ドルトムント、補強戦略揶揄のバイエルン名誉会長に不快感 「事実に反する傲慢な発言」

2020.08.04 14:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が、クラブの補強戦略を揶揄したバイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長に不快感を示した。ドイツ『キッカー』が伝えている。近年、ヨーロッパ屈指の育成クラブとして高額な売却益を元手にクラブとして成長を続けるドルトムント。その一方で、主力に育った若手の相次ぐ流出を受けて、宿敵バイエルンにブンデスリーガ8連覇を許すなど、肝心のスポーツ面では確固たる成功を収められていない。

そのドルトムントに対して、ヘーネス名誉会長はドイツ『FAZ』のインタビューで、「懸命じゃない」と補強戦略を揶揄した。

「ドルトムントがとても才能のある若手選手を獲得し活躍を見せると、数カ月後にはクラブ内外からいずれ売却対象となるという話しか聞こえてこない」

「仮に、自分が売却対象だと感じた場合、その選手はどうやってクラブのDNAを100%吸収することができると思うか? それは無理だ」

物議を醸す宿敵の総大将からのコメントを受けて、ツォルク氏は「傲慢な発言」と不快感を露わにするとともに、バイエルンとの大きな資金面の差が、望まぬ事態を招いていると主張している。

「それはかなり傲慢な発言であり、事実に反するものもある」

「仮に、毎年のように2億5000万ユーロ(約312億円)以上の収入が得られるのであれば、ああいったふうに自慢するのも簡単だろうね」

なお、2018-19シーズンのバイエルンの売上高は史上最高の約7億5000万ユーロ(約936億円)。一方、ドルトムントは約4億9000万ユーロ(約612億円)と、歴然たる差がある。

それだけにツォルク氏は、ヘーネス名誉会長によるマウントを取る行為に強い怒りを感じたようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アウグスブルク戦圧倒的支配も敗れたファブレ監督「大きな失望だ」

ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が敗れたアウグスブルク戦を振り返った。『eurosport』が伝えている。 開幕戦のボルシアMG戦で3-0の快勝スタートを切ったドルトムント。26日に行われたアウグスブルク戦も圧倒的なポゼッションで試合を支配していたものの、再三のシュートは空を切る一方、40分と54分に失点してしまう。 結局、ドイツ『キッカー』の統計によると8割を超えるポゼッション、18本のシュートを持ってしても無得点に終わり、早くも黒星を付けられてしまった。 ファブレ監督は「我々にはまだまだやらなけれがならないことがある」としながらも、大きな失望を隠さなかった。 「非常に失望しているよ。この敗北を受け入れるのは難しい。試合の大部分を支配していたのだ。およそ80%のポゼッションだった。しかし、それでは足りないこともあるということだ」 「我々は良い入りをしたがそれでは不十分だった。あまりに性急過ぎた。アウグスブルクの守備は見事だったよ。ウイングの背後で彼らを疲れさせるには、我々はもっと忍耐強くならなければならない。そうすれば中央でもっとチャンスを作れたはずだ。とても残念だよ」 2020.09.27 14:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント早くも黒星… 攻撃陣沈黙でアウグスブルクの連勝スタートを許す《ブンデスリーガ》

ドルトムントは26日、ブンデスリーガ第2節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 ボルシアMGとの強豪対決となった開幕戦をハーランドのドッペルパックとレイナのブンデス初ゴールで3-0の快勝発進としたドルトムントは、ボルシアMG戦のスタメンから負傷したT・アザールに代えてラファエウ・ゲレイロのみを変更した。 開幕戦のウニオン・ベルリン戦を3-1と勝利したアウグスブルクに対し、[3-5-2]で臨んだドルトムントは、2トップにハーランドとサンチョ、インサイドにベリンガムとレイナ、アンカーにヴィツェルを据えた。 そのドルトムントが攻勢をかける展開で立ち上がっていくと、ベリンガムやヴィツェル、サンチョが枠内シュートを浴びせていく。 そして28分にはフンメルスのロングフィードに抜け出したサンチョがボックス左からシュートに持ち込む決定機を迎えるも、GKの守備範囲に飛んでしまう。 すると40分、ワンチャンスを生かされて失点してしまう。左サイドからのカリジウリのFKをウドゥオカイにヘディングで決められた。 迎えた後半、54分にドルトムントはリードを広げられる。スルーパスに抜け出されたカリジウリにボックス中央へ侵入され、シュートを流し込まれた。 2点を追うドルトムントはロイスとブラントを投入。そして69分にはヘイニエルが投入されたが、終盤にかけても攻めあぐねる状況が続いた。 89分にようやくサンチョのスルーパスを受けたハーランドがシュートに持ち込んだが、GKの好守に阻まれ、0-2で敗戦。2戦目にして早くも黒星を喫することとなった。 2020.09.27 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第2節プレビュー】好発進のバイエルンとドルトムントは格下と対戦

先週開幕したブンデスリーガでは王者バイエルンがシャルケに圧巻の8発で圧勝した。そしてドルトムントもボルシアMGとの強豪対決を3-0で快勝発進とし、ライプツィヒも白星スタートとしている。日本人対決ではフランクフルトのMF鎌田&長谷部、ビーレフェルトのMF堂安がそれぞれ先発した中、1-1の引き分けに終わった。迎える第2節、バイエルンとドルトムントは格下と対戦する。 ホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨むバイエルンは、開幕戦のシャルケ戦では新戦力のFWサネが躍動しデビュー弾を記録。FWニャブリもハットトリックをするなど、容赦ない攻撃で大量ゴールを挙げた。対戦相手のホッフェンハイムはケルン相手に3-2と競り勝って白星スタートとしているが、バイエルンの連勝スタートは堅いか。 また、ドルトムントもFWハーランドのドッペルパック、MFレイナのブンデス初ゴールでボルシアMGに3-0の快勝を収めた。MFベリンガムもレイナのゴールをアシストするなど活躍し、若手が躍動。対戦相手のアウグスブルクは開幕戦のウニオン・ベルリン戦を3-1で勝利しているが、ドルトムントとしても2連勝スタートを切りたいところだ。 FWヴェルナーの移籍した穴を感じさせずにマインツに3-1と快勝したライプツィヒは、レバークーゼンとのアウェイ戦に臨む。2シャドーのMFフォルスベリとMFダニ・オルモが躍動した中、FWポウルセンもきっちりとゴールを挙げており、好発進を切った。レバークーゼンがヴォルフスブルク相手に低調なゴールレスドローに終わった中、ライプツィヒとしてはレバークーゼンを下して連勝スタートとしたい。 日本人ではビーレフェルトの堂安が鎌田と長谷部の前で好パフォーマンスを見せた。2週間前に行われたDFBポカールでは存在感を示せなかった堂安だったが、ブンデス開幕戦となったフランクフルト戦では右のインサイドMFの位置に入って攻撃の起点となる働きができていた。その堂安はケルンとのホーム戦に臨むが、今度はチームを勝利に導く目に見える結果を残せるかに注目だ。 一方で鎌田と長谷部はビーレフェルト戦では思うようなパフォーマンスを発揮できたとは言い難いものになってしまった。とりわけトップ下でプレーした鎌田に関してはさほどチャンスに絡めず悔しい開幕戦となっただけに金曜に行われるヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦で結果を残したいところ。長谷部に関してはFWピョンテクとのマッチアップでいかに相手に仕事をさせないかが重要となる。 ケガの影響もあってか、前半のみの出場となったブレーメンのFW大迫はシャルケとのアウェイ戦に臨む。ヘルタとの開幕戦で大迫は2トップの一角としてプレー。だが、シュートチャンスを作れずファンからの批判も浴びた中、ハーフタイムで交代となってしまった。対戦相手のシャルケはバイエルン戦で8発を食らい、最悪なスタートとなっているだけにブレーメンとしては確実に叩きたいところ。大迫としても批判を払しょくする今季初ゴールを狙いたい。 シュツットガルトのMF遠藤航は開幕戦のフライブルク戦ではボランチとしてプレー。だが、カウンター対応で甘さがあり、チームは2-3で敗れた。シュツットガルトは今節、マインツとのアウェイ戦に臨むが、残留を争う可能性がある相手だけに勝利をもぎ取りたい。 最後に負傷の影響で欠場となったウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨むが、招集メンバー入りとなるか。 ◆ブンデスリーガ第2節 ▽9/25(金) 《27:30》 ヘルタ・ベルリンvsフランクフルト ▽9/26(土) 《22:30》 ビーレフェルトvsケルン ボルシアMGvsウニオン・ベルリン アウグスブルクvsドルトムント レバークーゼンvsライプツィヒ マインツvsシュツットガルト 《25:30》 シャルケvsブレーメン ▽9/27(日) 《22:30》 ホッフェンハイムvsバイエルン 《25:30》 フライブルクvsヴォルフスブルク 2020.09.25 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがシティの逸材を確保!16歳FWバイノー=ギッテンを獲得

ドルトムントは24日、マンチェスター・シティのU-16イングランド代表FWジェイミー・バイノー=ギッテンス(16)の獲得を発表した。 契約期間は長期とされており、当面はU-19チームでプレーすることとなる。 バイノー=ギッテンスはシティの下部組織で、イングランド代表MFジェイドン・サンチョと同じ道を辿っている。サンチョは17歳での加入となったが、バイノー=ギッテンスは16歳での加入となった。なお、U-15、U-16のイングランド代表でプレー経験がある。 ドルトムントのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は「ジェイミー・バイノー=ギッテンスが加入した。彼は最初にU-19でプレーする」とコメント。「我々のスカウト部門は素晴らしい仕事をした。彼はとても才能あるウインガーであり、我々のユースチームで成長を図って行く予定だ」と溢れる才能を成長させて行きながらも、「我々としては最初から高い期待をかけていくようなしたくはない」と、プレッシャーをかけるつもりはないようだ。 ドルトムントU-19には、U-19ドイツ代表FWユスファ・ムココ(15)ら期待の若手選手も揃っており、さらに将来が楽しみな存在が増えた。 2020.09.25 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「生命」を宿す読み方が二転三転したドイツ代表MF、エムレ・ジャン【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はドルトムントに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャン(26)だ。 <div id="cws_ad">◆エムレ・ジャン、2018-19シーズンプレー集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzb2RqY3A1cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ジャンは、フランクフルトの下部組織に入団した後、バイエルンの下部組織へと移籍し、2012年にファーストチームへと昇格を果たした。しかし、元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェらが加入したことで出場機会が少なく、2013年にレバークーゼンへと移籍した。 レバークーゼンではレギュラーとしてプレーすると、翌2014年6月にリバプールへ移籍。当時はブレンダン・ロジャース監督のもと、センターバックとして3バックの一角を務めていた。しかし、ユルゲン・クロップ監督が就任すると中盤にポジションを移すと、フィジカルを生かした守備と豊富な運動量を武器に、本来のパフォーマンスを発揮。ドイツ代表としてもプレーするようになり始めた。 ジャンに関しては、リバプール移籍時から、姓の呼び方が物議を醸していた。「Can」という綴りに関し、ドイツでは「カン」、ルーツでもあるトルコでは「ジャン」、リバプールは「チャン」と表現。しかし、本人の発音では「エムレ・ジャン」と聞こえるため、現在は「ジャン」が主流となっている。ちなみに「Can」はトルコ語で「生命」を意味している。 そんなジャンは、2018年夏にフリーでユベントス入りすると、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で公式戦37試合4得点1アシストをマークしたが、マウリツィオ・サッリ監督が到着した2019-20シーズンは状況が様変わり。チャンピオンズリーグ(CL)で登録メンバーに含まれず、リーグ戦でも十分な出場機会が得られず、冷遇に遭った。 すると、2020年1月には買い取り義務付きのレンタルでドルトムントに加入。すぐさまレギュラーに定着すると、2月には早くも完全移籍を果たした。ブンデスリーガ、プレミアリーグ、そしてセリエAでプレーした経験をもとに、若いチームを牽引する。 2020.09.25 11:00 Fri
twitterfacebook