ネヴィル氏、フォーデン&グリーンウッドの愚行に「ある程度の寛容を」

2020.09.09 16:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
愚行を犯してイングランド代表から追放されたマンチェスター・シティMFフィル・フォーデンと、マンチェスター・ユナイテッドFWメイソン・グリーンウッドについて、元イングランド代表DFのギャリー・ネヴィル氏が見解を示している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。5日に行われたUEFAネーションズリーグのアイスランド代表とのアウェイゲームでA代表デビューを果たしたフォーデンとグリーンウッドだが、宿泊先のホテルに2人の女性を連れ込む、愚行を犯したことが発覚。イングランドサッカー協会(FA)が定める代表活動中の行動規則、新型コロナウイルスのプロトコルのいずれも違反しており、母国に送り返される事態となった。

この愚行に厳しい意見が飛び交うなか、ネヴィル氏は2人の若者に対してある程度の寛容を呼び掛けている。

「今この瞬間、彼らが酷い思いをしていることは確かだ。今は愛情が必要だ。彼らはまだ若く、ロボットでもない。18から20歳そこらだった頃は誰もが同じような経験はしたことがあるだろう。もしくは友人がそうだったとかね」

「彼らは大きな過ちを犯した。後悔しているだろうし、その代償を払うことになる。しかし、彼らは2人の才能ある若者だ。ギリギリのところで、アドレナリンを出し、刺激を受けて生きている。彼らの人生は速いのだ。我々はそれを様々なところで認識することができる。彼らを非難し、間違っていると罵ることもできる」

「だが、寛容さも必要だ。彼らは国を代表する選手。申し訳ないという気持ちは人一倍強いと思う。チームメイトがピッチへ出ていく中で、自分たちだけが力になれないことを思い知ってさらに落ち込むかもしれない。世界が目の前に落ちてきているように感じるかもしれない。しかしそんなことはない。私もあなた方も同じような状況は何度も見てきたはずだ」

「おそらく6カ月後にはそれほど話題にもなってないだろう。6年後には誰も今回のことを覚えてすらいないと思う。クラブは彼らをサポートするだろうし、ドレッシングルームでチームメイトにからかわれ、自分たちが悪いことをしたと自覚しながらも笑い話にするだろう。そして監督はそんな彼らをしつけるのだ。親もハッピーではないかもしれないね」

「彼らはまだ幼い子供で誰でも間違いを犯すものだ。その間違いを背負って生きていかなければならないが、20年後、彼らのプレーが記憶に残ることは間違いない」
コメント
関連ニュース
thumb

不運続くマグワイアにスールシャールは期待「フィットすることを願う」

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、イングランド代表DFハリー・マグワイアの立ち直りに期待している。イギリス『BBC』が伝えた。 今季開幕前の束の間の休暇にギリシャで暴行などの容疑で逮捕されていたマグワイア。即刻控訴しているが、3年の執行猶予付き21カ月の禁固刑という判決が下されており、9月の代表メンバーから外されていた。 それでも、今回は招集され挽回を目指したが、14日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2第4節のデンマーク代表戦で戦犯扱いに。31分に2枚目の警告を受けて退場処分となり、直後の36分の被弾によって0-1で敗戦した。 主将を務めるユナイテッドでも、プレミアリーグ開幕3試合で11失点と守備が崩壊。特に第4節のトッテナム戦では、味方の退場というアクシデントこそあったものの、マグワイアのパフォーマンスは低調に終わりチームも大量6失点を喫していた。 私生活、クラブ、そして代表と不運が続いているマグワイアだが、スールシャール監督はそれほど心配していないようだ。帰国後の様子からも再び這い上がると信頼を口にした。 「ハリーは素晴らしい立ち直る力を持っている。彼がすぐに気を取り直してくれることを知っている」 「彼がプレーしたいことは理解している。批判されている2~3試合を抜け出したいと思っているだけだ」 「彼はこうなる前、不運にも逮捕された。だから、私は彼がフィットすることを願っている。昨日彼を見たし、今日も彼をテストしたい」 「ハリー(・マグワイア)がFIFAランク1位のベルギー代表を負かしたイングランドの一員であるのは、ごく普通のことだ。退場になった時には見出しになる。それは、ただのフットボールだ」 「とても多くの浮き沈みがあるため、個人としてもグループとしても対処する必要がある」 2020.10.16 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

逮捕、失点増、代表戦では30分で退場…悩めるマグワイアをイングランド代表監督が擁護

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが苦しんでいる。 イングランド代表は14日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2第4節でデンマーク代表と対戦したものの、0-1で敗れた。 マグワイアはセンターバックとして先発出場を果たしたものの、開始早々の5分にイエローカードを1枚貰うと、31分には危険な足裏タックルを相手FWカスパー・ドルベリに見舞い、この試合2枚目のイエローカードで退場処分となってしまっていた。 8月にバカンスで訪れていたギリシャのミコノス島で騒動に巻き込まれた際に地元警察官に対して暴力を振るい、その後金銭によって警察官を買収し、騒動をなかったことにしようとした罪に問われていたマグワイア。 マグワイアは即刻控訴しているが、3年の執行猶予付き21カ月の禁固刑という判決が下されたこともあり、9月のイングランド代表のメンバーからは外されていた。 さらに、主将を務めるユナイテッドでも、プレミアリーグ開幕3試合で11失点と守備が崩壊。特に第4節のトッテナム戦では、味方の退場というアクシデントこそあったものの、マグワイアのパフォーマンスは低調に終わり、チームも大量6失点を喫していた。 私生活、クラブ、そして代表でも苦しんでいるマグワイアだが、イングランド代表のガレス・サウスゲート監督は擁護する姿勢を見せた。イギリス『talkSPORT』が伝えている。 「彼は多くのことがうまくいかない時期を経験している。彼を良く知っている人たちから多くのコメントを受け取っている」 「だが、彼は強いし、この期間は難しいものになっている。人生はいつもスムーズに進むとは限らない。彼はそれを乗り越え、より良い選手になり、より強くなるだろう」 デンマーク代表戦での退場シーンからも、自信を失っている様子が見えたマグワイア。イングランド代表、そしてユナイテッドの今後を大きく左右する存在だけに、調子を取り戻してもらいたいところだ。 <div id="cws_ad">◆マグワイアの退場シーン レッドカードを掲示されて茫然自失<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="in" dir="ltr">Pelanggaran Harry Maguire terhadap Kasper Dolberg yang membuatnya meninggalkan pertandinggan lebih dini.<br><br>Live match on Mola TV!<a href="https://t.co/prSn8VX5xs">https://t.co/prSn8VX5xs</a><a href="https://twitter.com/hashtag/UNLdiMolaTV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UNLdiMolaTV</a> <a href="https://t.co/48NFwF66sa">pic.twitter.com/48NFwF66sa</a></p>&mdash; SuperSoccer TV (@my_supersoccer) <a href="https://twitter.com/my_supersoccer/status/1316475746202705920?ref_src=twsrc%5Etfw">October 14, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.15 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

退場&PKで初黒星のインググランド代表、サウスゲイト監督が悔やむ「退場とPKが全てを変えた」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、デンマーク代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 イングランドは、14日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2第4節でデンマークと対戦。エリクセンのPKで0-1と破れ今大会初黒星。首位の座をベルギー代表に明け渡してしまった。 試合後、サウスゲイト監督がコメント。チームのパフォーマンスを高く評価しながらも、退場とPKの判定が試合を大きく変えたと悔やんだ。 「チームのパフォーマンスを誇りに思う。我々は11人の優れた選手がおり、右サイドでは彼らに対して多くの問題を起こしたと思う。ただ、退場とPKが全てを変えてしまった」 「我々は立ち直る力を示し、実際に10人でプレーする方法と、いつ押し出して行くかの優れた例を示せた。彼らのGKは1-0の状態を守るため、驚くべきセーブをした」 「この10日間、私は選手を誇りに思うことができなかった。ただ、彼らは学び、改善している。準備の際にいくつもの変更を行い、盛り返す力を示した」 イングランドは、センターバックで出場していたDFハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)が31分に2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。その直後の34分にPKがデンマークに与えられ、破れていた。 サウスゲイト監督は、パフォーマンスが良い中での退場が流れを大きく変えたと苛立った。 「最も苛立たしいのは、我々がとてもよくプレーし、ボールを上手く扱い、攻撃を上手く続けていたことだ。ただ、それはサッカーだ。一瞬がゲームの流れを変え、試合がどのレベルでも10人になると余裕はない」 また、試合終盤にはリース・ジェームズ(チェルシー)が一発退場処分となっていたが、退場を悔やみながらもパフォーマンスは高く評価した。 「最後の退場は、異議を唱えたと聞いている。彼は受け入れられないことを認識しなければならない。ボールの有無に関わらず、彼の個人的なパフォーマンスは素晴らしいと思った。開始30分、メイソン(・マウント)と彼のコンビネーション、そして右サイドのミッドフィルダーは素晴らしかった」 2020.10.15 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

エリクセンのPK弾で10人のイングランドを下したデンマークが2連勝!イングランドは首位陥落…《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2第4節のイングランド代表vsデンマーク代表が14日に行われ、0-1でデンマークが勝利した。 3日前に行われたベルギー代表戦で逆転勝利を飾りグループ首位に浮上したイングランドは、その試合から先発を5人変更。キャルバート=ルーウィンやヘンダーソン、トリッピアーらに代えてケインやフィリップス、コーディーらを先発で起用。最前線にケインを据えた[3-4-2-1]を採用。2シャドーにはラッシュフォードとマウントが起用された。 一方、前節のアイスランド代表戦で完勝し今大会初勝利を飾ったデンマークは、アイルランド戦と同じ先発メンバーを起用。3トップは右からY・ポウルセン、ドルベリ、ブラースヴァイトを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 一進一退の立ち上がりとなる中、最初のチャンスはデンマークに生まれる。9分、エリクセンが右CKからグラウンダーのボールを入れると、走り込んだドルベリが右足ダイレクトで合わせたが、シュートは右サイドネットに外れた。 デンマーク守備陣に手を焼き、なかなか決定機まで持ち込むことができないイングランドは31分にアクシデント。マグワイアが危険な足裏タックルをドルベリに見舞い、この試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的優位となったデンマークは34分、ボックス内で浮き球を競り合ったデラネイがウォーカーに倒されPKを獲得。このPKをエリクセンが真ん中に突き刺し、デンマークが先制成功した。 3バックの一角を失ったイングランドは、36分にメイトランド=ナイルズを下げてミングスを投入。一方のデンマークも37分、マグワイアのタックルで負傷したドルベリを下げてシストをピッチに送り出した。 迎えた後半、リードするデンマークはA・クリステンセンとスコフを下げてマティアス・ヨルゲンセンとメーレを投入。イングランドは選手交代なしで[4-4-1]の布陣で後半に臨んだ。 立ち上がりから膠着状態が続く中、先にチャンスを迎えたのはイングランド。66分、左CKをファーサイドのライスが頭で折り返すと、最後はゴール前のマウントがヘディングシュートで狙ったが、これはGKシュマイケルの好セーブに阻まれた。 同点のチャンスを逃したイングランドは、68分にラッシュフォードとマウントを下げてキャルバート=ルーウィンとサンチョを、76分にライスを下げてヘンダーソンを投入。すると78分、ボックス左手前で獲得したFKをR・ジェームズが直接狙ったが、これもGKシュマイケルが弾き枠の上に外れた。 イングランドは後半アディショナルタイムにも、ボックス左で粘ったケインのクロスをファーサイドのコーディが頭で合わせたが、このシュートはゴール手前でケアーのブロックに阻まれ、万事休す。 結局、エリクセンのPK弾で10人のイングランド下したデンマークが2連勝を飾った。一方、今大会初黒星を喫したイングランドは首位陥落となった。 2020.10.15 05:55 Thu
twitterfacebook
thumb

来月のENG対NZの親善試合がキャンセルに…ニュージーランド側が辞退

来月にニュージランド代表との親善試合が控えていたイングランド代表だが、立ち消えとなったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 イングランドは来月、UEFAネーションズリーグ2020-21の第4節デンマーク戦および第5節ベルギー戦が予定されている中で、その中日の12日にニュージーランドとの親善試合が組まれていた。 史上3度目の対戦が期待されていたが、情報によると、新型コロナウイルス感染や帰国制限等を懸念したニュージーランド側が、ウェンブリー・スタジアムで開催予定だった親善試合を辞退したようだ。 ニュージランドは、今回のコロナ感染拡大の影響で3月のバーレーン戦とオマーン戦の親善試合が中止を強いられており、2020年に入って国際試合を行えていない。同国サッカー協会(NZF)の最高経営責任者を務めるアンドリュー・プラグネル氏は、今回の辞退をこのように説明している。 「(親善試合を)軽視しているわけではない。我々も皆望んでいた。しかし、チームの大半の選手が検疫や帰国制限の対象になってしまう。それは国内リーグを大きく混乱させ、彼らのプロとしてのキャリアのリスクにもなり得てしまう」 「コロナ禍では、渡航制限や利用可能な民間航空便が変化しているため、この日にウェンブリー行きのチームを組み立てることができるかどうかの確信が持てなかった」 2020.10.14 18:30 Wed
twitterfacebook