三好途中出場で日本人対決実現!森岡シャルルロワが開幕4連勝で首位浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

2020.08.31 03:23 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジュピラー・プロ・リーグ第4節のシャルルロワvsアントワープが30日に行われ、2-0でシャルルロワが勝利した。シャルルロワのMF森岡亮太はフル出場、アントワープのMF三好康児は70分からプレー。

開幕3連勝中のシャルルロワが、アントワープをベルギーカップ王者のアントワープをホームに迎えた一戦。

試合が動いたのは17分、シャルルロワは右サイドから中に切り込んだゴリザデーが対角線に早いパスを供給すると、これをボックス左手前で受けたニコルソンがボックス内に侵入。切り返しでマークを外すと、ゴール左に強烈なシュートを突き刺した。

反撃したいアントワープだったが、22分に中盤でのロストボールを奪い返そうとしたフェルストラエテがイライマハリトラの足を踏みつけてしまうと、VARの末にレッドカードが提示され、退場処分に。

数的不利となったアントワープだったが、31分にチャンス。ハルーンの右クロスをボックス中央に走り込んだゲルケンスが頭で合わせたが、このシュートはクロスバーに阻まれた。

後半は数的有利のシャルルロワが攻勢に出ると62分、右サイドからカットインしたゴリザデーのパスをボックス左手前で受けた森岡がミドルシュート。しかし、これはDFに当たりクロスバーを直撃した。

シュートまで運べない時間が続くアントワープは70分、ランケル・ゼに代えて三好を投入し攻撃の活性化を図る。

しかし、再びスコアを動かしたのはシャルルロワ。後半アディショナルタイム1分、バイタルエリア右でパスを受けたルーカス・コスタがカットインからゴール前にラストパスを送ると、ニコルソンがワンタッチでゴール右隅に流し込んだ。

結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。日本人対決を制し開幕4連勝のシャルルロワが首位に浮上している。

シャルルロワ 2-0 アントワープ
【シャルルロワ】
ニコルソン(前17)
ニコルソン(後46)

関連ニュース
thumb

三好康児が今季初ゴール、チームの開幕7連勝に貢献「調子上げてていい」「首位チームでスタメンなのがすごい」

日本代表MF三好康児が今シーズン初ゴールを記録した。 4日、ジュピラー・プロ・リーグ第7節のロイヤス・アントワープvsウェステルローの一戦が行われた。 この試合も2列目の左サイドで先発出場した三好は1-0で迎えた50分に今シーズン初ゴールを記録した。 自陣からのスルーパスが右サイドのスペースへ。カルヴィン・ステングスが持ち出すと、ディフェンスラインの裏に走り込んだユルゲン・エケレカンプへパス。エケレカンプはボックス内でダイレクトで右足を振ると、これがクロスとなり、走り込んだ三好が押し込んで追加点を奪った。 華麗なカウンターからの連係を見せてのゴールには「ボックス内にちゃんと入ってるから点取れる」、「調子上げてていい」とコメントが寄せられた。 この試合も3-0で勝利したアントワープは開幕7連勝。2位に勝ち点差5をつけて首位に立つアントワープでのレギュラーということにもコメント。「首位チームでスタメンの三好すごい」、「さらなる飛躍を期待」、「スタメンで出続けることが何より大事」と着実に結果を積んでいる三好を讃える声が集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】開幕7連勝に貢献!三好がついに今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZoBKXfByHfo";var video_start = 180;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.05 12:22 Mon
twitterfacebook
thumb

三好康児にライバル出現! オランダ代表FWステングスがレンタルで加入

三好康児が所属するロイヤル・アントワープは30日、ニースのオランダ代表FWカルヴァン・ステングス(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レンタル期間は1年間で、買い取りオプションは付帯していないドライローンとなる。背番号は「14」に決定した。 AZのユース育ちのステングスは、2017年7月にファーストチームに昇格。2021年7月にニースへと完全移籍していた。 AZでは公式戦113試合で24ゴール24アシストを記録。ニースでも公式戦32試合で1ゴール1アシストを記録していた。 右ウイングが主戦場のステングスは、今シーズンもrーイグ・アンで開幕から4試合に出場。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)予選のマッカビ・テルアビブ戦も2試合でプレーしていた。 オランダ代表としても7試合に出場しており、カタール・ワールドカップ(W杯)予選でもプレーしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ステングスがアントワープに到着</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Welkom op de Bosuil, Calvin Stengs! <a href="https://twitter.com/hashtag/RAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RAFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WelkomStengs?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WelkomStengs</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/OneRedFamily?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OneRedFamily</a> <a href="https://t.co/VB8UKy5KIz">pic.twitter.com/VB8UKy5KIz</a></p>&mdash; Royal Antwerp FC (@official_rafc) <a href="https://twitter.com/official_rafc/status/1564718493118996480?ref_src=twsrc%5Etfw">August 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.31 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

菅原AZが藤本&新井ジル・ヴィセンテ撃破! 三好は無念の敗退…《ECL予選プレーオフ》

25日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)予選プレーオフの2ndレグが行われた。 ヨーロッパリーグ(EL予選)プレーオフ敗退組10チームと共に、本戦出場22チームを決めるECL予選プレーオフ。 各リーグの上位チームが参戦するメインパスではMF藤本寛也とMF新井瑞希を擁するジル・ヴィセンテとDF菅原由勢を擁するAZの日本人対決第2ラウンドが行われた。 AZホームの1stレグで4-0の大差が付いたこともあり、ホームのジル・ヴィセンテは10番背負うを藤本をベンチに置いたものの、新井をスタメンで起用。一方、菅原は初戦に続きベンチスタートに。 試合は大量リードのAZがリスク回避の慎重な戦いを見せる中、ジル・ヴィセンテが攻勢を仕掛ける展開に。初戦同様に左ウイングに入った新井は開始直後にゴールライン際からの左足クロスで味方のシュートチャンスを演出するなど、持ち味のドリブルで見せ場を作る。 以降も新井は自身でフィニッシュまで持ち込めないものの、サイドだけでなく中央でもボールを受けながら攻撃にアクセントを付けるが、チームは後方に重心を置くAZの守備を崩し切れない。 ゴールレスで折り返した後半、ジル・ヴィセンテは53分に藤本ら3選手を一気に投入。ここから攻撃のギアを上げたいところだったが、60分には一瞬の隙を突かれて中央を崩され、エヴイェンにチップキックを流し込まれた。さらに、63分にはロングカウンターを浴びてラインダースにトドメのゴールを献上した。 これで2戦合計6-0としたAZは64分に菅原ら3選手を一気に投入。右サイドバックに入った菅原は新井とマッチアップする形に。 何とか一矢報いたいホームチームは83分、新井の浮き球で局面を変えて藤本のラストパスから決定機を作るが、相手GKの好守に遭う。その後、ボセリの個人技で1点を返したホームチームだったが、試合はこのままタイムアップ。2戦合計6-1の完勝となったAZが本大会行きを決めた。 また、MF三好康児を擁するアントワープは、トルコの強豪イスタンブール・バシャクシェヒルとホームで対戦し、1-3で敗れた。この結果、2戦合計2-4となったアントワープの敗退が決定した。 初戦を1-1のドローで終えたアントワープは、初戦ベンチスタートの三好を右ウイングでスタメン起用。しかし、チームは開始8分に右サイド深くに抜け出したオカカのクロスをゴール前のエズジャンにワンタッチで流し込まれ、先制を許す。 早い時間帯に追いつきたいアントワープは、三好がナインゴランらと共に積極的にボールに関与しながら決定機に絡む。しかし、ミドルレンジからの再三のシュートはなかなか枠を捉え切れない。 それでも、ホームチームは後半立ち上がりの56分に相手GKとの交錯で得たPKをフレイが決めて2戦合計スコアでイーブンに戻す。しかし、そのゴールからわずか2分後には左サイドからのクロスをオカカに頭で流し込まれ、再びビハインドを追う展開に。この失点直後の60分に三好はベンチに下がることに。 その後、チームは決死の攻勢を仕掛けたものの、逆にセットプレーからトドメの3点目を奪われてしまい、万事休す。無念のプレーオフ敗退となった。 5大リーグの強豪クラブでは、ビジャレアル、フィオレンティーナ、ウェストハム、ケルン、ニースがいずれも本戦行きを決めている。 ◆ECL予選プレーオフ 2ndレグ ▽チャンピオンズパス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">クルージュ</span>(ルーマニア) 1-0(AGG:1-0) マリボル(スロベニア) リンフィールド(北アイルランド) 1-1(AGG:3-3[PK:2-4]) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FK RFS</span>(ラトビア) デュドランジェ(ルクセンブルク) 1-1(AGG:1-3) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レフ・ポズナン</span>(ポーランド) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">バルカニ</span>(コソボ) 1-0(AGG:3-1) シュクピ(北マケドニア) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">スロバン・ブラチスラヴァ</span>(スロバキア) 2-1(AGG:2-2[PK:6-5]) ズリニスキ・モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ) ▽メインパス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">バーゼル</span>(スイス) 2-0(AGG:2-1) CSKAソフィア(ブルガリア) ラピド・ウィーン(オーストリア) 0-1(AGG:1-2) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファドゥーツ</span>(リヒテンシュタイン) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">スラビア・プラハ</span>(チェコ) 2-0(AGG:3-2) ラクフ・チェンストホヴァ(ポーランド) アポエル(キプロス) 3-2(AGG:3-5) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ユールゴーデン</span>(スウェーデン) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ニース</span>(フランス) 2-0(AGG:2-1) マッカビ・テル・アビブ(イスラエル) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ハポエル・ベエルシェバ</span>(イスラエル) 1-1(AGG:2-2[PK4-3]) ウニヴェルシタテア・クライオヴァ(ルーマニア) アントワープ(ベルギー) 1-3(AGG:2-4) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">イスタンブール・バシャクシェヒル</span>(トルコ) ヴァイキング(ノルウェー) 1-3(AGG:3-4) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FCSB</span>(ルーマニア) ハムルーン・スパルタンズ(マルタ) 3-3(AGG:4-7) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">パルチザン</span>(セルビア) トゥベンテ(オランダ) 0-0(AGG:1-2) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">フィオレンティーナ</span>(イタリア) ハイデュク・スピリト(クロアチア) 0-2(AGG:2-6) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ビジャレアル</span>(スペイン) MOLヴィディ(ハンガリー) 0-3(AGG:2-4) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ケルン</span>(ドイツ) ヴィボー(デンマーク) 0-3(AGG:1-6) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ウェストハム</span>(イングランド) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アンデルレヒト</span>(ベルギー) 0-1(AGG:2-2[PK:3-1]) ヤング・ボーイズ(スイス) AIKソルナ(スウェーデン) 0-1(AGG:0-4) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">スロヴァコ</span>(チェコ) ヴォルフスベルガー(オーストリア) 0-4(AGG:1-4) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モルデ</span>(ノルウェー) ジル・ヴィセンテ(ポルトガル) 1-2(AGG:1-6) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AZ</span>(オランダ) 2022.08.26 06:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ナインゴラン、ワイナルドゥム負傷離脱のローマに逆オファー?

ロイヤル・アントワープに所属する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(34)が、古巣のローマへ売り込みをかけているようだ。 ローマでは新加入のジョルジニオ・ワイナルドゥムがトレーニング中に右足脛骨骨折の重傷を負い、最低でも4カ月の離脱が見込まれている。また、22日に行われたセリエA第2節のクレモネーゼ戦ではニコロ・ザニオーロが肩を脱臼してしまい、1カ月程度とこちらも長期離脱を強いられることになった。 ジョゼ・モウリーニョ監督が残りの移籍市場で補強に動くことを示唆している中、古巣の危機にいち早く反応したのがナインゴランだ。2014年1月から2018年夏にかけて在籍し、公式戦通算203試合に出場した同選手。イタリア『ラ・レプッブリカ』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、古巣へ逆オファーを出しているようだ。 三好康児も所属するアントワープに昨夏加入したナインゴラン。昨季は公式戦37試合に出場し、今季もここまでヨーロッパカンファレンスリーグ予選を含む公式戦全9試合に先発出場している。アントワープとしては勝手にいなくなられると困るが、果たしてローマは正式にオファーを出すのだろうか。契約は2023年までとなっている。 なおローマでは、ホッフェンハイムを退団し現在フリーのフロリアン・グリリッチュや、トリノのサシャ・ルキッチらがリストアップされているようだ。 2022.08.23 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

菅原vs藤本&新井の日本人対決は途中出場1Aの菅原AZが大勝で先勝! 5大リーグの強豪に明暗《ECL予選プレーオフ》

18日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)予選プレーオフの1stレグが行われた。 ヨーロッパリーグ(EL予選)プレーオフ敗退組10チームと共に、本戦出場22チームを決めるECL予選プレーオフ。 各リーグの上位チームが参戦するメインパスではDF菅原由勢を擁するAZと、MF藤本寛也とMF新井瑞希を擁するジル・ヴィセンテの日本人対決に注目が集まった。 菅原がベンチスタート、藤本と新井がスタメン出場となった一戦は、序盤から拮抗した展開に。それぞれ右のインサイドハーフ、左ウイングに入ったジル・ヴィセンテコンビは、新井が立ち上がりに深い位置で正確な左足クロスでチャンスを演出すると、藤本も持ち味の正確な左足のパスで緩急を付けたゲームメイクを見せる。 しかし、タレントの質と地の利のあるAZは24分、左サイド深くでケルケズが上げた正確なクロスをゴール前に走り込んだデ・ウィットが豪快なヘディングで合わせ、ホームチームが先制に成功した。 以降は球際でのバトルが激しくなる中、前半終盤には熱くなった相手と味方の煽りを受けて藤本が削られたことをキッカケに小競り合いが起こるも、試合自体は均衡が保たれたまま、ホームチームの1点リードで折り返した。 後半も立ち上がりから拮抗した展開が続く。ジル・ヴィセンテは幾度か深い位置まで攻め込む場面を作り出すが、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 我慢比べの様相を呈した中、先にゴールをこじ開けたのは、またしてもホームチーム。78分、右サイド深くから入れたクロスがジル・ヴィセンテDFのクリアミスを誘うと、右ポストを叩いたこぼれ球をゴール前のラフドが押し込む。さらに、85分にはパヴリディスが豪快なミドルシュートを突き刺した。 その後、86分には新井がベンチに下がり、その直後にはAZの菅原がピッチに送り出され、ピッチ上での日本人対決が実現。すると、菅原が投入からわずか2分後で決定的な仕事を果たす。89分、ボックス右で味方とのワンツーを見せた菅原が高精度のグラウンダークロスを供給。これをファーサイドに飛び込んだデ・ウィットがスライディングで流し込んだ。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、菅原の1アシストの活躍もあってホームで4-0の完勝を収めたAZが本戦行きをほぼ確実にした。 また、MF三好康児を擁するアントワープは、トルコの強豪イスタンブール・バシャクシェヒルと対戦し、1-1のドローに終わった。 敵地で1点のビハインドを背負った中、三好は試合終了間際の87分にナインゴランとの交代でピッチに投入される。すると、投入直後の88分にチームはディニス・アウメイダの巧みなヘディングゴールで同点に追いつき、敵地で追いついてのドローという上々の結果を持ち帰った。 5大リーグの強豪クラブでは、ビジャレアルやウェストハム、フィオレンティーナが順当に先勝に成功。その一方で、ケルンとニースはいずれも1点差で敗戦を喫している。 なお、本大会行きを懸けた運命の2ndレグは23日と25日に行われる予定だ。 ◆ECL予選プレーオフ 1stレグ ▽チャンピオンズパス マリボル(スロベニア) 0-0 クルージュ(ルーマニア) FK RFS(ラトビア) 2-2 リンフィールド(北アイルランド) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レフ・ポズナン(ポーランド) 2</span>-0 デュドランジェ(ルクセンブルク) シュクピ(北マケドニア) 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 バルカニ(コソボ)</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ズリニスキ・モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 1</span>-0 スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) ▽メインパス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">CSKAソフィア(ブルガリア) 1</span>-0 バーゼル(スイス) ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) 1-1 ラピド・ウィーン(オーストリア) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ラクフ・チェンストホヴァ(ポーランド) 2</span>-1 スラビア・プラハ(チェコ) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ユールゴーデン(スウェーデン) 3</span>-0 アポエル(キプロス) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">マッカビ・テル・アビブ(イスラエル) 1</span>-0 ニース(フランス) ウニヴェルシタテア・クライオヴァ(ルーマニア) 1-1 ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) 1-1 アントワープ(ベルギー) FCSB(ルーマニア) 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ヴァイキング(ノルウェー)</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">パルチザン(セルビア) 4</span>-1 ハムルーン・スパルタンズ(マルタ) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">フィオレンティーナ(イタリア) 2</span>-1 トゥベンテ(オランダ) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ビジャレアル(スペイン) 4</span>-2 ハイデュク・スピリト(クロアチア) ケルン(ドイツ) 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 MOLヴィディ(ハンガリー)</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ウェストハム(イングランド) 3</span>-1 ヴィボー(デンマーク) ヤング・ボーイズ(スイス) 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 アンデルレヒト(ベルギー)</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">スロヴァコ(チェコ) 3</span>-0 AIKソルナ(スウェーデン) モルデ(ノルウェー) 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ヴォルフスベルガー(オーストリア)</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AZ(オランダ) 4</span>-0 ジル・ヴィセンテ(ポルトガル) 2022.08.19 06:24 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly