ウィリアン、チェルシーの延長オファーを再び拒否 アーセナル行きに先進か

2020.08.04 11:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジル代表MFウィリアン(31)がチェルシーからの契約延長オファーを拒否した模様だ。2013年から所属するチェルシーと今季いっぱいで契約が満了するウィリアン。今季も公式戦47試合11得点9アシストの数字を収めるなかで、新型コロナウイルス感染拡大に伴うシーズンの遅延を受けて、チャンピオンズリーグ(CL)終了までの短期延長こそ至ったが、来季以降の新契約締結に向けた話し合いは難航を極めている。

◆ウィリアン、リバプール戦で決めたスーパーゴール!

フランク・ランパード監督は今夏、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとモロッコ代表FWハキム・ジイェフを手中に収めて、さらにレバークーゼンからドイツ代表MFカイ・ハフェルツの獲得に迫っているが、ウィリアンの残留を希望。しかし、ウィリアンとチェルシーの両者はいまも契約年数を巡る隔たりを埋め切れずにいるようだ。

イギリス『ガーディアン』によると、CLの戦いが終わるまで結論を先延ばしにする意向を示しているウィリアンは3年契約を要求しているが、チェルシー上層部にその要望に応じる気がなく、新たに届いた2年契約のオファーを拒否したという。

そんなウィリアンを巡っては現在、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブだけでなく、プレミアリーグから2つ、ヨーロッパから2つのオファーがある模様。その1つはウィリアンが希望する契約年数の提示をいとわないアーセナルといわれ、両者の間で会談に入っており、ライバルクラブ行きの可能性が高まっているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ファイナルサードでの華麗なパス回し!チェルシー時代のマタがユナイテッド戦で決めた連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタがチェルシー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チェルシー時代のマタがユナイテッド戦で決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwTXpoa0VXbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バレンシアでブレイクを果たしたマタは、2011年にチェルシーに加入。中盤の司令塔として初シーズンから目覚ましい活躍を見せ、クラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導くなど、活躍を見せた。 創造性あふれるプレーでチェルシーの攻撃陣を牽引したマタだが、2013年5月5日に行われた、プレミアリーグ第36節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、見事なパスワークからゴールを決めている。 試合がなかなか動かず、0-0のまま迎えた87分、センターサークル付近で相手からボールを奪ったマタは、MFラミレスにダイレクトでボールを送り、ショートカウンターを始めてそのまま前線に駆け上がる。 ボックス手前までラミレスがドリブルで進むと、相手を引きつけた上で後方のMFオスカルに落とす。これをオスカルがボックス左でフリーになっていたマタにパスを出すと、受けたマタが狙いすましたシュートをゴール左ポストギリギリのコースに決め、待望の先制ゴールを決めた。 終盤でのマタの得点でリードを奪ったチェルシーが、そのまま1-0で勝利している。 2020.09.27 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レジェンドが決めた第一号!ドログバの強烈なチェルシー初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏がチェルシーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドログバが決めたチェルシー初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaSnZGSlVSbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マルセイユでブレイクを果たしたドログバ氏は、2004年夏にチェルシーに引き抜かれ、プレミアリーグに上陸。同クラブのエースとして数々のタイトルをもたらした。 2度に渡る在籍で公式戦381試合164ゴールを記録したドログバ氏だが、その記念すべきチェルシー初ゴールは、2004年8月24日に行われたプレミアリーグ第3節、クリスタル・パレス戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた28分、中央でのパス回しから、左サイドのDFセレスティン・ババヤロにパスが出る。これをババヤロがダイレクトでボックス内にクロスを送ると、緩やかなボールに対し、後方から走り込んできたドログバが相手DFを押しのけて豪快なヘディングを合わせる。強烈なヘディングはゴール左に決まり、見事な初ゴールを記録した。 このゴールで先制したチェルシーは、後半にも追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.09.27 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「相手に苦しめられたわけではない」 ランパード監督、自滅での勝ち点逸に悔やむ

チェルシーのフランク・ランパードが、ミスが重なっての引き分けを悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 26日に敵地で行われたプレミアリーグ第3節でWBAと対戦したチェルシーだが、前半だけで3失点。猛攻を仕掛けた後半に3ゴールを奪い、追いついたものの、格下相手に痛恨のドローとなった。 前節のリバプール戦(0-2で敗戦)に続き、勝ち点を取りこぼしたランパード監督。ミスが重なり、3失点を喫した守りに悔しさをにじませた。 「彼らの得点に繋がる明らかなミスがあった。プレミアリーグで、あのようなミスをすれば、常に難しくなるものだ」 「戦術的な部分の問題というわけじゃない。トランジションで試合に臨んでくるWBAに対して、前にも話したように、あのようなミスがピッチ上で起きると、チームとして罰を受けることになり、結果的に3点という山を登ることになってしまった」 「選手たちは困難を克服するために素晴らしいキャラクターを示したが、同時に相手チームが組織化され、我々を苦しめようとするような試合だったわけじゃなく、我々から3ゴールを許してしまったから複雑な感情だ」 「チームが点を取り返すために最後まで戦ってくれて嬉しかったが、同点に追いつかなければいけなかった。枠内シュート3本で3失点という事実には納得していない」 また、プレミアリーグデビュー戦で2失点目に関与してしまったDFチアゴ・シウバを擁護。今後の活躍に期待を寄せた。 「チアゴ・シウバはこれから素晴らしい活躍を披露してくれるだろう。彼のキャリアは素晴らしく、彼のせいにする気などない」 「我々はチームだから、全体で対応の必要がある。チームは後半に立ち直ったが、彼のせいじゃない。彼は自分のミスだと言うだろうが、それ以外はかなり完璧だった。彼にとって初めてのプレミアリーグだから、色々なものを得ただろう 2020.09.27 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、格下に3点差追いつく劇的ドロー! 連敗回避も36歳オールドルーキーの痛恨ミスなど2戦連続の自滅…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、WBAvsチェルシーが26日にザ・ホーソンズで行われ、3-3のドローに終わった。 前節、王者リバプール相手に0-2で敗れ今季初黒星を喫したチェルシーだが、ミッドウィークのEFLカップ(カラバオカップ)では格下バーンズリーを相手に6-0の圧勝。ハフェルツのハットトリックに、チアゴ・シウバ、チルウェルがデビューを飾るなど、実りある内容で敗戦を払しょくした。 開幕連敗中の昇格組WBAを相手にリーグ2戦ぶりの白星を目指す今節ではリバプール戦から先発3人を変更。GKにカバジェロが入ったほか、ズマとジョルジーニョに代えてチアゴ・シウバ、エイブラハムを起用。なお、キャプテンマークを巻いたチアゴ・シウバはイギリス人以外のプレーヤーで歴代4番目となる36歳4日でのプレミアリーグデビューとなった。 直近2試合で8失点のホームチーム相手にチェルシーの攻撃陣爆発が予想された中、試合は立ち上がりからよもやの展開となる。開始4分、WBAの左サイドから送られた対角線のロングフィードに対して、マルコス・アロンソが不用意に中央へ頭でクリアすると、これをマテウス・ペレイラに奪われ、ショートカウンターを浴びる。そして、ボックス左のカラム・ロビンソンにDFリース・ジェームズの股間を抜く右足のシュートをゴール右隅へ決められる。 それでも、失点直後にはトップ下に入ったハフェルツが右サイドに流れて強烈な左足のミドルシュートで相手GKにファインセーブを強いると、直後にはいずれもR・ジェームズの右クロスからゴール前のエイブラハム、ヴェルナーに決定機が訪れるなど、ゴールを色濃く匂わせる良い攻めを見せる。 その後も70%を超えるボール支配率で相手を押し込み続けるチェルシーだが、リバプール戦に続いて痛恨のミスを犯す。25分、最終ラインでのパス回しの際にチアゴ・シウバがトラップミスをすると、これをロビンソンにかっさらわれてGKとの一対一を難なく決められた。 百戦錬磨のブラジル代表DFのイージーミスに動揺したか、直後の28分には相手の左CKの場面でサインプレーにあっさりと出し抜かれると、ボックス内で立て続けにフリーにしたファーロング、バートリーの連係から右足インサイドのボレーシュートを決められ、まさかの3失点となった。 何とか前半のうちに1点でも返したいチェルシーだが、ボールは持たせてもらえるものの、相手の要所を締める守備を前になかなか決定機を作れなくなる。逆に、前がかりな上、ネガティブトランジションの鈍さから再三相手に引っくり返され、あわや4失点目というピンチを招くなど、悪夢のような45分を0-3のスコアで終えることになった。 同点、逆転に向け大幅な変更が求められたハーフタイムにランパード監督は、マルコス・アロンソ、コバチッチを下げてアスピリクエタ、ハドソン=オドイを同時投入。さらに、キャプテンマークがチアゴ・シウバからアスピリクエタに引き継がれた。 システムを[4-3-3]に変更して80%近くボールを握り、相手陣内でハーフコートゲームを展開する中、55分にはボックス手前左でアスピリクエタから横パスを受けたマウントが右足を一閃。強いスライダー回転のかかった強烈なシュートがゴール左隅を射抜き、チェルシーがようやく反撃の狼煙を上げる。 その後、やや攻撃が停滞も70分には相手CKのカウンターから左サイドでヴェルナー、ハフェルツとのダイレクトのパス交換からゴール左のスペースに抜け出したハドソン=オドイが1点差に迫る貴重なゴールを挙げる。 残り時間を考えれば、同点だけでなく逆転の可能性も出てきたチェルシーは73分にはチアゴ・シウバを下げてジルーを投入。この交代で超攻撃的な[3-3-2-2]の布陣にシフトする。 だが、前線のツインタワーをシンプルに使う形が少ないチェルシーは、完全に逃げ切り態勢に入るWBAを前に徐々に攻撃が停滞。それでも、最後の最後まで諦めずに攻め続けるチームは、土壇場で3点差を追いつく。 93分、左CKの二次攻撃からマウントが放ったシュートをGKが弾くと、ゴール前でこぼれ球に反応したエイブラハムが押し込んだ。その前のハフェルツのハンドの可能性からVARのレビューが入るも、無事ゴールが認められた。 しかし、チェルシーに逆転の4点目を奪う時間は残されておらず、試合は3-3のドローで決着。3点差を追いついてリーグ連敗を回避することに成功したチェルシーだが、連敗中の昇格組相手に自滅の感もある拙い戦いぶりもあり、批判は避けられない一戦となった。 2020.09.27 03:36 Sun
twitterfacebook
thumb

新守護神候補のメンディがファーストインタビュー!「子供の頃からチェルシーのファンだった」

チェルシー新加入のセネガル代表GKエドゥアール・メンディが、初めての公式インタビューでその喜びを語っている。 チェルシーは24日、スタッド・レンヌからメンディを獲得したことを発表した。大型補強を敢行する今夏のチェルシーにおいて、メンディは7人目の補強に。 GKケパ・アリサバラガやGKウィルフレッド・カバジェロと守護神争いが期待される中、移籍直後に公式インタビューを受けた28歳は、チェルシー加入の喜びや、以前からクラブのファンだったことを明かした。 「とても誇り高いよ。チェルシーのようなクラブが興味を持ってくれるというのは、毎週末の仕事が認められたっていうことだからね。誰もがチェルシーが世界で最も大きなクラブの一つであることは知っているし、このチームでプレーしたいと思うものだが、実際にそうはいかない。このユニフォームを着てクラブのカラーを背負うチャンスを得たんだ。本当に名誉だよ」 「僕は小さい頃からチェルシーのサポーターだったんだ。このクラブを崇拝していたよ。12歳の時に過ごしていたクラブで、ブライトンに行く機会があった。その時見た試合で、イングランドのフットボールはアメージングだと感じたんだ。ショップに行ってチェルシーのユニフォームを探した。確か2003年だったかな。(クラウディオ・)ラニエリが監督をやっていた頃だ。その頃からこのクラブがずっと好きだったんだ」 チェルシーといえば、元コートジボワール代表のディディエ・ドログバをはじめ、多くのアフリカ出身選手が活躍したクラブ。セネガル人のメンディは、彼らと同じキャリアを歩めることを誇りに思うとしつつも、初めてのアフリカ人GKとして大きな責任を感じているようだ。 「最も才能のあるアフリカンの多くはこのチームでプレーした。ディディエ・ドログバにマイケル・エッシェン、サミュエル・エトー、ジョン・オビ・ミケルもだ。彼らを見るとあんな選手になりたいと思えてくる。GKに関しては僕が初めてだし、本当に誇りに思う。同時に大きな責任も感じているよ」 また、自身と同様に今夏にフランスからイングランドへ新天地を求めたDFチアゴ・シウバにも言及し、「彼とは2度対戦したことがある。一度はやられてしまったけど僕も勝ったことがあるから互角だね! それが今は同じユニフォームを着ているんだ。彼は上手なフランス語を使うんだけど、英語で喋ることにするよ! 彼のような選手がチームにいるなんてスーパーだね」とコメントを残した。 2020.09.25 16:25 Fri
twitterfacebook