京都MF中野克哉がプロA契約締結 「より一層責任と自覚をもち精進」

2020.09.11 14:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は11日、MF中野克哉(23)とのプロA契約締結を発表した。中野は京都橘高校、関西学院大学を経て、2019年に京都入団。プロ2年目の今季はここまで明治安田生命J2リーグ11試合2得点で、8月23日に行われた第14節の松本山雅FC戦でプロA契約の規定である公式戦出場時間に到達した。

中野はクラブ公式サイトを通じて「プロA契約を締結していただき、大変嬉しい気持ちです。それと同時にプロサッカー選手として、より一層責任と自覚をもち精進していきたいと思います。そして、チームのJ1昇格という目標に向けて、日々努力していきたいと思います」とコメントしている。
コメント
関連ニュース
thumb

京都のクラブスタッフが新型コロナウイルス感染、クラブ内に濃厚接触者なし

京都サンガF.C.は27日、クラブスタッフが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。 クラブの発表によると、スタッフは一般内勤スタッフとのこと。24日(月)に同居家族がPCR検査にて陽性判定を受け、翌25日(火)に濃厚接触者に認定。26日(水)にPCR検査を受けた結果、陽性判定となったとのことだ。なお、本人に体調不良などの症状は見られないとのことだ。 また、クラブ内には濃厚接触者はいないとのこと。クラブは「保健所による調査の結果、感染経路につきましては、同居家族からの感染であること、また、クラブ内に濃厚接触者はいないことが確認されています」と発表した。 さらに、「24日以降は会社休業日でもあり、本人のクラブハウスへの出入りは一切ありませんでした。また、一般内勤スタッフにつき、選手・チームスタッフとの接点もありません」とし、これ以上の感染者がないとしている。 京都は「全選手、クラブスタッフを対象に毎日の検温と健康状態の確認を行っておりますが、現在のところ、発熱や倦怠感、喉の痛み、味覚障害などの症状を訴えているものはおりません」と報告している。 2020.08.27 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

京都の若き正守護神・若原智哉が一般女性と入籍

京都サンガF.C.は13日、GK若原智哉(20)の入籍を発表した。 クラブの発表によると、若原は10日に入籍したとのこと。お相手は一般女性のため、プロフィール等の公表は差し控えるとのことだ。 若原はクラブを通じてコメントしている。 「私事ですが、このたび、入籍しましたことをご報告させていただきます」 「これからは家族ために、そしてクラブのために、より一層、責任感をもって頑張っていきたいと思います。これからも引き続き応援をよろしくお願いします」 若原は京都の生え抜き選手。2018年にU-18から昇格し、これまでJ2リーグで13試合に出場。今シーズンは正守護神として、ここまでJ2で10試合に出場していた。 2020.08.13 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

長崎が止まらない!京都との上位対決を制し、無敗6勝目!《J2》

25日、明治安田生命J2リーグ第7節が各地で行われた。 今節の注目はV・ファーレン長崎vs京都サンガF.C.の上位対決。開幕から5勝無敗で勝ち点を伸ばす首位の長崎と、第2節以降は無敗で3位に食い込んでいる京都の一戦だ。 序盤から試合を支配するのはホームの長崎。開始2分に敵陣右サイド中央でFKを得ると、秋野のクロスをフレイレがヘディングシュート。地面に叩きつけた惜しいシュートだったが、GK若原に止められる。 その後もイバルボが高い位置をキープし次々と攻撃の形を作る長崎は29分、左のハーフスペースから上げた澤田の右足クロスを富樫が頭で流し込み先制に成功した。前半アディショナルタイムには富樫が長崎追加点のチャンスを迎えるが、GK若原の動きを冷静に読んだチップキックは、戻ってきたヨルディ・バイスに寸前のところでクリアされてしまう。 長崎は2分の決定機の際に左肩を負傷していたフレイレが続行不可能となり後半から入れ替え。だが、多少のアクシデントは長崎勢いを止めるには至らず、後半もGK徳重の好セーブもありリードを守って進めていく。 そんな中86分に絶体絶命のピンチが訪れる。自陣で庄司にボールを奪われ、ゴール方向へ走り込むピーター・ウタカに決定機。ウタカは確実に仕留めようとゴール前の野田に回したが、ここでプレッシャーをかけたのが、フレイレとの交代で入った徳永だった。徳永が素早く圧力をかけたことで、野田のシュートはポストに直撃。これで1点を守り切った長崎が勝利を収め、6勝目を挙げた。 また、今節の注目試合の一つとなったジュビロ磐田vs徳島ヴォルティスは、アウェイの徳島が2-0で勝利した。 試合は立ち上がり7分に動く。徳島の右CKのシーン、藤田がアウトスイングのクロスを入れると、走り込んだ清武がフリーでヘディングシュート。これが決まって徳島が先制した。さらに22分には、内田のシュートが相手の腕に当たりPKを獲得。これを岩尾が決めて追加点を挙げた。 磐田もセットプレーから何度かシュートにつなげるが、相手GKを脅かすには至らない。後半半には一度に3枚替えに打って出るも、最後まで徳島のネットを揺らすことができずに試合終了。勝利した徳島は3位に浮上した。 なお、2位には松本山雅FCを戸島のゴールで破った大宮アルディージャが浮上。3試合ぶりの白星だった。 ◆明治安田生命J2リーグ第7節 ▽7/25(土) 東京ヴェルディ 0-0 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 松本山雅FC ジュビロ磐田 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> 愛媛FC 1-1 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-0 レノファ山口 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 京都サンガF.C. ▽7/26(日) ザスパクサツ群馬 vs ツエーゲン金沢 FC町田ゼルビア vs 栃木SC 2020.07.25 21:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ウタカ2発で磐田撃破の京都が實好体制&新本拠地初白星! 琉球vs福岡は痛み分け《J2》

28日、明治安田生命J2リーグ第2節の2試合が開催された。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2020シーズンのJ2リーグは2月23日に開幕節を開催も、その後中断。約4カ月を空けて今週末から再開となった。 サンガスタジアムbyKYOCERAで初めての公式戦となった京都サンガF.C.vsジュビロ磐田は、ホームの京都が2-0で勝利した。 開幕戦でレノファ山口FCに敗れた京都は、實好新体制と新本拠地での初勝利を目指し、ピーター・ウタカやヨルディ・バイス、森脇と経験豊富な新戦力をスタメン起用。対してモンテディオ山形相手の開幕戦を快勝した磐田は、1年でのJ1復帰に向け若きエースの小川航基とルキアンの強力2トップを軸に開幕連勝を目指した。 リモートマッチ、新たなプロトコルと、手探りの状況で戦う再開初戦だが、立ち上がりから積極的な攻防となる。互いに後方から丁寧にビルドアップを試みるが、前線のルキアンのキープ力を生かしたアウェイチームが先に主導権を掴む。そして、サイドを起点に2トップが幾度か相手ゴールに迫るが、決定機までには至らず。 一方、相手にボールを持たれる状況が続く京都だったが、頼れるエースストライカーがワンチャンスをモノにする。28分、相手陣内中央左の金久保から浮き球のフィードが出ると、これにうまく反応したウタカがゴール前に抜け出し、左足の丁寧なシュートをゴール右隅へ流し込んだ。 サンガスタジアムの歴史に名を刻む公式戦初ゴールに気を良くする元ナイジェリア代表FWは、その後もうまくボールを引き出しながら宮吉らとの好連係で攻撃を牽引。前半のうちに追加点こそ奪えなかったものの、京都が流れを掴んだまま試合を折り返した。 すると、迎えた後半、スコアを動かしたのはまたしてもウタカ。47分、古巣初対戦の荒木が左サイドからボックス付近までボールを運び、ボックス手前右でフリーの宮吉へ繋ぐ。これを宮吉がダイレクトで中央へ折り返すと、ボックス中央のウタカが巧みな反転からの左足シュートで再びゴールネットを揺らした。 拙い入りで出ばなを挫かれた磐田は宮崎、大武に代えて櫻内と針谷を同時投入。さらに、切り札のルリーニャや山田をピッチへ続けて送り込み、試合終了まで20分近くを残した中、5枚の交代カードを使い切る。しかし、5バック気味に守るホームチームの堅守を崩し切れない。逆に、相手の反撃に遭い、ウタカや黒木に3点目を奪われそうになる場面も。 一方、殊勲のウタカらを下げて逃げ切りに入る京都は関西大学からの特別指定選手の長井をJリーグデビューさせるなど、今後を睨んだ用兵もみせ、このまま試合をクローズ。ウタカ躍動の京都が實好新体制と新本拠地での初勝利を手にした。 また、タピック県総ひやごんスタジアムで行われたFC琉球vsアビスパ福岡は、1-1のドローに終わった。 ジェフユナイテッド千葉との開幕戦を0-1で落とした琉球は、すでに梅雨明けとなった中で待望のホーム開幕を迎えることに。対する福岡はギラヴァンツ北九州との開幕戦を1-0で制しており、長谷部新体制での開幕連勝を狙った。 試合は地の利を生かしたホームチームが主導権を握る展開に。セットプレーから沼田のポスト直撃のヘディングシュートや、茂木がGKセランテスを脅かす直接FKなど幾度かゴールに迫っていく。すると32分、自陣からのロングカウンターで阿部がドリブルで相手陣内に侵攻すると、ボックス手前から強烈な右足のミドルシュート。GKの手を弾いたボールが右ポストの内側を叩きゴールネットを揺らした。 阿部の個人技が光ったスーパーゴールによって琉球の1点リードで折り返した後半、今度は立ち上がりに福岡の助っ人ストライカーが魅せる。50分、前、重廣、フアンマ・デルガドと縦パスが繋がると、ペナルティアーク付近からドリブルで仕掛けたフアンマが中央をこじ開け、強烈なシュートをゴール左隅に突き刺した。 フアンマの加入後初ゴールによって一気に流れを掴んだ福岡は、ここから攻守にギアを上げて逆転を目指していく。だが、効果的な選手交代で全体の強度を落とさないホームチームにややボールを持たされる展開が続き、徐々に攻撃が停滞してしまう。 試合終盤にかけても両チームは勝ち点3を目指して白熱の攻防を見せたものの、試合はこのまま1-1のスコアでタイムアップ。両チームのエースストライカー候補にゴールが生まれたものの、痛み分けのドローとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第2節 ▽6/28(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 ジュビロ磐田 FC琉球 1-1 アビスパ福岡 ▽6/27(土) 東京ヴェルディ 1-1 FC町田ゼルビア ヴァンフォーレ甲府 3-3 アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 0-0 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 4</span>-3 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 栃木SC ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 水戸ホーリーホック</span> ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> ファジアーノ岡山 2-2 レノファ山口FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 ギラヴァンツ北九州 2020.06.28 20:44 Sun
twitterfacebook
thumb

Jリーグが京都に100万円の罰金処分…プレマッチのC大阪戦で振られたサポーターの旗が問題に

Jリーグは8日、今年2月9日にサンガスタジアム by KYOCERAにおいて開催された、2020Jリーグプレシーズンマッチ 京都サンガF.C.vsセレッソ大阪でのサポーターの行動に対する懲罰を発表した。 問題となっていたのは、京都vsC大阪の一戦で、京都サポーターが、ホーム側ゴール裏スタンドで、人種差別主義を標ぼう・実践したナチスドイツの親衛隊が使用した、交差した骨の上にどくろが乗るデザインと酷似し、一般人に自然にナチスドイツを連想させ得るデザインを表示した旗を振っていたこと。この件に関して、村井満チェアマンは裁定委員会に諮問していた。 Jリーグによると、当該の京都サポーターは、2010年に本件旗と酷似した旗をその前年に振っていた者から譲り受け、2019年までほぼ全てのホームゲームで振っていたとのこと。その後、新スタジアムのオープンに合わせて本件旗を新調し(外見上大きな変更はない)、当該試合で振っていたとのことだ。 Jリーグは、「FIFA 及びJFA と連携しながら反人種差別の取組を進め、2017 年に本件と同種の事案が発生した際にも各クラブに注意喚起を図ってきたが、京都は、横断幕などについては試合会場において不適切なものがないか目視確認していたものの、個別に旗のデザインについてまでは目視確認しておらず、本件旗が長期間にわたりほぼすべてのホームゲームで振られるのを結果として看過した」としており、酌量の事実があることを発表した。 ①京都サポーターは本件旗のデザインの意味を理解せず、差別的意図を有しないままに本件旗を振っていた ②京都において、サポーターによる差別的行為は初めてであったが、本件事象が発覚した後、SNS 等で事態の重大さを速やかに把握し、実行者の特定に至った ③自クラブホームページで速やかに謝罪するとともに、今後のホームゲームで差別的思想を連想させる旗、横断幕等の持ち込み並びに掲出の禁止を発表しているほか、実行者に対し、厳重注意を行った ④2020年2月23日に開催された2020明治安田生命J2リーグ第1 節アウェイ山口戦において、スタッフが旗デザインのチェックを実施し、再発防止に向けすぐに具体的行動に着手した ⑤横断幕・旗デザインの事前承認制度を新設するとともに、スタジアム内の監視体制の整備やサポーターの理解促進、再発防止のための啓発に積極的に取り組んでいる 以上のことから、京都へは罰金100万円が科される事となる。 2020.06.08 12:00 Mon
twitterfacebook