ローマ、米『フリードキン』へのクラブ売却が合意! パロッタ体制終焉でロマニスタに朗報!

2020.08.06 16:27 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは5日、アメリカの『フリードキン・グループ』とのクラブ売却交渉が合意に達したと発表した。なお、正式契約は6日夜に予定されており、8月末までにすべての取引を完了させる見通しとのことだ。

ローマの過半数株主である『AS Roma SPV, LLC』が、イタリアの証券市場を規制する政府機関『CONSOB』に提出した財務報告書によると、『AS Roma SPV, LLC』は、『フリードキン』に対してクラブ経営権を含む関連資産を売却し、『フリードキン』は関連負債を引き取ることになるという。

株式売却に関してはチームに関連する3.3%、『AS Roma SPV, LLC』の関連会社である『NEEP Roma Holding S.p.A』が保有する83.3%を合わせた86.6%が『フリードキン』に売却されるという。

また、すべての取引が完了した場合、『フリードキン』はチームの発行済株式(約13.4%)を対象とした強制的な公開買付けを開始する義務を負うことになる。
今回のクラブ売却合意を受け、ジェームズ・パロッタ会長、『フリードキン・グループ』の代表を務めるダン・フリードキン氏は、以下のようなコメントを残している。

◆ジェームズ・パロッタ会長
「ASローマの売却に関して、フリードキン・グループとの合意を確認できたことを嬉しく思う。我々は今夜契約書にサインし、今後数日のうちに、クラブの売却に繋がる正式な法的手続きを完了させるために協力していくことになる。この1カ月間、ダンとライアン・フリードキンは、この契約を完成させ、クラブを前向きに前進させることに全力で取り組んでくれた。彼らがASローマの将来の偉大なオーナーになることを確信している」

◆ダン・フリードキン氏
「フリードキン・グループのスタッフ全員が、この象徴的な街とクラブの一員になるための一歩を踏み出せたことをとても嬉しく思っている。一日も早く交渉を完了させ、ASローマのファミリーに浸れることを楽しみにしている」

今回の合意によってローマの新オーナーになることが決定的となったダン・フリードキン氏は、アメリカにおける『トヨタ自動車』のメジャーディーラーの1つ、『Gulf States Toyota Distributors』のチェアマンを務める実業家だ。

両者は昨年からクラブ売却に向けた交渉を行っており、今年2月末には7億ユーロ(約877億円)の金額で大筋合意に至っていた模様だが、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによって両者は一時交渉をストップ。その間にコロナ禍による経済への深刻な打撃もあり、『フリードキン』サイドが大幅な減額での再オファーを掲示すると、5月末に一時交渉が決裂していた。

しかし、パロッタ会長自身が深刻な財政問題を抱えていたこともあり、最終的には5億~6億ユーロ(約626億~751億円)という条件での合意となった模様だ。

2011年にアメリカ系投資グループによって買収されたローマは、2012年8月にパロッタ氏が会長職に就任。この間に財政状況を好転させ、2017-18シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出の快挙も成し遂げた。

その一方で、遅々として進まぬ新スタジアム建設、フランチェスコ・トッティダニエレ・デ・ロッシと2人のバンディエラの退団というネガティブな話題も目立ち、近年ほとんどローマを訪問しないパロッタ会長への不満は高まっていた。

さらに、今年に入って巨額の負債が明らかになっており、今夏の移籍市場に向けては多くの主力の放出を余儀なくされると見られていた。だが、『フリードキン』へのクラブ売却が合意に至ったことで、今後に向けて少しずつ光明を見いだせそうだ。

なお、今季のセリエAを5位フィニッシュしたローマは、6日に中立地ドイツで行われるヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16でセビージャと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

ジダン、ヨビッチの今夏レンタルを許可? 新天地はセリエA濃厚か

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、セルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)のレンタル移籍を許可したようだ。 昨夏にフランクフルトから加入したヨビッチは新たなエースストライカー候補として期待されていたが、昨シーズンは公式戦27試合の出場で2得点2アシストと期待外れの結果に終わった。 そのため、今夏の移籍市場が開く前の段階ではわずか1年で完全移籍で放出することも辞さない構えを見せていた。 ただ、スペイン『アス』が伝えるところによれば、ジダン監督を含めクラブ上層部はヨビッチを見限ってはおらず、定期的に出場機会を得られる他クラブにレンタル移籍させ、本来のパフォーマンスを取り戻させた後、来夏に復帰させるプランを構想しているという。 すでにジダン監督はヨビッチに対して前述のプランを伝えており、同選手自身も武者修行を前向きに受け止めているようだ。 また、ヨビッチにより多く出場機会を与える意図か、あるいはジダン監督が純粋に能力を評価しているかは不明だが、フランス人指揮官はヨビッチと共にエースFWカリム・ベンゼマのバックアップ候補だったスペイン人FWボルハ・マジョラル(23)を今季に関して手元に留めておくことを決断した模様。そして、ローマ行き間近と伝えられた同選手の移籍を土壇場でストップさせたようだ。 なお、そのヨビッチの新天地に関してはローマ、インテル、ミランのセリエA3クラブが有力だという。 とりわけ、マジョラルの移籍交渉を行っていたローマに関してはより出場機会を得られる可能性が高いこともあり、最も有力な候補だという。28日午後に大きな進展があったようで、10月5日の移籍市場閉幕までに交渉が完了する可能性が高いという。 その一方で、イタリア『Il Tempo』が伝えるところによれば、ローマは高額な費用がかかるヨビッチのオペレーションに対して慎重な姿勢を見せているという。 ヨビッチの年俸は450万ユーロ(約5億5000万円)程度と見られており、マドリーと予算規模が大きく異なるローマにおいてはエースストライカーのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコに次ぐ高年俸となる。 さらに、マドリーはヨビッチのレンタル料として1000万ユーロ(約12億4000万円)を要求しており、ローマにとっては二の足を踏む金額だ。 ただ、ヨビッチのローマへのレンタルはマドリー側も望んでいることであり、ローマの金銭的な負担を減らすため、レンタル料の減額や給与の一部負担などを受け入れる可能性があるという。 仮に、ローマが獲得を見送った場合、インテル、ミランとの交渉を急ピッチで進めることになる。 2020.09.29 22:17 Tue
twitterfacebook
thumb

王者に善戦もフォンセカ監督は不満「勝てる試合だった」

ローマのパウロ・フォンセカ監督は、ユベントス戦の結果に満足していないようだ。 ローマは27日、セリエA第2節で王者ユベントスを本拠地スタディオ・オリンピコに迎え撃った。開幕ヴェローナ戦はMFアマドゥ・ディアワラの未登録起用の違反により敗戦扱いとされた中、この日はMFジョルダン・ヴェレトゥのPKで先制する展開に。 その後、ローマもPKを献上してしまい、FWクリスティアーノ・ロナウドに同点とされるものの、前半アディショナルタイムに再びヴェレトゥがゴール。1点リードで試合を折り返す。 後半には相手MFアドリアン・ラビオが2枚目のイエローカードで退場し、ローマは数的優位に。しかし、69分にまたもC・ロナウドの得点を許し2-2のドローに終わった。 王者ユベントスと互角以上に渡り合ったローマだが、イタリア『スカイ』のインタビューでフォンセカ監督は勝てる試合だったと結果に不満を漏らした。また、ユベントス移籍が噂されながらも先発出場したFWエディン・ジェコにも言及した。 「我々は良い試合をしたと思う。だが、結果には満足していない。チャンスを作り出し、勝てる試合をしていたからね」 「ジェコは集中し、モチベーション高く、一生懸命チームに貢献していた。ゴール前でのミスはあったが、全員にも言えること。今夜はよくやってくれたよ」 「(移籍の可能性について)私はクラブを完全に信頼している。新しい会長はまだここに来たばかりで、このチームにとっての最善の解決策について定期的に話し合っているところだ。ジェコは我々が把握している通常の状況に置かれている。我々は取るべきアプローチについて合意しているよ」 フォンセカ監督は加えて、5人の交代が許可されているにもかかわらず、ユベントス戦の交代を2人に留めた理由も説明した。 「チームは快適でソリッドな守備でユーベにそれほどチャンスを与えていなかった。ロレンツォ・ペッレグリーニは疲れが見えたから交代させたんだ」 「確かに5人まで交代可能だが、チームが上手くいっていると感じれば、それは必要ないことだ。ヘンリク・ムヒタリアンやペドロ、ジェコには交代するかどうか尋ねたが、彼らは揃ってノーと答えた。それなら交代はいらないだろう」 2020.09.28 14:51 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕連勝ならずのピルロ監督、ローマとのドローに「解決策を見つけられなかった」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督がローマの守備にてこずったことを認めた。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは27日に敵地で行われたセリエA第2節でローマと対戦。MFジョルダン・ヴェレトゥの2ゴールで2度のリードを許し、MFアドリアン・ラビオの退場により、数的不利になりながらも、FWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールで同点に持ち込み、2-2で引き分けた。 開幕連勝を逃したピルロ監督は試合後、ローマの堅守の前に攻撃の糸口が掴めなかったと反省。今後数試合でその解決策を探していきたいと話している。 「多くの選手を使って攻撃をしてくるチームと対戦したが、サンプドリア戦とは異なる試合だった。我々はラインをタイトに保ち、中盤の選手にプレスをかけて、一対一の攻撃を仕掛けたかった。堅守のチームと対戦して、困難だとわかっていたが、解決策を見つけられなかった」 「中盤の選手は2人でプレーするのに適しており、選手の特徴を最大限活かせるように努めなければいけない。我々はまだ構築している最中のチームであり、プレシーズンに多くの解決策を試す時間がなかった。今後の数試合でそういった形を見つけていきたい」 また、この試合で2ゴールを記録したFWクリスティアーノ・ロナウドについて、「彼はゴールするためにトレーニングをしているが、我々が10人になってもたくさん走ってくれた。チームメイトにとっては良いことだ」と言及している。 2020.09.28 12:11 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: ローマ 2-2 ユベントス《セリエA》

セリエA第2節、ローマvsユベントスが27日に行われ、2-2で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200928_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 83 ミランテ 5.0 特別好守なく2失点 DF 23 G・マンチーニ 5.5 無理することなく堅実にプレー。2失点目の場面ではブルーノ・ペレスと意思疎通ができなかった 3 イバニェス 6.0 ディフェンスラインを統率。C・ロナウドとモラタの相手2トップを機能させなかった 24 クンブラ 6.0 激しい当たりでモラタを封殺 MF 18 サントン 6.0 リスクを負わず、守備に気を配っていた (→ブルーノ・ペレス 5.0) C・ロナウドをフリーにして失点に関与 7 ペッレグリーニ 5.0 流れの中で存在感を示せず、不用意なPK献上も (→A・ディアワラ 5.5) 開幕戦では反則負けの原因となってしまったが、いつも通りのパス捌きで試合に入った 17 ヴェレトゥ 7.0 ドッピエッタの活躍。攻守に奮闘した 37 スピナッツォーラ 6.5 古巣相手にドリブルでの仕掛けでアクセントを付けた FW 11 ペドロ 6.0 精力的に動いて前線を活性化させた 9 ジェコ 6.0 移籍の噂のあったユベントス相手に先発復帰。前線で起点となる働きをこなした 77 ムヒタリアン 6.5 開幕戦ではゼロトップ起用でプレーし辛そうだったが、本職の位置で躍動。2点目をアシスト 監督 フォンセカ 6.0 内容と数的優位を考えれば勝ち切りたいところだった ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200928_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.0 2失点も防げるシュートは止めていた DF 13 ダニーロ 6.0 好クロスで同点弾演出。守備面ではスピナッツォーラの仕掛けに苦戦 19 ボヌッチ 5.5 軽いプレーが散見された 3 キエッリーニ 6.0 ジェコとの重量級のマッチアップとなったが、何とか耐え抜く 16 クアドラード 5.5 不慣れな左サイドバックでプレーし辛そうだった MF 44 クルゼフスキ 5.5 右サイドより2トップの一角に入った方が脅威だった (→フラボッタ -) 25 ラビオ 4.5 PK献上に退場と彼の日ではなかった 14 マッケニー 5.0 開幕戦での躍動は見られず。プレスをかける位置が曖昧だった (→アルトゥール 5.5) ユベントスデビュー。無難にボールを捌いた 8 ラムジー 5.5 中寄りに位置取ってクアドラードの上がりを促すも、さほど効果的ではなかった (→ベンタンクール 6.0) 数的不利も運動量を増やしてチームを助けた FW 9 モラタ 5.0 復帰後即スタメン起用となったが、全く周りと合わなかった (→ドグラス・コスタ 5.5) 攻撃を多少活性化させた 7 C・ロナウド 7.0 個人技でチームを敗戦から救う 監督 ピルロ 5.5 開幕戦の3-5-2から可変的な4-4-2に変更したが機能したとは言えず。モラタの先発起用も外れた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! C・ロナウド (ユベントス) 同じくドッピエッタのヴェレトゥも素晴らしかったが、敗戦が妥当な試合内容であった中、チームに勝ち点1をもたらしたC・ロナウドを選出。エースの働きを示す。 ローマ 2-2 ユベントス 【ローマ】 ヴェレトゥ(前31)【PK】 ヴェレトゥ(前46) 【ユベントス】 C・ロナウド(前44)【PK】 C・ロナウド(後24) 2020.09.28 05:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマが2度のリード&数的優位もC・ロナウド2発のユーベにドロー《セリエA》

セリエA第2節、ローマvsユベントスが27日に行われ、2-2で引き分けた。 ヴェローナとの開幕戦ではユベントスへの移籍が噂されたジェコが起用されなかった中、ゴールレスドローに終わったローマ。後にディアワラの未登録起用により、反則負けで黒星スタート扱いとなった中、移籍が消滅したと報じられるジェコが先発となった。 対するユベントスはピルロ新監督の初陣となったサンプドリア戦を快勝で飾る好発進を切った。そのユベントスは4年ぶりに復帰したモラタが早速スタメンとなり、C・ロナウドと2トップを形成。ディバラがベンチに戻った。 開幕戦の[3-5-2]からフラットな[4-4-2]に変更して臨んだユベントスに対して、良い入りを見せたローマは12分に決定機。ムヒタリアンがドリブルで持ち上がり、ボックス中央に侵入してシュートに持ち込むも、GKシュチェスニーにセーブされた。 徐々に押し込む展開としたユベントスだったが、ローマが30分にPKを獲得する。ヴェレトゥのシュートがボックス内のラビオの手に当たってPKとなった。これをヴェレトゥが決めてローマが先制した。 追う展開となったユベントスは34分にC・ロナウドの右クロスからラムジーがダイビングヘッドで飛び込むチャンスを演出。すると43分にPKを獲得する。C・ロナウドがドリブルでボックス左に侵入したところでペッレグリーニのハンドがあった。 このPKをC・ロナウドが決めて試合を振り出しに戻したユベントスだったが、ローマが追加タイム1分に勝ち越す。ロングカウンターに転じた流れからムヒタリアンのラストパスを受けたヴェレトゥが決めきった。 ローマが1点をリードして迎えた後半、56分に3点目のチャンス。スピナッツォーラのパスを受けたボックス内のジェコが左ポスト直撃のシュートを浴びせた。 流れの悪いユベントスは58分に2枚替えを敢行。モラタとマッケニーに代えてドグラス・コスタとアルトゥールを投入し、クルゼフスキが2トップの一角に入った。しかし62分、ラビオに2枚目のイエローカードが提示され、ユベントスは数的不利となった。 すると64分にローマに3点目のチャンス。サントンの右クロスからジェコが決定的なシュートを放ったが、GKシュチェスニーの守備範囲だった。 助かったユベントスは69分、大黒柱のゴールで追いつく。ダニーロの右クロスからC・ロナウドが打点の高いヘッドで試合を振り出しに戻した。 終盤にかけては数的優位のローマが押し込む展開が続いたものの、勝ち越しゴールは奪えず2-2でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 2020.09.28 05:45 Mon
twitterfacebook