東京V、明治大のMF持井響太&FW佐藤凌我が来季加入内定!

2020.08.24 16:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(C)TOKYO VERDY
東京ヴェルディは24日、明治大学のMF持井響太(21)、FW佐藤凌我(21)の2選手の2021シーズンからの加入内定を発表した。兵庫県出身の持井は滝川第二高校から明治大に進学、昨年終盤に長期離脱を強いられたものの、日本高校選抜候補に選出された経験もある小兵ドリブラーだ。

一方、福岡県出身の佐藤は東福岡高校から明治大に進学。スピードと推進力に優れたストライカーは全日本大学選抜にも選出されている実力者だ。

なお、東京Vへの加入が内定した両選手はクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。

◆持井響太
「来季から東京ヴェルディに加入が決まりました明治大学の持井響太です。東京ヴェルディという歴史ある素晴らしいクラブで、幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としての第一歩を踏み出せることを大変嬉しく思います。これまで私を支えてくださった多くの方々への感謝の気持ちをピッチで体現します。そして、怯まず驕らず溌剌と、一日でも早くチームの勝利に貢献できるよう、より一層の自覚と覚悟を持って日々努力します。応援よろしくお願いいたします」

◆佐藤凌我
「来季から東京ヴェルディに加入する事になりました、明治大学の佐藤凌我です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを東京ヴェルディという歴史と伝統のある素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います。家族をはじめ、これまで支えて下さった全ての方々への感謝の気持ちを、熱いプレーと結果で表現していきたいと思います。謙虚にひたむきにプレーし、1日でも早くチームの勝利に貢献できるよう、又、多くの皆様に感動や喜びをお届けできるよう日々精進していきます。応援よろしくお願いいたします」

近年はJリーグ屈指のアカデミー主体の補強方針を継続していた東京Vだが、今シーズンから江尻篤彦氏を強化部長、堀孝史氏をスカウト部長に入閣させ、大学生の即戦力に目を向けていた。

そういった中、両氏の出身校でもある大学サッカー界屈指の名門、明治大から2人の新戦力を迎え入れることになった。

なお、東京Vではユース出身で、現在は中央大学に在籍するDF深澤大輝(22)の来季加入内定がすでに決定している。
コメント
関連ニュース
thumb

福岡が長崎との“九州ダービー”制して7連勝! 東京Vが首位の北九州を撃破《J2》

明治安田生命J2リーグ第22節の7試合が27日に各地で行われた。 トランスコスモススタジアム長崎では、2位・V・ファーレン長崎と4位・アビスパ福岡の“九州ダービー”が開催された。火花散る一戦は14分に福岡が遠野のゴールで先取点を奪取。後半立ち上がりにはその遠野がGKとの一対一を制して追加点をマークする。さらに65分、フアンマ・デルガドの落としを石津が左足で華麗に決めて3点差に。長崎は終了間際に名倉が1点を返すもそこまで。アウェイの福岡が今季ホーム戦負けなしの長崎を3-1で撃破し、7連勝を達成した。 味の素フィールド西が丘で首位のギラヴァンツ北九州と対戦した11位の東京ヴェルディは、23分の小池のゴールを死守して1-0で勝ち点3をもぎ取った。北九州はこの敗戦によって徳島ヴォルティスと勝ち点が「44」で並び、得失点差で首位の座を明け渡す格好となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽9/27(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 ジュビロ磐田 V・ファーレン長崎 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 3</span>-1 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 2</span>-0 FC町田ゼルビア FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ジェフユナイテッド千葉</span> レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span> ▽9/26(土) アルビレックス新潟 1-1 ヴァンフォーレ甲府 京都サンガF.C. 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 大宮アルディージャ</span> 徳島ヴォルティス 1-1 松本山雅FC 愛媛FC 0-0 ツエーゲン金沢 2020.09.27 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

東京V、MF澤井直人が入籍! 「常に1番側で支えてもらい感謝の気持ちでいっぱい」

東京ヴェルディは26日、MF澤井直人(25)の一般女性との入籍を発表した。 先月22日に入籍した澤井は、クラブ公式サイトを通じて新たな決意を口にしている。 「私事ですが、7月22日に入籍しました。妻には出会ってからこれまでどんな時も常に1番側で支えてもらっており感謝の気持ちでいっぱいです」 「より一層責任感をもってチームの為、家族の為に戦っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願い致します!」 東京ヴェルディジュニアからヴェルディ一筋のキャリアを歩んでいた澤井は、2014年にトップチーム昇格。2018年には提携クラブのACアジャクシオ(フランス2部)への1年間の武者修行も経験。昨年途中に復帰を果たすと、今シーズンここまでは明治安田生命J2リーグで4試合に出場している。 2020.08.26 13:38 Wed
twitterfacebook
thumb

盛岡、東京VからMF中野雅臣が期限付き移籍で加入!

いわてグルージャ盛岡は24日、東京ヴェルディからMF中野雅臣(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2021年1月31日までとなる。 ジュニアユース時代から東京Vの育成組織でプレーしてきた中野は、2015年にトップチーム昇格。2017年7月からの約2年半はFC今治に期限付き移籍していた。 東京Vへの復帰を果たした今シーズンは、U-17日本代表として2013年のFIFA U-17ワールドカップで指導を受けた吉武博文氏のコーチ就任に伴い、飛躍が期待されたが、明治安田生命J2リーグで途中出場1試合の出場にとどまっていた。 盛岡への移籍決定に際して、中野は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 ◆いわてグルージャ盛岡 「東京ヴェルディから加入する事になりました、中野雅臣です。1日も早くいわてグルージャ盛岡の力になる為に、精一杯頑張ります。応援宜しくお願いします!」 ◆東京ヴェルディ 「この度、いわてグルージャ盛岡に移籍することになりました。ヴェルディの力になるにはもっと成長が必要と感じ、移籍を決断しました。自分の力を必要としていただけるチームがあることに感謝し、覚悟を持って行ってきます」 2020.08.24 14:44 Mon
twitterfacebook
thumb

東京V、U-19日本代表候補DF佐古真礼が来季トップチーム昇格! 193cmの左利きCB

東京ヴェルディは23日、東京ヴェルディユース所属のDF佐古真礼(17)が2021シーズンからトップチームに昇格することを発表した。 東京都出身の佐古は、東京Vのサッカースクール、クラブのアカデミーに在籍する生え抜き。193cmの長身に加え、東京V出身らしい足元の技術を持つ左利きのセンターバックは、U-15日本代表から世代別代表チームの常連であり、現在はU-18日本代表、U-19日本代表候補にも選出される逸材だ。また、今回のトップチーム昇格に先駆けて今シーズンは2種登録されている。 幼少期から東京V一筋のキャリアを歩む佐古はトップチーム昇格に際し、クラブ公式サイトを通じて意気込みを口にしている。 「来季から東京ヴェルディトップチームに昇格することになりました、佐古真礼です。『ヴェルディ生まれヴェルディ育ち』として、クラブへの恩や感謝の想いをピッチの上で表現したいと思います。少しでも早くチームに貢献して、ヴェルディを日本一のクラブにできるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします!」 2020.08.23 13:36 Sun
twitterfacebook
thumb

東京Vの若き主将MF藤本寛也がポルトガル1部に移籍! 「ヴェルディでサッカーができて心の底からよかった」

東京ヴェルディは5日、MF藤本寛也(21)がポルトガル1部のジル・ヴィセンテに期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2020年8月9日から2021年5月31日までとなる。 山梨県出身の藤本は東京ヴェルディジュニアに加入後、ジュニアユース、ユースを経て2018年にトップチームに昇格。すぐさまスペイン屈指の智将、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(現セレッソ大阪)の信頼を集めると、デビューシーズンは明治安田生命J2リーグで25試合3ゴールを挙げる活躍を披露した。 2年目となった昨季はユース時代の恩師である永井秀樹監督の就任後、MF渡辺皓太の横浜F・マリノス移籍に伴い、新キャプテンに就任したが、昨年8月の公式戦中に負った右ヒザ前十字じん帯損傷及び半月板損傷の重傷によって、同シーズンはリーグ戦16試合の出場に留まった。 迎えた今シーズンは引き続きキャプテンマークを託された中、ここまでのJ2リーグ7試合に出場。リーグ再開戦となったFC町田ゼルビア戦では試合終盤に待望の復帰後初ゴールとなるPKを決めていた。 また、高精度の左足と高い戦術眼を併せ持つ逸材レジスタは、U-15から日本代表の世代別チームに招集され、昨年行われたFIFA U-20ワールドカップでも主力として活躍していた。 ジュニア時代から9年間を過ごした東京Vを離れ、海外初挑戦となる藤本はクラブ公式サイトを通じて、確固たる決意を口にしている。 「この度ポルトガルのジルヴィセンテに移籍することになりました。12歳からヴェルディでサッカーをしてきて約9年間、喜怒哀楽を経験してきて人としてもサッカー選手としても様々な面で成長できたと思います。この約9年間、ヴェルディで過ごしてきた日々は自分にとって一番大事な宝物です」 「ヴェルディでなければ、今の自分はいないと思います。過ごしてきた日々を振り返れば振り返るほどヴェルディでサッカーができて心の底からよかったなと感じます」 「これまで一緒にサッカーをしてきた仲間、スタッフの皆さん、そしてクラブに関わっているファン、サポーターの方々には本当に感謝しています。自分で決めた決断に責任と覚悟を持って、ポルトガルで頑張ります。ありがとうございました」 なお、8月8日に本拠地味の素スタジアムで開催されるJ2第10節のFC琉球戦後にチームを離れる。 2020.08.05 17:47 Wed
twitterfacebook