垣田のゴールで徳島が5勝目で3位浮上! 注目の大宮vs福岡はコロナ感染の疑いで中止に《J2》

2020.08.02 21:17 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
明治安田生命J2リーグ第9節の9試合が2日に行われた。

鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvsモンテディオ山形は1-0で徳島が勝利した。

序盤から攻め込んだのはホームの徳島。まずは8分、ピッチ中央から渡井がロングボールを送ると、垣田がボックス右でチャンスに。上手くコントロールしてシュートに繋げたが、体を投げ出したDFにブロックされてしまった。23分のセットプレーでの場面では、垣田がネットを揺らしたがオフサイド。さらに31分には、相手のマークを華麗に躱した小西のサイドチェンジが左の西谷に通ると、ボックスに侵入しシュート。ポストに直撃して跳ね返ったところを今度は垣田が流し込みにかかるが、枠に飛ばすことができなかった。

後半も垣田を中心に攻勢を続ける徳島。ヘディングシュートがクロスバーに嫌われるなどなかなか成果が出なかったが迎えた74分、味方とのワンツーでボックス左に侵入した西谷のグラウンダーのクロスを垣田が押し込んで、ようやく試合を動かした。

しかし、後半からは山形も底力を見せ、徳島のゴールに襲いかかる。アディショナルタイムには中村駿や渡邊がゴールに迫るが、GK上福元の好守もありネットを揺らせず試合終了。1点のリードを守り切った徳島が5勝目を挙げ、3位に浮上した。

トランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎vs東京ヴェルディは0-0の引き分けに終わった。

アウェイの東京Vがポゼッションを高めていく中、長崎は18分、相手のCKを跳ね返しカウンターへ移行。富樫が持ち上がり、右の澤田に展開。ボックス右に侵入した澤田が折り返すと、こぼれ球をファーサイドにいた名倉がシュート。枠を捉えていたがGKマテウスに右手一本で弾かれた。東京ヴェルディも27分、ダイレクトパスを繋いで右サイドを攻略し、森田がマイナスのクロスを供給。中で待っていた井出が右足で合わせたが、惜しくも枠の左に外れた。

後半から2人入れ替えた東京V。49分にCKから井上がシュートをを放つなど攻勢を続けるものの、なかなかチャンスに結びつかない。長崎もフレッシュな選手を投入し、82分にはCKから毎熊がヘディングシュート。後半アディショナルタイムにもCKのチャンスを迎えるが、最後までネットを揺らせず試合終了。0-0のゴールレスドローに終わった。

そのほか、ジェフユナイテッド千葉vsザスパクサツ群馬では、小島が後半アディショナルタイムに決勝点を挙げた群馬が土壇場で勝利し、2勝目を挙げている。

なお、大宮アルディージャ vs アビスパ福岡は、福岡の選手に新型コロナウイルスの陽性の疑いがあったため、急遽試合中止となった。

◆明治安田生命J2リーグ第9節
▽8/2(日)
栃木SC 0-0 アルビレックス新潟
ヴァンフォーレ甲府 1-1 レノファ山口FC
松本山雅FC 1-2 ギラヴァンツ北九州
V・ファーレン長崎 0-0 東京ヴェルディ
京都サンガF.C. 1-0 FC町田ゼルビア
水戸ホーリーホック 3-2 ツエーゲン金沢
ジェフユナイテッド千葉 1-2 ザスパクサツ群馬
徳島ヴォルティス 1-0 モンテディオ山形
愛媛FC 1-2 ジュビロ磐田
▽8/1(土)
ファジアーノ岡山 1-2 FC琉球

※中止
大宮アルディージャ vs アビスパ福岡
コメント
関連ニュース
thumb

ディサロ出場5戦連発の北九州がクラブ新の6連勝! 劇的AT弾で勝利の松本が連敗を「5」でストップ!《J2》

15日、明治安田生命J2リーグ第12節の3試合が行われた。 ミクニワールドスタジアム北九州で行われたギラヴァンツ北九州vsFC町田ゼルビアは、ホームの北九州が2-1で勝利した。 昇格組ながら破竹の5連勝で3位に位置する北九州が、3連敗で15位の町田をホームで迎え撃った一戦。立ち上がりはセットプレーの流れからボックス内の小田に決定機が訪れるなど、アウェイの町田が良い入りを見せた。 その後もセットプレーを中心にアウェイチームがシュートシーンを増やしていくが、時間の経過と共に北九州が主導権を掴み始める。すると、飲水タイム明けの28分、左サイド深くに侵攻した福森からのグラウンダークロスにボックス中央のディサロ燦シルヴァーノが反応。ここは先にDFに触られるが、こぼれ球に反応した町野が右足の強烈なダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。 前半終盤にかけては互いに決定機を迎えるが、相手GKの好守などに阻まれて1-0のスコアは変わらず。だが、前半アディショナルタイム3分に北九州のエースが魅せる。ハーフウェイライン付近の加藤弘がディフェンスラインの裏にスルーパスを送ると、これに抜け出したディサロが飛び出したGK秋元をあざ笑うかのような絶妙な左足のミドルループシュートを流し込み、出場試合5戦連続ゴールとした。 迎えた後半も北九州がしっかりと主導権を握って2点リードを維持。対する町田は後半半ばに岡田、ステファンとフレッシュなアタッカーの投入でゴールをこじ開けにかかる。 すると、この選手交代が4試合ぶりのゴールをもたらす。81分、ステファンからのスルーパスに抜け出した安藤がボックス左ゴールライン際に持ち込んでグラウンダーの折り返しを入れると、これをゴール前に飛び込んだ岡田が押し込み、待望のJリーグ初ゴールとした。 このゴールでより勢いを持った町田はドリアン・バブンスキーの投入などで、より前がかりとなる。だが、ボックス手前でフリーとなった岡田がシュートを枠外に外すなど、2点目を取り切る力はなく試合はこのまま終了。 そして、町野、ディサロと2トップ揃い踏みのゴールをチーム一丸の守備で守り切った北九州がクラブ新記録の6連勝を達成し、暫定2位に浮上した。敗れた町田は厳しい4連敗となった。 また、サンプロアルウィンで行われた19位の松本山雅FCと、11位のアビスパ福岡の一戦は、1-0で勝利した松本が連敗を「5」でストップした。 多くの負傷者に悩まされ、J2でクラブワーストの5連敗中と苦境が続く松本は、3戦勝利がない福岡相手に序盤からがっぷり四つの戦いを見せた。互いに幾度か決定機を迎えるものの、相手の守備を上回ることはできず、試合は0-0のまま後半アディショナルタイムに突入する。 ここで勝利への執念を見せた松本は94分、右CKの場面でキッカーの久保田が入れたアウトスウィングのボールを乾がドンピシャのタイミングでヘディングシュート。これはGK杉山の好守に遭うが、浮いたこぼれ球を塚川が豪快なバイシクルシュートで蹴り込み、劇的な勝利に導いた。 また、ファジアーノ岡山vsアルビレックス新潟は、0-0のイーブンで迎えた86分に白井が決めた見事なミドルシュートによるゴールを守り切ったホームチームが1-0で勝利。敗れた新潟は9戦ぶりの黒星となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第12節 ▽8/15(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 アビスパ福岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 1</span>-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-1 FC町田ゼルビア ▽8/16(日) 《18:00》 モンテディオ山形 vs V・ファーレン長崎 栃木SC vs 愛媛FC ヴァンフォーレ甲府 vs 徳島ヴォルテイス 《19:00》 水戸ホーリーホック vs 東京ヴェルディ ザスパクサツ群馬 vs FC琉球 ツエーゲン金沢 vs 京都サンガF.C. ジュビロ磐田 vs ジェフユナイテッド千葉 レノファ山口FC vs 大宮アルディージャ 2020.08.15 21:17 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグが審判対象の第4回公式検査を報告 検査総数116件の全てが陰性

Jリーグは14日、新型コロナウイルスに関する第4回公式検査の結果を公表した。 第4回の2度目となる検査結果報告の今回は審判員が対象。今月8日〜10日の間に検体が採取され、検査総数116件の全てが陰性判定を受けたという。 なお、第4回の初回は7日に開示。Jリーグ全カテゴリーの登録選手、チームスタッフ、Jリーグ担当審判員、その他関係者を対象にした検査総数3203件に対して、陰性判定3200件、その他3件だった。 検査総数:116件 陰性数:116件 その他:0件 陽性確定数:0件 2020.08.14 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

山口DFサンドロが右腸骨筋損傷 復帰まで4週間程度の加療予定

レノファ山口FCは14日、ブラジル人DFサンドロの負傷離脱を発表した。 今季から加わり、ここまで明治安田生命J2リーグ2試合に出場しているサンドロ。クラブの報告によると、右腸骨筋損傷で復帰まで4週間程度の加療予定だ。 山口は現在、J2リーグ2勝2分け7敗の21位。16日に行われる次節、暫定4位の大宮アルディージャをホームに迎え撃つ。 2020.08.14 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

金沢FWルカオが全治6週間の見込み 今季ここまでチーム最多の6ゴール

ツエーゲン金沢は14日、ブラジル人FWルカオの戦線離脱を報告した。 ルカオは12日に行われた明治安田生命J2リーグ第11節のギラヴァンツ北九州戦で左大腿二頭筋肉離れのケガを負い、全治6週間の見込み。ここまで開幕から全11試合に先発してチームトップの6ゴールを挙げ、攻撃陣をリードする存在だった。 金沢は現在、4勝1分け6敗の13位に位置。16日に行われる次節、5位の京都サンガF.C.をホームに迎え撃つ。 2020.08.14 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

5連敗中の松本、田中隼磨が右ヒザ外側半月板損傷

松本山雅FCは14日、元日本代表DF田中隼磨の負傷情報を報告した。 今季のここまで明治安田生命J2リーグ9試合に出場している田中は松本市内の病院で検査を受けたところ、右ヒザ外側半月板の損傷が判明。全治は現時点で不明で、今後の経過をみて改めて知らせるという。 松本は現在、J2リーグ2勝3分け6敗の19位。5連敗中のなかで迎える15日の次節、11位のアビスパ福岡をホームに迎え撃つ。 2020.08.14 15:15 Fri
twitterfacebook