チェルシー移籍噂のハフェルツ、もう将来決めた? レバークーゼン指揮官が示唆

2020.08.02 13:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)はすでに将来に関して、1つの決断を下しているのかもしれない。

今季の公式戦43試合に出場して17得点9アシストの数字を収め、今夏の移籍が噂されるハフェルツ。レバークーゼンが移籍金として1億ユーロ(約124億6000万円)を求めるなか、レアル・マドリーら欧州複数クラブの関心が指摘され、熾烈な争奪戦の様相を呈している。

そうしたなか、ハフェルツの指導にあたるピーター・ボス監督がドイツ通信社『DPA』のインタビューに応対。ここにきてチェルシーがポールポジションに立っているとの見方も強まっている若きドイツ人アタッカーの将来について、こう述べた。

「彼のビジネスなのだから、私からとやかく言うつもりはない。カイとは彼の思いを認識するためによく話をする。カイが毎日のように飛び交う移籍の噂にすごくうまく対処している。彼と話をするたびにそう思わされるほどにね」

「彼が(今季限りで現役を引退した元ドイツ代表MFアンドレ・シュールレのように)29歳で辞めるとは思わない。彼が何をしたがっているのか把握しているが、無論、私から言うべきことじゃない。彼次第だ」

「何とも言えない。ひょっとしたら今日か、来週にも決定的な決断が下されるかもしれないし、もしかしたら何もないかもしれない」
コメント
関連ニュース
thumb

ヘラクレス、チェルシーが狙うMFハフェルツの加入を発表? 元指揮官の期待に応える

チェルシーが獲得を目指しているレバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)の新天地が決定したと話題だ。 移籍金9000万ポンド(約125億円)とも言われ、高額な取引となることが予想されているハフェルツだが、チェルシーとレバークーゼンの間での交渉はあまり進んでいない。 そんな中、エールディビジのヘラクレス・アルメロがユニフォームを着用したハフェルツの写真を公式ツイッターに投稿。「ようこそ、カイ」と添えられていた。 チェルシー行きが急転、ヘラクレスへと思われたが、これはヘラクレスがジョークに応えたもの。レバークーゼンのピーター・ボス監督のコメントを受けたアンサーだった。 レバークーゼンは、10日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のインテル戦で2-1と敗戦。これでEL敗退となり、シーズンを終えていた。 その試合後、ボス監督がハフェルツの将来について質問を受けた際に「ヘラクレス・アルメロでプレーすることを独占的に発表する」とジョーク。自身がかつて指揮を執ったヘラクレス行きを口にしていた。 その発言を受け、ヘラクレスが応えたもの。実際に移籍するわけではなく、冗談に乗っかったというわけだ。 ハフェルツは敗れたインテル戦でもゴールを記録。これがレバークーゼンでの最後の試合になってしまうのだろうか。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Welkom Kai<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/AnnounceHavertz?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AnnounceHavertz</a> <a href="https://t.co/NcCQIKqJhk">pic.twitter.com/NcCQIKqJhk</a></p>&mdash; Heracles Almelo (@HeraclesAlmelo) <a href="https://twitter.com/HeraclesAlmelo/status/1293080474907271171?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.12 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

美技弾のバレッラ、EL4強入りを喜ぶ 「チーム力を示せた」

インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラがヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出に喜びの心境を語った。 インテルは10日に中立地ドイツで行われたEL準決勝でレバークーゼンと対戦して、2-1の白星。チャンピオンズリーグ(CL)を制した2009-10シーズン以来となる欧州でのベスト4入りを成し遂げた。 フル出場のバレッラは15分に味方が放ったシュートの跳ね返りをバイタルエリア中央で回収すると、右足アウトサイドでのフィニッシュをゴール左下に決め、チームに先制点をもたらした。 バレッラは試合後、イタリア『スカイ』で「今日は『団結したチームじゃない』と言う人々に対して、素晴らしいチームであり、ボールを持って戦えるのを証明できたと思う」と述べ、満足感を示した。 「(VAR判定によるPKの取り消しを)気にせず、結果を出して、準決勝に勝ち上がることができた。もっと試合を早く終わらせて、休養に充てられたかもしれないが、レバークーゼンはすごく強いチームで。苦しめられた。でも、今日の僕らはチーム力を示せた。このまま決勝まで辿り着きたい」 なお、インテルは17日に行われる準決勝で、シャフタール・ドネツクvsバーゼルの勝者と対戦する。 2020.08.11 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

EL4強進出のコンテ、ルカクの活躍は「チーム全体の支えがあってこそ」

インテルのアントニオ・コンテ監督がヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出に尽力した選手を労い、主砲としての役割を全うしたベルギー代表FWロメル・ルカクにも言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは10日に中立地ドイツで行われた準々決勝でレバークーゼンと激突。2点リードした展開から1点を返され、反撃を許したものの、それ以上の追撃を許さず、ベスト4に駒を進めた。 今季ブンデスリーガを5位でフィニッシュしたドイツの強豪を退け、タイトルに一歩前進したコンテ監督は試合後、内容と結果に満足感を示すとともに、選手たちに賛辞を贈った。 「我々の誰もが本当にハッピーだ。素晴らしいパフォーマンスぶりだったからだ。この試合に向けて正しい準備をして、レバークーゼンのプレーを止めた。ポゼッションにおいても我々の取り組みを実行できたと思う」 「結果は僅差で、もっとリラックスした試合にできたはずだが、決して防戦一方というわけじゃなかった。選手たちを褒めることしかできない。ビッグシーズンを経験しているのを示してくれたのだからね」 「今は準決勝を戦うチャンスを手にしたのを素直に喜ぶべきだ。次の試合は明日から考える。悔いなく、最大限を目指したいからね」 そう語ると、次にチーム2得点目を挙げて勝利に大きく貢献したエースのルカクに関する質問にも応じてみせ、「チーム全体の支えがあってこそ」だと述べ、グループの重要性を強調した。 「あれだけ全員が素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたのだから、個人を語るのは難しいものだ。ロメルは素晴らしいシーズンを送っているが、それはチーム全体の支えがあってこそ。全体が良いプレーをすれば、個人レベルでも良いパフォーマンスを出せるようになる」 「ルカク、ラウタロ(・マルティネス)、(アレクシス・)サンチェスのようなストライカーの存在は重要だが、彼らもチームに感謝の気持ちを持たなければ。グループが個人のベストを引き出すものなのだからね」 2020.08.11 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチェスが右足大腿部裏の筋挫傷 EL準決勝出場微妙か

インテルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがケガをしてしまった。 インテルは10日に中立地ドイツで行われたEL準々決勝のレバークーゼン戦を2-1を白星。チャンピオンズリーグ(CL)を制した2009-10シーズン以来となる欧州でのベスト4入りを成し遂げた。 先日にレンタル先のマンチェスター・ユナイテッドから完全移籍が決定したサンチェスはベンチスタートとなり、64分から出場。しかし、すでに3度の交代を済ませた状況下の終盤に右足を痛めた。 インテルはその試合後、最後までピッチに立ち続けたサンチェスのメディカルレポートとして、全治などの詳細は明らかにしていないものの、右足大腿部裏の筋挫傷を報告した。 これを追って報じたイタリア『スカイ』の見立てによると、サンチェスは次戦の出場が微妙。インテルは17日に行われる準決勝で、シャフタール・ドネツクvsバーゼルの勝者と対戦する。 2020.08.11 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ルカク&バレッラ弾のインテルがレバークーゼン撃破でベスト4進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝、インテルvsレバークーゼンが10日にドイツで行われ、2-1でインテルが勝利した。 ラウンド16でヘタフェとの一発勝負を制して勝ち上がったインテルと、レンジャーズに2戦合計スコア4-1と快勝して勝ち上がったレバークーゼンによる準々決勝屈指の好カード。 5日前に行われたヘタフェ戦と同じスタメンで臨んだインテルに対し、4日前に行われたレンジャーズ戦のスタメンから3選手を変更したレバークーゼンは、アランギス、ヴィルツ、S・ベンダーに代えてデミルバイ、バウムガルトリンガー、ターを起用した。 レバークーゼンがボールを持つ展開となった中、インテルが15分に先制する。ルカクのシュートのルーズボールをボックス手前右で拾ったバレッラが、右足アウトの巧みなシュートでゴール左に蹴り込んだ。 さらに20分、L・マルティネスの右クロスにバレッラがダイレクトで合わせる決定機を得たインテルは、直後に加点する。ボックス中央でヤングのパスを受けたルカクがタプソバを背負いながら反転し、倒れ込みながらシュート。ルカクのパワーを象徴するようなゴールでリードを広げたインテルは、23分に3点目のチャンス。 しかし、ここはルカクがGKフラデツキーとの一対一を止められると、24分にレバークーゼンが1点差に詰め寄る。フォラントとのパス交換でボックス右に抜け出したハフェルツが右足で決めきった。 続く26分にはボックス内でシンクフラーフェンがハンドを犯したとしてインテルにPKが与えられかけるが、VARの末に判定が覆りPKは取り消しに。 ハーフタイムにかけては一転して膠着状態となり、インテルが2-1とリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、オープンな展開で立ち上がった中、開始5分にインテルに決定機。しかし、ヤングの左クロスに合わせたガリアルディーニのシュートはゴール前のルカクに当たってしまう。 対するレバークーゼンは59分にベイリーを入れた中、61分にデミルバイがGK強襲の枠内シュートを放つ。 その後、L・マルティネスに代えてサンチェスを投入したインテルは66分に決定機。しかし、ボックス内からのサンチェスのシュートはGKフラデツキーの守備範囲だった。 終盤にかけてはインテルが3点目に迫った中、90分には再びPKを獲得しかけるも、VARの末に無効に。それでも2-1で試合をクローズしたインテルがレバークーゼンを下してベスト4進出を決めている。 2020.08.11 05:56 Tue
twitterfacebook