シェフィールド・ユナイテッドがWBAのスコットランド代表FWバークを完全移籍で獲得

2020.09.09 22:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シェフィールド・ユナイテッドは9日、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)のスコットランド代表FWオリヴァー・バーク(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は非公開とのこと。契約期間は2023年6月30日までの3年契約とのことだ。

バークはノッティンガム・フォレストの下部組織出身で、2014年9月にファーストチームへ昇格。ブラッドフォードへのレンタル移籍を経て、2016年8月にRBライプツィヒへと完全移籍。2017年8月にWBAへ完全移籍していた。

WBA加入後はセルティック、アラベスとレンタル移籍を経験。2019-20シーズンはアラベスでラ・リーガ31試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。

プレミアリーグでも15試合の出場経験があるバークは、スコットランド代表としても13試合に出場し1ゴールを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

アルテタ監督が噂されるノルウェー代表MFの獲得を否定「興味を示していない」、ウィルシャー復帰も一蹴

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、獲得が噂されるシェフィールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(21)について言及した。イギリス『メトロ』が伝えた。 今夏の移籍市場でガーナ代表MFトーマス・パルティやU-23ブラジル代表DFガブリエウを獲得するなど積極補強を敢行したアーセナル。ヨーロッパリーグ(EL)では決勝トーナメント進出を決めた一方でプレミアリーグでは4勝1分4敗と苦戦が続いている。 この状況に来年1月の移籍市場で中盤強化を目論んでいるとも報じられており、その候補として、シェフィールドのベルゲが浮上。 その理由として2017年にヘンクで共闘したアシスタントコーチのアルベルト・スタイフェンベルク氏がベルゲを高く評価しているからだとされている。 この現状についてアルテタ監督は噂が浮上した理由に理解を示したものの、獲得の噂について「ない」と一蹴した。 「おそらくリンクした理由について、アルベルトが彼を本当によく知っているからだと思う」 「アルベルトが彼のことを好きな選手としているが、我々はその選手に興味を示していない。彼はシェフィールド・ユナイテッドの選手であり、我々は何もしていない」 また、10月にウェストハム退団以降、フリーの状態が続く元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(28)についても言及。アーセナル復帰の可能性も取り沙汰されているが、こちらも獲得の噂を否定している。 「その状況を調査していない。ジャックについて私から話せるのは過去に選手として、チームメイトとして、人として、本当に高く評価しているということだ」 「残念ながら現時点でそれはないと思う。我々は自分たちが保有している選手に焦点を合わせていて、できる限りのことをしようとしている」 2020.11.27 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

未勝利続くワイルダー監督、解任恐れず!

未だ無勝利が続くシェフィールド・ユナイテッドだが、クリス・ワイルダー監督に解任の恐れはないようだ。 2016年に当時3部に所属していたシェフィールド・Uの指揮官に就任したワイルダー監督は、そのシーズンにリーグ・ワン優勝に導き、2018-19シーズンにはチャンピオンシップ昇格2年目にして、2位でプレミアリーグ昇格を果たした、クラブにとってはすでに伝説的名将だ。 昨季もクラブとしては13シーズンぶり、ワイルダー監督としては初のプレミアリーグで9位という上々の成績を残すなど大躍進のシーズンとなったが、今季は9試合を消化した時点で未勝利と一転して大不振に。昨季から数えるとリーグ戦12試合未勝利という体たらくぶりだ。 確実に解任レースでトップに近いところにいるワイルダー監督には、22日に行われたウェストハム戦(0-1で敗北)後の会見で、当然のように記者から解任に関する質問が及んだが、これまで20年のキャリアのうち、一度も解任されたことがないことを自負し、その恐れは全くないことを強調した。 「他人のキャリアを適当に話すのは勝手にすればいい。私は歓迎だよ」 「(監督を始めて)20年間、一度も解任されたことなどない。もし気づいていないのなら言おう、私は恐れていない」 「注意は必要だ。思い上がった態度をとって、私が思っているようなアンタッチャブルな人間に見られたくないからね」 「だが、この4年の成果を考えると、その質問はするべきではないと思う」 2020.11.23 20:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ランパード監督、ブレイズ戦を「完璧な試合」と称賛! 2Aのツィエクにも言及

チェルシーのフランク・ランパード監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦を「完璧な試合だった」と振り返っている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 7日に行われたプレミアリーグ第8節でブレイズことシェフィールド・ユナイテッドと対戦したチェルシー。公式戦5試合連続でクリーンシート継続中だったが、開始9分にCKから失点してしまう。 しかし23分にFWタミー・エイブラハムのゴールで反撃の狼煙を上げると、34分にDFベン・チルウェルが逆転弾。77分にはDFチアゴ・シウバの移籍後初ゴールが生まれ、80分のFWティモ・ヴェルナーのリーグ戦4ゴール目で勝負あり。 試合後、1点ビハインドからの大量4得点に加え、8割近いポゼッションを記録したチームを「今シーズンで最高のパフォーマンスだった」と指揮官は絶賛。一方で冷静な姿勢も見せている。 「シェフィールド・ユナイテッドは本当に手強いチームで、この試合でも凄まじい勢いを見せた。特に序盤戦はね。我々は上手く対処することができず、失点ももちろん残念だったよ。だが、重要なのはその後のリアクションだ。今日のそれは全くもって正しいものだった」 「我々は良い位置にいる。だが、近年のマンチェスター・シティやリバプールのレベルに達するには、今日のような試合を繰り返さなければならない。それは埋めなければならないギャップだ」 「これで大きく飛躍できるとは思っていないが、とはいえ今回見えた良い兆しにはとても満足しているよ」 ランパード監督はまた、出色の活躍を披露したMFハキム・ツィエクにも言及。先発出場した同選手は、正確なロングフィードでエイブラハムの同点ゴールの起点となると、さらにチルウェルとチアゴ・シウバのゴールをアシスト。リーグ戦では直近2試合で1ゴール3アシストの活躍で、日に日に存在感を強めている。 「彼はトップクラスのプレイヤーだ。そのような選手とプレーすれば、彼らはその個性とクオリティを遺憾無く示してくれる。彼はオランダリーグ終了から長い間プレーしておらず、それにケガもしていた。だから彼らしい形で試合に入れたのは我々にとって大きなプラスだった」 「彼のおかげで、我々はよりエッジの効いた攻撃をすることができたし、さらなる脅威を与えてくれた。右サイドから左足を使った攻撃スタイルは我々にはなかったものだ。彼はラストパスやクロスでアシストしたり、低い守備ブロックを崩す能力を持った選手だ。今日それを目の当たりにしたね。彼はラストパスを失敗しようと、それにトライすることを恐れていない。ゲームをひっくり返すようなパスを供給し続けたいと思っているからだ」 「彼からはボールを要求し、重要な選手になろうとする自信がひしひしと伝わってくる。また、素晴らしい労働倫理を持つ完璧な選手だ。すでに大きな戦力となっているが、私はもっと多くを期待しているよ」 2020.11.08 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーが今季初のリーグ連勝! メンディ牙城破られるもT・シウバの初弾など4発圧勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第8節、チェルシーvsシェフィールド・ユナイテッドが7日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが4-1で勝利した。 開幕序盤は課題の守備の問題により、取りこぼしが目立った7位のチェルシーだが、新守護神メンディ、ズマとチアゴ・シウバのセンターバックコンビを中心とする守備の整備が進み、目下公式戦5試合連続クリーンシートと攻守の安定感が際立つ。 攻撃面に関してはPKやカウンターと守備重視路線の影響により、やや迫力を欠いているが、公式戦3試合連続で3点以上を奪っている。無失点継続と今季初のリーグ連勝を目指す今季未勝利の19位相手のホームゲームでは、3-0で勝利したチャンピオンズリーグ(CL)のスタッド・レンヌ戦からジョルジーニョに代えてコバチッチを起用した以外、同じメンバーを起用した。 ツィエク、エイブラハム、ヴェルナーを3トップに配した[4-3-3]を継続したチェルシーは、開始4分にいきなり決定機を創出。右に流れたエイブラハムのグラウンダークロスがファーに流れると、これをチルウェルが左足でダイレクトシュート。だが、ここはニアを消したGKラムズデールの好守に遭う。 連戦の重さを感じさせない上々の入りを見せたチェルシーだったが、相手のファーストチャンスでゴールを割られる。 ブレイズは9分、右CKの場面でショートコーナーからバルドックがボックス右付近からマイナスのグラウンダークロスを入れ、ペナルティアーク付近のベルゲが右足でダイレクトシュート。これをゴール前のマクゴールドリックが右足のヒールでコースを変える技ありのフィニッシュで流し込んだ。 デビュー4戦目にしてGKメンディがプレミアリーグ初失点を喫し、公式戦6試合ぶりの失点となったチェルシーだが、これに動揺することなく反撃に転じていく。13分にボックス内で仕掛けたエイブラハムのシュートは力なくGKにキャッチされるが、前半半ばに同点に追いつく。 23分、右サイドに張ったツィエクの浮き球のパスに反応したコバチッチがボックス右でマイナスに落とすと、中央のエイブラハムが右足ボレーで合わせる。やや当たり損ねとなったものの、良い形でバウンドしたボールがDFとGKをかいくぐる形でゴール左隅へ決まった。 畳みかけるホームチームは31分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのツィエクがゴール前のスペースに嫌らしいボールを落とすと、GKラムズデールが弾いたボールをゴール右のヴェルナーが押し込みにかかるが、これは惜しくもクロスバーを叩く。しかし、直後の34分には右CKのショートコーナーから再びツィエクが先ほどと同じような嫌らしいボールを入れると、ファーでDFを振り切ったチルウェルが何とか右ももに当てて押し込み、前半のうちに逆転に成功した。 その後、余裕を持ってボールを動かしながらきっちりゲームをコントロールしたチェルシーは、セットプレーの二次攻撃からチルウェルに訪れた決定機は相手GKの好守に阻まれたものの、良い形で試合を折り返した。 後半も先に決定機を作ったのはホームのチェルシー。47分、味方のフィードに反応したコバチッチがDFスティーブンスの短くなったバックパスを奪ってボックス内に侵入するが、ここはフィニッシュまで時間がかかってしまい、DFの決死のクリアに遭う。 1点差を守り抜くよりも、積極的に3点目を狙いに行くチェルシーは、70%を優に超えるボールポゼッションでブレイズを自陣に押し込む。だが、ボックス内で粘りを見せる相手の守備をあと一歩でこじ開けられない。 その後、71分に負傷したコバチッチに代わってジョルジーニョを最初の交代カードとして投入した中、ブレイズのゴールをこじ開けたのは、またしてもモロッコの魔術師の左足だった。77分、相手陣内右サイド深くで得たFKの場面でキッカーのツィエクが左足インスウィングの鋭いボールを入れると、ニアに飛び込んだチアゴ・シウバが頭でフリックすると、これがゴール左隅に決まった。 チアゴ・シウバの移籍後初ゴールでようやくブレイズを突き放したチェルシーは直後の80分にもカンテの高い位置でのプレッシャーから相手の不用意なバックパスを誘発すると、直前に絶好機を逸していたヴェルナーが今度は冷静にシュートを突き刺し、公式戦4試合連続ゴールとした。 その後、危なげなく試合をクローズしたチェルシーは6戦連続クリーンシートこそ逃したものの、下位相手に4-1の快勝を収め今季のリーグ戦初の連勝を飾った。 2020.11.08 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

決勝ゴールのウォーカー、古巣に敬意 「僕がゴールセレブレーションをしようものなら…」

マンチェスター・シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーが古巣に最大の敬意を払った。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは10月31日に敵地で行われたプレミアリーグ第7節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦して、1-0の勝利。2試合ぶりの白星で4試合負けなしを継続した。 古巣戦のウォーカーはこの試合に右サイドバックでフル出場。28分に低弾道の右足シュートをゴール左下を突き刺して、決勝ゴールをマークする活躍を披露した。 古巣相手に鮮烈な恩返し弾を見舞ったものの、ゴールセレブレーションをせず、リスペクトの姿勢を示したウォーカー。試合後、その理由をこう説明している。 「僕の母や父は今もここで生活している。僕がゴールセレブレーションをしようものなら、かなりの批判を浴びただろうね! それに、僕はシェフィールド・ユナイテッドのファン。ゴールセレブレーションは無理だ」 また、ウォーカーはこの試合でシティ加入後節目のプレミアリーグ100試合出場を達成。素直に喜びつつ、チームのパフォーマンスに手応えを口にした。 「自分のフットボールを楽しめているよ。僕らは守りに入ることなんてしない。あと3、4点はほしかったところだが、クリーンシートも素晴らしいことだ。特に、ルベン・ディアスが加わってから、守りも良くなったね。今は誰がプレーしても、最高のパフォーマンスを出せている」 2020.11.01 10:20 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly