シティへの移籍濃厚のフェラン・トーレス「より大きな挑戦をしたい」

2020.08.02 15:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティへの移籍が濃厚と見られているバレンシアのU-21スペイン代表FWフェラン・トーレスが胸の内を語った。

バレンシア下部組織出身のフェラン・トーレスは今シーズン、公式戦44試合に出場して6得点8アシストをマークし、爆発的なスピードとドリブルテクニックを最大の武器に様々なビッグクラブから熱視線を注がれていた。

そんな中、先日多くのメディアがシティ移籍が決定的であると報道。クラブからの契約延長を拒否したことで今夏の退団が既定路線となっていた同選手だが、プロキャリアをスタートさせたバレンシアへの忠誠心は強いものがある。イギリス『BBC』のインタビューで「僕はフォイオス(地元)で育ったし、友達もみんなそこにいるんだ。実際、とても居心地が良い」と話している。

しかし、フェラン・トーレスは7歳から過ごしてきたクラブを去り、世界へ羽ばたくタイミングが来たと感じたようだ。

「プレーヤーとして、僕は野心的で、本当に勝ちたいと強く思っている。時間が経つにつれて準備が整ったと感じたんだ。より大きな挑戦に向けて環境を変えてみたい。決意は固まっているよ」

「僕は『自分が一番だ』と内心では常に思っている。そうなるために努力しているんだ。自分がNo.1だと信じていなければ、誰もそうだとは思ってくれないからね」

フェラン・トーレスはまた、現在は英語を勉強していることも告白。「サッカーでは明日、自分の身に何が起こるかわからない。そのために英語を学んでいるんだ。世界のどこにいても不可欠な言葉だからね」と話した。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、放出候補シレッセンの後釜にGKレイナを狙う?

バレンシアが、ミランに所属する元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(38)の獲得を検討しているようだ。スペイン『Radio estadio』の情報をもとに『フットボール・エスパーニャ』が報じている。 スペイン代表通算38キャップを誇るレイナは、これまでビジャレアルやリバプール、ナポリ、バイエルンでプレー。2018年に加入したミランでは、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの控えに甘んじており、今冬には出場機会を求めてアストン・ビラへレンタル移籍。プレミアリーグ12試合に出場し、クラブのプレミア残留に貢献した。 アストン・ビラとの契約満了を迎えたレイナは、現時点でミラン復帰が濃厚となっているが、より多くの出場機会求め、今夏ミラノから旅立つ可能性が指摘されている。 そのレイナに関しては、セリエAの数クラブに加え、バレンシアが獲得に興味を持っているようだ。 バレンシアでは、昨夏にブラジル代表GKネトとのトレードでバルセロナから加入したオランダ代表GKイェスパー・シレッセンが守護神としてゴールマウスを守っていたものの、昨年12月に負ったふくらはぎのケガをきっかけにパフォーマンスが低下。 また、トップチーム選手の総人件費の7%に当たる1100万ユーロ(約13億6000万円)の高額な年俸もネックとなっており、わずか1年でバレンシアはシレッセンを今夏の放出候補に挙げている。 2020.08.14 02:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルが久保建英に続きバレンシアMFコクランを完全移籍で獲得

ビジャレアルは12日、バレンシアのフランス人MFフランシス・コクラン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間とのことだ。 コクランはスタッド・ラヴァルやアーセナルの下部組織出身で、ロリアンへのレンタル移籍を経て2011年7月にファーストチームへ昇格した。 昇格後もフライブルクやチャールトンへのレンタル移籍を経験。チャールトンから復帰後はレギュラーに定着し、公式戦160試合に出場し3アシストを記録。2018年1月にバレンシアへと完全移籍していた。 バレンシアではアンカーとして公式戦89試合に出場し1ゴール3アシストを記録。2019-20シーズンはラ・リーガで26試合に出場し1アシスト、チャンピオンズリーグでも6試合でプレーしていた。 バレンシアとの契約は2022年6月30日までとなっていたが、スペイン『マルカ』によると移籍金800万ユーロ(約10億円)とのこと。10日にレアル・マドリーからレンタル移籍で加入した日本代表MF久保建英(19)に続いて、2人目の補強となる。 2020.08.12 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、2名が新型コロナウイルスに感染

バレンシアは11日、ファーストチームの選手、テクニカルスタッフ、関係者に対して実施した新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査及び血清学的検査の結果、2人が陽性反応を示したことを発表した。 クラブの発表によれば、プレシーズンに臨む前の検査であり、すでに自宅隔離されているとのこと。ラ・リーガとクラブのプロトコルに従うとともに、保健当局へすでに通知しているとのことだ。 なお、13日に再度検査を行うとのこと。選手、コーチングスタッフ、通常スタッフに対して行われるとのことだ。 12日からはトレーニング計画を実行するものの、ソーシャル・ディスタンスを十分に守り、厳密なプロトコルに則って実行されるとのことだ。 バレンシアでは、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった時期にアタランタとイタリアのベルガモで対戦。その結果、チーム内の35%が感染していた。 2020.08.12 12:57 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアのキャプテンMFパレホとMFコクランのビジャレアル移籍が決定的に、久保建英と同僚へ

日本代表FW久保建英の加入が近づいていることで注目を集めるビジャレアルだが、バレンシアから主力2人を獲得することになるようだ。スペイン『アス』が報じた。 新シーズンに向けて、昨年12月にアーセナルの監督を解任されたウナイ・エメリ氏を指揮官に迎えたビジャレアル。2019-20シーズン限りでスペイン代表MFサンティ・カソルラが退団、元スペイン代表MFブルーノ・ソリアーノ(36)が現役引退と実力者がチームを去っていた。 そんな中、獲得の話が出ているのバレンシアの2名。キャプテンを務めるMFダニエル・パレホ(31)とMFフランシス・コクラン(29)だ。 『アス』によると、パレホとコクランは10日にメディカルチェックを受ける予定。個人間での合意は果たしており、12日に予定されているバレンシアの始動日にはすでにチームにはいないとしている。 移籍の話は具体的に進んでおり、移籍金は2000万ユーロ(約25億円)を下回るとのこと。パレホは3年間、コクランは4年間の契約を結ぶとのこと。給与は維持されるという。 パレホは2019-20シーズンのラ・リーガで35試合に出場し8ゴール3アシスト、公式戦でも47試合に出場し10ゴール6アシストを記録。ヘタフェから加入した2011年7月以来9シーズンを過ごし、キャプテンを務めていた。 一方のコクランは、2018年1月にアーセナルから加入。2019-20シーズンはラ・リーガで26試合に出場し1アシスト、公式戦では36試合に出場し2アシストを記録していた。 久保の加入が近日中に発表されると噂されるビジャレアルだが、周りを固めるメンバーも実力者が揃うことになりそうだ。 2020.08.10 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

フェラン・トーレスのペップ・シティ加入が決定!「ペップに僕の成長を見てもらうことは夢」

マンチェスター・シティは4日、バレンシアに所属するU-21スペイン代表FWフェラン・トーレス(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 かねてより指導を熱望していたジョゼップ・グアルディオラ監督の率いるシティへ加入の決まったトーレスは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「シティに加入できてとても嬉しい。どの選手も攻撃的なチームに関わりたいと思っているはずだ。マンチェスター・シティは世界のサッカー界で最も攻撃的なチームの一つだよ」 「ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)は、オープンで攻撃的なスタイルを推進しており、僕がそれが大好きなんだ。そして彼は、選手を成長させることにも実績のある監督だ。彼に僕の成長を見てもらうことは夢だよ。シティは過去10年で多くのトロフィーを獲得してきた。その成功が続くように僕も貢献したいと思っているよ」 左右のウイングを主戦場に爆発的なスピードとドリブルテクニックでスペイン屈指の若手アタッカーに成長したトーレスは、今シーズン公式戦44試合で6ゴール8アシストを記録。バレンシアは若き至宝の流出に備えて契約延長オファーを提示したが、同選手がこれを拒否したことで今夏の退団が既定路線となっていた。 スペインの若き逸材には、バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーの国内3強に加え、ユベントスやバイエルンなど国外のメガクラブも関心を示していたが、今夏にバイエルンへ旅立ったドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)の後釜を探していたシティが争奪戦を制した。 なお、イギリス『BBC』によれば、シティは移籍金として2300万ユーロ(約29億円)をバレンシアに支払うとのことだ。 2020.08.05 06:40 Wed
twitterfacebook