ナポリがアフリカ出身選手最高額の移籍金となる約100億円でオシムヘンを獲得!

2020.07.31 23:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは7月31日、リールに所属するナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの5年間となっている。

フランス『レキップ』によればボーナス込みで8100万ユーロ(約100億2000万円)に上り、この額は昨夏にリールからアーセナルに加入したコートジボワール代表FWニコラ・ペペの7200万ユーロを上回り、アフリカ出身選手における史上最高の移籍金額になる。

また、ナポリにおいても昨夏PSVから加入したメキシコ代表FWイルビング・ロサーノに費やした移籍金3800万ユーロを大幅に超えるクラブ史上最高額になるとのことだ。

ヴォルフスブルクで2017年5月にプロデビューを飾ったオシムヘンは、昨年夏にシャルルロワからリールに加入。今季は公式戦38試合に出場して18得点6アシストの数字を残していた。
コメント
関連ニュース
thumb

引く手数多のレギロン、ナポリと個人間合意か

セビージャのスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)とナポリが個人間合意に至ったようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 今季にレアル・マドリーからセビージャにレンタルで加入し、周囲の予想を超える活躍を披露しているレギロン。買い取りを検討しているセビージャを始め、パリ・サンジェルマンやアーセナル、チェルシーなど数々のビッグクラブが関心を寄せていると言われている。 そうした争奪戦が繰り広げられる中、『スカイ・スポーツ』はナポリが個人間で合意にこぎ着けたと伝えている。保有権を持つマドリーとはまだ合意に至っていないものの、移籍金は2000万から2500万ユーロ(約25億3000万から31億7000万円)ほどの金額になると見込んでいる。 また、セビージャはヨーロッパリーグ(EL)準決勝まで勝ち残っており、レギロンもこの大会を最後まで帯同することを望んでいることから、同メディアはもう暫く時間がかかると見ている。 2020.08.13 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッと爽快!ナポリ時代のカバーニが放った豪快すぎる3発!【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがナポリ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆衝撃の3発!カバーニの豪快すぎるハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3NUVNb2xpRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年7月、パレルモからナポリへと移籍したカバーニ。2013年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍するまでの3シーズンで公式戦138試合で104ゴール14アシストを記録していた。 そのカバーニがナポリ時代に決めたハットトリックを紹介。2011年9月18日に行われたセリエA第3節のミラン戦でのものだ。 開始11分にアルベルト・アクイラーニにゴールを許し先手を奪われたナポリだったが、カバーニが火を噴く。 まずは13分、エセキエル・ラベッシがボックス右からのFKでクロスを入れると、ボックス中央でクリスティアン・マッジョがヘッド。これがカバーニに渡るとダイレクトボレーでGKの股間を抜き、同点に追いつく。 さらに36分には、ワルテル・ガルガノがドリブルで持ち上がると、左サイドを上がってきたカバーニへパス。これをボックス内左で右足一閃。強烈なシュートがニアサイドをブチ抜き、2点目を奪う。 後半に入っても勢いは止まらず。52分には右サイドからのクロスをアレッサンドロ・ネスタがクリア。しかし、このクリアボールを至近距離でカバーニがダイレクトシュート。目の覚めるようなシュートがネットに突き刺さり、ハットトリックを達成した。 3ゴールとも豪快かつ目にも留まらぬスピードの強烈シュート。フリーになったカバーニは一体どこに向かうのだろうか。 2020.08.11 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリがガットゥーゾ監督と2023年まで契約延長で合意か

ナポリがジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(42)との契約を2023年6月まで延長することで合意したようだ。イタリア『Sportitalia』が報じている。 昨年12月にナポリの指揮官に就任したガットゥーゾ監督は、就任当初こそ結果を出せずにいたものの、徐々にソリッドなチームに仕上げ、コッパ・イタリア優勝に導いていた。また、セリエAでは7位に終わったものの、中断明け後は7勝2分け3敗の戦績を残していた。 2021年6月までだった契約を2年更新する模様のガットゥーゾ監督は、年俸160万ユーロ(約2億円)+ボーナスの条件で合意とのこと。 ナポリは来季に向け、アフリカ出身選手における史上最高の移籍金額となる8000万ユーロ(ボーナス込み)でリールからナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)を獲得している。 2020.08.11 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レギロン争奪戦、ナポリ参戦で激化

ナポリが、セビージャでプレーするスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今季はレアル・マドリーからセビージャにレンタルしているレギロンは、手薄だった左サイドバックとして期待を超える活躍を披露。ラ・リーガでは31試合に出場し2ゴール4アシストをマーク。来季のチャンピオンズリーグ出場圏内の4位フィニッシュに貢献した。 この活躍から、買い取りを考慮するセビージャをはじめ、パリ・サンジェルマンやアーセナル、チェルシーにエバートンといったクラブが興味。さらには保有元であるマドリーも評価を改めつつある中、ナポリもこの争奪戦に参戦する模様だ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、レギロンはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の左サイドバックの理想像に一致しているとのこと。 一方で、レギロン獲得を狙うナポリの課題は、同じ左サイドバックを担うアルジェリア代表DFファウジ・グラムの売却。同選手は年俸350万ユーロ(約4億3600万円)を稼いでおり、ナポリの中では高給取りに位置する。グラムは以前から放出候補に挙げられており、本人も退団の意思を示しているようで、こちらのオペレーションはさほど難しいものにはならないと予想されている。 2020.08.10 13:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ハムシクとのコンビネーション!相手GKの逆を突くメルテンスのピンポイントFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆相手GKの逆を突くメルテンスのピンポイントFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0eHpybzlBSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> メルテンスは、アンデルレヒト、ヘントの下部組織で育ち、オランダのユトレヒトやPSVでプレーした後、2013年7月にナポリへと加入。 加入当初は左ウイングでの起用も多かったが、コンスタントに得点を重ねると、2016-17シーズンはセリエAで28ゴール8アシストと大活躍。2020年6月にはクラブ通算122得点目を記録し、クラブ歴代最多得点の新記録を樹立した。 ドリブル突破や味方とのパス交換から多くのゴールを奪うメルテンスだが、時にはセットプレーでもゴールを奪う。 2017年2月4日に行われたセリエA第23節のボローニャ戦では、FKを含むハットトリックの活躍でチームの大勝に貢献している。 序盤からゴールを奪ったナポリは、2-0で迎えた33分にゴールほぼ正面のペナルティーアーク間際の絶好の位置でFKのチャンスを獲得する。 相手の壁の横にMFマレク・ハムシクが立ち、キッカーはメルテンスが務める。メルテンスがシュートモーションに入る直前でハムシクが避けると、メルテンスはそのコースへと蹴り込んだ。 この動きで相手GKが動揺したのか、メルテンスのシュートに完全に逆を突かれる形となり、シュートはゴール右上へと突き刺さった。 その後もゴールを量産したナポリは、メルテンスとハムシクがダブルでハットトリック達成し、7-1と大勝を収めている。 2020.08.09 15:00 Sun
twitterfacebook