国見高FW中島大嘉が札幌加入内定 「最終目標はバロンドール」

2020.08.28 11:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
北海道コンサドーレ札幌は28日、国見高校に在学するFW中島大嘉(18)の2021シーズン加入内定を発表した。大阪府出身の中島は身長188kg、体重77kgのFW。プレーの特長として、「圧倒的なスピードと高さを兼ね備えたFW。前への推進力やゴール前での迫力から得点&チャンスを演出する事ができる」という。加入内定を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「この度、来季から北海道コンサドーレ札幌への加入が決まりました国見高校の中島大嘉です。自分のスピードと高さは絶対に負けないと思っています。そのストロングの使い方を札幌で学び、世界を圧倒できる武器にします。そのために、チームに早く馴染み、トレーニングで色々なものを吸収して成長したいと思います」

「今まで関わってくださったすべての方々への感謝の気持ちを忘れず、言葉でも結果でも伝えられるように頑張ります。最終目標はバロンドールを獲ることです。札幌で成長し、結果を出して、目標を達成できるよう日々努力していきますので、応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

主将大谷が3季ぶりの1発! 柏が札幌を完封し3試合ぶり勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節の北海道コンサドーレ札幌vs柏レイソルが札幌ドームで行われ、1-0でアウェイの柏が勝利した。 前節、ガンバ大阪に0-1で敗れた札幌はその一戦から先発を1名入れ替え、福森に代わって金子を起用。一方、2試合勝利がない柏は1-1で引き分けた前節のサンフレッチェ広島戦から2名変更。呉屋と三丸に代わり、仲間と大南がスタメンに名を連ねた。 序盤から互いに様子を見合い、スローな入りとなるなかで、先にチャンスを迎えたのは柏。前半半ばの28分にボックス右手前でボールを受けた北爪がグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだオルンガが左足シュート。だが、枠を大きく外してしまう。 徐々に柏のボール保持率が上がるなか、前半アディショナルタイムにはボックス手前でルーズボールを拾ったオルンガが左足を振り抜く。だが、GK菅野に触られてしまい先制点とはならず、ゴールレスのまま試合を折り返した。 前半はフィニッシュまで持ち込めなかった札幌が徐々にペースを掴みかけたが、57分に敵陣左サイドでFKを獲得した柏に決定機。三原のクロスを頭で合わせた大谷のシュートがゴール右に吸い込まれて、先制に成功した。 札幌は同点に追いつくべく、アンデルソン・ロペスやドウグラス・オリヴェイラなど攻撃的なカードを切り、攻撃の圧を強めるも、アタッキングサードでの精細を欠く。対して、柏もオルンガを中心に前掛かりとなっている札幌の隙に突け込むも、仕留めきれずに時間が推移していく。 80分に仲間の浮き球パスに反応したオルンガが決定機を迎えた柏はその1分後にもチャンス。高橋がハーフライン付近でボールを奪取すると、そのまま前進してGK菅野と一対一の局面に。だが、右足のシュートはGK菅野に片手1本でセーブされ、試合を決定づけることはできない。 それでもその後は柏が時間を上手く使いタイムアップ。1-0で勝利した柏が今季5度目のクリーンシートで3試合ぶりの勝ち点3を手にした。一方、攻撃面でのクオリティを欠いた札幌は2連敗となっている。 北海道コンサドーレ札幌 0-1 柏レイソル 【柏】 大谷秀和(後7) 2020.09.23 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の渡邉が値千金決勝弾! 9試合ぶり零封のG大阪が札幌撃破で連敗ストップ《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節の1試合が19日に札幌厚別公園競技場で行われ、アウェイのG大阪が北海道コンサドーレ札幌を1-0で下した。 10試合ぶりの勝ち点3を手にした13位札幌と今季初となる2連敗中の9位G大阪による一戦。中2日のゲームに向け、前節の先発から3枚を変更した札幌はチャナティップが欠場となり、ルーカス・フェルナンデス、田中、ジェイをスタートから送り出した。一方、1週間ぶりの試合となるG大阪も3選手が入れ替わり、昌子がベンチスタート。前節を欠場したキム・ヨングォンが復帰したほか、アデミウソンと藤春を起用した。 3試合ぶりの勝利を目指すG大阪は4バックでスタート。立ち上がり早々に守備陣の連携ミスから獲得した右CKのチャンスから三浦のヘディングシュートでゴールに迫るなど、スムーズな入りをみせるが、札幌が徐々に2試合ぶりの先発となるジェイを起点にしながら押し上げを図り、局面を崩しにかかる場面を増やしていく。しかし、8試合連続で失点が続くG大阪の守備陣も集中を切らさず、対応。拮抗した展開となる。 それぞれ最終局面での守備を攻略できず、決定的な形でシュートに持ち込む場面が少ない戦況で進むなか、G大阪がカウンターに転じた33分、この試合でJ1通算150試合出場の宇佐美にチャンスが巡ってくるが、右サイドの小野瀬からのクロスに頭で合わせたボールは左外。札幌も志向するポゼッションスタイルを意識しながら攻めを続け、押し込む時間も作り出したが、ラストプレーの精彩を欠いて、崩し切れない。 後半もボールの主導権を握った札幌が比較的ペースを握るが、ゴールレスの戦況が続くと、63分にそれぞれメンバーチェンジ。その最初の交代でパトリックを送り出したG大阪は70分過ぎに三浦の負傷交代に直面したが、均衡を破る。カウンターに転じた79分、左サイド敵陣深くの藤春からのクロスに中央で反応した途中出場の渡邉がヘッド。相手GKの手を弾き、左ポスト直撃の跳ね返りを渡邉自らが押し込み、G大阪が先取した。 後半に入り、なかなか攻撃の形を見いだせなかったものの、チームとして3試合ぶりとなるゴールでリードしたG大阪。札幌がたまらず4枚目の交代カードで白井を送り込み、パワープレー気味の反撃を転じるが、渡邉の今季3得点目で手にした1点のリードを守り抜いた。3試合ぶりの白星を手にしたG大阪は2連敗の悪い流れをストップ。札幌はホーム戦7試合連続で白星から遠ざかり、連勝を逃す結果に終わっている。 2020.09.19 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

駒井のスーパーミドル炸裂の札幌、好調・鳥栖を下して10試合ぶり白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節、サガン鳥栖vs北海道コンサドーレ札幌が16日に駅前不動産スタジアムで行われ、0-2で札幌が勝利した。 鳥栖で発生した新型コロナウイルスの集団感染により延期されていた一戦。ホームに迎え撃つ鳥栖(勝ち点14)は、直近5試合は3勝1分け1敗と好調が続く。3日前に行われた前節は柏レイソルに逆転勝利し、ホームで連勝を収めている。 札幌(勝ち点14)は対照的に9戦未勝利と泥沼にはまっている。同じく3日前の前節はホームに浦和レッズを迎えての一戦となったが、打ち合いの末に3-4で敗戦。ジェイが2ゴールの活躍を見せたが、今節はベンチ外となっている。 まずは3試合連続ゴール中の林をベンチスタートとした鳥栖の攻撃。7分、ボックス左でボールを受けた大畑のパスを安庸佑がシュート。巧みにマークを外してチャンスを作ったが、シュートは上に外れてしまう。 一方、不調から脱却したい札幌は、27分にアンデルソン・ロペスのパスでボックス左に抜け出した菅が相手との接触で倒れるがPKは貰えず。 両チームとも決定機を迎えるもなかなかネットを揺らせないでいる中、シュートを重ねる札幌は40分、駒井のボックス内からシュートがクロスバーを直撃。42分のチャナティップのミドルシュートはGKのファインセーブに遭った。 互いに交代カードを1枚切って迎えた後半、前半の勢いそのままに札幌が攻勢を続ける。49分には右サイドを突破した白井からパスを受けたアンデルソン・ロペスがボックス右からシュート。さらに54分には、再び白井のパスから高嶺がボールを持つと、キックフェイントで相手を躱しボックス手前からシュートを放つ。しかし、どちらもわずかに左に外れてしまった。 劣勢の鳥栖は60分に安庸佑を下げて好調の林を投入。しかし、先手を取ったのはアウェイの札幌だった。61分、相手の最終ラインからの縦パスを進藤が頭で跳ね返すと、フリーでボールを持った駒井がボックス手前から右足一閃。アウト回転のかかった強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 63分にも速攻から駒井のシュートが右ポストを直撃した札幌は菅を下げてドウグラス・オリヴェイラを投入。するとその1分後の66分、カウンターからそのドウグラス・オリヴェイラがドリブルで持ち上がると、ゴール前に走り込むアンデルソン・ロペスにラストパス。縦パスを受けたアンデルソン・ロペスは飛び出したGKの脇を通すちょこんと浮かしたシュートを流し込んだ。 10試合ぶりの勝利を大きく手繰り寄せた札幌。完全にペースを握る中で、対する鳥栖は途中出場の豊田がフィジカルを生かしてヘディングシュートを狙う。 しかし、余裕の生まれた札幌を脅かすまでには至らず、試合はこのまま終了。0-2で勝利した札幌が10試合ぶりの白星をあげた。 サガン鳥栖 0-2 北海道コンサドーレ札幌 【札幌】 駒井善成(後16) アンデルソン・ロペス(後21) 2020.09.16 21:36 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:鳥栖vs札幌】ホーム3連勝目指す鳥栖、札幌は連敗ストップで10戦ぶり白星なるか

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2020年9月16日(水) 19:30キックオフ サガン鳥栖(14位/14pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(15位/14pt) [駅前不動産スタジアム] ◆復帰後は無敗、ホームで3連勝なるか【サガン鳥栖】 前節はホームに上位の柏レイソルを迎えた一戦となったが、2-1と勝利。ホームでの連勝を飾った。 最も警戒しなければいけないFWオルンガにゴールを許し先制されたものの、しっかりと逆転勝利。上位相手にもポゼッションを高める戦いができており、活動停止による不安要素を感じさせない戦いぶりを見せている。 再開後の3試合で7ゴール、活動停止前の9試合で5ゴールしか挙げていなかったチームからは考えられない好調ぶりだ。特に、ルーキーのFW林大地が3戦連発中で攻撃陣を牽引。チーム全体として攻撃時の意思統一ができていることで、しっかりと得点を積み上げられている。 今節の相手は札幌。強力なストライカーに加え、セットプレーという武器もある。特にサイド攻撃をどう止めるのか。中2日での試合となり、19日(土)にも試合があるだけに、連戦をどう乗り越えていくのかが課題となりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、内田裕斗 MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 ◆9戦未勝利、苦境を乗り越えられるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はホームに浦和レッズを迎えての一戦となったが、打ち合いの末に3-4で敗戦。3連敗となり、これで9戦未勝利となった。 浦和戦では簡単に2失点を喫してしまったが、ジェイの高さを生かしたプレーで同点に。オウンゴールで逆転したものの、終盤に浦和の圧に押され結局敗戦となった。 同点に追いついて逆転したところまではよく、試合の展開も悪くなかったが、セットプレーとオープンな展開になったことで押し込まれてしまった。この点を2日で解消することは難しいかもしれないが、メンタル面の回復が必要だ。 北海道、佐賀県、北海道と長距離移動を伴う3連戦となる札幌にとって、この悪い流れを断ち切れないとズルズルいってしまう可能性もある。得意のサイド攻撃を生かしながら、しっかりとゴールを決められるかどうか。ボールを握られる展開になる可能性が高いだけに、しっかりと守ってから攻撃につなげたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:進藤亮佑、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:白井康介、田中駿汰、荒野拓馬、菅大輝 MF:ドウグラス・オリヴェイラ、チャナティップ FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2020.09.16 14:36 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和が0-2から一時逆転許すも柴戸弾で劇的勝利! 札幌との計7発の乱戦制す《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節の1試合が13日に札幌ドームで行われ、アウェイの浦和レッズが4-3で北海道コンサドーレ札幌を下した。 目下2連敗中で9試合ぶりの勝利を目指す12位札幌と、ここ2試合で白星から遠ざかる7位浦和の一戦。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督にとって、昨年8月以来の古巣戦となる。その札幌は前節のスタメンを5選手を入れ替え、宮澤、ルーカス・フェルナンデス、菅、駒井、チャナティップを起用。一方、4選手の変更を施した浦和はレオナルドをベンチに置き、岩波、エヴェルトン、武藤、杉本をスタートからピッチに送り出した。 立ち上がりからボールの主導権を握りにかかり、リズム良くフィニッシュの形を作り出した札幌だが、前からの守備でカウンターを狙う浦和も相手ゴールを迫っていく。すると、10分にハイラインの背後を抜け出した興梠が相手GKと一対一の展開を迎えるなど反抗した浦和は11分、バイタルエリア左からボックス左に仕掛けた関根が後追いしたチャナティップに倒され、先制機となるPKのチャンスを獲得。キッカーの杉本が冷静に沈めた。 立ち上がりからの攻勢ムードに水を差された札幌は引き続きボールを動かしながら攻め入るが、7試合ぶりの先発機会で今季初ゴールをマークした杉本が流れからも輝きを放つ。自陣右サイドの青木が相手ハイラインの背後にロングフィードを上げた20分、抜け出した杉本がバイタルエリア中央で進藤の寄せを身体でブロックして、ボックス中央から右足フィニッシュ。体勢を崩しながらボールをゴールに流し込み、札幌を突き放した。 浦和のカウンターにも晒され、立て続けの失点で試合を難しくしてしまった札幌だが、攻めの姿勢を失うことなく、チーム全体を前に押し上げると、31分に敵陣右サイドで対面の関根をドリブルで翻弄したルーカス・フェルナンデスが右足でクロスボールを供給。ファーサイドで待つジェイがバックステップを踏みながら頭で合わせると、GK西川の頭上を越したボールがゴールマウス右に吸い込まれ、前半のうちに1点を返してみせる。 チームとしても4試合ぶりの得点となり、J1ホーム通算200得点を達成した札幌はその勢いに乗じて攻勢ムードを高めると、6試合ぶりのゴールを挙げたジェイのストロングヘッダーぶりが再び炸裂する。セットプレーの流れから二次攻撃に転じた35分、敵陣右サイドの福森が左足でゴール前にクロスボールを供給。ファーサイドのジェイがトーマス・デンの頭上からヘディングシュートに持ち込むと、これが決まり、追いついた。 ジェイの2発で勢いづき、このままひっくり返しを狙う札幌はハーフタイム明けからキム・ミンテを投入した後半も立ち上がりから攻勢に回り、浦和に守りを強いる。そうしたなか、攻撃に力を注げない浦和は55分にマルティネスとレオナルドを同時投入。続く61分にも柴戸を送り込み、流れを引き寄せにかかるが、64分にアンデルソン・ロペスとドウグラス・オリヴェイラの交代カードを切り、より前がかった札幌のペースが続く。 すると、攻撃の主導権を握り続けた札幌がついに勝ち越す。右CKのチャンスを獲得した67分、キッカーの福森が左足インスイングのクロスボールを供給すると、ニアサイドの宮澤が頭で合わせようと反応。その宮澤と競り合った杉本がヘディングでクリアを試みたが、跳ね返し切れず、頭をかすめたボールが浦和のゴールマウスに吸い込まれ、札幌が逆転に成功した。 0-2から逆転を許してしまった浦和だが、それでも73分に残る交代枠で山中と汰木を投入して、反撃ムードを駆り立てると、この姿勢が実る。80分、セットプレーの流れから敵陣左サイドでボールを受けた汰木が右足でクロスボールを供給すると、これが相手GKの処理ミスを誘発。ゴール前でこぼれ球にいち早く反応した槙野が押し込み、浦和が追いついてみせる。 一歩も譲らずの戦いを転じる両者が次の1点を巡り、その後も激しい攻防戦を展開するなか、札幌が残る交代カードで高嶺と白井を送り込み、9試合ぶり白星へのこだわりをみせるが、浦和の執念が上回る。後半アディショナルタイム4分、ゴール前の柴戸がボックス右深くを突破したマルティノスの折り返しに泥臭く合わせ、土壇場で逆転。計7発の乱戦を制した浦和が柴戸の劇的な今季初ゴールで3試合ぶりの白星を手にしている。 2020.09.13 15:05 Sun
twitterfacebook