ギグス「C・ロナウドも40歳までプレーできる」 「最高のプロフェッショナル」とも

2020.09.11 13:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が現役時代のマンチェスター・ユナイテッドでチームメイトだったユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにコメントした。イギリス『talkSPORT』が報じている。来年2月に36歳の誕生日を迎えるものの、いまだフットボール界の第一線を走り続け、クラブと代表をあわせたキャリアで通算700ゴール以上を誇るC・ロナウド。今月の代表ウィークに行われたUEFAネーションズリーグのスウェーデン代表戦で欧州初の代表100ゴール目を含む2得点を決め、自身の代表通算得点数も「101」に伸ばした。

ギグス氏は元イラン代表FWのアリ・ダエイ氏が持つ代表最多109ゴールの記録まであと8得点のところまで迫るC・ロナウドについて訊かれると、「40歳までプレーできる」と太鼓判を押した。

「クリスティアーノはあの記録を破ると思う。そのためにも、適切なクラブでプレーする必要がある。私自身、トップクラブで40歳までやった。彼も40歳までプレーできるだろう。彼は自分を大事にして、正しい食事、正しい休養を取り、試合に向けた生活ができている。一緒にプレーした選手のなかでも、最高のプロフェッショナルだ」

そう語ると、2003〜2009年までユナイテッドで共闘したC・ロナウドの若かれし頃を振り返り、努力の賜物だと賛辞を送った。

「私は彼が駆け出しの頃の一緒にやったが、あの当時から考えると、こんなにもゴールを量産する選手になるとは思ってもいなかった。彼には才能があり、周囲を興奮させるような素晴らしい選手だった。クリスティアーノは常に試合のなかで学び、私と同じように常に向上心を追い求めてもいた」

「彼はいつもジムに通って、自分がどれだけ良い選手になれるかを考え続けてもいた。ユナイテッドでシーズン40ゴールをマークして以降、彼が成し遂げていく数々は驚くべきものばかりだ。イングレディブルだ」
コメント
関連ニュース
thumb

今何が起こった!? セルジ・ロベルトが披露した思わず二度見したくなる回転アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバルセロナのスペイン代表MFセルジ・ロベルトが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆セルジ・ロベルトが決めた回転バックヒールアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJERUU1RTMxcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナのカンテラで育ち、生え抜きのMFとしてデビューしたセルジ・ロベルト。ここまでバルセロナで公式戦288試合に出場し、10ゴール34アシストを記録している。 中盤もサイドバックもこなすユーティリティ性を持つ選手として活躍するセルジ・ロベルトだが、2015年10月31日に行われた、ラ・リーガ第10節のヘタフェ戦では、技ありのアシストを決めている。 0-0で迎えた37分、FWネイマールがドリブルで左サイドを突破し、ボックス付近までボールを運ぶ。ネイマールがボックス内に低めのクロスを上げると、これをペナルティアーク内で受けたセルジ・ロベルトが回転しながら右足でヒールパス。技ありのパスは隣を走るFWルイス・スアレスの足元にドンピシャで入り、フリーでGKと1vs1となったスアレスが冷静にシュートを流し込み、見事な先制ゴールとなった。 このゴールで試合の主導権を握ったバルセロナ。後半にもネイマールのゴールで追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.10.20 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベの宝石、ディバラが決めた惚れ惚れするようなコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ディバラが決めた美しいカーリングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMNjYxVUlJNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くして母国のインスティトゥートからパレルモに引き抜かれたディバラは、同クラブでブレイク。2015年夏にユベントスへ移籍し、ステップアップを果たしている。 今ではエースとしてユベントスの背番号「10」を背負うディバラだが、2016年3月11日に行われた、セリエA第29節のサッスオーロ戦では、美しいゴールで勝利に貢献している。 0-0で迎えた36分、最終ラインからのボールをハーフウェイラインで受けたMFフアン・クアドラードがディバラとの鮮やかなワンツーを決め、右サイドを突破する。相手のプレッシャーをものともしないスピードを見せたクアドラードがそのままボックス右まで侵入すると、ボックスの手前に引いてフリーになっていたディバラにパスを送る。 ボールを足下に収めたディバラはコンパクトな振りからミドルシュートを放つと、左足から放たれたシュートは美しい弧を描き、GKのリーチを避けるように変化しながらゴール左上の完璧なコースに決まった。 ディバラの美しいゴールで先制したユベントス。これがこの試合唯一の得点となり、ユベントスが1-0で勝利している。 2020.10.20 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループG展望】レジェンドを新指揮官に迎えたバルサとユーベが本命

◆編集部予想 ◎本命:バルセロナ ○対抗:ユベントス △連下:ディナモ・キエフ ☆大穴:フェレンツヴァーロシュ 昨季のCLを不本意な形で敗退し、クラブのレジェンドを新指揮官に迎えたバルセロナとユベントスがグループGの突破候補だ。バルセロナはクーマン監督を、ユベントスはピルロ監督を迎え、心機一転のシーズンに臨んでいる。その2強に割って入る可能性があるのは、4シーズンぶりのCL本戦出場となるディナモ・キエフか。ハンガリー王者で本戦初出場のフェレンツヴァーロシュは厳しい戦いが予想される。 ◆荒療治が奏功か~バルセロナ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> バルセロナは昨季、優勝したバイエルンとベスト8で対戦した中、8失点を許す歴史的大敗を喫したことを受け、セティエン前監督を解任。クーマン新監督を迎えたチームはFWスアレス、MFラキティッチ、MFビダル、DFセメドら主力を戦力外とし、大胆な血の入れ替えを行った。直近のヘタフェ戦では惜敗したが、チームはソリッドさを増し、監督交代は吉と出ていると見て良さそうだ。移籍を志願したFWメッシもモチベーションを落とすことなくプレーしており、グループステージで苦戦するチーム状態ではないだろう。荒療治に出た賭けが今のところは成功しており、首位通過の本命とした。 ◆監督未経験もGS突破はノルマ~ユベントス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ベスト4と躍進したリヨンの前に昨季はベスト16で敗退となったユベントスは、スクデットを獲得したものの、サッリ前監督を1年で電撃解任とした。新指揮官に迎えたのは監督未経験のピルロと思い切った選考を行ったユベントスは、衰えを隠しきれなかったFWイグアインを戦力外とした中、FWキエーザやFWクルゼフスキといった粋の良い若手アタッカーに加え、4年ぶりの復帰となるFWモラタ獲得。FWロナウドとFWディバラ頼みだった昨季の攻撃に更なるバリエーションが加われば、グループステージ突破は自ずと見えてくるはずだ。 ◆ウクライナの雄は2強を脅かせるか~ディナモ・キエフ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 予選3回戦から勝ち上がり、プレーオフではヘントを倒して4季ぶりに本戦出場を果たしたディナモ・キエフ。ウクライナ王者であるシャフタールの前に影が薄くなっているウクライナの雄だが、主力はほぼウクライナ代表。さらに指揮官はシャフタールを強豪へと成長させた名将ルチェスク氏。実力に疑いの余地はないが、2強に割って入ることはできるか。 ◆本戦初出場のハンガリー王者~フェレンツヴァーロシュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 予選1回戦から勝ち上がり、2回戦でセルティックを、3回線でディナモ・ザグレブと、CLでもお馴染みのクラブを撃破したフェレンツヴァーロシュ。プレーオフではノルウェー王者のモルデを下して本戦初出場に辿り着いたハンガリー王者を率いるのはウクライナ代表FWとして活躍したレブロフ氏。戦力的に厳しいのは百も承知だが、ホームの試合では地の利を生かし、バルセロナとユベントスを大いに苦しめることを期待したい。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ新監督ピルロ、指揮官として初のCLへ 「我々は勝つために作られたチーム」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督がいよいよ開幕するチャンピオンズリーグ(CL)の初戦に向けて、意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 20日に敵地で行われるCLグループステージ第1節でディナモ・キエフと対戦するユベントス。ピルロ新監督にとって初のCLとなるが、「待ちきれない」と心待ちにすると、常勝軍団として勝利を求めた。 「監督としてCLで初の試合となるが、私は落ち着いていて、冷静だ。始まるのが待ちきれない。グループステージでは自信を持つためにも、初戦で勝つのが不可欠だ。我々は勝つために作られたチーム。ユベントスは常にそう。我々はすべてのコンペティションに挑戦して最後まで戦う。我々はまだ構築段階であり、練習をして、成長の時間が必要。そして、今週の練習を実行に移す必要がある」 また、「残念ながらクリスティアーノは出場できないが、クロトーネ戦でFWを務めた(アルバロ・)モラタなど、そのポジションでプレーできる他の選手がいる」と、FWクリスティアーノ・ロナウドの欠場を明言した一方で、今季のここまで未出場のFWパウロ・ディバラの起用に含みを持たせた。 「ディバラは王者であり、我々にとって重要で優れた選手。良い選手は自分で自らのポジションを見つけることができる。彼は明らかに攻撃的な選手で、できるだけゴール付近かライン間でプレーする必要がある」 「彼は継続的にトレーニングできていなかったからプレーさせていない。3カ月離脱していたけど、私はクロトーネ戦で数分間プレーさせようと思っていた。だが、10人になってしまったから起用できなかった。起用可能だから、明日どうなるか見ていこう」 2020.10.20 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

肩の手術を受けたデ・リフトが練習復帰、11月に実戦復帰か

ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが19日、部分練習に合流した。 デ・リフトは脱臼癖となっていた肩の手術をシーズン開幕前の8月に行い、戦列を離れていた。11月の復帰が報じられていた中、順調にコンディションを戻しているようで、ディナモ・キエフ戦招集外のメンバーたちと練習に参加したとのことだ。全体練習への合流も迫っているという。 自身のツイッターで「復帰が迫っている」と投稿したデ・リフトは、11月8日に行われるセリエA第7節ラツィオ戦での復帰が見込まれているようだ。 2020.10.20 07:00 Tue
twitterfacebook