元なでしこFW永里優季が男子チームに電撃加入!神奈川県2部のはやぶさイレブンで兄・源気と共闘

2020.09.10 09:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
神奈川県2部リーグのはやぶさイレブンは、元なでしこジャパンのFW永里優季(33)の加入を発表した。永里は、神奈川県厚木市出身で、日テレ・ベレーザ(現日テレ・東京ヴェルディベレーザ)で2001年から2009年までプレー。その後は海外クラブに所属し、ドイツのポツダムやイングランドのチェルシー、ヴォルフスブルク、1.FFCフランクフルトでプレー。2017年からナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシカゴ・レッドスターズに所属している。

日本でもなでしこリーグで6度優勝、ポツダム時代には女子チャンピオンズリーグを制するなど、輝かしい成績を残している永里は、なでしこジャパンでも活躍していた。

所属元のシカゴ・レッドスターズは、レンタル移籍で加入するとしている。

はやぶさイレブンは、永里の実兄である永里源気や元日本代表で浦和レッズなどで活躍した永井雄一郎、ベガルタ仙台に在籍するFWジャーメイン良を兄に持つジャーメインアレックス正などが所属している。
コメント
関連ニュース
thumb

フィンク監督退任の神戸、三浦淳寛SDが新監督就任

ヴィッセル神戸は24日、スポーツダイレクター(SD)を務めていた三浦淳寛氏(46)が新監督に就任することを発表した。 三浦は、現役時代は横浜フリューゲルスや横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、神戸、横浜FCでプレー。J1通算318試合出場45得点、J2通算109試合出場20得点を記録していた。 フリーキックの名手としても知られている三浦は、日本代表としても1999年から2005年までプレーし、25試合に出場し1ゴールを記録していた。 引退後は解説者などを務めていたが、2018年2月に神戸のスポーツダイレクターに就任。MFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャ、DFトーマス・フェルマーレンの獲得にも尽力していた。 神戸は21日付でトルステン・フィンク監督が退任。23日に行われたサガン鳥栖との一戦は、マルコス・ビベス氏が暫定で指揮を執っていた。 なお、ヘッドコーチには東京Vや神戸、ヴァンフォーレ甲府などでプレーし、2018年4月からアシスタントコーチ等止めていた林健太郎氏が就任。また、三浦氏の後任としてSDには元日本代表DFで、アカデミー部部長の平野孝氏が就任した。 平野氏は「2018年からアカデミーを中心にチーム強化に務めて参りました。これからはトップチームの強化にも尽力していきます。2018年から掲げる目標、目指すサッカーは変わらないです。目標達成のため、この2年半培ってきたサッカーで全力を尽くしていきたいです」とコメントしている。 2020.09.24 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京MF鈴木喜丈が水戸へ育成型期限付き移籍「全力で戦ってきます」

水戸ホーリーホックは23日、FC東京からMF鈴木喜丈(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年1月31日まで。背番号は「43」に決定している。 FC東京下部組織出身の鈴木は2017年にトップチーム昇格。U-23チームをメインに経験を積んでいたが、今シーズンはFC東京U-23が明治安田生命J3リーグへの参加を辞退していたことから、出場機会がない状況だった。 水戸への武者修行が決まった鈴木は両クラブを通じて、以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリホック 「水戸ホーリーホックのみなさま、鈴木喜丈です。自分自身初めての移籍となりますが、チームの勝利のために全力でプレーします!応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「この度水戸ホーリーホックに育成型期限付き移籍をすることになりました。ここまでずっと応援してくださったファン・サポーターの方々、また、今回の移籍を実現させてくださった両クラブ関係者の方々に感謝します」 「アカデミー時代も含めてここまで積み重ねてきたことをベースにチャレンジし水戸の地で全力で戦ってきます。そして帰ってきた時に成長した姿、プレーをみなさんの前で見せることができるように頑張ってきます」 2020.09.24 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

「家族の下に戻るという決断」 7戦白星なしの神戸、フィンク監督退任を電撃発表

ヴィッセル神戸は22日、トルステン・フィンク監督(52)の退任を発表した。フィンク監督自らの意向により、9月21日付けで退任に至ったという。 ドイツ人指導者のフィンク監督はバーゼルやハンブルガーSV、オーストリア・ウィーン、グラスホッパーなどを指揮した後、昨年6月から神戸を指揮。明治安田生命J1リーグこそ8位に終わったが、クラブ初タイトルとなる天皇杯制覇に導き、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)初出場にも寄与した。 今季は開幕を告げるFUJI XEROX SUPER CUPを制して迎えたが、ここまでリーグ戦4勝8分け7敗の12位。19日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節の名古屋グランパス戦も敗れ、今季初連敗となり、ここ7試合白星なしという状況だった。クラブサイトで次のようにコメントしている。 「神戸で素晴らしい時間を過ごせました。二つのタイトルという成功を収めることもできました。これは歴史に残ることですし、我々を永遠に結びつけるものです」 「この街、このチーム、そしてこのサポーターに別れを告げるのは簡単ではないですし、非常に寂しく思います。我々は一つになって大きな目標を達成することもできましたが、私は家族の下に戻るという決断をしました」 「まだリーグ戦でも良い結果を残せると思いますし、アジアチャンピオンズリーグという大きな大会もまだあるので、今後の幸運を祈ります。遠くからも見守るつもりですし、応援しています。このクラブの監督であったことを誇りに思います」 なお、神戸はヘッドコーチのセバスチャン・ハーン氏(44)、アシスタントコーチのモラス雅輝氏(41)、フィジカルコーチのニコラ・ヴィドヴィッチ氏(55)とも契約解除。23日に行われる次節、サガン鳥栖をホームに迎え撃つ。 2020.09.22 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸、前橋育英高校MF櫻井辰徳の来季加入内定を発表

ヴィッセル神戸は18日、前橋育英高校に在学するMF櫻井辰徳(18)の来季加入内定を発表した。 埼玉県出身の櫻井は身長178cm、体重68kgのMF。2019年にはU-17日本代表に選出されている。クラブはプレーの特徴を「判断が伴った技術力の高さがあり、左右両足から繰り出される精度の高い長短のパスでゲームの流れをコントロールするプレーメーカータイプのMF」と伝えている。 来季から神戸でプレーする櫻井は、クラブの公式サイトで以下のように意気込みを語っている。 「この度、前橋育英高校から加入することになりました櫻井辰徳です。日本を代表する選手、世界を代表する選手が多くいるヴィッセル神戸でプレーすれば多くのものを吸収することができ、それを自分のものにして成長に繋げて、サッカー選手としてさらに成長できると思いました。1年目から試合に出場して結果を残してヴィッセル神戸の力になれるよう頑張ります。よろしくお願いします」 2020.09.18 13:58 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府が金沢や栃木でプレーしたDFメンデスを獲得

ヴァンフォーレ甲府は17日、ブラジル人DFメンデス(25)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「40」となる。 メンデスはパウメイラスでプレーし、2015年9月からツエーゲン金沢で、2017年8月からは栃木SCでプレーしていた。 明治安田生命J2リーグでは通算16試合で2得点、J3リーグで11試合に出場。2020年1月に栃木を退団していた。 17日からトレーニングに合流しているメンデスは、クラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府の一員となり、とても嬉しく思います。チームの戦力になり、最大の目標であるJ1昇格を目指し、一生懸命努力しますので、応援よろしくお願いします。共に頑張りましょう」 2020.09.17 12:05 Thu
twitterfacebook