日本代表MF堂安律のビーレフェルト入りが決定 PSVから1年レンタル、背番号「8」

2020.09.05 17:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビーレフェルトは5日、PSVに所属する日本代表MF堂安律(22)のレンタル加入を発表した。移籍期間は2021年6月30日までの1年。背番号「8」を着用する。堂安は昨夏、フローニンヘンから移籍金750万ユーロ(現レートで約9億4000万円)の5年契約でオランダの強豪PSVに入団。シーズン序盤こそマルク・ファン・ボメル監督の下でレギュラーとして活躍したが、監督交代後は出番が減り、最終的に公式戦27試合に出場して3得点という成績に終わった。

そんなガンバ大阪育ちのレフティを擁するPSVは今夏、ロジャー・シュミット監督を新たに招へい。ドイツ人新監督の攻守にアグレッシブなスタイルに合わず、PSVの放出リストに載るひとりに目され、ブンデスリーガ昇格組のビーレフェルトにレンタルで加わる憶測が浮上している状況だった。

そうした状況を受けて、堂安も来年の東京オリンピック出場を視野に入れ、出場機会を求めての移籍を希望しているともいわれるなか、既報どおり、ビーレフェルトがレンタル加入を正式発表した。

ドイツ初挑戦となる堂安はクラブ公式サイトで「昨季の試合を何試合か観て、印象的でした。ブンデスリーガでプレーできるというも僕の決断にすごく重要でした。首脳陣ともすごく良い話し合いができたので、オファーを快く受けることにしました。新シーズンがすごく楽しみです」と語った。

ビーレフェルトは1905年に創設され、1983〜1988年まで元日本代表FWの尾崎加寿夫氏が所属。今季は12季ぶりにブンデスリーガ1部を戦うシーズンとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルンに完敗も堂安が一矢報いるブンデス初ゴール!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第4節、ビーレフェルトvsバイエルンが17日に行われ、1-4でバイエルンが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は90分まで出場し、ブンデス初ゴールをマークしている。 前節ブレーメン戦ではケルン戦に続いてインパクトを残しきれなかった堂安。チームも初黒星を喫した中、日本代表ではカメルーン代表戦で先発したものの、そこでも見せ場を作れず。その堂安がフラットな[4-4-2]の右MFで開幕4試合連続スタメンとなった。 一方、バイエルンは前節ヘルタ・ベルリン戦では粘る相手に苦戦しながらもレヴァンドフスキの4発で勝ちきり、2勝1敗とした。ホッフェンハイム戦の敗戦を払拭する勝利を手にした中、2日前に行われたDFBポカール1回戦のデューレン戦では新加入組を多数起用し、チュポ=モティングの2発など3-0で快勝した。そのバイエルンはチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦を控える中、主力を投入した。 [4-4-2]の3ラインを自陣に形成するビーレフェルトに対し、3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べたバイエルンが立ち上がりから押し込むと、8分にあっさり先制する。 レヴァンドフスキのダイレクトパスに抜け出したミュラーがボックス右に侵入し、一度は味方へのクロスを送るも、ルーズボールを押し込んだ。 先制したバイエルンは、26分に追加点。ゴレツカのパスを受けたペナルティアーク中央のレヴァンドフスキがゴール左へコントロールシュートを決めきった。 31分にロングボールから決定機を迎えたビーレフェルトは、ハーフタイムにかけて堂安がカットインからのシュートで2度GKノイアーを強襲するも、追加タイム1分に3失点目を喫した。 ミュラーのパスをボックス中央で受けたレヴァンドフスキにゴールへ蹴り込まれた。 バイエルンが3点をリードして迎えた後半、51分にバイエルンに4点目。レヴァンドフスキの右クロスをミュラーが合わせた。 それでも58分、堂安がブンデス初ゴールを記録する。ロングカウンターに転じた流れから、クロスのパスを受けたボックス右の堂安がDFを外して右足でゴール左に蹴り込んだ。 70分にも堂安に決定機が訪れたビーレフェルトは、76分にトリソが一発退場となって数的優位となったが、反撃はできず。4-1でバイエルンが快勝している。 2020.10.18 03:34 Sun
twitterfacebook
thumb

新天地、新ポジションで成長を止めないMF堂安律が移籍した理由「大きな成長曲線を描くため」

日本代表は8日、オランダのユトレヒトで4日目のトレーニングキャンプを実施。カメルーン戦を翌日に控えた中、トレーニング前にMF堂安律(アルミニア・ビーレフェルト)がメディアの取材に臨んだ。 昨年12月以来の代表活動となる日本代表。今回はオランダでカメルーン代表、コートジボワール代表との国際親善試合を戦う。 昨年10月のタジキスタン代表戦以来の代表合流となった堂安。1年ぶりの試合について「楽しみという気持ちが強いのと、あとは勝たなくてはいけないという、プレッシャーというか、僕たちの姿を見せなくてはいけないということで、楽しいだけではないですね」とコメント。しっかりと気を引き締めて臨むことを強調した。 昨年の代表招集時にはオランダのPSVでプレーしていた堂安。今シーズンからドイツのアルミニア・ビーレフェルトへと活躍の場を移したが、この1年の変化血ついては「まずは移籍したことは僕にとって環境が大きく変わったので、その中で頭の中で色々な整理をしました。純粋にサッカーが上手くなる環境を選ぼうという選択でした。技術とかよりはメンタル面が大きく変わったと思います」とし、内面が大きく変化したと自己分析した。 ビーレフェルトへの移籍については「試合に出られるから選んだわけではない」と語った堂安。「PSVよりビーレフェルトに行ったのは、リーグはブンデスリーガですが、チームはPSVの方が上です。PSVの方が活躍したらビッグクラブへの近道だと思われてそうですが、1年間違和感があってプレーしてきたので」とPSVの環境では大きく成長できないと感じたからだとコメントした。 大きな理由として「PSVで11人スタメンがいて、そのうちの1人になりそう」とチームの中の1人に終わると感じたようで、「特別な選手になるために、大きな成長曲線を描くためには、大きな環境の変化が必要だと思いました。それが国の変化にもあります」と国外移籍を決断。「今は充実した日々を過ごせています」とビーレフェルトで良いスタートを切れていると語った。 PSVではサイドハーフ、ビーレフェルトではインサイドハーフでプレーしている堂安。幅をとる戦い方について「中に入ってプレーして、少しトップ下気味でFWと絡みながら得点を取るのhが自分の特徴的なプレーですが、サイドバックが張っても幅は取れます。ボランチの選手が幅をとることもできます。サイドハーフだからワイドに幅をとるということではなく、状況を見ながらしようと思う」と戦況を考えて、ポジショニングを決めると語った。 またインサイドハーフでのプレーについては「今のうちのスタイルだと、ウイングではボールに触れないこともあったので、インサイドで能力を上げたいと思います」と適応していく意欲を見せた。また、代表チームでは「代表で何を還元するかと考えると、インサイドハーフでは長い距離をドリブルすることが多いですが、今までよりも長い距離のドリブルをして味方に預けたりすることが多いので、低い位置からゴールを目指すことは必ずチームの助けになると思うので意識したいです」と語り、新たに身につけた能力で攻撃を助けたいと語った。 2020.10.08 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッテンコート弾で逃げ切ったブレーメンが連勝!日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第3節のブレーメンvsビーレフェルトが3日に行われ、1-0でブレーメンが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場せず、ビーレフェルトのMF堂安律は89分までプレーした。 前節初勝利を飾ったブレーメンが、こちらも前節初勝利を挙げたビーレフェルトをホームに迎えた一戦。ブレーメンの大迫は2試合連続のベンチスタート。ビーレフェルトの堂安は3試合連続の先発出場となった。 一進一退の立ち上がりとなる中、先にチャンスを迎えたのはブレーメン。21分、サージェントのパスでゴールエリア右付近に抜け出したビッテンコートがゴールネットを揺らしたが、VARのレビューの結果、ビッテンコートのオフサイドを取られ、このゴールは取り消された。 先制点のチャンスを逃したブレーメンだったが27分、フリードルの対角線のロングパスをボックス右のエンボムがダイレクトで折り返すと、中央のビッテンコートがワントラップからシュートをゴール左隅に突き刺した。 ブレーメンのリードで迎えた後半も拮抗した展開が続き、互いになかなか決定機を作り出すことができない。すると59分、ビーレフェルトは敵陣でボールを奪ったスクのパスを受けた堂安がボックス手前から左足を振り抜いたが、このシュートは相手DFのブロックに阻まれた。 さらに61分には、右サイドのピーペルが早いタイミング上げたクロスをファーサイドのヘルテルが頭で折り返し、ゴール前のクロスがヘディングシュート。しかし、 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。そんな中、ビーレフェルトは94分、スルーパスで左サイドを抜け出したB・ラーセンのクロスをエドムンドソンがヘディングシュート。相手GKの弾いたボールをファン・デル・ホーンが押し込んだが、足の裏を見せた危険なプレーと判定され、ゴールは取り消された。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。後半猛攻を浴びたブレーメンだったが、ビッテンコートのゴールを守り抜きリーグ戦連勝を飾った。 2020.10.04 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第3節プレビュー】格下にまさかの敗戦を喫したバイエルンとドルトムントのバウンスバックは!? 大迫vs堂安も

前節は優勝を争うことが予想されるバイエルンとドルトムントが格下相手に早くも黒星を喫するまさかの結果となった。日本人ではフランクフルトのMF鎌田が2アシストを記録してチームの今季初勝利に貢献。シュツットガルトのMF遠藤航が2点を演出して同じくチームの初勝利に貢献している。そして2連敗スタートとなったシャルケがワグナー監督を、マインツのバイエルロルツァー監督がそれぞれ解任されている。迎える第3節、FW大迫のブレーメンとMF堂安のビーレフェルトによる日本人対決が開催される。 まずはホッフェンハイムに1-4の惨敗を喫したバイエルンから。日曜にヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むバイエルンは、ホッフェンハイム戦ではFWレヴァンドフスキを温存したことが響き、まさかの完敗となってしまった。公式戦無敗記録が32でストップした中、水曜に行われたドルトムントとのDFLスーパーカップでは3-2と打ち勝ってUEFAスーパーカップに続く今季2冠目とした。DFLスーパーカップで主力を投入したこともあり疲労面が気になるところだが、フランクフルトに完敗したヘルタを確実に下したい。 また、ドルトムントはアウグスブルクに0-2の完敗を喫した。こちらは主力を投入した中での敗戦ということでバイエルン以上にショックな黒星となったが、バイエルンがお付き合いしてくれたことは救い。そのドルトムントはフライブルクとのホーム戦に臨むが、若いチームはしっかりと切り替えることができるか。 そして土曜に行われるブレーメンvsビーレフェルトの日本人対決。開幕戦での低調なパフォーマンスが響いて前節は終盤の出場のみに終わった大迫。チームが快勝したことから引き続きベンチスタートが濃厚だが、途中出場でインパクトを残せるか。対する堂安は前節ケルン戦では見せ場を作れずに途中交代となってしまった。チームは自身が退いた後に決勝点が生まれて初勝利を飾ったが、堂安は3試合連続スタメンとなるか。 2アシストを記録した鎌田のフランクフルトは、バイエルンを撃破する金星を飾ったホッフェンハイムとのホーム戦に臨む。ゴールに繋がるプレーを早くも見せられた中、今後もコンスタントに得点に絡むプレーを期待したい。また、ヘルタ戦でも黒子に徹してチームの勝利に貢献した長谷部は引き続き最後尾からチームを統率できるか。 そしてマインツ戦で2点を演出した遠藤航のシュツットガルトはレバークーゼンをホームに迎える。強豪との対戦でも遠藤の強みである潰しと配球で存在感を示せるか。負傷で出て遅れているMF遠藤渓太のウニオン・ベルリンは、監督交代のあったマインツと金曜にホーム戦を戦うが、メンバー入りとなるか。最後にレバークーゼンに引き分けたライプツィヒは同じく監督交代のあったシャルケとのアウェイ戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第3節 ▽10/2(金) 《27:30》 ウニオン・ベルリンvsマインツ ▽10/3(土) 《22:30》 ドルトムントvsフライブルク フランクフルトvsホッフェンハイム ケルンvsボルシアMG シュツットガルトvsレバークーゼン ブレーメンvsビーレフェルト 《25:30》 ライプツィヒvsシャルケ ▽10/4(日) 《22:30》 ヴォルフスブルクvsアウグスブルク 《25:00》 バイエルンvsヘルタ・ベルリン 2020.10.02 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

エドムンドソン弾で逃げ切ったビーレフェルトが今季初勝利!堂安は73分までプレー《ブンデスリーガ》

堂安律の所属するビーレフェルトは26日、ブンデスリーガ第2節でケルンとホームで対戦し、1-0で勝利した。堂安は73分までプレーした。 12シーズンぶりのブンデスリーガ初戦となった前節のフランクフルト戦をドローで終えたビーレフェルトは、その試合の先発からデ・メディナに代えてC・ブルナーを起用。堂安は公式戦3試合連続の先発出場となった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、最初の決定機はビーレフェルトに生まれる。39分、右CKのクリアボールをバイタルエリア中央で拾ったルコキがロングシュートでゴールを狙ったが、これはGKホルンが左手で弾き出した。 対するケルンは42分、左サイドで獲得したFKからドゥダがボックス内に高速クロスを供給すると、ゴール右手前のチホスが左足で合わせたが、これはGKオルテガが正面でキャッチした。 後半に入っても互いにアタッキングサードまでボールを運ぶものの、そこからの連携や精度に問題があり、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない時間が続く。 そんな中、ビーレフェルトは68分にS・コルドバを下げてエドムンドソン、73分に堂安を下げてシプロックを投入。すると79分、自陣中盤でボールを受けたGKオルテガのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したエドムンドソンがボックス右深くまで侵入。やや角度の厳しい位置からGKのニアを抜く巧みなシュートを突き刺した。 その後、ケルンの猛攻を受けたビーレフェルトだったが、粘りの守りでこれをシャットアウト。エドムンドソンの決勝点を守り抜いたビーレフェルトが、今季初勝利を飾った。 2020.09.27 00:32 Sun
twitterfacebook