インモービレがセリエA記録の36ゴール! 「諦めなければ、どんな目標も達成可能」

2020.08.02 09:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレが大記録到達を喜び、チーム関係者に感謝した。

前節終了時点でセリエAトップの35ゴールを挙げ、ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが2016年のナポリ時代に達成したシーズン36得点のリーグ記録更新とヨーロッパ・ゴールデンシュー獲得の期待を集めたインモービレ。1日に敵地で行われたセリエA最終節のナポリ戦でも1ゴールをマークした。

これにより、1シーズンのセリエA最多得点数に並び、自身3度目のリーグ得点王がほぼ確実になり、ヨーロッパ・ゴールデンシューの獲得も決定的なものに。インモービレは試合後、クラブ公式チャンネルで喜びの心境を語った。

「スーパー・ハッピーだ。成し遂げられたのも誇らしく思う。これまでの歩みを振り返ると特にね。信じてさえすれば、夢を叶えられる。監督やスタッフ、チームメイトに感謝しかない。この記録はチーム全体の功績だ。断言できる。それと、このチームに欠かせない存在であるファンにも感謝する。僕は生きた手本でありたい。決して諦めなければ、どんな目標だって達成できる」

また、ラツィオの来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得となる4位フィニッシュ確定にも言及。「僕らの目標は改善だ。よくやったよ。簡単なことじゃない」と述べ、健闘を称えた。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオ移籍噂のD・シルバは「セリエA好き」 父親が拍車かける発言!

元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)の移籍先はやはりイタリアなのかもしれない。 D・シルバは在籍10年のマンチェスター・シティを契約切れの今季限りで退団。2010年のシティ入りから公式戦400試合以上の出場数を誇り、4度のプレミアリーグ制覇など数々に寄与した名手だけあって、その行く末に注目が集まっている。 今季も司令塔ぶりを発揮するD・シルバを巡っては新天地候補に母国スペインだけでなく、アメリカや日本、中東も挙がったが、最近になり、ラツィオ行きの憶測が浮上。さらに、交渉の最終段階も指摘され、セリエA挑戦の熱が帯びつつある。 そのなか、D・シルバの父親であるフェルナンド・ヒメネス氏がスペイン『El Transistor』で「ダビドは前から私に対して、マンチェスター・シティに10年間在籍してから去りたい旨の話をしていたんだ」と述べると、息子のイタリア行きに拍車をかけた。 「彼にはヨーロッパに残ってほしい。彼自身がセリエA好きで、イタリアでプレーするのを本当に楽しみにしているのも確かだ。あの場所で40歳まで現役を続けられるとも言っていた」 「現時点でかなりのオファーがあり、決断しなければ。ラツィオと契約するなら、喜ばしい限りだ。彼は常々、バレンシア復帰以外の考えがないから、スペインに戻ってこないだろう」 2020.08.07 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ダビド・シルバがラツィオ加入で合意か

今季をもってマンチェスター・シティを退団する元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)がラツィオ加入で合意間近となっているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによればダビド・シルバの代理人を務める弟がフォルメッロにあるラツィオの練習場に姿を現し、ラツィオのオファーを受け入れたと主張。今後、契約の詳細を詰めた後、7日に行われるチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦終了後に何らかの発表があると報じている。 2010年夏にバレンシアからマンチェスター・シティに加入したダビド・シルバは、4度のプレミアリーグ優勝、2度のFAカップ優勝、5度のEFLカップ優勝に貢献してきた。 2020.08.07 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ディバラがセリエAのシーズンMVPに輝く! 中断期間に新型コロナ感染もリーグ9連覇に貢献

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(26)が2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いた。 新型コロナウイルスの影響で一時中断を強いられたものの、約3カ月の中断期間を経て再開し、ユベントスのリーグ9連覇で幕を閉じたセリエA。 そしてレガ・セリエAは4日、今季の年間最優秀賞にユベントスの9連覇に大きく貢献したディバラを選出した。同選手は、セリエAで33試合に出場して11得点7アシストを記録。中断期間中には新型コロナウイルスに感染し、約1カ月半の闘病生活を強いられたが、再開後は4試合連続ゴールを決めるなど、チームの連覇に貢献した。 そのほか、最優秀若手選手賞にパルマのスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(20)、最優秀FWにラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(30)、最優秀MFにアタランタの元アルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメス(32)、最優秀DFにインテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(28)、最優秀GKにポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(30)が選ばれた。 2020.08.05 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーの生え抜きFWマジョラルがラツィオ移籍へ? 直近2シーズンはレバンテにレンタル

レアル・マドリーのスペイン人FWボルハ・マジョラル(23)にラツィオ移籍の可能性が高まっているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 2015年にトップチームデビューを飾ったマジョラルは、2017-18シーズンに公式戦24試合7ゴールの活躍をみせ、ブレイクの兆しを見せた。 しかし、以降はトップチーム定着とはならず、直近2シーズンはレバンテに武者修行に出ることに。今シーズンのラ・リーガでは34試合8ゴール2アシストと上々の数字を残していた。 ただ、2021年に契約満了を迎えるエルブランコに生え抜きのストライカーの居場所はなく、クラブサイドは同じく生え抜きのスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)と共に換金対象の一人とみなしているようだ。 そして、そのマジョラルに対しては、来シーズンに久々のチャンピオンズリーグ(CL)に参戦する今季セリエA4位のラツィオが、手薄な前線の補強候補として熱視線を注いでいるという。 現時点でクラブ間の合意には至っていないものの、ラツィオとマジョラルの個人間での交渉は非常に進んでおり、今後クラブ間の交渉を詰めていく段階にあるという。 マドリーはラツィオへの売却にこだわっていないものの、希望する2000万ユーロ(約25億円)を満たすオファーが届いた場合、快く売却に応じる構えだ。 2020.08.02 17:14 Sun
twitterfacebook
thumb

シーズン最多ゴール記録に並んだインモービレが13年ぶりの快挙!セリエA得点王&ヨーロッパ・ゴールデンシューをダブル受賞

ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレ(30)が、セリエA得点王とヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得した。 ラツィオは、1日にアウェイで行われたセリエA最終節のナポリ戦を1-3で敗戦。フル出場のインモービレは、1点ビハインドの22分にマルシッチの折り返しをワンタッチで流し込み、今季のゴール数を36得点に更新。 これにより元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(当時ナポリ/現ユベントス)が2015-16シーズンに記録したセリエAのシーズン最多ゴール記録に並んだインモービレが、自身3度目(2013-14,2017-18)のセリエA得点王を獲得。 また、インモービレはブンデスリーガで34得点を記録したバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキを抜いて自身初となるヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得。なお、セリエAの選手でヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞するのは、2006-07シーズンに26得点を挙げ得点王に輝いたローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ以来の快挙となる。 2020.08.02 05:50 Sun
twitterfacebook