ゲッツェ弟が新型コロナウイルスに感染…新シーズンに向けた最初のトレーニングを欠席

2020.08.05 00:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アウグスブルクは4日、ドイツ人DFフェリックス・ゲッツェ[写真左]が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることを明かした。アウグスブルクは、4日に新シーズンに向けた最初のチームトレーニングを実施。しかし、クラブの発表によると、休暇中に新型コロナの陽性反応が確認されたフェリックス・ゲッツェは不参加となった。

現在、自宅にて隔離生活を送っているフェリックス・ゲッツェだが、特に症状は見られていない模様。また、チームメイトやスタッフらとの接触はなったとのことだ。なお、トレーニング復帰には2度の検査で陰性が確認される必要がある。

ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを兄に持つフェリックス・ゲッツェは、2018年の夏にバイエルンからアウグスブルクへ加入。しかし、アウグスブルク加入後は度重なるケガに悩まされおり、今シーズンも股関節の問題などで1試合も出場することができなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

アウグスブルク戦で負傷交代のクロステルマンが戦線離脱…21日にも左ヒザを手術

RBライプツィヒは20日、ドイツ代表DFルーカス・クロステルマンが手術を受けることを発表した。 クロステルマンは、17日に行われたブンデスリーガ第4節のアウグスブルク戦に先発出場したが、前半終了間際に負傷。ハーフタイムで交代していた。 クラブの発表によれば、クロステルマンは2日間に渡り精密検査を受診。その結果、左ヒザの関節鏡手術が必要との判断が下された。手術は21日に実施され、離脱期間もその時に判明するとのことだ。 ボーフムの下部組織出身のクロステルマンは、2014年夏にライプツィヒに入団。センターバックを主戦場に最終ラインの全ポジションをこなす同選手は、在籍7シーズンで公式戦174試合に出場していた。 2020.10.20 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク戦圧倒的支配も敗れたファブレ監督「大きな失望だ」

ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が敗れたアウグスブルク戦を振り返った。『eurosport』が伝えている。 開幕戦のボルシアMG戦で3-0の快勝スタートを切ったドルトムント。26日に行われたアウグスブルク戦も圧倒的なポゼッションで試合を支配していたものの、再三のシュートは空を切る一方、40分と54分に失点してしまう。 結局、ドイツ『キッカー』の統計によると8割を超えるポゼッション、18本のシュートを持ってしても無得点に終わり、早くも黒星を付けられてしまった。 ファブレ監督は「我々にはまだまだやらなけれがならないことがある」としながらも、大きな失望を隠さなかった。 「非常に失望しているよ。この敗北を受け入れるのは難しい。試合の大部分を支配していたのだ。およそ80%のポゼッションだった。しかし、それでは足りないこともあるということだ」 「我々は良い入りをしたがそれでは不十分だった。あまりに性急過ぎた。アウグスブルクの守備は見事だったよ。ウイングの背後で彼らを疲れさせるには、我々はもっと忍耐強くならなければならない。そうすれば中央でもっとチャンスを作れたはずだ。とても残念だよ」 2020.09.27 14:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント早くも黒星… 攻撃陣沈黙でアウグスブルクの連勝スタートを許す《ブンデスリーガ》

ドルトムントは26日、ブンデスリーガ第2節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 ボルシアMGとの強豪対決となった開幕戦をハーランドのドッペルパックとレイナのブンデス初ゴールで3-0の快勝発進としたドルトムントは、ボルシアMG戦のスタメンから負傷したT・アザールに代えてラファエウ・ゲレイロのみを変更した。 開幕戦のウニオン・ベルリン戦を3-1と勝利したアウグスブルクに対し、[3-5-2]で臨んだドルトムントは、2トップにハーランドとサンチョ、インサイドにベリンガムとレイナ、アンカーにヴィツェルを据えた。 そのドルトムントが攻勢をかける展開で立ち上がっていくと、ベリンガムやヴィツェル、サンチョが枠内シュートを浴びせていく。 そして28分にはフンメルスのロングフィードに抜け出したサンチョがボックス左からシュートに持ち込む決定機を迎えるも、GKの守備範囲に飛んでしまう。 すると40分、ワンチャンスを生かされて失点してしまう。左サイドからのカリジウリのFKをウドゥオカイにヘディングで決められた。 迎えた後半、54分にドルトムントはリードを広げられる。スルーパスに抜け出されたカリジウリにボックス中央へ侵入され、シュートを流し込まれた。 2点を追うドルトムントはロイスとブラントを投入。そして69分にはヘイニエルが投入されたが、終盤にかけても攻めあぐねる状況が続いた。 89分にようやくサンチョのスルーパスを受けたハーランドがシュートに持ち込んだが、GKの好守に阻まれ、0-2で敗戦。2戦目にして早くも黒星を喫することとなった。 2020.09.27 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク主将ダニエル・バイアーが現役引退…ブンデス通算300試合以上に出場

昨シーズン限りでアウグスブルクを退団したドイツ人MFダニエル・バイアー(36)が現役を引退した。同選手が自身の公式『インスタグラム』で明かしている。 2003年に1860ミュンヘンでプロデビューを飾った守備的MFのバイアーは、ヴォルフスブルクを経て、2008年に当時ブンデスリーガ2部に所属していたアウグスブルクにレンタル移籍。その後、2010年1月に完全移籍に移行すると、およそ10年に渡って主力を担い、クラブ通算355試合に出場し、8ゴール25アシストの数字を残した。 さらに、2017-18シーズン以降はキャプテンを託されていたが、契約満了に伴い今年7月23日付けでクラブを去っていた。 その退団から約1カ月半が過ぎた今月9日にバイアーは、『インスタグラム』のビデオメッセージを通じて現役引退を発表した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 「想像していたのとは違う流れにはなったけど、でも最終的にはアウグスブルクでキャリアを終えることになった」 「これまで長きに渡ってブンデスリーガでプレーできたことを信じられないほど嬉しく、誇りに感じ振り返ることができるよ」 36歳の玄人好みの守備的MFは、昨シーズン中にブンデスリーガ通算300試合出場(302試合)を達成しており、本人にとっては良いタイミングでの幕引きとなったようだ。 2020.09.10 16:58 Thu
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクがポーランド代表の若手SBグムニーを完全移籍で獲得

アウグスブルクは2日、レフ・ポズナニからポーランド代表DFロベルト・グムニー(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月30日までの5年契約とのこと。なお、移籍金などは非公開で合意しているという。 グムニーはレフ・ポズナニのアカデミー出身。17歳でエクストラクラサ(ポーランド1部)デビューを果たし、これまで84試合に出場し2ゴール6アシストを記録していた。 ポジションは右サイドバック。マネージング・ディレクターを務めるステファン・ロイター氏は「若くて才能ある右サイドバックを獲得できたことを嬉しく思う」とコメントしている。 グムニーは移籍に際して「アウグスブルクがブンデスリーガで僕自身を証明する機会を与えてくれて嬉しい。僕はこの新しい挑戦に満足しているし、僕に与えられた信頼を良い結果で返したいと思っている。僕にとって、この移籍はキャリアにおける大きな一歩を意味する」とコメント。新天地での飛躍を誓った。 2020.09.03 10:10 Thu
twitterfacebook