三好康児が所属するアントワープがイラン代表の強肩GKベイランヴァンドを獲得

2020.07.30 16:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギーのロイヤル・アントワープは、イランのペルセポリスからイラン代表GKアリレザ・ベイランヴァンド(27)を完全移籍で獲得することを発表した。

契約期間は3年間となり、延長オプションも付いているとのことだ。

ベイランヴァンドは、2016年7月にナフト・テヘランからペルセポリスへ加入。守護神としてこれまで公式戦124試合に出場していた。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもこれまで44試合に出場している。

また、イラン代表でも守護神を務め、31試合でプレー。ベイランヴァンドの特徴はその強肩で、ハーフウェイラインを超えるスローでチャンスを作ることもあった。

自身初のヨーロッパ挑戦となるが、アントワープには日本代表MF三好康児も所属。イランの守護神がどのような活躍を見せるかに注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ベルギーカップ決勝が8月1日に開催! アントワープMF三好がリーグ王者に挑む

ベルギーサッカー協会(KBVB)は28日、2019-20シーズンのベルギーカップ決勝、クラブ・ブルージュvsアントワープを8月1日に開催することを決定した。 同試合は当初、3月22日に開催される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって延期となっていた。 ベルギーでは国家安全保障理事会によって7月31日までプロスポーツ活動の停止が決定したことを受け、5月15日に2019-20シーズンのジュピラー・プロ・リーグ(1部リーグ)、ベルギー・ファースト・ディビジョンB(2部相当)の打ち切りを決断していた。 しかし、決勝戦の会場となるボードゥアン国王競技場があるブリュッセル市など、各所と話し合いが行われた結果、無観客開催を条件に前述のプロスポーツ活動の停止が明ける8月1日にベルギーカップ決勝開催が認められた。 なお、今季のリーグ王者であるクラブ・ブルージュに挑むアントワープには、U-23日本代表MF三好康児(23)が在籍しており、ベルギーでの自身初のタイトル獲得を目指すことになる。 また、リーグ戦を4位で終えているアントワープはヨーロッパリーグ(EL)の予選ラウンドへの出場を決めているが、今回の決勝に勝利した場合、リーグ戦3位のシャルルロワに代わってELグループステージに直接参戦できる。 2020.05.28 20:07 Thu
twitterfacebook
thumb

三好所属アントワープ、今季主力のFWミララス&GKボラトの退団を発表

三好康児の所属するアントワープは8日、元ベルギー代表MFケビン・ミララス(32)とトルコ代表GKシナン・ボラト(31)の退団を発表した。 2003年にリールでプロデビューしたミララスは、サンテチェンヌ、オリンピアコス、エバートン、フィオレンティーナを渡り歩き、昨夏にアントワープへ加入。今シーズンは公式戦21試合に出場し、2ゴール2アシストを記録した。 一方、ヘンクの下部組織出身のボラトは、2005年にトップチームに昇格。その後、スタンダール・リエージュやポルト、ガラタサライなどでのプレーを経て、2017年の夏にアントワープに加入。 アントワープでは、絶対的守護神として在籍3シーズンで公式戦117試合に出場。今シーズンも公式戦36試合に出場し7試合のクリーンシートを達成した。 2020.05.09 07:01 Sat
twitterfacebook
thumb

「彼がコスタリカ人でもルクセンブルク人でも獲得していた」アントワープSDが三好康児を獲得した理由を語る

アントワープのスポーツディレクター(SD)を務めるスヴェン・ジャック氏が、U-23日本代表MF三好康児(23)の買い取りオプションを行使した理由を明かした。ベルギー『De Morgen』が伝えた。 川崎フロンターレのアカデミー育ちの三好は、2015年にトップ昇格すると、2018年に北海道コンサドーレ札幌、2019年に横浜F・マリノスへそれぞれレンタル移籍。2019年夏にアントワープ入りが決まり、レンタル移籍で初の海外挑戦を果たした。 今シーズンはデビュー戦でいきなり決勝点を挙げる活躍を披露すると、昨年11月以降、ケガによる離脱を繰り返したが、公式戦15試合で3ゴールを記録。4月6日に120万ユーロ(約1億4000万円)程度とみられる買取オプションを行使し、2023年6月までの3年契約を結んだ。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、財政的に苦しむクラブが多い中で三好を獲得した経緯についてジャックSDがコメント。三好の能力や年齢が買取の決め手だったと明かした。 「この危機がフットボール界に与える影響は大きい。それは我々にもだ。最も論理的だったのは支払いを待ってもらうことだった。だが、今回のケースでは3月31日までに決断する必要があった」 「総合的に見て、給与や移籍金がコウジの年齢と能力を考えたときに、許容可能で受け入れられるものだったため、買い取りを決断した」 「そういう意味では、昨シーズンの交渉がうまくいったと満足している。クラブ間のオプションのほとんどは後で解決できるが、この移籍に関しては早急に決めなければならなかった。他のクラブでもこうしていたと思う」 「彼がピッチに立った時のパフォーマンスには満足している。彼がコンディションを保っていれば、シーズンはさらに良くなっただろう。コウジは決して怠け者ではないし、攻撃時の迫力やテクニックと洞察力、さらに守備力もある」 「彼がコスタリカ人でもルクセンブルク人でも日本人だとしても関係なくこの取引を完了させたかった。コウジはまだ若いので、大きく成長すると確信している」 ジュピラー・プロ・リーグは新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けシーズンの終了を発表。アントワープはリーグ戦で4位で終了。カップ戦では決勝まで勝ち進んでおり、クラブ・ブルージュとの決勝に勝利すればヨーロッパリーグのグループステージから出場することとなる。 2020.04.24 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アントワープ、改めて川崎Fから三好康児の買い取りOP行使を公式発表! 新たに3年契約締結

アントワープは6日、U-23日本代表MF三好康児(23)の買い取りオプション行使を正式発表した。新たな契約期間は2023年6月までの3年契約となる。 三好は川崎フロンターレのアカデミー育ちで、2015年にトップ昇格すると、2018年から北海道コンサドーレ札幌、横浜F・マリノスにそれぞれレンタル移籍。2019年夏にアントワープ入りが決まり、初の海外挑戦を果たした。 その今季、デビュー戦でいきなり決勝点を挙げる活躍を披露。昨年11月以降、ケガによる離脱を繰り返したが、ここまで公式戦15試合に出場して3ゴールを挙げ、最近の現地メディアで完全移籍の可能性を巡る報道が浮上している状況だった。 そして、アントワープは3月28日に発表していたが、その後に発表を削除。改めての発表となった。 また、川崎Fも公式発表。三好はクラブを通じてコメントしている。 「ご無沙汰しています。この度、ベルギーのロイヤルアントワープFCに完全移籍をすることになりました」 「アカデミーからプロ生活まで僕の人生の半分以上をフロンターレと過ごし、サッカーだけでなく1人の人間として育ててもらいました。ここ数年は複数クラブに移籍をさせてもらう中で関わったすべてのクラブ関係者の方々、そしてサポーターの方々がいなければ今の自分はいないと思います。本当に感謝しています」 「ただ、僕のホームはいつになっても川崎です。言葉だけでは感謝を伝え切る事は出来ないので、このご恩は色んな形で返していければと思います」 「今は世界中が大変な困難に直面していますがこの期間をみんなで手を取り合って乗り越えましょう。またサッカーが出来るようになった時により成長した姿を見せれるように僕も頑張ります」 ベルギー『Het Nieuwsblad』によると、120万ユーロ(約1億4000万円)程だという。 また、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受けシーズンの終了を発表。アントワープはリーグ戦で4位で終了。カップ戦では決勝まで勝ち進んでおり、クラブ・ブルージュとの決勝に勝利すればヨーロッパリーグのグループステージから出場することとなる。 2020.04.06 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アントワープの補強リストにMF森岡亮太? アジア市場に乗り出すとも

U-23日本代表MF三好康児が所属するベルギーのロイヤル・アントワープだが、もう1人の日本人選手を獲得するつもりがあるようだ。 ベルギー『Voetbal Belgie』によると、アントワープが狙っているのはシャルルロワに所属する元日本代表MF森岡亮太(28)とのこと。補強リストに入っているという。 森岡は、2016年1月にヴィッセル神戸からポーランドのシロンスク・ヴロツワフへ移籍し海外挑戦。2017年7月にはベルギーのベベレンへと完全移籍すると、2018年1月にアンデルレヒトへと完全移籍した。 ベベレンでは、公式戦27試合で9ゴール11アシストと結果を残すも、アンデルレヒトでは公式戦26試合で6ゴール1アシストと結果を残せず。2019年1月にシャルルロワへとレンタル移籍すると、今シーズンから完全移籍を果たしていた。 シャルルロワでは、今シーズンのジュピラー・プロ・リーグで29試合に出場し6ゴール5アシスト。攻撃的なポジションからボランチへとポジションを変えたことで高いゲームメイク力を発揮している。 報道によると、アントワープはシント=トロイデンの方針を参考にし、アジア市場へ乗り出したい考えもあるとのこと。日本人選手を連れてきたい考えがあるようだ。 なお、森岡にはヘントも興味を示しているとされ、来シーズンに向けてベルギー国内での獲得レースが繰り広げられそうだ。 ちなみに、三好の買い取りオプション行使を発表していたアントワープだが、現在は発表ツイートなど公式発表が全て削除されている。 2020.03.30 11:50 Mon
twitterfacebook