ヴォルフスブルクを下したリヨンが5連覇を達成!熊谷紗希も鮮やかミドル弾で貢献《UEFA女子チャンピオンズリーグ》

2020.08.31 05:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFA女子チャンピオンズリーグ決勝のヴォルフスブルクvsリヨンが30日にスペインのアノエタで行われ、1-3で勝利したリヨンが5年連続7度目の王者に輝いた。なお、リヨンの女子日本代表MF熊谷紗希はフル出場、44分にゴールを記録。2大会前の決勝戦と同一カードとなった試合は、立ち上がりから膠着状態が続いたが、リヨンが最初の決定機をモノにする。25分、マロザンのスルーパスでボックス右深くまで侵入したカスカリーノの折り返しをル・ソマーがダイレクトシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をル・ソマーが押し込んだ。

先制したリヨンは、44分にも右クロスのこぼれ球を相手ボックス付近で拾うと、マイリのロストしたボールをペナルティアーク手前の熊谷が左足一閃。このダイレクトシュートがゴール左に突き刺さった。

2点を追うヴォルフスブルクは、後半開始から積極的な入りを見せると57分にチャンス。ハルダーのスルーパスで左サイド深くまで駆け上がったロルフォのクロスは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をボックス左で拾ったパジョールが素早くクロスを供給。これをポップが頭で押し込んだ。

その後、ヴォルフスブルクのベンチは積極的に交代カードを切り、選手交代で流れを引き寄せにかかる。

しかし、再びスコアを動かしたのは王者リヨン。88分、右CKを相手GKがパンチングで弾くと、ボックス右のル・ソマーがダイレクトシュート。ゴール左に逸れたシュートはゴールエリア左のユナルスドッティルの左足に当たり、そのままゴールネットを揺らした。

結局、試合はそのまま1-3で終了。ヴォルフスブルクに王者の力を見せつけたリヨンが大会5連覇を達成した。

◆女子CL決勝
ヴォルフスブルク 1-3 リヨン
【ヴォルフスブルク】
ポップ(後12)
【リヨン】
ル・ソマー(前25)
熊谷紗希(前44)
ユナルスドッティル(後43)
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナへ移籍?リヨンで完全復活のデパイが完璧なFKを披露【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆リヨンで完全復活のデパイが完璧なFKを披露<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4S1N6VGVYZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2017年からリヨンでプレーするデパイはマンチェスター・ユナイテッド時代に燻った才能を輝かせ、今やエースに。プロキャリアをスタートしたPSV時代こそ左ウイングが主戦場だったが、リヨンでストライカーとしても重宝されている。 多彩なキックを持つデパイだが、2018年11月10日に行われたリーグ・アン第13節のギャンガン戦でも、素晴らしいFKを決めている。 2-1と1点リードで迎えた73分、リヨンはバイタルエリア左でFKを獲得する。ゴールまでは少し距離があったものの、キッカーのデパイが右足を振り抜くと、スピードに乗ったボールがゴール左上の完璧なコースへと突き刺さった。 この試合のデパイは2ゴール2アシストと大車輪の活躍を見せ、チームの勝利に貢献している。 フランスで完全復活を果たしたデパイには、最近までオランダ代表で師事したロナルド・クーマン監督のバルセロナ行きに関する憶測が加熱しており、その去就に注目が集まっている。 2020.09.21 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが獲り逃す可能性も? ミランがFWデパイ獲得レースに参戦と報道

バルセロナへの移籍が噂されていたリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)だが、ここに来て新たな行き先が浮上した。 12シーズンぶりの無冠という屈辱を味わった2019-20シーズンから巻き返しを図りたいバルセロナ。オランダ代表を率いていたロナルド・クーマン監督の下で改革に乗り出している。 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの構想外に始まり、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退団騒動など、すでに色々なことが起こる中、オランダ代表で指導したデパイの獲得に乗り出していることが盛んに報じられていた。 しかし、移籍の話が進展しないには理由があり、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は新たな選手を獲得する前に、選手と放出する必要があると主張。リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長もバルセロナからデパイへのオファーがないことを認めた。 そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ』がミランがデパイ獲得に向けてコンタクトを取っていると報道。ブラジル代表MFルーカス・パケタ(22)を差し出して交渉を進めようとしているとしている。 バルセロナはスアレスのユベントス移籍が難航している状況であり、すぐに選手が出ていく状況は考えにくい。一方で、ミランは2500万ユーロ(約31億4000万円)のオファーを出したとされている。 デパイは2021年6月30日までの契約を残している状況。今シーズンはリーグ・アンで4試合を戦い、すでに4ゴールを記録。しかし、リヨンは今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を持っておらず、移籍の可能性はゼロではない。 改革を進めながらも後手を踏み続けている感が否めないバルセロナ。ターゲットと信じられていたデパイも獲り逃すことになれば、会長の信用問題もさらに問われることになりそうだ。 2020.09.20 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラがリヨンからベルトラン・トラオレを獲得! 5年ぶりプレミア復帰

アストン・ビラは19日、ブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレ(25)をリヨンから獲得したことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、契約は4年、移籍金は1700万ポンド(約23億円)で200万ポンド(約2700万円)のアドオンが含まれている。 チェルシーの下部組織にも在籍していたトラオレは、フィテッセとアヤックスへのレンタルを経て、2017年夏にリヨンに加入。右ウイングを主戦場に1年目のリーグ・アンで5試合連続ゴールを決めるなど躍動すると、背番号を「10」に変更した2年目以降も活躍を続け、通算公式戦126試合の出場で33ゴール17アシストを記録した。 今回の移籍で5年ぶりのプレミアリーグ復帰となるトラオレは、アストン・ビラでの最初の公式インタビューで「アストン・ビラに加入できて本当に嬉しい」とコメント。また、チェルシー時代のチームメイトで、現在は同クラブでアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏や、以前の所属先の仲間との再会にも触れた。 「ここに来られて嬉しいよ。チェルシーではジョン・テリーと一緒にプレーしていたんだ。相談役になってくれたよ」 「監督やスポーツディレクター、それに前にチームメイトだった(マーヴェラス・)ナカンバや(アンワル・)エル・ガジとも話をしたよ」 「ナカンバとはこのクラブについて少し教えてもらったんだ。ここに来る決断をするのに大きな助けとなってくれたよ」 「イングランドに戻ることにワクワクしている。いつもプレミアリーグに戻りたいと思っていたんだ」 「自分のやり方を貫いて経験値も高めることができた。良いタイミングだと思うよ。それにカムバックにはもってこいのクラブだね。素晴らしいよ」 なお、アストン・ビラは今夏の移籍市場でイングランド人FWオリー・ワトキンス、イングランド人DFマッティ・キャッシュ、アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスを獲得しており、トラオレは4人目の補強となった。 2020.09.19 20:16 Sat
twitterfacebook
thumb

リヨンがハンブルガーSVの長身GKポラースベックを完全移籍で獲得

リヨンは18日、ハンブルガーSVの元U-21ドイツ代表GKユリアン・ポラースベック(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの4年間。移籍金は25万ユーロ(約3100万円)で、インセンティブにより最大30万ユーロ(約3700万円)にまでなるとのこと。さらに、将来の移籍で得た利益に対して15%のインセンティブも追加される可能性がある。 ポラースベックは、ドイツのヴァッカー・ブルクハウゼン、カイザースラウテルンの下部組織で育ち、2014年7月にファーストチーム昇格。2017年7月からハンブルガーへと移籍。ヴィッセル神戸のDF酒井高徳ともチームメイトとしてプレーした。 ハンブルガーSVでは公式戦51試合に出場。2019-20シーズンはブンデスリーガ2部で6試合の出場に留まっていた。 リヨンにとっては4人目のドイツ人選手となる。 2020.09.19 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、すでにアワールと個人合意済み? 2週間前に5年契約とも

アーセナルとリヨンのフランス代表MFフセム・アワール(22)はすでに個人間合意に至っているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 昨シーズンの活躍で評価を高め、今夏のステップアップがしきりに噂されているアワール。公式戦41試合で9得点10アシストを記録したリヨンの生え抜きMFは、ここ最近はアーセナルからの熱視線が伝えられていた。 先日には記者からの移籍に関する質問をいなしていたアワールについて、マーケットに精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・シラ氏は、17日のツイッターの投稿で2週間前に2025年までの個人合意に達していることを明言。 一方で、アーセナルがリヨンを納得させる移籍金を用意出来ていないことも伝えている。 『デイリー・スター』は12日に行われたフルアム戦(3-0で勝利)で新戦力のブラジル代表MFウィリアンとU-23ブラジル代表DFガブリエウが躍動したことを受け、会長が財布の紐を緩める可能性があると推測している。 2020.09.18 21:56 Fri
twitterfacebook