積極補強の新潟が元北朝鮮代表FW鄭大世を清水から期限付き移籍で獲得「久々に胸が高鳴った」

2020.08.25 15:11 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は25日、清水エスパルスの元北朝鮮代表FW鄭大世(36)が期限付き移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年8月26日から2021年1月31日とのこと。背番号は「49」をつける。鄭大世は、2006年に川崎フロンターレへ入団。その後、ブンデスリーガ2部のボーフムやケルンでプレー。その後Kリーグ1の水原三星ブルーウィングスに移籍。2015年途中に清水へと完全移籍した。


川崎Fと清水でJ1通算181試合に出場し65得点、J2通算37試合26得点を記録。リーグカップで33試合8得点、天皇杯で18試合9得点を記録していた。

今シーズンはここまでJ1で2試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。鄭大世はクラブを通じてコメントしている。

◆アルビレックス新潟
「情熱的なオファーをいただき、久々に胸が高鳴り、自分を必要としてくれるということに感動しました。必要とされることは、人間として、サッカー選手としてすごく幸せなことなので、本当に感謝しています。こうした思いに全力で応えていくためにも、これまで以上に情熱をもって新潟のためにプレーしたいと思います」

◆清水エスパルス
「今季最後まで清水でプレーするつもりでいましたが、自分はまだプレーできると思っていますし、試合に出場し、サッカー選手としてのキャリアを長くつづけていくためにも、新潟からのオファー受けることにしました。皆さんにはこの決断を支持、応援してくれることを願っています」

「清水ではサッカー選手として最高の時間を過ごせたと思っています。活躍しているときはもちろんですが、自分が苦しい時間を過ごしているときに、ロスタイムに出場しただけでも本当に大きな歓声を送ってくれるエスパルスサポーターの皆さんには言葉に言い表せないくらい大きな感謝の気持ちを抱いています。エスパルスでプレーし、サッカー選手として最高の幸せを味わうことができました。皆さんからいただいた恩はこの先も絶対に忘れません。ありがとうございました」

J1昇格を目指す新潟は、これまで浦和レッズからDF荻原拓也を期限付き移籍で、湘南ベルマーレからMF福田晃斗を完全移籍で獲得している。
関連ニュース
thumb

新潟DF長谷川巧が手術、左ヒザ前十字じん帯損傷で全治8カ月

アルビレックス新潟は2日、DF長谷川巧の手術を発表した。 クラブの発表によると、長谷川は2月5日のトレーニング中に負傷。左ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、2月18日に関連病院で手術を行ったとのことだ。 なお、全治は約8カ月の見込みとなっており、今シーズンの大半を欠場することとなった。 新潟下部組織出身の長谷川は、2017年にトップチーム昇格。2018年7月からザスパクサツ群馬に育成型期限付き移籍。2019年から期限付き移籍でツエーゲン金沢に加わり、今シーズンから復帰していた。 2021.03.02 14:57 Tue
twitterfacebook
thumb

徳島GK瀬口拓弥が新潟にレンタル 「熟考した結果」

アルビレックス新潟は1日、徳島ヴォルティスからGK瀬口拓弥(32)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「22」を着用する。 瀬口は2011年に流通経済大学からカマタマーレ讃岐に加入後、2020年に徳島入り。先月27日に行われた明治安田生命J1リーグ開幕節の大分トリニータ戦はベンチ外だった。 3日から新潟に合流する瀬口は移籍を受け、両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「アルビレックス新潟のファン、サポーターの皆様。はじめまして! 徳島ヴォルティスから移籍してきました瀬口拓弥です。今回ご縁をいただきアルビレックス新潟でプレーさせていただくことになりました。クラブの掲げる『挑』という姿勢のように、私自身も日々挑戦し、J1昇格するために全力で取り組んでいきます。応援よろしくお願いいたします」 ◆徳島ヴォルティス 「急な移籍発表となり申し訳ございません。移籍か残留か、年齢や現状などを踏まえ、熟考した結果、移籍することが最善であると考え決断いたしました。試合に出場できず、クラブに貢献できなかったのは心残りですが、徳島ヴォルティスに関わる全ての皆様と掴み取ったJ1昇格、J2優勝は本当に嬉しく、そのチームの一員であったことは私の誇りです」 「今季のJ1リーグは例年以上に厳しいシーズンになるかと思います。ファン、サポーターの皆さまの熱い応援で、選手、スタッフ、クラブを支えてほしいです。よろしくお願いいたします。短い間でしたがありがとうございました」 2021.03.01 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟GK小島亨介が手術で全治4カ月…「必ず復帰し、チームに貢献」

アルビレックス新潟は1日、GK小島亨介の離脱を報告した。 小島は左脛骨疲労骨折により、先月9日に関連病院で手術。離脱期間は術後4カ月の見込みだという。2020年に大分トリニータから加わり、明治安田生命J2リーグ22試合でゴールマウスを守った小島は離脱を受け、完全復活に向けて意気込みを語っている。 「今回の発表のとおり、昨年5月に行った手術と同じ場所を手術しました。前回よりも頑丈にする手術です。シーズン開幕前にケガを負い、個人としてもチームとしても、大事な時期に離脱してしまい、とても悔しいです」 「『アルビレックス新潟のために』。昨年、アルビレックス新潟の一員としてシーズンを過ごし、今シーズンもアルビレックス新潟のために、さらに強い覚悟と責任を持って戦っていきます」 「今回の手術も、チームトレーナーやドクターと相談したうえで、自分の持っている力を最大限に発揮するためのベストな選択です。無事に手術も終え、復帰に向けて前向きな気持ちで日々取り組んでいます」 「必ず復帰し、チームに貢献します。どうか待っていてください」 新潟は先月27日に行われたJ2リーグ開幕節でギラヴァンツ北九州とのアウェイ戦に臨み、4-1で勝利。ホーム開幕戦となる次節は6日に行われ、V・ファーレン長崎と対戦する。 2021.03.01 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟が10年ぶり復帰の千葉和彦弾などで北九州を4発粉砕! 昨季昇格ならずの長崎も白星スタート【明治安田J2第1節】

27日、2021シーズンの明治安田生命J2リーグが開幕を迎えた。 今シーズンもJ1への昇格枠は2つ、降格枠は4つというシーズン。激しいシーズンがここからスタートする。 昨シーズンのJ2で5位のギラヴァンツ北九州と、11位のアルビレックス新潟の一戦は、1-4で新潟が快勝スタートとなった。 試合は29分に新潟が先制する。新潟は右CKを獲得すると、島田譲のクロスに対してボックス中央で千葉和彦がヘッド。2011年以来10年ぶりに復帰した千葉が先制ゴールを決め、新潟がリードする。 先制を許したホームの北九州だったが、前半のうちに追いつく。41分、六平光成からのフィードを上手く抜け出した富山貴光がトラップ。落ち着いてシュートを流し込み、北九州が追いつく。 1-1で迎えた後半も新潟がペースを握ることに。すると57分には右サイドを突破。髙木義明がボックス右からクロスを送ると、鈴木孝司がヘッドで合わせて新潟が勝ち越しに成功する。このプレーはヘディングの前に鈴木の手にボールが当たっていたために北九州の選手たちはハンドをアピールするが、J2ではVARが採用されていないためゴールが認められた。 さらに新潟は60分、再び右サイドを攻め立てると、藤原奏哉がボックス右からグラウンダーのクロス。これをニアで佐藤喜生が触るとオウンゴールとなり、新潟がリードを広げる。 さらに75分には右サイドからのクロスをファーサイドにいた本間至恩がボックス内でトラップ。冷静に相手DFをかわしてシュートを決めて勝負あり。新潟が4得点を奪って開幕戦で快勝した。 もう1試合は昨シーズン3位のV・ファーレン長崎と18位のツエーゲン金沢の一戦。試合は早々に動く。 4分、右CKを獲得すると秋野央樹のクロスを富樫敬真がニアサイドでフリック。最後は毎熊晟矢が押し込んで、長崎が早々に先制する。 さらに15分には右サイドを仕掛けるとスルーパスに抜け出したルアンがマイナスのリターン。ポッカリと空いたところに走り込んだカイオ・セザールが豪快に蹴り込み、長崎がリードを2点とする。 リードを許した金沢は後半にスコアを動かす。53分、大宮アルディージャから新加入の嶋田慎太郎が左サイドからのグラウンダーのパスをボックス手前中央で受けると、そのまま左足を一閃。ゴール右にシュートが決まり1点を返す。 しかし、その後の金沢の反撃は実らずにタイムアップ。長崎がリードを守りきって勝利を収めた。 なお、その他の9試合は28日(日)に開催される。 ◆明治安田生命J2リーグ開幕節 ▽2月27日(土) ギラヴァンツ北九州 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 ツエーゲン金沢 ▽2月28日(日) SC相模原 vs 京都サンガF.C. 水戸ホーリーホック vs 大宮アルディージャ 栃木SC vs ファジアーノ岡山 ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田 ジェフユナイテッド千葉 vs ヴァンフォーレ甲府 FC町田ゼルビア vs モンテディオ山形 東京ヴェルディ vs 愛媛FC FC琉球 vs ジュビロ磐田 レノファ山口FC vs 松本山雅FC 2021.02.27 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

給与の問題で新潟を退団したMFシルビーニョがブラジル2部のCSAへ加入

アルビレックス新潟で2シーズンを過ごしたブラジル人MFシルビーニョが、母国クラブへと加入した。 シルビーニョの獲得を発表したのは、セントロ・スポルチーボ・アラゴアーノ(CSA)。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)に所属するクラブだ。 シルビーニョは、サンパウロやポンチ・プレッタ、クリシューマ、シャペコエンセなどブラジル国内のクラブの他、オーストリアのLASKリンツや韓国の城南FCでもプレー。2019年1月にペナポレンセから新潟へと加入した。 新潟では2シーズンプレーし、明治安田J2で通算50試合に出場し7ゴールを記録。2020シーズンキャプテンも務めていたが、2020シーズン限りで契約満了となり退団していた。 そのシルビーニョは『ESPN』のインタビューで日本でプレーしたかったことを明かしたものの、「コロナウイルスの影響で契約更新が難しかった。年俸が高いと言われ、更新をしようとしたけど、うまくいかなかったんだ」と給与面の問題で新潟と契約を結べなかったと告白。しかし、結局日本でのプレーを諦め、母国へと復帰することとなった。 2021.02.16 09:54 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly