琉球のDF知念哲矢が新型コロナウイルス陽性反応、全選手・スタッフもPCR検査を実施

2020.08.05 11:08 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC琉球は5日、DF知念哲矢が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを発表した。クラブの発表によると、3日(月)の20時過ぎに、7月31日(金)8時に実施したJリーグ公式検査の結果、新型コロナウイルス陽性の可能性が高いと判定されたとのこと。3日の18時頃、微熱(37.1℃)頭痛、喉の違和感を自覚し、公式検査の数値をもとに、医師により新型コロナウイルス陽性と判定されたとのことだ。

なお、知念に頭痛はあるものの、発熱症状はないとのこと。その他の選手、スタッフにも発熱などの症状はないとのことだ。

また、4日(火)に全選手とスタッフがPCR検査を実施したとのこと。結果が出次第、公表するとのことだ。

琉球はチームトレーニングを休止し、全員自宅での待機を行なっているとのことだ。

■行動履歴(公式検査までの48時間)

・7月29日(水)
9:30〜12:00
メンバー外チームトレーニング参加(体温:36.8℃)
J2第8節磐田戦(メンバー外)

・7月30日(木)
9:30〜12:00
チームトレーニング参加 (体温:36.8℃)

・7月31日(金)
8:00〜9:00
チームトレーニング参加 (体温:36.6℃)
2第9節岡山戦に向け移動
※飛行機、貸切バス利用

・8月1日(土)
J2第9節岡山戦 (試合出場はなし)
(体温:36.7℃)

・8月2日(日)
岡山から帰沖
※貸切バス、飛行機利用 (体温:36.8℃)

・8月3日(月)
チーム活動はOFF
コメント
関連ニュース
thumb

琉球が大学生3選手の新加入を発表! DF上原牧人は2種登録で15試合に出場

FC琉球は13日、城西国際大学のDF上原牧人(22)、大阪教育大学のDF村瀬悠介(22)、近畿大学のDF山下令雄(22)の新加入を発表した。 沖縄県出身で那覇西高校から城西国際大に進学した上原は、昨季は特別指定選手として明治安田生命J2リーグ15試合に出場。第30節の大宮アルディージャ戦ではJリーグ初ゴールを記録していた。 村瀬は阪南大学高校から大阪教育大学に進学した身長186cm、体重78kgのDF。一方、山下はガンバ大阪下部組織出身で近畿大学に進学した身長171cm、体重68kgのDFだ。 琉球でプロキャリアをスタートする3選手はクラブ公式サイトを通じて、以下のように意気込んでいる。 ◆上原牧人 「2021シーズンからFC琉球に新加入することになりました上原牧人です。2020シーズンはFC琉球の特別指定選手としてプレーし自分の通用するところ、課題など明確になったシーズンでした。改めて地元沖縄でプレーできることに感謝し、FC琉球と共に成長していきたいと思います。チームの即戦力となれるよう全力で戦います!よろしくお願いします!」 ◆村瀬悠介 「この度、FC琉球に加入する事になりました大阪教育大学の村瀬悠介です。まず、これまで支えて下さった家族、監督、コーチ、仲間には物凄く感謝しています。そして、幼い頃からの目標であったプロサッカー選手というキャリアをFC琉球という素晴らしいクラブでスタート出来ることを嬉しく思います。これからは、プロサッカー選手としての自覚を持って、謙虚にひたむきに日々努力していきますので、応援よろしくお願いします」 ◆山下令雄 「はじめまして!2021年シーズンからFC琉球に加入する山下令雄です。プロのキャリアをFC琉球でスタートさせていただけることを大変嬉しく思います。ここまで私を支えて下さった家族をはじめ、全ての方々にこの場を借りて、心より感謝申し上げます。プロサッカー選手としての自覚と責任を持ち、1日でも早くチームに貢献出来るように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!」 2021.01.13 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

琉球MF上里一将が契約更新 「J1へ昇格するために全力」

FC琉球は10日、MF上里一将(34)との契約更新を発表した。 上里は北海道コンサドーレ札幌、FC東京、徳島ヴォルティス、ロアッソ熊本を経て、2019年に琉球入り。2020年は明治安田生命J2リーグ42試合2得点を記録した。契約更新を受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「2021シーズンもFC琉球でプレー出来ることを嬉しく思います! 2020シーズンはコロナの影響があり、支えてくださる方への感謝、プロサッカー選手の存在意義を改めて感じるシーズンでした。2021シーズン、J1へ昇格するために全力で戦い、県民の皆様が地元にFC琉球があることを誇りに思って頂けるようなチーム作り、戦いをしていきたいと思います。共に戦いましょう!」 2021.01.10 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

J3参入の宮崎が琉球FW儀保幸英の期限付き延長を発表「ゴール量産でチームの勝利に貢献します!」

テゲバジャーロ宮崎は8日、FW儀保幸英(24)の期限付き移籍期間が延長すると発表した。 流通経済大学柏高校から沖縄国際大学を経て2019年にFC琉球へ入団。2020シーズンは期限付き移籍で宮崎に加入していた。 儀保はJFLで14試合に出場し2得点を記録。チームのJ3参入に貢献していた。 儀保はクラブを通じてコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「2021シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーできる事に感謝してます。クラブ初のJリーグを、ファン、サポーター、スポンサー様、宮崎県の皆さんと共に闘えることを楽しみにしてます!」 「今シーズンはゴール量産でチームの勝利に貢献します!今シーズンもよろしくお願いします!」 ◆FC琉球 「2021シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーする事になりました。J3で更に経験を積みFC琉球で活躍できる力をつけて帰ってきます!」 2021.01.08 18:58 Fri
twitterfacebook
thumb

琉球がフェリペ・タヴァレスの契約更新を発表 「J1昇格に貢献したい」

FC琉球は8日、ブラジル人DFフェリペ・タヴァレス(26)との契約更新を発表した。 フェリペ・タヴァレスは母国の複数クラブを渡り歩き、2020年に琉球入り。明治安田生命J2リーグ4試合に出場した。契約更新を受け、新シーズンに向けて意気込みを語っている。 「2021年シーズンもFC琉球のベンガラのユニフォームが着られる事を誇りに思います。昨年はコロナ禍もあり全員にとって大変な年でしたが、そういった困難を乗り越えてチームは団結力のある素晴らしい姿勢を示しました」 「今年も全力を尽くし、クラブの目標であるJ1昇格に貢献したいと思います。FC琉球のスタッフの方々やサポーター、スポンサーの皆様からの支えや信頼に感謝します。皆さんで今年の目標を掴みに行きましょう」 2021.01.08 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

京都MF中川風希が期限付き移籍で古巣琉球に復帰 「お久しぶりです!」

FC琉球は8日、京都サンガF.C.に所属するMF中川風希(25)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2021年2月1日~2022年1月31日までとなる。 関東学院大学からスペインに渡り、2017年に琉球入りした中川は横浜F・マリノスを経て、2020年から京都に完全移籍加入。その京都で明治安田生命J2リーグ14試合に出場して2得点を記録した。 来季から再び琉球のユニフォームに袖を通す中川は両クラブの公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆FC琉球 「FC琉球に関わる全ての皆さん、お久しぶりです! また琉球のユニフォームを着てタピスタでプレーできることをとても嬉しく、とても楽しみです! J1昇格するために一生懸命がんばりますので熱い応援よろしくお願いします!」 ◆京都サンガF.C. 「昨シーズンはチームの力になれず申し訳ない気持ちでいっぱいです。昇格は出来ませんでしたが、素晴らしい仲間達と出会えて一緒に戦えたことを誇りに思いますし、日本で好きな街がまた増えました。1年間ありがとうございました!」 2021.01.08 13:55 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly