積極補強の新潟が元北朝鮮代表FW鄭大世を清水から期限付き移籍で獲得「久々に胸が高鳴った」

2020.08.25 15:11 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は25日、清水エスパルスの元北朝鮮代表FW鄭大世(36)が期限付き移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年8月26日から2021年1月31日とのこと。背番号は「49」をつける。鄭大世は、2006年に川崎フロンターレへ入団。その後、ブンデスリーガ2部のボーフムやケルンでプレー。その後Kリーグ1の水原三星ブルーウィングスに移籍。2015年途中に清水へと完全移籍した。

川崎Fと清水でJ1通算181試合に出場し65得点、J2通算37試合26得点を記録。リーグカップで33試合8得点、天皇杯で18試合9得点を記録していた。

今シーズンはここまでJ1で2試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。鄭大世はクラブを通じてコメントしている。

◆アルビレックス新潟
「情熱的なオファーをいただき、久々に胸が高鳴り、自分を必要としてくれるということに感動しました。必要とされることは、人間として、サッカー選手としてすごく幸せなことなので、本当に感謝しています。こうした思いに全力で応えていくためにも、これまで以上に情熱をもって新潟のためにプレーしたいと思います」

◆清水エスパルス
「今季最後まで清水でプレーするつもりでいましたが、自分はまだプレーできると思っていますし、試合に出場し、サッカー選手としてのキャリアを長くつづけていくためにも、新潟からのオファー受けることにしました。皆さんにはこの決断を支持、応援してくれることを願っています」

「清水ではサッカー選手として最高の時間を過ごせたと思っています。活躍しているときはもちろんですが、自分が苦しい時間を過ごしているときに、ロスタイムに出場しただけでも本当に大きな歓声を送ってくれるエスパルスサポーターの皆さんには言葉に言い表せないくらい大きな感謝の気持ちを抱いています。エスパルスでプレーし、サッカー選手として最高の幸せを味わうことができました。皆さんからいただいた恩はこの先も絶対に忘れません。ありがとうございました」

J1昇格を目指す新潟は、これまで浦和レッズからDF荻原拓也を期限付き移籍で、湘南ベルマーレからMF福田晃斗を完全移籍で獲得している。
コメント
関連ニュース
thumb

他クラブからオファーの新潟「10」番MF本間至恩が契約更新「初めてオファーをいただいて悩んだ」

アルビレックス新潟は25日、MF本間至恩(20)との契約更新を発表した。なお、背番号はひき続き「10」をつける。 本間は新潟の下部組織出身。2017年、2018年とトップチームに2種登録されると、2017年にリーグカップでトップチームデビュー。2018年にはJ2リーグでデビューを果たした。 正式昇格を果たした2019年には28試合に出場し3得点を記録。2020シーズンは40試合に出場し7得点を記録し、キャリアハイの数字を残していた。 本間はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンもアルビレックス新潟で戦うことを決断いたしました。この決断に至るまで、たくさんの方々にご心配をおかけし、本当に申し訳ありませんでした」 「プロサッカー選手として、より高い目標を持ち、自分の力を試したいと常に考えています。その中で、今回オファーをいただいたこと、また、初めてオファーをいただいて悩んだことも正直に伝えます」 「別の環境に身を置くのか、それとも生まれ育った地元のクラブでもっと力をつけるべきなのか、長い時間をかけて自問自答しました。いろいろな想いが寄せては返すうちに、温かい声援を送り続けてくださる新潟サポーターの皆さんの存在を大きく感じていることに改めて気付きました」 「そして今、新潟の選手として、一瞬も気を緩めずに戦おうと決意しています。チームの目標達成のために自分が持っている力をすべて注ぎ、プレーで貢献します。これまで以上にサッカーと向き合って、成長していきます。今年こそJ1に行きましょう!」 2021.01.25 10:01 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟退団のMF森俊介、奈良クラブに移籍「J3昇格という目標を必ず達成」

アルビレックス新潟は22日、昨季限りで退団したMF森俊介(26)がJFLの奈良クラブに加入することを発表した。 2017年に関西学院大学から新潟に入団した森は2018年に東京ヴェルディのレンタル移籍を経験。翌年に復帰を果たすも、昨季は明治安田生命J2リーグ1試合の出場に留まり、昨年12月15日に契約満了が発表されていた。 新天地が奈良クラブに決定した森は、クラブ公式サイトを通じて以下のように意気込んでいる。 「はじめまして! アルビレックス新潟から加入することになりました森俊介です。4年ぶりに関西でプレー出来る事が凄く楽しみです。コロナで大変な時期ではありますが、サッカーが出来る事に感謝して日々努力していきます。J3昇格という目標を必ず達成して奈良を盛り上げたいと思います。よろしくお願いします!」 2021.01.22 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪U-18のMF近藤蔵波がアルビレックス新潟シンガポールに加入内定、J3で通算11試合1得点

セレッソ大阪は20日、U-18に所属しているMF近藤蔵波(18)がアルビレックス新潟シンガポールに加入することが内定したと発表した。 近藤は徳島県出身で、U-15からセレッソ大阪に所属。2019シーズンからはC大阪 U-23としてプレーしていた。 2019シーズンは明治安田J3で4試合に出場。2020シーズンは明治安田J3で7試合に出場し1得点を記録していた。 シンガポールでのプレーを選んだ近藤はクラブを通じてコメントしている。 「2021年からアルビレックス新潟シンガポールに加入することになりました。セレッソでの6年間、自分をサポートして頂き本当に感謝しています」 「次のステージで活躍できるように全力で頑張るので、応援よろしくお願い致します」 2021.01.20 13:03 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟DF長谷川巧、レンタル先の金沢から満を持して復帰! 「成長した姿を」

アルビレックス新潟は12日、DF長谷川巧(22)の復帰を発表した。 新潟下部組織出身の長谷川は2017年にトップチーム昇格後、2018年7月からザスパクサツ群馬に育成型期限付き移籍。2019年から期限付きでツエーゲン金沢に加わり、2020年は明治安田生命J2リーグ31試合1得点を記録した。 その後、金沢とのレンタル期間満了により、退団が決定していた長谷川。新潟復帰決定を受け、両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「ツエーゲン金沢から復帰することなりました。アルビレックス新潟でプレーさせてもらえることに感謝しています。2年半、他のクラブで成長した姿をお見せできるよう、チームの目標のJ1昇格に貢献できるように覚悟を持って闘います! 応援よろしくお願いします!!」 ◆ツエーゲン金沢 「2年間本当にお世話になりました。一昨年大怪我をした時もサポーターの方に暖かい声をかけて頂き、それを励みにリハビリを頑張ることができ、去年無事に復帰することができました。本当に感謝しています。ツエーゲン金沢の選手として試合に出ることができて本当に幸せでした」 「最後にこの場をお借りして、監督をはじめチームスタッフの皆さん、選手の皆さん、そしてファン・サポーターの皆さん、ツエーゲン金沢に関わる全ての皆様に感謝を申し上げます。2年間本当にありがとうございました!!!」 2021.01.12 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

金沢が昨季31試合出場のDF長谷川巧の期限付き移籍満了を発表

ツエーゲン金沢は9日、アルビレックス新潟から期限付き移籍で加入していたDF長谷川巧(22)の移籍期間満了を発表した。 長谷川は新潟の下部組織出身で、2017年にトップチーム昇格。2019年から金沢に期限付き移籍していた。 2019シーズンは明治安田J2で27試合に出場すると、2020シーズンは31試合に出場し1得点を記録していた。 2021.01.09 12:54 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly