ウルブスが主砲ヒメネスの後釜確保か? 今季25発のブラガFW獲得に迫る

2020.07.31 20:28 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンは、メキシコ代表FWラウール・ヒメネス(29)の後釜をすでに見つけているようだ。ポルトガル『RTP』が報じている。

今シーズンのプレミアリーグを7位でフィニッシュしたウルブスは、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したこともあり、今シーズンの公式戦53試合26ゴール10アシストの圧巻のスタッツを残した主砲ヒメネスの流出が危惧される。

マンチェスター・ユナイテッドやユベントスといったメガクラブが関心を寄せる同選手に関しては、6000万ユーロ(約74億4000万円)と言われる強気な移籍金を設定しているが、来季以降も守り切れるかは微妙なところだ。

そのため、クラブは主砲の流出に備えて後釜の獲得に近づいているようだ。

『RTP』が伝えるところによれば、ウルブスはブラガに所属するポルトガル人FWパウリーニョ(27)の獲得に向けて、3000万ユーロ(約37億2000万円)の条件で交渉成立に近づいているという。

サンタ・マリア、トロフェンセ、ジウ・ヴィセンテと国内クラブを渡り歩いた“パウリーニョ”の愛称で知られるジョアン・パウロ・ディアス・フェルナンデスは、2017年にブラガへ完全移籍で加入。

188cmの恵まれた体躯を誇る左利きのストライカーは、今シーズンの公式戦48試合で25ゴール9アシストと見事な数字を残した。ヒメネスほどの馬力や機動力はないものの、確かな決定力に加えて、利他的なプレーも得意としている。

なお、今回の交渉に関してはウルブスの実質的なアドバイザーを務める世界最高の代理人と評されるジョルジュ・メンデス氏が、仲介役を担っており、ほぼ交渉は完了しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、わずか1年でグイエ放出を検討 プレミア復帰か

今季からパリ・サンジェルマン(PSG)に新天地を求めたばかりのセネガル代表MFイドリサ・グイエ(30)だが、早くも移籍の可能性が浮上している。フランス『Le10 Sport』が報じた。 グイエは昨夏、エバートンから移籍金3000万ユーロ(現レートで約37億4000万円)の4年契約でPSG入り。2018-19シーズンの冬から続いたPSGのラブコールを実らせる形でのパリ行きだった。 そんな今季はケガによる離脱時期もあったが、ここまで公式戦33試合に出場して1得点2アシストを記録。しかし、首脳陣は選手のパフォーマンスに満足していない模様だ。 スポーツディレクター(SD)のレオナルド氏は新たに中盤の強化を模索するなか、チャンピオンズリーグ(CL)終了後のグイエ売却を検討。移籍先としてイングランドが挙がっているという。 今もプレミアリーグ方面から高い評価を受けるグイエを巡っては先日、にわかにマンチェスター・ユナイテッドの関心が挙がったが、ウォルバーハンプトンも目を光らせているとのことだ。 2020.08.04 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがEL出場権確保で25年連続でヨーロッパの舞台へ、トッテナムはEL予選2回戦から

最多となる14度目のFAカップ優勝を果たしたアーセナルが、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保した。 今シーズンのアーセナルは、シーズン序盤から勝ち切れない試合が続き、中位に低迷。12月にウナイ・エメリ監督を解任し、ミケル・アルテタ監督を招へいした。 <div id="cws_ad">◆アーセナルのトロフィーリフト!14度目のFAカップ優勝<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6c2JvbVJWeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020年に入ってからは8戦無敗と調子を取り戻したアーセナルだったが、中断明けは不安定な戦いに終止。結局8位でシーズンを終え、来シーズンのヨーロッパの大会とは無縁の順位に終わっていた。 1996-97シーズン以来続く、ヨーロッパの大会出場が途切れかけたアーセナルだったが、FAカップでチェルシー相手に見事な逆転勝利。これにより、2020-21シーズンのEL出場が決定。25年連続でのヨーロッパの大会出場を確保した。 これにより、来シーズンは最多で8クラブがプレミアリーグからヨーロッパの大会に出場する可能性がある。 現時点では、リバプール(首位)、マンチェスター・シティ(2位)、マンチェスター・ユナイテッド(3位)、チェルシー(4位)がチャンピオンズリーグ(CL)に、5位のレスター・シティとアーセナルがELに出場。6位のトッテナムは、マンチェスター・シティがEFLカップ(カラバオカップ)を優勝しているため、EL予選2回戦に回ることが決定していた。 残すはリーグ7位のウォルバーハンプトン。チェルシーがFAカップを優勝していれば、ヨーロッパリーグの予選2回戦から出場となったが。その可能性はなくなった。ちなみに、その場合は、アーセナルに出場権がなく、トッテナムはEL出場権を確保していた。 一方で、現在は今シーズンのELラウンド16に勝ち残っており、このまま優勝すれば来シーズンのCL出場権を確保。その場合は、プレミアリーグから8クラブがヨーロッパの大会に出場することとなる。 ウォルバーハンプトンは、8月6日にELラウンド16・2ndレグでオリンピアコスと対戦。1stレグは1-1の引き分けに終わっていた。 ◆2020-21シーズンの出場権 1位:リバプール/CL出場 2位:マンチェスター・シティ/CL出場 3位:マンチェスター・ユナイテッド/CL出場 4位:チェルシー/CL出場 5位:レスター・シティ/EL出場 6位:トッテナム/EL予選2回戦 7位:ウォルバーハンプトン/CL出場の可能性(EL優勝で) 8位:アーセナル/EL出場(FAカップ優勝) 2020.08.02 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブズ、今夏最初の補強はモンテネグロ代表GK

ウォルバーハンプトンは27日、モンテネグロ代表GKマティヤ・サルキッチ(23)をアストン・ビラから獲得したことを発表した。契約は2023年6月30日までとなる。 イングランド出身のサルキッチは、ベルギーのアンデルレヒトの下部組織出身。2015年にアストン・ビラに移り、ウィガンなど国内下位リーグのクラブで経験を積んできた。今季は昨夏からの半年契約でスコットランドのリビングストンに加入。正GKとして公式戦18試合に出場した。 その中で昨年11月には、父の出身であるモンテネグロで代表デビュー。ベラルーシ代表戦で2-0のクリーンシートに貢献した。 なお、チェアマンのジェフ・シー氏によると、来季はレンタルで武者修行に出す予定のようだ。 2020.07.28 04:44 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがCL出場権獲得! 敗れたウルブズは7位転落《プレミアリーグ》

プレミアリーグ最終節が26日に行われ、チェルシーは2-0でウォルバーハンプトンに勝利した。 いよいよ最終節を迎えたプレミアリーグ。リバプールの優勝は早々に決まったものの、チェルシーを含むチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いは最後までもつれることになった。 前節のチェルシーは引き分け以上でその資格を得られる状況にいたが、ホーム最終戦だった新王者リバプールに前半だけで3点のリードを許す厳しい展開を強いられると、後半に3点を奪うものの、最終的に3-5で敗れた。 そして、今節は引き分け以上でCL出場圏内の4位以内が確定する中、裏では3位マンチェスター・ユナイテッドと5位レスター・シティが激突。こちらの結果次第で自動的にCL出場権を得られるが、スッキリと勝利で決めたいところだ。 ホームのチェルシーは公式戦3試合連続で3バックを採用。2年連続でのヨーロッパリーグ(EL)出場を目指すウルブズとミラーゲームとなった中、押し気味に試合を進めるチェルシーはプリシッチやジルーにボールを集めて糸口を探っていく。 しかし、ウィリアンを欠いた前線はなかなか攻撃の形を作ることが出来ない。上手くシュートまで繋がったのは39分のこと。右サイドの深い位置でパスを受けたマウントのクロスをジルーが頭で合わせたが、枠を捉えることは出来なかった。 このまま無得点で終わるかに思われた前半アディショナルタイムに試合は大きく動く。ボックス手前の絶好の位置でFKを得たチェルシーは、名手マルコス・アロンソをおとりにマウントが左隅に見事なシュートを沈めて先制に成功。 さらにその3分後、相手のFKを跳ね返しカウンターに転じると、プリシッチが持ち上がり、マウントがジルーへスルーパス。ワンタッチでGKを躱したジルーは、コーディに体を寄せられながらも強引に押し込んで追加点をもたらした。 ウルブズは後半からペドロ・ネトを下げてアダマ・トラオレを投入。59分には3枚替えを敢行し打開を図る。 しかし、チェルシーは前半から素早い守備を続け、相手にペースを握らせない。シュート数は増えないものの、何度かゴール前に迫るシーンも演出しており、危なげない試合運びを見せる。 終盤にはしっかり5枚の交代枠を使い、チームをリフレッシュさせながら試合をクローズ。前半のゴールを守り切ったチェルシーが2-0で勝利し、自力でCL出場権を勝ち取った。 一方、EL出場権に関しては、クリスタル・パレスと引き分けたトッテナムがウルブズを抜き6位に浮上。マンチェスター・シティがEFLカップを制覇したことで6位に繰り下げられたEL出場権はトッテナムが手にすることになった。また、5位にはユナイテッドとの直接対決に敗れたレスターが入った。なお、EL出場権はFAカップ優勝クラブにも与えられるが、決勝戦でチェルシーがアーセナルを下して優勝した場合、7位のウルブズにその資格が与えられることになる。 2020.07.27 02:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルブスが後半AT被弾で痛恨のドロー…上位追走のチャンスを生かせず《プレミアリーグ》

ウォルバーハンプトンは15日、プレミアリーグ第36節でバーンリーと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 上位陣の足踏みによりチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にわずかな望みを残す6位のウルブス(勝ち点55)が、10位バーンリー(勝ち点50)のホームに乗り込んだ一戦。 前節エバートンを撃破し連敗をストップさせたウルブスは、その試合から先発メンバーを4人変更。ペドロ・ネトやジョニー、デンドンケルらに代えてアダマ・トラオレやジョタ、モウティーニョらを先発で起用した。 ポデンセ、ヒメネス、ジョタの3トップで試合に臨んだウルブスは立ち上がりからボールを持つと10分、右サイドを突破したアダマ・トラオレのクロスからヒメネスがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKが正面でキャッチ。 膠着状態が続く中、ウルブスは41分に決定機。ポデンセのロングパスでゴール左手前まで侵入したジョタが胸トラップから左足を振り抜いたが、このシュートは左サイドネットに外れ、前半はゴールレスで終了した。 後半も主導権を握るが先制点が遠いウルブスは、70分にポデンセを下げてドハーティを投入。すると76分、ドリブルで持ち上がったアダマ・トラオレのパスをバイタルエリアで受けたドハーティがミドルシュート。これが相手DFにディフレクトすると、こぼれ球をボックス中央に走り込んだヒメネスが右足のボレーシュートでゴール右に突き刺した。 このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにウルブスに悲劇が訪れる。94分、このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにウルブスに悲劇が訪れる。ブレイディのロングパスをボックス右のバーズリーが頭で折り返すと、バイシクルシュートを狙ったウッドの前でドハーティがクリア。しかし、VARによる判定でクリアの際にドハーティのハンドが確認され、バーンリーにPKを与えてしまう。 このPKをウッドが確実に決め、1-1でタイムアップ。逃げ切りに失敗したウルブスが、痛恨のポイントロスで上位追走に失敗した。 2020.07.16 04:22 Thu
twitterfacebook