積極補強の新潟が元北朝鮮代表FW鄭大世を清水から期限付き移籍で獲得「久々に胸が高鳴った」

2020.08.25 15:11 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は25日、清水エスパルスの元北朝鮮代表FW鄭大世(36)が期限付き移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年8月26日から2021年1月31日とのこと。背番号は「49」をつける。鄭大世は、2006年に川崎フロンターレへ入団。その後、ブンデスリーガ2部のボーフムやケルンでプレー。その後Kリーグ1の水原三星ブルーウィングスに移籍。2015年途中に清水へと完全移籍した。

川崎Fと清水でJ1通算181試合に出場し65得点、J2通算37試合26得点を記録。リーグカップで33試合8得点、天皇杯で18試合9得点を記録していた。

今シーズンはここまでJ1で2試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。鄭大世はクラブを通じてコメントしている。

◆アルビレックス新潟
「情熱的なオファーをいただき、久々に胸が高鳴り、自分を必要としてくれるということに感動しました。必要とされることは、人間として、サッカー選手としてすごく幸せなことなので、本当に感謝しています。こうした思いに全力で応えていくためにも、これまで以上に情熱をもって新潟のためにプレーしたいと思います」

◆清水エスパルス
「今季最後まで清水でプレーするつもりでいましたが、自分はまだプレーできると思っていますし、試合に出場し、サッカー選手としてのキャリアを長くつづけていくためにも、新潟からのオファー受けることにしました。皆さんにはこの決断を支持、応援してくれることを願っています」

「清水ではサッカー選手として最高の時間を過ごせたと思っています。活躍しているときはもちろんですが、自分が苦しい時間を過ごしているときに、ロスタイムに出場しただけでも本当に大きな歓声を送ってくれるエスパルスサポーターの皆さんには言葉に言い表せないくらい大きな感謝の気持ちを抱いています。エスパルスでプレーし、サッカー選手として最高の幸せを味わうことができました。皆さんからいただいた恩はこの先も絶対に忘れません。ありがとうございました」

J1昇格を目指す新潟は、これまで浦和レッズからDF荻原拓也を期限付き移籍で、湘南ベルマーレからMF福田晃斗を完全移籍で獲得している。
コメント
関連ニュース
thumb

新潟MF秋山裕紀が沼津に育成レンタル 「さらなるレベルアップを目指します」

アスルクラロ沼津は14日、アルビレックス新潟に所属するMF秋山裕紀(19)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2021年1月31日まで。背番号は「33」に決定している。 秋山は前橋育英高校から新潟に昨季入団。今季のここまで明治安田生命J2リーグ11試合に出場して、先月初旬にプロA契約締結に至ったが、さらなるレベルアップを目指して沼津への武者修行を決断した。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆アスルクラロ沼津 「このたび、沼津に加えていただくことになりました。全力を尽くしていきます。シーズンは、これからもまだまだ続きます。強い覚悟を持ち、沼津を支えてくださっている皆様のために、順位をより押し上げられるよう、チームに貢献したいと思います。応援をよろしくお願いいたします」 ◆アルビレックス新潟 「これまで最高のチームメイトに囲まれながら、目標であるJ1昇格に向けて取り組んできましたが、このたび、チームを離れることにしました」 「これからはアスルクラロ沼津で、さらなるレベルアップを目指します。そして、来年は新潟に戻り、誰が見ても一回りも二回りも成長したと思ってもらえるように、頑張ってきます」 「陰ながら、新潟のことはずっと応援しています。今の選手たちなら、間違いなくJ1昇格できると信じています。その目標に向かっていくみんなに負けずに、自分も頑張ります!」 2020.09.14 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟が鄭大世の移籍後初ゴールなどで首位長崎に追いつく! 北九州は2点ビハインド追いつくも連勝は「9」でストップ《J2》

明治安田生命J2リーグ第16節の11試合が2日に各地で開催された。 デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsV・ファーレン長崎は2-2の引き分けに終わった。 4位・新潟(勝ち点25)と首位・長崎(勝ち点35)の上位対決。ポゼッションを高める長崎に対して、敵陣深くから新潟がプレスをかけて、カウンターを狙う構図となる。新潟は6分、クリアボールを拾った中島がバイタルエリア左から右足シュートを放つも、わずかにゴール左に外れた。 一進一退の攻防で試合は進み、ゴールレスで前半を終えるかに思われた43分に長崎がスコアを動かす。右CKを獲得すると、キッカーの大竹がインスイングのクロスを供給。新潟FW渡邉のクリアミスを誘発して先制に成功する。 さらに長崎は後半立ち上がりの47分、左サイドでのコンビネーションから秋野がクロスを供給。ゴール前で大竹が対峙した萩原に競り勝ってヘディングシュート。これがゴールネットを揺らし、リードを2点に広げる。 後半半ばにかけて長崎の猛攻を凌いだ新潟は63分、中島がボックス中央手前からグラウンダーの強烈なシュートを放つと、GK徳重の弾いたボールにいち早く反応した途中出場の鄭大世が押し込んで、1点を返す。 さらに試合終盤にかけて圧を強める新潟。後半アディショナルタイム、左サイドを突破したロメロ・フランクがボックス左からマイナスに折り返す。ボックス中央でボールを受けた本間がワンタッチで相手DFを剥がして右足シュート。GK徳重に触られるも、ボールは勢いそのままにゴールネットに突き刺さった。 試合はこのまま2-2で終了。2点を守りきれなかった長崎は首位キープも4連勝を逃した。一方、鄭大世の移籍後初ゴールなどで追いついた新潟は4戦無敗としている。 また、9連勝中で2位のギラヴァンツ北九州(勝ち点34)はアウェイで7位の栃木SC(勝ち点22)と対戦。試合序盤からボールを保持するものの、栃木にペースを握られると30分、左サイドから供給されたクロスボールのこぼれ玉を西谷にワントラップから豪快なシュートを決められてしまう。 1点ビハインドで試合を折り返した北九州は後半開始早々の50分にも失点。栃木は左サイド敵陣中央から瀬川がロングスロー。ボックス内で受けた明本の胸コントロールからの左足ボレーシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 ここまで決定機のなかった北九州だが75分から反撃。左サイドのハーフウェイライン付近からの縦パスを鈴木が丁寧に落とす。これを町野がボックス中央手前から右足シュート。ゴール左にを捉え1点を返す。 続く82分には横に揺さぶりながら攻撃を試みて、岡村が右サイドへ展開。永田、新垣、町野とダイレクトで繋いで、最後はゴール前の鈴木がボックス中央からダイレクトシュートをゴールに流し込んで同点に追いついてみせる。しかし、逆転するまでに至らず、北九州の連勝は「9」でストップしている。 その他、上位陣では3位の徳島ヴォルティス(勝ち点30)が水戸ホーリーホックに1-2で敗戦。5位・ジュビロ磐田と6位・東京ヴェルディの同勝ち点対決は2-2の痛み分けに終わっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第16節 ▽9/2(水) モンテディオ山形 0-0 レノファ山口FC 栃木SC 2-2 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 京都サンガF.C. ジェフユナイテッド千葉 2-2 アビスパ福岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 アルビレックス新潟 2-2 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 2</span>-1 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 1</span>-0 松本山雅FC 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> ジュビロ磐田 2-2 東京ヴェルディ 2020.09.02 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮や新潟でプレーしたMFカウエがポルトガル1部のベレネンセスへ完全移籍

ポルトガル・プリメイラリーガのベレネンセスは17日、ブラジル人MFカウエ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ブラジルのサント・アンドレやコリンチャンスでプレーしたカウエは、ポルトガルのレイショエンスやオルハネンセでプレー。その後もルーマニアやアゼルバイジャン、イスラエルなどでプレーし、2017年7月にモレイレンセから大宮アルディージャへと完全移籍した。 2018年8月にはアルビレックス新潟へとレンタル移籍。2019年1月には完全移籍で加入。2020年2月に退団していた。 J1リーグでは14試合に出場し1ゴール、J2リーグでは48試合に出場し6ゴール4アシストを記録。今シーズンはキャプテンにも就任していたが、両者合意の下で契約解除となり、2月に退団していた。 2020.08.18 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟、今季湘南加入の福田晃斗を完全移籍で獲得 「J1の切符をつかみましょう」

アルビレックス新潟は17日、湘南ベルマーレに所属するMF福田晃斗(28)の完全移籍加入を発表した。背番号は「17」を着用する。 福田は名古屋グランパスU-15、四日市中央工高校、鹿屋体育大学を経て、2013年にサガン鳥栖入り。今季から完全移籍で湘南に活躍の場を移して、ここまで明治安田生命J1リーグ5試合、YBCルヴァンカップ2試合に出場している状況だった。 19日から新潟に合流する福田はクラブ公式サイトを通じて、「アルビレックス新潟のJ1昇格への強い執念や熱意に心を動かされました。J1に上がることだけを目標にして頑張ります。共にJ1の切符をつかみましょう」とコメントしている。 また、わずか半年での退団が決まった湘南の公式サイトを通じては「湘南ベルマーレを愛する皆様、短い間でしたが応援ありがとうございました。湘南ベルマーレでサッカーできたことを誇りに思います。そして、サポーターの方々の熱い応援に心から感謝いたします」と述べている。 J2リーグを戦う新潟は現在、4勝6分け2敗の8位。19日に行われる次節、6位の京都サンガF.C.をホームに迎え撃つ。 2020.08.17 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「J1昇格。求めていることはそれだけ」新潟が浦和生え抜きのDF荻原拓也を期限付きで獲得

アルビレックス新潟は12日、浦和レッズのDF荻原拓也(20)が期限付き移籍で加入することを発表した。 なお、移籍期間は2020年8月13日から2021年1月31日となり、浦和との公式戦には出場できない。背番号は「7」をつける。 荻原は、浦和の下部組織出身で2018年にトップチームへ昇格。これまでJ1で13試合に出場。リーグカップで11試合2得点、天皇杯で3試合に出場していた。 今シーズンもJ1で1試合に出場し、カップ戦も2試合に出場している。 荻原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「J1昇格。自分が求めていることはそれだけです」 「自覚と責任を持つためにもこの背番号を希望して、理解していただいたクラブには感謝しかありません。毎試合すべての力を出し切り、チームの勝利に必ず貢献します」 「アルビレックス新潟サポーターのみなさん、応援よろしくお願いします!」 ◆浦和レッズ 「このたび、アルビレックス新潟へ期限付き移籍をすることになりました」 「ジュニアユースからずっと過ごしてきた大好きなこのクラブから離れる決断は、決して簡単ではありませんでした。チームの力になれなかったことに力不足と悔しさを感じています」 「ファン・サポーターのみなさんには、常に僕に対して期待感をもっていただき、気持ちのこもったご声援をいただいたこと、本当に感謝をしています」 「クラブにも、ファン・サポーターのみなさんにも必要とされる選手になって必ず戻ってきます」 2020.08.12 12:35 Wed
twitterfacebook