“離脱→合流→離脱”とコロナに翻弄されたアダマ・トラオレが前を向く「神が許せば、また会える」

2020.09.06 11:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表を離脱したウォルバーハンプトンのFWアダマ・トラオレが心境を明かした。バルセロナの下部組織出身で、現在はウォルバーハンプトンでプレーするアダマ・トラオレ。強靭な肉体と爆発的なスピードでプレミアリーグでも多くのクラブの脅威となり、今回のUEFAネーションズリーグに向けたスペイン代表に招集されていた。

デビューが期待されていたものの、スペイン代表合流前にイングランドで受けたPCR検査の結果、陽性が確認。そのため、ドイツ代表との試合に向けたスペイン代表チームへの合流を辞退していた。

しかし、再検査を受けたアダマ・トラオレは無事に陰性であることが確認。そのため、6日に行われるウクライナ代表との試合に向けマドリッドへ飛び、スペイン代表に合流することが決定していた。

一度は辞退を余儀なくされたアダマ・トラオレだったが、無事に合流が認められたものの、試合に向けたPCR検査でUEFAのプロトコルに抵触。感染リスクがないものの、IgG抗体(既に感染した人の血液中にみられる免疫物質)があり、スタジアムへの訪問が推奨されないため、代表を離脱することとなってしまった。

新型コロナウイルス(COVID-19)に翻弄され、2度もチームを離れる決断をせざるを得なくなったアダマ・トラオレは自身のツイッターで心境を明かし、再び代表に招集されるために頑張ると前を向いた。

「残念ながら、完全に健康な状態にあり、抗体を持っていて、仲間に感染するリスクがないにも関わらず、PCR検査の最後の結果を受け取った後、僕は明日(6日)プレーすることができない」

「監督、ドクター、そしてチームを支える全ての人が、最後まで僕に見せてくれたサポートと信頼に感謝します」

「僕はハードワークします。神が許せば、また会えるでしょう」
コメント
関連ニュース
thumb

代表でも変わらぬ活躍ぶり!ラウールが決めた技ありヘディング弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏が決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ラウールが代表で見せた技ありのヘディング弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCcFB4RFcxciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーで生え抜きのエースストライカーとしてクラブの象徴的な存在に上り詰めたラウール氏。マドリディスタからも絶対的人気を誇った誰もが認めるレジェンドだ。 スペイン代表としても1996年に19歳でデビューして以来、長らくエースとして活躍したが、2005年9月7日に行われたワールドカップ(W杯)欧州予選のセルビア・モンテネグロ戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた19分、スペインがコーナーキックのチャンスを得る。右サイドからのコーナーのキッカーを務めたMFチャビ・エルナンデスが低めの弾道でクロスを上げると、これにニアサイドでラウールが頭で合わせる。ゴールから離れる方向に動きながら放った技ありのヘディングはニアポストを破り、見事な先制ゴールとなった。 ラウールの勝負強さから先制点をもぎ取ったスペインだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.10.14 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

2試合連続ノーゴールのスペインに「フィニッシャーがいない」…ロドリが嘆く

マンチェスター・シティに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが現代表でのストライカー不在を嘆いた。スペイン『マルカ』が伝えている。 スペインは13日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4第4節でウクライナ代表と対戦。圧倒的に攻め込む展開のなか、合計21本のシュートを浴びせたが、被シュート1本で失点して0-1の敗北を喫した。 7日に行われたポルトガル代表との親善試合(0-0で引き分け)に続いて不発に終わった攻撃陣は公式戦でも4年ぶりの無得点試合を演じてしまう結果に。ロドリは試合後、スペイン『TVE』で敗北を嘆くとともに、決定力不足を悔やんだ。 「難しい相手だとわかっていたけど、負けるとは思わなかったというのが本音。少しゆっくりとした入りだったけど、支配してチャンスを作り続けた。動きが足りなかったよ。この試合から学習しないと。もっとチャンスを効率的に生かしていかないとダメだ」 また、ウクライナの勝利について、スペインの攻撃が不十分だったと述べ、改善の余地を指摘した。 「最終的にボールがゴールに入らないといけない。だから、(ウクライナが)勝ったんだ。(スペインは)ラストパスの精彩を欠いていたし、クロスがほとんど上げられず、フィニッシャーもいなかった。でも、ポジティブな考えをすると、まだ(リーグA・グループ4で)首位に立っていて、成長しているということだ」 2020.10.14 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・ヘアがウクライナ戦で失点に絡むミス…代表&ユナイテッドファンから辛辣な反応

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアがウクライナ代表戦での痛恨のミスによって批判を浴びている。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 現在、スペイン代表に招集中のデ・ヘアは、13日に行われたウクライナとのUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4第4節でフル出場も、チームは0-1で敗戦した。 この一戦ではスペインが70%を超えるボール支配率、シュート21本(枠内8本)と圧倒的に主導権を握りながらも、相手の堅守をこじ開けることができず。逆に、ウクライナの放った唯一の枠内シュート(シュートは2本)を決められてしまい、格下相手に屈辱の敗戦となった。 また、唯一の失点となったウクライナのゴールシーンではデ・ヘアの中途半端な対応が失点の要因のひとつに挙がっており、国内外で批判の対象となっている。 76分のウクライナのゴールは、ハーフウェイライン付近でボールを受けたFWアンドリー・ヤルモレンコの斜めのスルーパスに抜け出したMFビクトル・ツィガンコフが、そのままボックス手前まで運んで右足のミドルシュートを突き刺す形だった。 ヤルモレンコの絶妙なパス、ツィガンコフの質の高いファーストタッチ、ドリブルのコース取り、正確なシュートと多くの要素を含んだファインゴールと言えるが、その一方で問題視されているのが、デ・ヘアのポジショニングだ。 デ・ヘアはヤルモレンコからパスが出たタイミングで自ら飛び出してクリアが可能だと考えていたのか、エリア外に大きく飛び出していた。しかし、ボールの勢い、ツィガンコフのスピードを見誤ったことに気が付いた同選手は相手を見ながら後退の動きを見せたが、自身の後ろに広がった広大なシュートコースをカバーすることはできず、難なくミドルシュートを決められた。 当該場面ではツィガンコフの抜け出しに対して、DFヘスス・ナバスがやや遅れながらも付いてきており、両者のランニングコース、距離感を見れば、デ・ヘアが極端にエリア外に飛び出していなければ、シュートは打たれても防げる可能性は十分にあったと考えられる。 そのため、母国スペインではスペイン代表では安定したパフォーマンスを続けるチェルシーGKケパ・アリサバラガ、アスレティック・ビルバオGKウナイ・シモンらに正GKを変更すべきとの厳しい意見が噴出。 さらに、ここ最近のデ・ヘアのパフォーマンスに不満を示すユナイテッドファンからも、イングランド代表GKディーン・ヘンダーソンとの交代を望む声が上がっている。 なお、ラ・ロハを率いるルイス・エンリケ監督は、試合後のインタビューで「デ・ヘアを批難するのは良くない。各試合の失点はチーム全体に責任がある」と、擁護している。 <div id="cws_ad">◆ポジショニングミスを指摘される…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="uk" dir="ltr">! <a href="https://t.co/4DlgRsFehW">pic.twitter.com/4DlgRsFehW</a></p>&mdash; (@sternenko) <a href="https://twitter.com/sternenko/status/1316118673099288578?ref_src=twsrc%5Etfw">October 13, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.14 15:49 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、2年ぶりの敗戦、公式戦無得点は4年ぶり

スペイン代表にとって由々しき事態が起こっている。 13日、スペイン代表はUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4第4節でウクライナ代表と対戦。1-0でウクライナに敗れた。 この試合でも圧倒的に攻め込んだスペインは、ロドリゴ・モレノ(リーズ・ユナイテッド)が2度の決定機を作るなど、合計21本のシュートを浴びせるも、ウクライナ代表GKヘオリー・ブスチャンの前にゴールを奪えず。一方のウクライナ代表は、シュート1本で1ゴールを記録し勝利していた。 スペイン代表が敗れたのは、2018年11月15日のUEFAネーションズリーグ2018-19のクロアチア代表戦以来2年ぶりの出来事。久々の敗戦となった。 また、7日に行われたフレンドリーマッチのポルトガル代表戦に続いて、2試合連続でノーゴールとなったが、最後に無得点を記録したのは2016年のユーロ2016・ラウンド 16のイタリア代表戦で、当時は2-0で敗れていた。 スペイン代表は過去42試合で121ゴールを記録し、1試合平均2.9ゴールを記録していたが、選手の入れ替えなどもありながら、久々に苦しい時期を過ごしているようだ。 2020.10.14 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

圧倒的支配もウクライナ代表に敗戦 エンリケ監督「パニックモードに入ってしまった」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督がウクライナ代表戦を振り返り、悔しさを露わにした。スペイン『マルカ』が伝えている。 スペイン代表は13日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4第でウクライナ代表と対戦。圧倒的に試合を支配したが、攻めあぐねていると、76分にカウンターからMFビクトル・ツィガンコフに一発を浴び、0-1で敗れた。エンリケ監督は試合後、悔やんだ。 「1試合や2試合、ゴールを決められなければ何も起こらない。我々は彼らを倒すためにチャンスを作っていた。相手に対して、パスコースを閉めたり、レーン間でパス交換ができていて、我々がはっきりとコントロールできている試合だった」 「アダマのサイドからたくさんチャンスを作れていた。だが、最終的にパニックモードに入ってしまった。私のキャリアのなかでも、こうして多くの試合に負けている。対戦相手は成長しているし、移行期にある。私の結論として、選手の姿勢は気に入っているし、見ていて好きなものだったということだ」 また、失点シーンについても言及。枠内シュート1本で失点を喫したGKダビド・デ・ヘアについて、「失点はチームの責任」と擁護している。 「デ・ヘアを批難するのは良くない。彼は多くのものをもたらしてくれる。ダビドがこのような試合の戦犯にされたら、スイッチをオフにして帰る。各試合の失点はチーム全体に責任がある。とはいえ、チーム全体を批難できない。ため息が出るし、不公平で後味が悪い」 2020.10.14 11:20 Wed
twitterfacebook