差別発言があった可能性があるようだ。

同試合後、フランス『Telefoot』で働く国内屈指のジャーナリストであるグレゴワール・マルゴットン氏は、ネイマールが周囲に対して、アルバロから「いいかげん口を閉じろ、汚い猿め!」との人種差別発言を受けたと主張していることを伝えた。

また、試合中にもネイマールはフォースオフィシャルに対して、同選手の人種差別発言を幾度も訴えており、退場を言い渡された際にはタッチライン際のカメラに向かって、「アイツ(アルバロ)がレイシストだから、俺は殴った」と叫んでいた。

なお、ネイマール自身は試合後に自身の公式『ツイッター』を通じて、「アイツの顔を殴らなかったことが唯一の後悔」と、前述の主張を裏付けるコメントを残している。

これに対して、アルバロは人種差別発言を否定しており、マルセイユを率いるアンドレ・ビラス=ボアス監督も、「もし事実であれば、全く受け入れられないことだが、私は事実だとは思わない」と、その可能性を否定している。
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマールが柔らかい胸トラップから決めた美しいゴラッソ【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ネイマールが胸トラップから決めたゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5aEZNVkp3SyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナでの活躍を経て、2017年夏にPSGに加入したネイマール。フランスでも活躍を続け、世界屈指のフットボーラーとしての地位を確立している。 トリッキーで創造性溢れるプレーで観客を魅了するネイマールだが、2020年1月26日に行われたリーグ・アン第21節のリール戦では、美しいゴールを決めている。 0-0で迎えた28分、ボックス手前でクロスを受けたネイマールは、これを胸トラップでボールを落とすと、柔らかいタッチでコントロールし、MFマルコ・ヴェッラッティにパス。リターンパスをペナルティアーク内で受けたネイマールがそのままミドルシュートを放つと、右足から放たれたシュートはゴール右上の完璧なコースに決まり、美しい先制点となった。 リードを奪うことに成功したPSGは、その後も追加点奪い、2-0で勝利している。 2020.10.30 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGのいい大人たちがプールで携帯投げに興じる? ヴェッラッティもタジタジ…

パリ・サンジェルマン(PSG)のいい大人たちは無邪気な子供の心を失っていないようだ。 PSGは28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループH第2節でイスタンブール・バシャクシェヒルを2-0のスコアで下し、待望の今季CL初勝利を手にした。 その後、パリに戻ってきた選手たちは試合翌日にリカバリーセッションに参加し、トレーニング後にはトレーニング施設内のプールでリラックスしていた。 その際、フランス代表DFレイヴァン・クルザワは、チームメイトの和気あいあいとした様子を自身の公式『インスタグラム』に投稿した。 この短い動画ではプール内にいるフランス代表FWキリアン・ムバッペ、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス、ブラジル代表DFマルキーニョスの3選手らが笑い交じりの大声をあげながら、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの携帯電話を投げ合うという、いかにも子供じみたイタズラをする様子が映されていた。 もちろん、携帯電話には防水加工が備わっているものの、プールの底に水没した場合、故障の不安も拭えなかったため、初めは「まったくいい大人がぁ~」というような表情を浮かべていたヴェッラッティだが、途中からは「マジで、いいかげん返せよ」とやや焦った様子で仲間に呼びかけるも、携帯電話は一向に持ち主に返却されることはなかった。 その後、ようやく返してもらったヴェッラッティは、ずぶぬれになった自身の携帯電話の画像を自身の『インスタグラム』で公開した。 いい大人とは思えない、あまりに子供じみたやり取りだったが、今季CL初勝利を手にした昨季ファイナリストのチーム内の雰囲気は良好だ。 <div id="cws_ad">◆ヴェッラッティもタジタジ…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Humour de millionnaires <a href="https://t.co/HE0YuQxxNd">pic.twitter.com/HE0YuQxxNd</a></p>&mdash; Butters (@FCButters) <a href="https://twitter.com/FCButters/status/1321792840184352771?ref_src=twsrc%5Etfw">October 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.30 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール、代表合流前の残り3試合全休か 検査結果が思わしくなく

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが今後数試合の欠場を強いられるようだ。 ネイマールは28日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節のイスタンブール・バシャクシェヒル戦に先発したが、26分に左足ハムストリングを痛めてピッチを後にした。 PSGのトーマス・トゥヘル監督は試合後、「重傷じゃなければ良いが」と話して、軽傷を期待したが、フランス『レキップ』によれば、29日のMRI検査で内転筋損傷が明らかになったという。 これにより、31日に敵地で行われるリーグ・アン第9節のナント戦を欠場。さらに、11月4日に敵地で予定するCLグループH第3節のRBライプツィヒ戦も欠場を余儀なくされる見込みのようだ。 また、負傷箇所の回復具合によるが、代表ウィーク前最後のゲームとなる同月7日に本拠地で行われるリーグ・アン第10節のスタッド・レンヌ戦も引き続き欠場する可能性がある模様だ。 すでにFWマウロ・イカルディやMFユリアン・ドラクスラー、MFマルコ・ヴェッラッティら主力をケガで欠くPSG。トゥヘル監督は新たにエースを欠いての戦いに頭を悩ませることになりそうだ。 2020.10.30 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

パリで輝きを取り戻した逸材ケアンがCL初ゴールを記録 チームの救世主になるのか

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するイタリア代表FWモイゼ・ケアンが新天地で躍動している。 PSGは28日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節のイスタンブール・バシャクシェヒル戦に臨んだ。 この試合に先発で出場したケアンは、64分に左CKの場面に頭で合わせて先制点を記録すると、79分にも、華麗なターンから左足のシュートを流し込む2ゴールの活躍をみせ、チームの勝利に大きく貢献。CLの舞台で初ゴールを決めていた。 今季から1年間のレンタルでPSGに加入しているケアンだが、元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの負傷もあって出場機会を得ると、ここまで公式戦4試合に出場して4ゴールを記録。直近のディジョン戦に続けて2試合連続2ゴールの活躍を見せている。 2019年夏にユベントスからエバートンに完全移籍で加入した中、プレミアリーグにはなじめず、2019-20シーズンは公式戦33試合でわずか4ゴール2アシストと結果を残せなかったケアンだったが、パリでは輝きを取り戻しつつある。 イスタンブール・バシャクシェヒル戦ではブラジル代表FWネイマールも左足ハムストリングを痛めてピッチを後にしており、ケアンにかかる期待はさらに大きなものになってくる。 <div id="cws_ad">◆ケアンの2ゴール!2点目のターン&ボレーは素敵</div><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CG5krbwleeI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CG5krbwleeI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CG5krbwleeI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Bis de @moise_kean a resolver o jogo para o @psg #ChampionsELEVEN</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/elevensportspt/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> ELEVEN Portugal</a>(@elevensportspt)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-10-28T19:51:03+00:00">2020年10月月28日午後12時51分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.10.29 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

負傷交代ネイマールの状態は…? トゥヘル「重傷じゃなければ良いが」

パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督がブラジル代表FWネイマールの負傷状況を口にした。『UEFA.com』が伝えている。 PSGは28日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でイスタンブール・バシャクシェヒルと対戦。2-0の勝利で飾り、初白星を手にしたが、先発したエースのネイマールは26分に左足ハムストリングを痛めてピッチを後にした。 トゥヘル監督は試合後、「重傷じゃなければ良いが。明日の検査結果を待とう。(痛めた箇所は)内転筋だ」と話すにとどまった。 また、グループ首位のマンチェスター・ユナイテッドを勝ち点で並ぶライプツィヒとともに追いかけるトゥヘル監督はクラブ公式サイトによると、イスタンブール・バシャクシェヒル戦をこう振り返り、チーム状況に一定の評価を下した。 「最初の25分ぐらいは組み立てを欠き、相手に容易くボールを与え過ぎて、チャンスを作らせてしまい、危険な状況を招いてしまった。少し難しい試合で、最高のパフォーマンスじゃなかったが、自分たちが試合に入り続けられたというのが大事だ」 「勝つことができていて、リーグ戦でもトップにおり、CLのアウェイ戦も勝利した。完璧じゃないが、悲観的になる必要もない。良いこともあるわけだから、ポジティブでなければ」 2020.10.29 09:45 Thu
twitterfacebook